現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
司書の仕事。
昨日から久方ぶりの雨が降りまして、やっと楽になりました
と書きたかったのですが
蒸し暑いのなんのって(^^;)
このまま梅雨らしい感じが無く、夏に突入するのだろうか。

もう日本の四季ってとっくに崩壊しているのかも

…さて、さんざん雷も鳴り、パソコンを立ち上げている余裕がなかったので、本日何があったのかあまり把握していないヾ(^^;)
で、前から気になっているこのニュースをメモ書きしてみたりする。
「井沢元彦さんらの著書廃棄訴訟、最高裁が弁論開く

読売新聞 - 2005年6月2日
千葉県船橋市の市立西図書館に置かれていた著書を女性司書が廃棄したことで精神的苦痛を受けたとして、作家の井沢元彦さんら7人と「新しい歴史教科書をつくる会」が、同市に計2400万円の損害賠償を求めた訴訟で」
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050602i215.htm
残念ながら、もう記事本体は削除されているようだ。

実は司書の資格を持っていたりするので(残念ながら図書館勤めはしていないのだが)、このニュースは密かに気になっている。
一審では司書の有罪。当然の判決ですね。
ところが、二審では無罪になってしまったらしい。司書個人の表現の自由が優先されるとか(○。○)

をいをい、この裁判官、図書館司書の仕事わかってんのかよ!…と新聞紙に向かってつっこんでしまった(^^;)
思想に関わらず、いろんな資料をユーザーに提供する公共サービスが図書館と言うところです。
だから、天下の国立国会図書館にあの『薔○族』が全巻そろっている(らしい)。

しかし、この二審の裁判官の判断では
「税金払っている住民の権利より、公務員の個人的趣味の方が優先される」
事になるそうで。
…狂ってる。


最高裁は、真っ当な判決を頼みますよ。

スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 20:47:05 | Trackback(1) | Comments(0)
天皇陛下サイパン慰霊の旅
実は前の昭和天皇の頃から数えても、天皇陛下のサイパン訪問というのは初めてだった、らしい。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20050628k0000e040081000c.html
http://rd.nikkei.co.jp/net/news/main/headline/u=http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050628AT1G2802I28062005.html
http://www.asahi.com/national/update/0628/TKY200506280143.html
http://www.sankei.co.jp/news/050628/sha057.htm
その他多数記事があるが面倒なのでリンクは勘弁して(^^;)

ところでこの中で当日突然こういう”事件”があった。
両陛下、サイパンで韓国人慰霊碑に拝礼
http://www.reuters.co.jp/newsArticle.jhtml?type=worldNews&storyID=8911684§ion=news
明仁天皇、サイパンの「韓国人慰霊塔」電撃訪問
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=65033&servcode=200§code=200

「当日訪問」となったことについてNHKの夜10時のニュース10では、地元韓国人会の会長なる人物が登場し
「慰霊に感謝しております」
と言うような内容のことを言っていた
(NHKではないが、TBSでも同じニュースは流れていた模様
http://news.tbs.co.jp/top_news/top_news3060120.html)
らしいが、これがホントかどうか、私は疑わしくて仕方ないのである。

というのも、訪問前日のサイパンではこんな騒動があったのである。
「サイパン住民「韓国人が天皇陛下に抗議するなら韓国企業ボイコット」

日本の天皇陛下夫妻による来週の歴史的な訪問について、
北マリアナ諸島のサイパン主島で論争が起ころうとしている。
天皇陛下夫妻が訪問の間、予定の抗議を進めるならば、一部のサイ
パン居住者は韓国の企業をボイコットすると脅している。 サイパン
韓国人協会は、第二次世界大戦の間に日本の極悪さに対する謝罪を
天皇に要求するため、抗議をほのめかしている。
サイパン居住者ジョン・ブランコ氏は、韓国人の予定の抗議が次の
火曜日に催されるならば、チャモロとカロライナの先住民に島で韓
国の企業をボイコットするように呼びかけている。
ブランコ氏はメディアへの声明で、今は日本の明仁天皇陛下や美智
子皇后陛下に謝罪を要求する時ではない、といった。
両陛下は6月27日と28日にサイパンを訪問し、第2次世界大戦終結の
60回目の記念日を祝う。」
ABCラジオオーストラリア
Call to boycott Korean businesses in Saipan over planned protest
http://www.abc.net.au/ra/news/stories/s1400138.htm


おまけ
またまた中国が便乗して日本たたき(苦笑)
「日本天皇、韓国系住民の抗議を受け
2005-06-28 16:47:33 cri
 日本の明仁天皇と美智子皇后は27日、マリアナ諸島のアメリカ所
属のサイパン島に着き、第2次世界大戦での日本の「戦没者」を哀悼
しました。
 これは、明仁天皇がはじめて第2次世界大戦の海外戦場遺跡に赴い
たものです。また、島内の韓国系住民からは強い抗議を受けました。」
中国国際放送局
http://jp.chinabroadcast.cn/151/2005/06/28/1@43901.htm


続きを読む >>
国際時事・特亜本部 | 22:36:34 | Trackback(1) | Comments(0)
遂に中国の教科書検閲、日本にまで及ぶ?
これこそ内政干渉でしょう。
と言うかこれが突き進んでいけば、外国人学校にも自国の教科書しか使わせないように強制するようになるんじゃないか?

「中国・大連 日本人学校の教材没収 「台湾」「尖閣」記述を問題視

 【北京=伊藤正】中国大連市の大連日本人学校(那花国男校長、生徒数=小中学合わせ百五十九人)で、日本から取り寄せた社会科などの副教材十種百二十八点が、内容に問題があるとして大連税関に差し押さえられたことが二十七日分かった。学校側は一部没収や罰金の処分を受け入れ決着したが、税関側は尖閣諸島を日本領に表記した地図など、主権にかかわる部分も問題にしており、教科書にも検閲が及ばないか、関係者は神経をとがらせている。」
http://www.sankei.co.jp/news/050628/morning/28iti001.htm

他のマスコミの関連記事
http://www.shikoku-np.co.jp/news/news.aspx?id=20050628000149
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20050628/mng_____kok_____000.shtml
http://www.minyu-net.com/news/2005062801000624.html

私のブログで関連
http://boyakkies.blog12.fc2.com/blog-entry-44.html
http://boyakkies.blog12.fc2.com/blog-entry-42.html
http://boyakkies.blog12.fc2.com/blog-entry-14.html



続きを読む >>
国際時事・特亜本部 | 10:58:44 | Trackback(3) | Comments(0)
谷(旧姓 田村)亮子 出産休職?
谷亮子選手、妊娠のため世界選手権は辞退
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050627STXKB041927062005.html
http://news.tbs.co.jp/part_news/part_news3059411.html
おめでとう

と言うより前に

いつの間に

と言う感想が頭に浮かんだのは私だけでしょうか…(^^;)

おまけ
しかし、旧姓を思い出すのに5分もかかってしまった
すっかり「谷」という苗字もなじんだのかな。

ワイドショー | 19:42:32 | Trackback(0) | Comments(0)
森元首相ってやっぱよけいなことを(以下略)
森元首相が安倍元幹事長に苦言?
http://rd.nikkei.co.jp/net/news/seiji/headline/u=http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20050627AT3K2600M26062005.html
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20050626ia23.htm
意外にも日経と読売でしか取り上げられてなかった。
消去されるかも知れないと思ったので、『日本経済新聞』の記事をコピペしておきます
「森前首相、安倍氏に忠告

 自民党の森喜朗前首相は26日、金沢市内で開かれた集会であいさつし、小泉純一郎首相の後継レースで有力候補とされる安倍晋三幹事長代理が近隣諸国への強硬姿勢を示していることに対し、バランスの取れた発言を心掛けるよう忠告した。

 野球に例えながら「ライトばかりに球を打てればいいが、やっぱりレフトやセンターにも打てないと(いけない)。これは安倍君にとって大事なところだ」と述べ、タカ派的とされる安倍氏の発言を憂慮。同時に「(このままでは首相に)なった瞬間に立ち往生する可能性がある。その時にどう修復していけるのかをよく頭に置いてもう少し考えないといけない」と強調した。 (07:02)


特に最後のライトとかレフトとか云うところ
もう一寸ましな例えはなかったのかとつっこみたくなります

先日も取り上げましたが、この人目先の利益しか見えてないのかねえ。相変わらずの森首相でした。

私の関連ブログ
http://boyakkies.blog12.fc2.com/blog-entry-19.html

日本の政治 | 14:15:54 | Trackback(0) | Comments(0)
日本共産党って(内輪だけで)インターナショナル。
共産党:
朝鮮総連批判の作家を除籍 「党の活動を攻撃」と



2005年06月26日

ニューストップ > 国際 > アジア > 記事全文
記事全文
共産党:
朝鮮総連批判の作家を除籍 「党の活動を攻撃」と

 北朝鮮問題に対する活動や主張が党の見解と異なるなどとして、作家の萩原遼さん(68)が共産党を除籍されたことが分かった。通知文書は、不破哲三議長も出席していた先月の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)のパーティー会場付近で朝鮮総連批判のビラを配布したことなどから、「党の立場や活動を攻撃している」などと理由を説明している。」(以下略)
毎日新聞6/26
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/news/20050622k0000e040053000c.html

しかし勇気ある作家ですなあ、荻原遼さん。
沖縄だ在日は可哀想だと言いながら近ごろは
某pボートイメージボーイとなり、拉致疑惑が発覚する数年前京都新聞ホーム欄
「ピースボートに参加して平壌に行ったが、世界であれほどすばらしい町はない。飢えている人なんて一人もいなかった
と、北朝鮮の裏をぜーんぜんみぬけなかった節穴の目を持つ間抜け作家灰谷健次郎氏と比べると、ね。

それにしても、日本共産党にとっては
 朝鮮総連>>>(遥かに越えられない壁)>>>拉致問題
のようですね。一応日本国民を代表して議員を出している政党のはずですが、自分を議員として選出してくれた国民より、北朝鮮の体制維持の方がよほど日本共産党にとっては利益になる大事なんでしょうね(呆)

日本の政治 | 11:51:16 | Trackback(1) | Comments(0)
月曜日以降の新聞・TVなどの韓国報道を見て思う(メモ)
マスコミのリンク探して貼るのマンドクセヾ(--;)

でも全体的な論調は
「6月20日の日韓首脳会談は靖国問題が解決しなくて失敗
 失敗の原因は小泉首相のかたくなな姿勢にあり」
…という気がするが…私だけの気のせいか?
特に今放送されているブロードキャスターの「今週の出来事」(ていうタイトルだったかな?公式HPには載ってないので)コーナーとか見ると、そういう風に思わせようとする編集がひどいような。

ブロードキャスターのHPみたら、底の浅いコラムキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!
河原雄三の勝手に言うぞう
「第338回(6月22日)
組めば手強いが…
日中韓の乾いた関係

(前文大量略)
日本と中国、インド、そして韓国とアジアの4大消費国が買い手として手を組めば、強力な価格交渉力(バーゲニングパワー)を発揮できるが、日本と中韓両国との関係はご覧のような有様。小泉首相の「奥行きのない政治」に負けず劣らず、中韓の政治指導者も対日外交では薄っぺらで大人げない態度を取り続けている。(以下略)」

…何かもう一寸深みのある記事かけませんか?
私のブログとやって事かわら(以下TBS様が怖いので自粛)


私のブログの関連コラム
http://boyakkies.blog12.fc2.com/blog-entry-39.html

日本の世界のマスゴミ様江 | 23:15:12 | Trackback(0) | Comments(0)
暑くてイライラ
本日の気温。
最高気温は34℃

暑さで焼け死にます(T-T)

思えば梅雨入りしたのは公式発表では6/11。
http://www.data.kishou.go.jp/yohou/kaisetu/baiu/sokuhou_baiu.htm
が!
その後現在までまともに関西で雨が降ったのは2日間しかないと記憶している。

…ホントに梅雨なの?

梅雨入り以降エアコン無しで寝られた日は無く
部屋の中は日中は平気で30℃を越える…だからコンクリの固まりのマンションは嫌いだべ…

この暑さのせいか、昨日・今日と町中を歩いたが
 女性はあらかたタンクトップ
 渋滞のまっただ中の四条通りでUターン禁止なのに
 Uターンをかけて更に渋滞を悪化させる自動車
 さすがスモークガラスを貼った日産シーマは違うぜ

みなさん目もうつろです…この原油高の中、来月の電気代が怖いです…

テーマ:日記 - ジャンル:日記

事件や出来事 | 21:19:13 | Trackback(0) | Comments(0)
モロッコの入国にご用心?
NHKのBSでは「海外安全情報」という5分ほどの番組を時々流しておりますが、その番組をたまたま見ておりましたら、最近モロッコの出入国でトラブルが多発していて、とんでもないとばっちりを受けて拘置所入り?と言うケースも多いそうで
関連HP「外務省安全情報 モロッコ」

その原因ですが、こう指摘されています
「2.これらのトラブルの背景には、偽造旅券を使用した東洋人の欧州方面への密入国事件が多発し、それに対処するため、モロッコ政府がモロッコ以南のアフリカ諸国からモロッコに入国しようとするする東洋人に対し出入国審査を強化していることがあります。」
※太字は私が補足したものです

「偽造旅券を使用した東洋人」で日本人がよく間違われるって…
そりゃ
最近経済発展が激しい赤い国旗に5つ★が付いている国旗の国の人
とか
偽造旅券と言えばこっちが本家で、なんと国家の首領様と目される人の息子も偽造旅券で日本に来たことが(以下自粛)
のどちらかの国の人と間違われているとしか思えないんですが。

まさか遥か彼方のモロッコでとばっちり食うとわ_| ̄|○

国際問題(特亜以外) | 00:33:43 | Trackback(0) | Comments(0)
寿退職
紀宮様、山階鳥類研究所は退職
「天皇家の長女紀宮さま(36)が非常勤研究員として通っている山階鳥類研究所(千葉県我孫子市)を退職されることになり、同研究所が22日夕、研究員ら約50人で送別会を行った。」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050623-00000010-kyodo-soci
だそうです。
 
「関係者によると、紀宮さまの研究所での鳥類の調査、研究に一区切りがついたことから退職が決まった。」
と言うのが表向きの理由だそうですが、一番の退職理由は
 寿
でしょうね。

ちなみに叔母上に当たる島津貴子さんは『婦人公論』か何かで「仕事は続けた方がいい」と話されてたように記憶してましたが…。やはり秋葉原と千葉県の往復電車通勤はいろいろと難しいということだったんでしょうかねえ。

ワイドショー | 13:55:41 | Trackback(0) | Comments(0)
民主党党首のご実家と中国様
中国の南部の広西チワン族自治区で梅雨転じて大洪水になり、えらいことになっているのはニュースでも報道されていますが
http://www.shikoku-np.co.jp/news/news.aspx?id=20050623000515
http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline3055681.html
これに関連して1000万円を寄付した太っ腹?な人がいるらしい。

「日本イオングループ、洪水被災地に1千万円を寄付

日本のイオングループは15日、在日本中国大使館を通じて、中国でこのほど発生した洪水の被災地に義援金1千万円を寄付し、被災地に見舞いの意を表明した。王毅駐日大使が大使館を代表して、義援金を受け取った。
王大使は義援金の贈呈式で、イオングループの岡田元也社長に感謝を示し、「イオングループは公共事業に熱心で、社会的責任感の強い企業だ。長年にわたり中日友好事業に積極的に携わっている。在日中国大使館はこれを称賛する」と述べた。
イオングループは現在、中国に関連企業17社を持つ。これまでに多数の公益活動を実施。また、中国各地の優れた学生を日本での研修に受け入れている。(編集SN)

「人民網日本語版」2005年6月15日 」
http://j1.people.com.cn/2005/06/15/jp20050615_50961.html
※太字は、私が後から修正しました。

イオングループと言えば、スーパージャスコの持ち株会社。1000万円ってはした金みたいなものですね。

…ところで、このイオングループの総帥・岡田元也氏は
あの民主党党首・岡田克也氏の父上でいらっしゃるのですな。
wikipediaのイオングループと岡田一族の説明に関するページ
しかも上記の記事に依れば、イオンは中国にかなりの力を注いでいらっしゃる。

どおりで
こんな行動とか
「日中打開めざし岡田氏訪中 アジア重視を鮮明に」
http://www.sankei.co.jp/news/050621/sei077.htm
こんな発言とか
靖国参拝を巡って誘導尋問っぽい岡田氏の党首討論
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3055830.html
とかできるわけですね。
というか(実家のために)せざるをえないわけで。

…何かわかりやすい、と言うかそれって公正でなければならない政治家として失格なんじゃないでしょうか
又それを指摘できそうな公正な政治家なんて一人もいないのが_| ̄|○

国際時事・特亜本部 | 12:56:05 | Trackback(1) | Comments(0)
あやしい「新しい歴史教科書」反対者と朝鮮総連
※これはメモ書き程度です。余り役立たなくて申し訳ない<(_ _)>

「子らの未来のために
民団文教局はこのほど「教科書問題」関連のパンフレット「心ある日本の方々に 中学校『歴史教科書』の採択に際し、
今知ってほしいこと‐共に考えましょう、子どもたちの未来のために」を3万部作成した。
8月にかけて全国一斉に行われる歴史教科書の採択をにらみ、全国の教育委員ら関係者に配布、
「つくる会」主導の歪曲された歴史教科書採択に警鐘を鳴らしている。
執筆したのは李成市、鄭早苗、姜徳相、姜在彦、朴一氏ら在日の学者と東大の高橋哲哉、
京大の水野直樹教授に加え、市民運動からVAWW‐NETジャパンの西野瑠美子共同代表、
子どもと教科書全国ネット21の俵義文事務局長の9人。「つくる会」が強行した検定をめぐるルール違反をはじめ、
歪曲された問題教科書の中身について、学問的に誤った記述、思想的な偏向などを厳しく指摘している。
文教局ではパンフの執筆者を中心に、7月3日14時から東京・虎ノ門の「ニッショーホール」で
「歴史教科書と子どもの未来を考えるフォーラム」を開く。 」
『民団新聞』より
http://mindan.org/shinbun/news_t_view.php?category=13&page=36

ご存じのように、「民団」とは在日韓国人の権利保護のための団体(と言うか、最近では外国人にも選挙権を与えろ、と言う運動を積極的に展開するなど一種の利益誘導団体)となっているのは皆様ご存じかと思いますが。

ところで、この集会に名前を連ねてられる日本人?らしき方。
西野恵美子さんなる方が代表をしているバウネットジャパンって、どえらい団体なんですね。
「VAWW-NETの裏に朝鮮総連の影」
http://blackshadow.seesaa.net/article/1814994.html
というか、あのNHK教育のプロパガンダ番組「女性国際戦犯法廷」の主催者なんですね。
※「女性国際戦犯法廷」およびこのイベントの怪しさについては以下を参照
wikipediaの該当項目(NHK教育放映後のどたばたについても言及されている)
はてなダイアリーの該当項目(この”裁判”なるイベントの主催者の全容が一目で分かります)

私のブログでの関連
http://boyakkies.blog12.fc2.com/blog-entry-42.html

国際時事・特亜本部 | 12:24:19 | Trackback(1) | Comments(0)
このブログの本家?多事争論のあの方
このブログのタイトルはこの番組あのコーナー
 パクリ(^^;)
なのはすぐばれたと思いますが

そのご本家の主は本日6月23日が沖縄戦の終わった日とされるために沖縄にお越しになられてるそうです

だがしかし
何も今週はじめから行く必要はないんじゃないでしょうか 筑○さん

いまでは一般のサラリーマンはソウルでも日帰り出張です…
確かにこの番組では今週はじめから沖縄戦特集をずっとしていますが筑紫(あ、いっちゃった)が直に取材してる所って、私が見た限りでは全然放送されてないんですが。

結局は
沖縄は大事だ、戦争は反対だ、取材はジャーナリストだから大事だと言いつつ
単なる沖縄観光のために早めに行っただけのような気が


ワイドショー | 15:46:40 | Trackback(0) | Comments(0)
「未来を開く教科書」?の続報
以前邦題「未来をひらく教科書」なる中学生副読本が中国、韓国、そして日本の媚韓・媚中親韓・親中のシンパにより作成されたという話は紹介しましたが
http://boyakkies.blog12.fc2.com/blog-entry-14.html

この本、中国では馬鹿売れらしいんですが
人民網(日本語版)
http://www.people.ne.jp/2005/06/19/jp20050619_51064.html
…ホントに売れてるの?(^^;)売れてても、買った人はちゃんと読んでるの?
…と言うのが感想です。中国は共産主義の国、おそらく教科書なら自腹で買うこと無いだろうしなあ…と考えていくと、教科書として買っていく人はおそらく皆無だろうと。
じゃ、誰が買って読んでるのだろうか、と思うともう「?(゜_。)?(。_゜)?」で頭の中は一杯です。
日本では社長の回顧録が出版されたときにその会社が買い占めて得意先に無料で配るとか言う話があるとか聞いたことがありますが…まさか、”教科書”は、ねえ(^^;)

ちなみに、当然というかその辺のことについて偉大なる人民網は何も語っておりません。


おまけ
日本のマスゴミはこんなヘマは犯してないだろうな?
「日本中に名前が知れ渡ってる史太郎
http://hannichi.seesaa.net/article/4542704.html
???わたししたろうってしらなーい、いまのこどもはしってるのかしら???(棒読み)


国際時事・特亜本部 | 15:22:07 | Trackback(0) | Comments(0)
来年の大河ドラマ「和豊と千代」?
一昨日、来年の大河ドラマ「功名が辻」(仮)のキャストが決まったそうですが…

正式なキャスト一覧表はこちらです。
近年の大河としては珍しいことにジャニタレがいません。

お市の方→大地真央というのは 大笑い する所なんでしょうか…うむう(^^;)
しかし
>このドラマは千代・一豊夫婦、堀尾夫婦、中村夫婦、
>そして秀吉・おね夫婦、4組の夫婦の物語でもある。
…つまり堀尾吉晴夫婦、中村一氏夫婦との絡みが多くなると言うのは
「利家とまつ」の悪夢再び!
と言う、かなり嫌な予感がします…。

ところで、堀尾、中村は一応豊臣秀吉の重臣「三中老」というのになるのですが、影は薄いですね(^^;)
堀尾吉晴夫妻の話は、以前『戦国女系譜』(毎日新聞)という本で読んで、晩年は家庭内不和や跡継ぎの早死にと非常に不幸だったので印象に残っております。中村は…ホントに印象が薄いなあf(^_^;)
堀尾吉晴ってこんな人
中村一氏ってこんな人
…中村一氏も結構不幸な人やねえ。

ワイドショー | 14:25:06 | Trackback(0) | Comments(0)
尖閣諸島関連資料
20050622134622.jpg

元ネタ
「尖閣は日本の領土」 遭難救助の中国政府感謝状に明記
琉球新報 6/15
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-3159-storytopic-1.html



以下ホントのぼやき
写真の張り付け方分からなかったから1時間かけて書いたネタを吹っ飛ばした(T-T)

国際時事・特亜本部 | 13:50:39 | Trackback(0) | Comments(0)
やっぱり成果の無かった日韓首脳会談
本日朝に小泉首相帰ってこられましたが
韓国にピビンバ食べに行っただけなのかと
まあ、私的には期待通りに結果が出なかった、と言うのが感想です。

今BSニュースで、韓国のニュースを見ていると「結果が出なかった」事に落胆していると言うことでしたが
ソウルで行われた小泉首相訪韓反対集会
ソウルで小泉首相訪韓反対のプラカードを持つ人(何で大阪弁なの?まさか辻元元衆院議員の入れ知恵?)
ソウルで強烈な反小泉パフォーマンス
なんて国民がやらかしてる大変な歓迎(苦笑)ぶりなのに、何を期待してたんでしょうかねえ…>韓国民
第一、北朝鮮の核問題やFTAなどの話はまとめて15分、靖国問題だけで残りの1時間30分を費やした(「日本経済新聞」6/20朝刊)と言うことですから、盧武鉉大統領の力のはずしっぷり入れッぷりが分かります。

日韓首脳会談自体が、どうも
盧武鉉大統領の反日パフォーマンスご披露舞台
として使われたような気がしてならない…。
当てつけのようにほぼ同時期に行われた北朝鮮との首相会談はまるで結婚直前のようなあつあつぶりですな。
http://www.asahi.com/international/update/0621/007.html
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20050621i114.htm
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/america/news/20050622k0000m030066000c.html
http://www.sankei.co.jp/news/050621/kok075.htm
http://rd.nikkei.co.jp/net/news/kaigai/headline/u=http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20050621AT2M2000S20062005.html

しかし、小泉首相、こんな事約束して帰ってきたようだが
「新追悼施設建設へ?」
http://www.sankei.co.jp/news/050620/sei090.htm
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=64744&servcode=200§code=200
一応「検討段階」と言うことですが…
既に国営墓地?的な施設としては千鳥が淵戦没者墓苑というのがあるのですが…。同じ様な施設を外国が文句言うままにぼこぼこ作るというのは逆に戦没者に対する冒涜だと考えます。
何より似たような施設をぼこぼこ作るのは税金の無駄遣い(以下自粛)

おまけ
中国が便乗してせこい横やりを入れてますね。
「人民日報解説 冬の様相の日韓関係」
http://www.people.ne.jp/2005/06/21/jp20050621_51108.html


国際時事・特亜本部 | 00:13:52 | Trackback(0) | Comments(0)
鯨騒動in中国
中国の「中青在線」なるサイトで、日本の捕鯨を残酷と報道

http://news.sina.com.cn/w/2005-06-17/02096964183.shtml
(日本語訳→http://hannichi.seesaa.net/article/4441524.html)

ハクビシン食って変な病気流行らした国に言われたかないですわ

と言う私は捕鯨は反対じゃないんだが(何しろグリーンピースなど欧米系環境保護団体のヒステリックな抗議に人樹差別的なかほりを感じるので)
鯨肉は嫌いです。堅いしまずいし

ちなみに中国様が急にこういう記事を載せたのは、IWCの総会が始まったから。
http://www.asahi.com/politics/update/0530/005.html?t
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20050529i214.htm
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050620STXKB055620062005.html

しかし日本だけ批判して、他の捕鯨国(アイスランドとかノルウェーとか)には何にも言わないんですね。底見え透いてますね。

国際時事・特亜本部 | 19:06:15 | Trackback(0) | Comments(0)
本間ゴルフ倒産
高級ゴルフ用品で有名だった本間ゴルフ、民事再生法申請する
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050620AT2E2000220062005.html
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20050620019.html
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20050620i303.htm
http://www.asahi.com/business/update/0620/064.html
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kigyou/news/20050620k0000e020046000c.html
http://www.reuters.co.jp/financeNewsArticle.jhtml?type=marketsNews&storyID=8832717
負債額は 305億円 だそうです…。

私の父もここにはよくお世話になっていたんですけどね。
やはりバブル崩壊以後、ゴルフ流行ってなかったように見えましたから。

ちなみにこの会社、江戸時代からの歴史があるって知ってました?
山形県の豪商・本間家の末裔が経営していたそうですが…。
http://www.ic-net.or.jp/home/curly/subpage/tabimoyo/uetsu/sakata.html


経済いろいろ | 18:38:50 | Trackback(0) | Comments(0)
カンボジア人質事件
今ごろになってこの事件にふれるのも何ですが。
小さいお子さま(カナダ人らしい)が亡くなられたようで、ご冥福申しあげます。

しかし、映像見て仰天しました
犯人の扱いに
ま~日本ならいわゆる人権派弁護士が殺到抗議しそうな風景でした。犯人警察に捕まるより前に地元の野次馬にぼこられてやんの
野次馬の中には持って駆けつけてる人もいらっしゃいまして。準備よろしすぎる…。

もっと仰天したのは、日本人を親のどちらかに持つ子供が4人も巻き込まれていたこと。結構カンボジアで結婚している人多いんですね。シェムリアップは近くにアンコールワットがあって観光地ではありますけど、田舎ですし。

おまけ
この犯人の犯行動機ですが日本のマスコミじゃ「外人の雇い主に解雇されたのに腹を立てて」と書いてあるところが多い
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2005/06/18/07.html
http://www.kahoku.co.jp/news/2005/06/2005061701004361.htm
しかし、アメリカ系のマスコミであるCNNではしっかり「韓国人の雇い主に」と明言
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200506170029.html
「以前に運転手として勤めていた韓国人のレストラン経営者が、子供を国際学校に遅刻して連れていったとして顔を殴られたことに腹を立て、報復するため犯行を計画したと自供。」
しかし、その後の発言がヘタレてるというか。
「運転手を先週、止めさせられた後、知り合いと共に学校を襲撃し、韓国人の児童を誘拐することを計画。しかし、学校に侵入した後、韓国人両親の顔を見て、怖じ気づき、別の教室へ行って児童たちを人質にしたと供述している。」

事件や出来事 | 22:47:23 | Trackback(0) | Comments(0)
韓国「中学生」?のお絵かき2
前回私がネタにした
韓国小学生のお絵かき

なんと中学生のお絵かきという説も飛び出しているようで(○。○)

ちなみにこの絵は2ちゃんねるのとあるスレで紹介されていた物で(^^;)、そのおかげでこの掲示板(ブログか?)のアクセス数は一気に上昇、調子にのったスレ主(Gordさんという)は続きの絵を撮影してきたのであった!…この方、勇気あるのか、暇人なのか(^^;)
http://aog.2y.net/forums/index.php?showtopic=1558
しかし、低レベルの煽りみたいな絵を公共の場所に展示して恥ずかしくないんですかねえ。怒るのを通り越して、そういう方向で心配してしまいます。もはや憐憫の情に近い?ヾ(--;)

続きを読む >>
国際時事・特亜本部 | 21:31:13 | Trackback(0) | Comments(0)
…古賀め(-_-#)>靖国神社参拝騒動
昨日の話になりますが、日本遺族会内部からの抗議もあって、古賀誠議員が”例の発言”について釈明する。
”例の発言”は国民新聞にまとまっているが、以下のマスコミでも取り上げられている
徳島新聞社説
http://www.topics.or.jp/Old_news/s050614.html
毎日新聞
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20050614k0000m010091000c.html

遺族会のHPにはトップで
>自民党、昨年に続き「靖国神社参拝」を運動方針に明記。
(中略)
>結党以来初めて“参拝宣言”を表明した昨年の自民党運動方針を受
>け継ぐもので、とりわけ今年度は、運動方針の一つとして項目がた
>てられました。終戦60年の節目にあたる今年、政権政党の座にあ
>る自民党が、戦没者追悼の場として靖国神社を明示し、英霊顕彰の
>心を訴えた意味は重いといえます。
と書いている団体なのに
古賀氏が日本遺族会の会合で言った単独発言が
(参考
産経新聞 http://www.sankei.co.jp/news/050611/sei057.htm
日本経済新聞 http://rd.nikkei.co.jp/net/news/seiji/headline/u=http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20050612AT1E1100G11062005.html)
>小泉純一郎首相の靖国神社参拝をめぐり、日本遺族会の幹部会が
>「近隣諸国への配慮が必要」との見解をまとめたことについて、
(毎日新聞 前掲記事より)
なんて方向転換したように書かれて、やってられないでしょう。
日本遺族会としては。
で、日本遺族会は「あの発言は遺族会の総意じゃない!」といったが、どうも余り報道されてないっぽい。
http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200506/sha2005061512.html
http://www.sankei.co.jp/news/050615/sha015.htm
私はこのニュースを金曜日のNHK9時のニュースで見たのですが。
で、古賀氏自体はこの発言の責任をとって遺族会の会長とかやめるという気配は毛頭ないみたいです。


でも、この失言、私は忘れないからね、と言うことでブログに書き込み(^^;)

日本の政治 | 23:40:52 | Trackback(0) | Comments(0)
軍艦マーチ
中国は広東省・広州市の幼稚園で軍艦マーチが流れていることに元中国軍人が抗議
http://news.searchina.ne.jp/2005/0617/national_0617_003.shtml
ちなみに中国ではこう報道されているそうな
「幼稚園が公然と日本軍歌を放送 抗日老兵は憤慨しネットで糾弾」
http://hannichi.seesaa.net/article/4421108.html
齢80近い老人がネットで糾弾したと言うところが中国の現状況では考えられず、かなり変ということだそうです。

まあ、どういうシチュエーションで軍艦マーチ流していたか分からないけど、変なセンスの幼稚園であることは確か。

もしこの幼稚園が実在してたらですが。

国際時事・特亜本部 | 01:22:20 | Trackback(0) | Comments(0)
JALのタイヤが吹っ飛ぶ
昨日のニュースでしたが
羽田空港でJALの前輪タイヤがふっとぶ
http://www.daily.co.jp/gossip/2005/06/16/176609.shtml
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2005/06/16/01.html
http://www3.nhk.or.jp/knews/news/2005/06/15/t20050615000046.html
http://www.asahi.com/national/update/0615/TKY200506150172.html
http://rd.nikkei.co.jp/net/news/shakai/headline/u=http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20050615AT1G1500P15062005.html

タイヤのパンクというのでも怖い(年に何回かあるけれど)が
タイヤ自体が外れるなんて(○。○)

ところでかなり古い話なのだが、
ネットで聞いたところでは、JALは中国はアモイの会社に整備外注しているそうなんだが、まさか、ねえ
航空連ニュース「今、整備の現場では」
http://jfau.phenix.or.jp/news/18/169.pdf(adobeをインストールしてないと見られません)
※整備の外注率はこの時点で34%。中国のアモイにある「TAECO」と言う会社やシンガポール、タイに外注しているそうです。


私の関連ブログ
JALの救命胴衣紛失騒動


事件や出来事 | 19:07:55 | Trackback(1) | Comments(2)
近代日本の過去の記録(アーカイブ)の問題
今週の月曜日から日本経済新聞の夕刊のコラム「ドキュメント挑戦」で
「現代」を歴史に刻む-アーカイブスの今-
と言うお題で、資料・記録保存の問題が取り上げられています。
と言っても、このネタは以前同新聞の朝刊文化欄で取り上げられた
「アーカイブ零年-失われた記録-」
http://mwr.mediacom.keio.ac.jp/~mine99/blogs/archives/2004/11/post_44.html
の焼き直しのような気もするのですが(^^;)
これの内容については、以下のブログが簡単にまとめて下さってます
「東京の図書館をもっとよくする会」
http://motto-library.cocolog-nifty.com/main/2004/11/post_7.html

前回の連載でも今回の連載にも共通するのは
「日本は記録を大事にしない」
という危機感です。
本日の文はこのように締められておりました。
「日中、日韓は今、歴史の共同研究が課題。が、多くを抹消してしまった日本と、日本が作った多くの記録を手中にする中国、韓国。どちらに理があるか言うまでもない。
3800に登る档案館を組織する中国。その中で最大規模を誇り、国家や共産党の档案を納める中央档案館はまだ公開されていない。「ここが公開されたとき、果たして日本に何が出来るのか」川島は言葉を飲み込んだ。」

上の文に出てくる「川島」氏とは北海道大助教授の川島真氏のこと。
川島氏はどういった危機感を感じられたのか、この文章では全く検討つきませんが、確かに日本に史料が無くて、中国・韓国に史料が”ある”というのは問題とは素人の私でも感じます。
なぜなら。
中国・韓国は情報操作の大国だからです。
特に中国は自由にネット検索もできない国というのは昨日・今日の報道でもあきらかですし
「中国ネット検閲強化」
http://rd.nikkei.co.jp/net/news/kaigai/headline/u=http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20050616AT2M1502615062005.html
http://www.sankei.co.jp/news/evening/16bus001.htm
http://www.asahi.com/business/update/0615/001.html
「档案(=公文書)」と言って中国が公開したとしても
それは中国政府にとって都合のいい物だけとか
更に考えられるのは実在の公文書を元にして捏造された物だとか
というのは容易に考えられることだからです。



国際時事・特亜本部 | 18:45:20 | Trackback(0) | Comments(0)
話がすり替わってます>北朝鮮帰国事業
朝鮮日報に日本特派員記事としてこんなのが載ってたらしいですが…
「日本に責任問う”北送被害者”」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/06/16/20050616000009.html
だいたい出だしが
「北朝鮮による拉致被害関連団体が猛威をふるっている日本で、」と始まっていること自体、この記事がいかに恣意的に書かれているかと言うことを示しているようですが(苦笑)、要は昭和30年代~40年代を中心として行われたいわゆる「朝鮮帰還事業」によって帰国した在日朝鮮・韓国人が苦しんでいる責任は日本政府にあり、責任をとれ(=謝罪と賠償しろ)と言うことを言いたいようです。

呆れてポカーン

まず、この北朝鮮への帰還事業という物は、当時の朝鮮総連や北朝鮮の政府こそが非常に望んでいた物であるのです。
<参考>
「北朝鮮への帰国事業について」
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/renk/renk_archive/renk03yd1.htm
※金英達氏という在日の方による帰国事業の背景に関する講演録。非常に詳細で、これを東京で話したときには
>朝鮮総連の方から、金英達の発言がいちばん悪質であったと言われ
>ました。
と言うことだったそうなので、信憑性は高いかとヾ(^^;)
「海渡った日本人妻1800人 北朝鮮から初の里帰り、歴史を検証」
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2001/00997/contents/00052.htm
朝日新聞1997年10/17の記事
「北朝鮮帰国事業を第二の従軍慰安婦にするな!」
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200505262020.html
帰国事業の流れを時系列で整理。わかりやすい。


ところで、最初に挙げた朝鮮日報の記事、最後あたりに
>当時日本の新聞は在日朝鮮人の北送を熱烈に支持した。最近、北朝
>鮮糾弾に熱を上げている右翼新聞産経(※太字は私の注記
>です)は社説で、「李承晩政権の圧力に屈することなく、在日朝鮮
>人の帰国事業を断固として決定した日本政府の人道的措置を高く評
>価する」と書いた。
と書いてあるけれど、わざわざ産経だけもって来るというのがますます恣意的で
大爆笑です。
実はこの当時の新聞はほぼ全て帰国事業に大賛成だったのだそうで。前掲の朝日新聞1997年10/17の記事によると
> 国交がなくても帰りたい人を帰すのが人道、という見地から、日
>本の新聞は、帰還を支持していた。
> 「北鮮(北朝鮮)への帰国を望む人たちに、切なる希望をかなえる
>のが当然」(朝日新聞、五九年二月二日付社説)
> 「いつまでぐずぐずと日本にとめ、帰りたいところへ帰さないの
>は大きな人道問題」(読売新聞、同月一日「編集手帳」)
そうそう、朝日新聞と言えば帰国事業推進のお先棒を担いだことは忘れて去年辺りこそこそとこんな事をしていたようで。朝日新聞にはご用心。
「在日朝鮮人の北送事業は日本にも責任」
(中央日報2004/9/16)
http://www.geocities.jp/savejapan2000/korea/k054.html
>  朝日新聞は16日、在日朝鮮人の北送事業が開始される4年前
>の1955年から、日本政府が北送を積極的に推進していたことが
>判明したと報道した。
※ちなみにこの記事のコメントをしたらしい、テッサ・モーリス・スズキ氏というのもかなりあやしい先生と思われる。
網野善彦氏が編纂責任者となった講談社「日本の歴史」の25巻「日本はどこへ行くのか」であの姜尚中氏らとつるんでいた人。


…ところで。朝鮮日報の記事の最後は
> 日赤は北送事業推進に先立ち、国際赤十字社に「この事業により
>発生するすべての責任は日本赤十字と日本政府にある」とした。
と書いてあり、どうも朝鮮日報の特派員鄭権鉉(チョン・グォンヒョン)氏はこの文書が日本政府と日本赤十字から金を巻き上げる賠償の根拠となると思ってられるようですが、この文章、どこからも見つからないんですが…日赤のどの資料に書いてあるんだろう…?(゜_。)?(。_゜)?誰かご存じの方がいらっしゃったら教えて下さい。

国際時事・特亜本部 | 13:08:29 | Trackback(2) | Comments(0)
前から薄々知ってましたけどね_| ̄|○
先週末からアメリカ合衆国で宮崎駿監督の「ハウルの動く城」が公開されているが
全然客入ってねー
…状態らしいです。確か日経夕刊(確か6/13(月))によると
…ではまずいので(^^;)記事探してきました。
「ハウルの動く城、アメリカでは静かなデビュー」
http://rd.nikkei.co.jp/net/news/shakai/headline/u=http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20050614AT2M1400K14062005.html
日本では「お年寄りから赤ちゃんまで」の宮崎作品も
アメリカに行けば「コアなオタク」の人向けなのだそうで…。

ところで、ネットの噂や、以前雑誌で読んだ宮崎駿監督の談話の内容から薄々
「この人いわゆるサヨクな人かなあ?」
と思っていたら
やっぱりそうでした
つうか、第1次世界大戦頃のロシアで貴族の子弟に共産主義者が多かったそうですが、全く同じコースをたどってられます。
「社怪人日記2005」
http://haluhico.exblog.jp/2013945/
「●赤旗でマンガ連載開始
宮崎駿の父は、戦争中は戦闘機を作る下請け工場の工場長だった。社長は伯父さんで、つまり彼はお金持ち一家に生まれた坊ちゃんだったのだ。
空襲のさなか、無一文で空襲を逃れて避難する人たちの中を、宮崎一家は自家用車で移動したというのだから相当なブルジョアだ。その当時の彼は、戦車や飛行機が大好きで、手塚治虫のマンガが大好きだった。勉強もよくするいい子として成長した。
高校生の頃、思春期を迎えた彼は好きだった兵器関係の洋書を庭で燃やした。生まれ育った環境から、何の疑問も持たないままに、大好きだった戦車や戦闘機といったメカを「戦争の道具」として初めて認識し、これではいけないと思った、というのが彼の弁だ。当時盛んになり始めた学生運動の影響で「虐げられた人民が無理矢理行かされる戦争」というイメージも大きかった。
高校卒業後、彼は典型的なおぼっちゃまコース・学習院大学に進学する。ここで彼はマンガ家を志し、マンガの連載を始めた。それも、よりによって赤旗で、だ。『砂漠の民』というSFとマルクス主義を合体したようなマンガだった。しかししばらくして、彼は連載をやめてしまった。どうしても手塚治虫を越えられない、というのが理由だったという。
彼は悩んだ末、あっさりマンガ家を断念してしまう。

●米帝ディズニーに対抗できる人民アニメの拠点
学習院大学卒業後、宮崎駿は東映に入社し、アニメーターとなる。その理由が凄い。
「米帝ディズニーに対抗するアニメの拠点を日本で作る」
というのが、青年・宮崎駿の志望動機だった。
何のことか判らない人も多いだろうと思うので説明する。「米帝」というのはアメリカ帝国主義のことで、つまり植民地主義のことだ。
貧しい国の国民を低賃金で働かせて、アメリカばかりが豊かになるような政策といったような意味。学生運動が盛んだった60年安保の頃にはアメリカ批判としてよく使われた言葉だ。
確かにディズニーはアメリカンな考え方全面肯定の映画ばかり作るし、戦争中は戦意高揚映画もいっぱい作ったりもしている。それにしても「米帝ディズニー」と熟語みたいに言い切るところがスゴい。
その「米帝ディズニー」に対抗する東映で彼は、高畑勲という先輩に出会う。高畑勲は東大仏文科を卒業してヤクザ映画会社東映に入社した、という変わり者だ。仏文科なんか選んでサルトルを読むような奴は、マトモに就職する気なんかなく、もちろん屈折しまくっている。
その高畑勲に、宮崎駿はモロに思想的な影響を受ける。思想の根幹は共産主義だ。裕福な自分の生い立ちに疑問のあった宮崎駿は、そういったことに見識の深い高畑勲にイチコロでまいってしまった。
僕にはなんだか、素直に育ったムーミンが、ひねくれ者のスナフキンに人生の裏を教えられてるイメージを投影してしまう。
(大田出版版「オタク学入門」P.209-210)」


なんとのうこの屈折ぶりが大江健三郎氏や蓮実重彦氏にも共通するようなほのかなかほり(^^;)キノセイ?


ワイドショー | 16:29:38 | Trackback(0) | Comments(0)
なんじゃこりゃ>韓国小学生のお絵かき
つたない英語力で説明読んだ所では、韓国の某地下鉄駅に展示されていた小学生の絵の展示だそうです
http://aog.2y.net/forums/index.php?showtopic=1550
なんかう●ことか日本人を韓国人が集団暴行してる絵とか…日本の小学校でこれと似たような絵を小学生が書こう物なら
三者面談決定
…かと思いますが(^^;)
でもこんな絵が地下鉄の駅に堂々と展示されると言うことは、こういう絵を書くと小学校の先生に非常に誉められると言うことなんでしょうね。

ちなみに
http://aog.2y.net/forums/index.php?showtopic=1550
のミラーは今のところ以下の3カ所にあります。上記のリンクに繋がらない場合はどうぞ。
http://kaokaosama.hp.infoseek.co.jp/log/station/index.html
http://whatever.say.jp/program/snap_shot/site/11187552177632/
http://uqmgp.hp.infoseek.co.jp/


国際時事・特亜本部 | 23:10:22 | Trackback(1) | Comments(0)
台湾の反日「戦没者遺族」靖国神社に到達できず?
本日の夕刊で中くらいの大きさの記事になっていたのですが、
靖国神社に合祀されている台湾先住民の遺族が、分祠を求めて靖国神社に行くも入れず
http://news.tbs.co.jp/top_news/top_news1209467.html
http://www.topics.or.jp/Gnews/news.php?id=FN2005061401000612&gid=F01
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20050614/eve_____sya_____003.shtml
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20050614/eve_____sya_____015.shtml
http://rd.nikkei.co.jp/net/news/shakai/headline/u=http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20050614STXKC024014062005.html
http://www.asahi.com/national/update/0614/OSK200506140040.html
ちなみに上記の記事では、「右翼の妨害により」となっているが、NHKのニュースを見る限りではそういう様子は全くなかった。
TBSのニュースでは靖国神社側の要請により中止したとのことだが
http://news.tbs.co.jp/part_news/part_news1209467.html
日経夕刊の記事によると靖国神社側は訪問自体は拒絶していなかったとのこと。

何がなにやら分からないが、確かなのは
 靖国神社に合祀されている台湾先住民の遺族と称する人たちが
 靖国神社に分祀を求めて観光バスで乗り付けるも
 結局たどり着けず
と言う顛末。

しかもこのニュースを中国政府の宣伝機関である大陸系のネットニュースはかなり熱心に取り上げています。
中国大使館:「高砂義勇隊」遺族の安全確保要求-中国情勢24
http://news.searchina.ne.jp/2005/0614/politics_0614_003.shtml
台湾先住民の靖国抗議「日本政府に騙された」-中国情勢24
http://news.searchina.ne.jp/2005/0614/national_0614_006.shtml
タイトルを見て分かるように、中国大使館がこの台湾先住民の団体を支持し、しかもその団体のアピールが「日本政府に騙された」と締められてることを考えてみると、どうもこの団体の行動自体が、先日の台湾野党の主席を大陸に招待したことに続き、台湾問題を利用した日本への揺さぶりのような気がします。

ちなみにこの「高砂義勇隊」遺族の代表と称する高金祖梅という女性、かなり胡散臭い人らしい。
「今や原住民の代表者のように振舞うこの人物は、もともと中国人
(所謂外省人)として育ち、かつては「金素梅」という名で芸能活
動を行っていたが、その後立法委員(国会議員)を志し、たまたま
母親が原住民だったことから、当選しやすい原住民枠で出馬するこ
とにし、名前に母親の姓である「高」をつけ、突然「高金素梅」と
いう名の原住民に変身した。」
http://www.emaga.com/bn/?2005060034490320005291.3407

国際時事・特亜本部 | 21:25:29 | Trackback(0) | Comments(0)
中国にご用心
こんな日記を拾ってきた
「日本人相手の日本食レストランは、突然国税局の条例で、椅子1席につき月/5000円の営業税を課すことにした・・ということで、いきなり椅子の数を一斉に調査し始めた。

40席ある日本料理店は、毎月日本円で20万円の余分な負担である。事実上やっていけない店も出てくる。店に石を投げるより理不尽な、ある意味で合法的反日かもしれない・・」
「我社は党幹部の有力者を知っているからそのような嫌がらせはありえない・・台湾と共同出資で進出しているので、台湾会社に任せているから心配ない・・というのんきな友好ボケの日系進出企業の会社が多い。
中国の現政権では、内心知日派でも、反日・抗日の思想信条が、なければ、党の有力者にはなり得ない・・現政権の有力者の人脈は日本人にとっては幻想である。役に立たない。」

これは
http://www.idc-t.com/cgi-local/apeboard_plus.cgi?command=viewres&target=67
から抜き書きした物です。
日時は「2005/6/6」となっております。
中国とは仲良くできると思っているあなた、是非全文を読んで下さい。最後のサッカーネタ以外は興味深いです。
近日中にえらいことになるのではと、実は戦々恐々としているチキンな私なのでした(^^;)

国際時事・特亜本部 | 15:13:17 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。