現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
自らを反省することなく新聞は一番素晴らしいメディアと自賛する毎日新聞
地方記事だからって、本当に書きたい放題ですな…でもネットにも掲載されてるんですが(苦笑)
支局長からの手紙:教育に新聞を /鳥取

 NIE(教育に新聞を)実践校の一つ、三朝町本泉の同町立三朝中学校(福嶋千寿子校長)で14日、読売新聞鳥取支局倉吉通信部の三浦康男記者(59)が出前授業をしました。

 NIEはNewspaper in Educationの略称。学校や家庭などで新聞を生きた教材として活用してもらう運動で、現代社会を生きていくうえで必要となる情報能力を育ててもらうのが目的です。1930年代にアメリカでスタートし、日本を含む世界60カ国以上で実施されています。

 県内では98年に県NIE推進協議会が設立されました。毎日新聞をはじめ、県内に取材活動拠点を持つ新聞社、通信社計10社や県教委などがメンバーです。出前授業もこの運動の一環で、各社がローテーションで記者を派遣しています。

 三浦記者は5年前に赴任。倉吉市など県中部エリアを担当し、写真を撮り、記事を書いています。出前授業には1年生の2クラス42人が出席。生徒の質問に三浦記者が答える形式で進められました。

 --働いていて大変なことは。
 ◆(事件や事故などが発生し)休みの日に呼び出された時、「因果な商売だなぁ」と時々思う。
 --どのようにして情報を仕入れていますか。
 ◆役場の情報だけに頼らず、まちの一般の人と交流を深めて、何かあったら情報をもらうようにしている。
 --記事を書くうえで気を付けていることや、工夫していることは。
 ◆淡々と事実だけを書くのではなく、エピソードを織り交ぜ、分かりやすく書くようにしている。
 --記事を書くのにどのくらい時間がかかりますか。
 ◆(小さい)火災や交通事故の記事は5~10分で書くが、(大きい記事など)調べるのに時間を要する記事は1日では書けない。
 --記事を書いて良かったと思うことは。
 ◆書いた記事について、「良かった」と電話があった時、ちょっとうれしいかなぁ。

 こうした後、三浦記者は記事を書くうえで基本となる「5W1H」(When=いつ▽Where=どこで▽What=何を▽Who=誰が▽Why=なぜ▽How=どのように)の大切さを強調しました。

 インターネットで情報が氾濫(はんらん)し、新聞を巡る環境は激変しています。しかし、インターネットでは、自分が必要とする、興味を持つ情報しかアクセスしないため、偏った情報になりがちです。一方で、新聞は新聞記者が情報の裏付けを取って確認し、見出しの大きさによって記事の重要度を示すため、記事に対する責任の所在が明らかで、価値基準が一目りょう然の、しかも広範な情報に触れることのできるメディアといえます。

 このインターネットと新聞の比較は、本を購入する時に似ています。購入する本が決まっている場合、インターネットで注文すれば時間や手間が省けます。しかし、リアル(本物の)書店に行くことによって、思ってもみなかった本を見つけることができるのです。

 生活するうえで、社会の情報を共有することがいかに大切であるかを知り、もっと新聞に親しんでもらいたいと願っています。【鳥取支局長・高橋和宏】
http://mainichi.jp/area/tottori/news/20100118ddlk31070301000c.html

外国人向けの記事で嘘をホントと言って全世界にまき散らしていたのは毎日新聞傘下の外字紙でしたが、アの騒動から数年経ったらやっぱり「私たちが一番勝れたメディア!」ですってさ。それを教育現場で堂々と学生にすり込みしてるって…全然懲りてないようで。



拙ブログ関連ネタ こちら

スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

日本の世界のマスゴミ様江 | 23:13:50 | Trackback(0) | Comments(0)
【マスゴミ様の】日本、埋没の危機も=EUの視線は米中に【計算通り】
日本、埋没の危機も=EUの視線は米中に

 【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)運営の新指針となる基本条約「リスボン条約」が発効し、EUは「新たな時代」に入った。機構を大幅に改革し、今後の統合の深化と拡大への準備を整えたEUが、世界的な課題への取り組みで重視しているのは「G2(米国と中国)」の動きだ。「新EU」の眼中から日本は抜け落ちている感がある。
 リスボン条約の下で新設された「EU大統領(首脳会議の常任議長)」に就任したファンロンパイ前ベルギー首相。調整力を期待され指名されたが、常に指摘されるのは知名度の低さだ。
 英紙フィナンシャル・タイムズは「米国の大統領や中国の首相が欧州を相手にする時、今後もまずはベルリン(ドイツ)やロンドン(英国)、パリ(フランス)との二国間関係を通じて仕事をしようとするだろう」と予言する。EU大統領の頭越しに、EU主要国の首脳に働き掛けるだろうとの見方だ。
 欧州では、ファンロンパイ氏がG2の首脳に伍(ご)していけるかどうか、ひいてはG2にEUも加えた「G3」体制に持っていけるかどうかに、強い関心が持たれていると言える。
 これに対し、ベルギーのシンクタンク、ヨーロピアン・ポリシー・センターのシャダ・イスラム氏は「EUの主要政治家は最近、中国やインドを喜び勇んで訪問したがるようだが、日本やインドネシアは無視する傾向にある」と指摘。同じアジアの中でも、日本は軽視されているとみる。
 EU大統領と並んで新設された「EU外相(EU外交安全保障上級代表)」に就任したアシュトン欧州委員も、これまでの公式発言を見る限り、「戦略的パートナー」として米、ロシア、中国の名前を具体的に挙げているが、日本への言及はない。欧州では、中国など主要新興国の台頭と反比例するかのように、日本の存在感は薄まりつつある。(2009/12/28-15:07)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009122800485

マスコミの洗脳パワーで民主党政権が実現し
結果上の記事のようになり
マスコミが言っていた「日本が世界から孤立!」(例:朝日新聞編集委員・船橋洋一氏の論説)も実現したわけです

日本のマスコミの権力は恐ろしいばかりです…はぁぁ…。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

日本の世界のマスゴミ様江 | 22:45:26 | Trackback(0) | Comments(0)
杉尾哲哉「ばれなければこんなに問題にならなかった」犯罪者の論理で民主党と中国を擁護


関連
天皇会見、いったん困難と伝達 小沢氏訪中控え転換か

 天皇陛下と中国の習近平国家副主席との15日の特例会見をめぐり、会見発表の2日前にあたる9日の時点で、日本政府が中国側に「陛下のご健康がすぐれず、会見に応じるのは難しい」と伝えていたことが分かった。複数の日中関係筋が14日、明らかにした。首相官邸は陛下の体調に配慮していったん見送りの方向になったが、急きょ転換した。訪中を控えた民主党小沢一郎幹事長らの意向が反映された可能性もある。

 7日に羽毛田信吾宮内庁長官が平野博文官房長官からの会見設定の要請を断った後、宮内庁幹部は官邸側に「陛下の健康状態が万全ではない」と説明したという。鳩山由紀夫首相もこれを受けて、見送るべきだとの判断に傾いたとみられる。

 ただ10日には平野氏が再び羽毛田氏に会見実現を指示し、翌11日の設定発表につながった。

 関係筋によると、複数の中国当局者は11月下旬から今月上旬にかけ、会見には1カ月前までの正式申請が必要となる「1カ月ルール」を守らなかったことを認めながらも「日本政府が中日関係の大局に立ち、会見を実現するよう期待する」と特例的な措置を求め続けた。

 これに関連し、首相は14日朝、天皇陛下と習副主席との特例会見に批判が相次いでいることに対し、公邸前で記者団に「判断は間違っていなかった」と強調した。
http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009121401000066.html
露骨に鳩山首相擁護=天皇会見問題で中国紙

 【北京時事】中国国営新華社通信が発行する国際問題紙・国際先駆導報は14日、習近平国家副主席と天皇陛下との会見問題について「日本の民主党は戦後政治の改革を進めており、宮内庁の主張する(会見1カ月前の申し出という)慣例も改革の対象の一つだ」と指摘し、会見を手配した鳩山由紀夫首相を擁護する論調の記事を掲載した。
 記事の下には、鳩山首相の写真と民主党の選挙スローガンを入れた同紙年間購読の広告を掲載。記事は「(会見問題は)非難するほどの問題ではない。中国のために慣例を破ろうが、日本のメディアがあら探しをしようが、共通点を求めて相違点を残し、共に発展を求めることこそが中日外交の最優先事項だ」という見解を日本の世論として伝えた。(2009/12/14-12:43)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009121400337



拙ブログ関連ネタ   

テーマ:TBS - ジャンル:テレビ・ラジオ

日本の世界のマスゴミ様江 | 13:18:21 | Trackback(0) | Comments(0)
ノーベル平和賞授賞式 オバマ大統領のあの発言をマスコミは…
「平和維持へ戦争必要」=義務と犠牲を強調-オバマ米大統領

 【オスロ時事】オバマ米大統領は10日、ノルウェーのオスロ市庁舎で行ったノーベル平和賞受賞演説で、「世界に悪は存在する。時に武力は必要だ」とし、「平和の維持のため、戦争という手段には一定の役割がある」と述べた。また、「平和は義務を必要とし、犠牲を伴う」と語った。(2009/12 /10-22:21)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009121000985

日本のマスコミがこぞって礼賛しているオバマ大統領が、同じく日本のマスコミが賞賛している憲法9条もひっくり返すようなこのご発言
時事通信以外はどう報じているかと思えば



無視しやがったようです(苦笑)
「正義としての平和を」オバマ氏がノーベル賞受賞演説
2009年12月10日22時35分


 【オスロ=土佐茂生、望月洋嗣】ノーベル平和賞の授賞式が10日、ノルウェーの首都オスロの市庁舎で行われ、核軍縮や地球温暖化問題で国際的指導力を発揮したオバマ米大統領(48)に、メダルと賞金1千万スウェーデンクローナ(約1億2千万円)が贈られた。

 オバマ氏は受賞演説で、アフガニスタンとイラクでの戦争の現実的な必要性を説く一方、武力に頼らない世界平和という理想を捨ててはならないとも強調。国際社会の一致した圧力や人権擁護、途上国への開発支援の重要性を訴えた。

 オバマ氏は「正義としての永続する平和」と題した演説で、ガンジーやキング牧師といった先人が唱えた非暴力の理想を評価。常に実現できるとは限らないものの、「それを捨てることは人類の最善、倫理的な羅針盤を捨てることだ」と強調し「あるべき世界をめざそう」と呼びかけた。

 持論の「核なき世界」への歩みを強調する一方で、核開発疑惑で国際社会に非協力的なイランと北朝鮮を名指しで批判した。軍政による民主化の弾圧が続くミャンマーや民族紛争をかかえるアフリカのスーダンなどへも圧力をかける必要を訴えた。

 また、「生来の権利や各個人の尊厳に基づく平和こそが永続する」とし、人権弾圧にも外交的な手段を講じていく考えを示した。「十分な食料や清潔な水、医薬品がない所に治安は存在しえない」とし、貧困の撲滅や気候変動問題への対処も重要だとした。

 ただし、演説全体では、アフガンとイラクで二つの戦争を抱える「戦時の大統領」がノーベル平和賞を受けることへの批判を強く意識した形でその説明に時間を割いた。「武力行使は不可欠なだけでなく、道徳上も正当化されることもある」と主張した。

 特に、3万人の米軍増派を決めたばかりのアフガン戦争については「米国が求めた戦争ではない」と強調。米国は武力行使で単独行動主義を取らない方針を示し、戦争に際しては国際的な規範を順守する立場を示した。

 「成果を伴わない受賞」との批判に対しては、「私の世界の舞台での仕事は始まったばかりで、歴史上の巨人に比べて成果はわずかだ」と認め、世界各地で拘束される人権活動家らの存在にも言及。「私よりもはるかにこの賞に値する男女らがいるということには反論しない」と話した。
http://www.asahi.com/international/update/1210/TKY200912100403.html
ノーベル賞授賞式:演説で米大統領「核の脅威排除」を強調

 【オスロ笠原敏彦】「核兵器なき世界」の目標などを掲げて国際外交を強化したことが評価され、ノーベル平和賞に決まったオバマ米大統領への授賞式が10日、オスロ市庁舎で行われた。大統領は受賞演説で、イラク戦争やアフガニスタン戦争の最高司令官であることが「物議をかもしている」と認め、「暴力は恒久的な平和は生み出さないが、テロ集団に武器を置かせるため武力は時には必要」とした。そのうえで、人権を尊重しつつ核の脅威を取り除く努力を強調。「人類愛」や「人間の進歩への信頼」を失えば「羅針盤を失う」と唱えた。

 大統領は、受賞前の会見で核軍縮や気候変動問題などでリーダーシップを発揮する姿勢を明確にした。平和賞受賞の感想を聞かれ、「私の任務は、米国だけでなく世界にとって重要である永続的な平和と安全保障を追求し続ける」と語った。

 賞金1000万スウェーデン・クローナ(約1億3200万円)を慈善事業に寄付する意向を示している。

 オバマ大統領は授賞式前に、ストルテンベルグ・ノルウェー首相と会談。

 米政府は1日に、米軍3万人増派と11年7月までの撤退開始を柱にしたアフガニスタン新戦略を発表。オバマ大統領は、撤退問題について「11年7月までにアフガン側に治安権限の移譲を始める。そのペースや方法は現地の状況次第だ」と説明した。
http://mainichi.jp/select/world/news/20091211k0000m030087000c.html

オバマ氏「核なき世界追求」 ノーベル受賞演説で誓い新たに

 【オスロ共同】「核兵器なき世界」を提唱し、対話と国際協調に基づく外交を進めるオバマ米大統領(48)へのノーベル平和賞授賞式が10日午後1時(日本時間同9時)から、ノルウェーの首都オスロの市庁舎で行われた。オバマ氏は受賞演説で「核兵器拡散を阻止し、核兵器のない世界を追求する取り組みが急務」と核廃絶への誓いを新たにするとともに、核拡散防止条約(NPT)は「私の外交政策の要だ」と表明した。

 その上で、核問題を抱える北朝鮮とイランに対し、NPT体制を悪用しないよう警告した。地球温暖化対策の重要性も強調。「米国は単独で行動することはできない」と述べ、国際協調路線を再確認した。

 ノルウェーのノーベル賞委員会は「核兵器なき世界」構想や「外交と人々の協調を強化するための並外れた努力」を高く評価。世界を分断したブッシュ前政権の単独行動主義を戒める一方、就任1年に満たないオバマ氏が掲げる希望の「理念」実現に向けて後押しした。

 同委員会はオバマ氏にメダルと賞金1千万スウェーデンクローナ(約1億2千万円)を贈呈。オバマ氏は賞金を慈善事業に寄付する意向を既に示している。
http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009121001000923.html


テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

日本の世界のマスゴミ様江 | 00:26:10 | Trackback(0) | Comments(0)
どっちがホントでshow
「削減目標25%」中国が批判、EUも応酬

 【コペンハーゲン=河野博子】国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)で、中国が8日、記者会見を開き、日本など先進国が発表した2020年までの削減目標をバッサリと切り捨てた。

 欧州連合(EU)も会見で中国の目標を「不十分」と批判。会議は2日目を迎え、激しい舌戦が始まった。

 中国の国家発展改革委員会の蘇偉・気候変動司長は詰めかけた報道陣を前に、日本の「1990年比で25%削減」が「すべての主要国の参加による意欲的な目標の合意」などの前提条件付きである点を指し、「実現不可能な条件であり、何も約束していないに等しい」と批判。さらに、国内削減(真水)分などの内訳が不明だと疑問を投げかけた。

 EUについては「20%という削減目標は、自画自賛するほど野心的でも実があるわけでもない」。米国の「05年比で17%削減」(日本の環境省の換算では90年比で5%削減)についても、「90年比だと1%減」と独自の換算値を示した上で「著しい削減とはとても言えない」と非難。会見では、現在の温暖化は先進国の責任だと重ねて強調した。

 一方、EUも会見で、中国の「国内総生産(GDP)当たりの二酸化炭素排出量を05年比で40~45%削減」について、「今の高い経済成長が続くとしたら十分とは言えない」と指摘。デブア条約事務局長は「各国がテーブルの上に出した削減目標を巡り、厳しい交渉が始まっている」と話した。
(2009年12月9日12時53分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20091209-OYT1T00643.htm
COP15、日本に各国から期待の声

 デンマーク・コペンハーゲンで始まった国連の気候変動に関する会議=COP15は2日目を迎えました。温室効果ガス削減で「90年に比べ25%削減」という高い目標を掲げた日本に対し、各国からは期待の声が上がっています。

 「日本は野心的な削減目標を提示した。他の国に削減目標を引き上げるよう促す狙いがあったのではないか。それは非常に重要なことだ」(EU代表団)

 2大排出国の1つ、中国も外国メディア向けの会見で、前の政権より大きな前進があったと、鳩山政権が打ち出した中期目標を評価しました。

 「日本の新しい政権による新しい削減目標を歓迎する」(中国代表団)

 しかしその一方で、「主要排出国の参加が前提」だという日本の条件について、「好ましくないことだ」と釘を刺すことも忘れませんでした。また、2005年に比べ17%削減というアメリカの中期目標については低すぎると、さらなる上積みを求めることも示唆しました。

 「05年ではなく、90年で比べると、(我々の計算だと)削減率は1%だ。1%が驚くべき数字と言えるのだろうか」(中国代表団)

 各国がこぞって打ち出した削減目標。その数値の評価をめぐる駆け引きはすでに始まっています。(09日09:03)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4304293.html
まあ今までの実績ヾ(^^;)から考えるとTBSが虚偽報道している可能性が高いと思われですが。さてさて。

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

日本の世界のマスゴミ様江 | 22:58:38 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。