現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
まだやってたのか?>NHK番組介入?疑惑
すっかり記憶の片隅からも忘れ去られていた「NHK教育番組に自民党の中川、安倍両氏が介入?」という朝日渾身のでっちあげ?!記事。

当然、海老原”エンペラー”会長の自爆的辞任や、スタッフの公金横領宴会騒動で満身創痍手負いの虎?状態のNHKが、こんなタイミングの良いいやがらせネガティブキャンペーン?に引き下がるわけもなく、連日連夜の非難応酬合戦となり

…と言うのが、確か今年の3月頃の話だが、その後マスコミ界にニッポン放送買収騒動でホリエモンが太いからだくねらせ?華麗にマスコミ界でぶぅ。
朝日vsNHKの騒動はすっかり忘れられていた。

が、先週の月曜日に、突然朝日新聞は、この事件に関する総括記事なる物を、それも2頁に渡って掲載したのである。
何故今ごろ?と言う気がするが、詳細は下記のブログで検証されている。
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200507260231.html

その直前?に関係者によるこんな行動。
問題の番組に関わったVAWW-NETはNHKにまだ抗議合戦しているようです。
http://blog.livedoor.jp/vawwnetjapan/archives/2005-07.html#20050722

ちなみに、その朝日新聞の「総括記事」ですが、あの『日経』の本日の社説でもその内容の無さに呆れておりました(^^;)
「説得力欠く朝日新聞の『総括』」
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20050730MS3M3000E30072005.html

スポンサーサイト
ワイドショー | 15:30:23 | Trackback(0) | Comments(0)
ドイツとユダヤ人-過ぎた?贖罪の行方
ただいま、BS7で以前にも放送された
「世界潮流2005 イスラエルはどこへ向かうのか」
を放送しています。

「イスラエル」という20世紀の産んだ、かなり特殊な国家の分析が現状も含めていろいろな角度から分析されています。(パレスチナ系=アラブ系が増えるのに対抗して、アフリカ系のユダヤ人を移民させるイスラエル、ユダヤ人間の確執、その他色々)

その中に「ドイツのユダヤ人への優遇措置」の話が出てきます。
これはいわゆるホロコーストに対する謝罪からドイツに住むユダヤ人に対して補助金を払う制度があるのですが(年間総額も説明していたが、一寸聞き損ねた。○○○万ドル…といってたような)
なんとこの対象になっているのは後からやってきたユダヤ人も含まれるようで。
結果、この補助金の恩恵を受けているのはホロコーストとは関係のないロシア系のユダヤ人。差別の多いロシアもいや、かといってテロが多くてイスラエルもいや。…補助金のあるドイツが美味しそうじゃん、と言うことで、ドイツに移住するロシア系ユダヤ人はかなりの数に上るとか。
ドイツに移住したあるユダヤ人曰く
「今ユダヤ人にとって一番住み易い国はドイツです」
…そりゃ国からお小遣いでますもんね…
これって補助金どろと一緒じゃないのかヾ(^^;)

しかし、こういう実体が明らかになっていったら、ドイツ人から
「こんな為に作った補助金じゃない!」
と不満が出るように思うが。


続きを読む >>
国際問題(特亜以外) | 14:57:43 | Trackback(0) | Comments(0)
日高六郎氏って
日曜日の『日経』には書評欄が載る。
そこの「あとがきのあと」と言うのに日高六郎氏と言う方が自分の最新書である『戦争のなかで考えたこと』宣伝の筆後録を書いている。

これが読んでいくと、「?」という代物であった。

全文を打つのは面倒なのでヾ(--;)版権の問題もあるので、一部抜粋しよう。


最近の中国の反日デモの映像をテレビで目にした。
「あれくらいの運動は戦時中、中国でいくらでもあった。
日本人の中国やアジアの国々に対する姿勢は戦時中は武力的、戦後は無反省で本質的には何も変わっていない」


※太字は私が後から補足しました。
「反日デモがある→日本人の無反省が悪い」、と言う論理展開が全く謎ですな。理解不能。と言うか、この方、この『日経』のコラムによると


戦後民主主義を思想と行動の両面でリードした社会学者


ということですが、こんな論理構造のレベルで社会を扇動、いや洗脳、いやいや動かしてられたんでしょうか?

今後も


次回作となる続編は戦後から現在までを回想する。
「特に日本が世界の中で孤立していることを警告したい」


「日本は世界で孤立」キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!。…失礼しました(^^;)
この方は


「憲法問題は国内問題ではない。改憲した場合のアジアの国々への衝撃の大きさを考えれば靖国問題以上に深刻」と持論を述べる


という護憲派、いや憲法9条原理主義者のようですが、この手の方って、改憲するとアジアから孤立、とか世界から孤立、とか決まり文句のようにいわれますね。しかもそのアジアとか世界の前に必ず「中国を初めとする」とか「韓国・中国を初めとして」が枕詞のように付いてくる不思議。
まるで
「改憲すると中国様や韓国様にとって不利だから、私のようなえらい学者のいうことを愚民の日本人は聞いておけ」
とばかりの言い方ですね。

ちなみに日高氏は


フランス・パリ郊外に画家でエッセイストの夫人と共に暮らす


だそうで。あのおフランスにお住まいで有れば、日本に住んでいる日本人はますます愚民に見えることなんでしょうね。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

ぁゃιぃ文化人 | 14:35:37 | Trackback(0) | Comments(2)
人権擁護法案、国会提出見送りへ
今国会への提出は見送りとなった
ようですが
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20050726&j=0023&k=200507263293
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20050724ig90.htm
http://www.asahi.com/politics/update/0723/007.html
http://www3.nhk.or.jp/knews/news/2005/07/16/t20050716000020.html

何回も手を代え、一寸文を代え(^^;)何回も何回も出されている法律です。
以前の私のブログでは特定の団体の利益に関わりがあるのでは?と指摘しましたが、これだけお流れになってもまた登場するというのは、それだけ特定の政治家にもうまみのある法律なのでしょう。
今後も用心しなくては。




日本の政治 | 12:52:24 | Trackback(0) | Comments(0)
民主党の「人権”ほご”法案」
以前からネット上では「平成の治安維持法」として話題の「人権擁護法案」
郵政民営化に隠れて、マスコミもほとんど取り上げませんが…

次の内閣が見えてきた?民主党が、今審議されている内容に対して対案を出しているそうなんですが、それがこれ

きれいな言葉に隠れて、すごい悪法じゃないですか。
例えば、


第二十七条 人権擁護委員は、地方人権委員会が委嘱する。
(略)
3 市町村長は、地方人権委員会に対し、当該市町村(特別区を含む。以下同じ。)の住民で、人格が高潔であって人権に関して高い識見を有する者及び弁護士会その他人権の擁護を目的とし、又はこれを支持する団体の構成員のうちから、当該市町村の議会の意見を聴いて、人権擁護委員の候補者を推薦しなければならない。


※太字はばんない補足
つまり、いわゆる「人権をネタにして飯食っている人」から優先的に委員に採用されるということですね。委員の選択の時点で、既にこんなに不公平なことが明文化されているなんてとんでもなさ過ぎです。



第二十九条 人権擁護委員の定数は、全国を通じて一万人を超えないものとする。
2 各市町村ごとの人権擁護委員の定数は、その地域の人口、経済、文化その他の事情を考慮して、中央人権委員会が定める基準に従い、地方人権委員会が定める。


大阪のように特定の民族とか、特定の門地問題を抱えているところというのは、もう委員ほぼ固定化しちゃうんでは無かろうか。



第三十条 人権擁護委員の任期は、三年とする。
2 人権擁護委員は、再任されることができる。
3 人権擁護委員の任期が満了したときは、当該人権擁護委員は、後任者が委嘱されるまで引き続きその職務を行うものとする。
4 人権擁護委員は、非常勤とする。


この後さらっと見てみましたが、「任期は3年」としながらも「再任できる」(しかも再任の回数に制限無し)となると、ほぼ半永久的に特定の人が人権擁護委員にいざる事が可能。

これ、やっぱり新たな特権階級を生み出す法律になりそう。人権擁護というより、「人権を侵害された」と自称してる特定の人のためだけに、その他の人を排斥するための法律としか言えない代物ですね。

それよりも人権を守るための法律は他にわんさと有るんだから、それを活用した方がいいのではないかと思うが。

日本の政治 | 15:11:21 | Trackback(1) | Comments(0)
タイムリーな燃料となりますかね>拉致問題


元工作員、衆院特別委で陳述「日本人15人の生存情報」

2005年07月28日11時51分

 元北朝鮮工作員の安明進(アン・ミョンジン)氏(37)が28日、衆院拉致問題特別委員会で参考人として意見陳述し「北朝鮮の工作員養成機関に在学中、日本人15人について、目撃したり確実な生存情報を得たりした」と証言した。拉致された日本人について97年以来証言してきた安氏が、国会に招かれて証言したのは初めて。

 安氏は「88年9月から91年初旬まで、当時の朝鮮労働党中央委直属政治学校、現在の金正日政治軍事大学で日本人11人を見た。(拉致被害者の)横田めぐみさん、市川修一さん、増元るみ子さん、蓮池薫さん、田中実さん、(拉致と認定されていない)加藤久美子さんのほか、北海道から拉致されたという朝鮮語が得意でない男性らだった」と述べた。

 さらに「学校には寺越武志さんが出入りし、工作員専用病院で古川了子(のりこ)さんを見た。爆破訓練所にも女性がいた。北朝鮮が86年死亡したという田口八重子さんについても、91年まで生きていた確実な情報を持っている」と語り、14人を目撃し1人の生存情報を得ていたことを明かした。

 「北朝鮮にいたとき、日本人の名前は1人も知らなかったが、顔や特徴ははっきり記憶している」とも述べた。また「北朝鮮は対日工作機関である清津(チョンジン)連絡所を解体せず存続させている」とも語った。

http://www.asahi.com/politics/update/0728/002.html


どうも予想していたこととはいえ、六カ国協議で拉致問題はスルー気味ですが、このネタ、北朝鮮優位に進んでいると伝えられる今回の協議を流れを変えられるんでしょうか?…日本の国会での話ということだから、無理なんかなあ_| ̄|○

私の関連ブログ
http://boyakkies.blog12.fc2.com/blog-entry-85.html

国際時事・特亜本部 | 12:48:49 | Trackback(1) | Comments(0)
亀井静香は大嫌い!
最近郵政民営化論議が思わぬ?難航+参院で否決されるかも?ということで、郵政民営化反対の巨頭として「時の人」としてニュースでもてはやされている亀井静香氏。

このおっさん、大嫌いなんですよねえ。私。ヾ(^^;)

だいたい、郵政民営化を「地方切り捨て」としていっていること事態が胡散臭い。
この人ほどTVの前で弱者に対する思いやりがないのをあからさまにした人はいないのですね。

それは今からもう8年前のこと。
鹿児島県は出水市で土石流が発生。被害の概要はこちら
その当時建設大臣(現在の国土交通省大臣)であった亀井氏は現地入り。そこでおっしゃったご託宣、いや発言というのが
「さすが砂防ダムのおかげで被害は少なかった。」
ですって。21人の人が亡くなっていたのに。
ちなみにこの発言を放送したのはテレビ朝日の「ニュースステーション」(現在は「報道ステーション」に変わった)。

その報ステで何故か郵政民営化反対→亀井静香氏プッシュになっていると言うことに、マスコミの節操の無さを感じてしまいます。
小泉嫌い、小泉おろしたいというなら、理由信条は問わず何でもありなんかね>テロ朝


日本の政治 | 12:41:31 | Trackback(0) | Comments(0)
株式市場よさようなら?!
実は昨日のニュースになるのだが
アパレルのワールド、上場廃止に向けてTOBを決定
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20050727AT2D2700F27072005.html
http://www.nissenmedia.com/today/index.php?no=4192
http://www.asahi.com/business/update/0725/104.html
いっぱいあるので後はこの辺

会社の不祥事や倒産などで上場廃止になるのではなく、
会社が上場廃止になるように決定したのである。
理由は
「上場していても全然メリットがない」
からだそうな。

今の日本の株式市場は
業績を見ず、アップダウンや口先だけの介入で漁夫の利を得ようとする外国法人ヘッジファンド
目先の利益だけを見るデイトレーダー
が闊歩し、マスコミが「配当で一般投資家を優待しよう」なんて煽ったところで、実際に株式を動かしているのは上記のような連中である。
高配当でも、株価のアップダウンが激しく、配当利益なんて一瞬にして吹っ飛んでしまう。一般人は怖くて株式なんて買えない。
それどころか先日のフジテレビ買収で有名になった「会社の成長どころか目先の自分の利益しか狙ってないのが見え見えだった」ホリエモンや、
そこに便乗して漁夫の利を狙った村上ファンドのような新タイプの法律準拠の総会屋みたいなのが登場した今、株式上場していても「会社の今後には全くメリットがない」と思う会社が出てきても当然だろう。

今までは株式上場こそが優良会社の証というのが日本の常識だったが、
今後は優良会社は株式非上場というのが日本の常識になっていくのかも知れない。

経済いろいろ | 19:07:38 | Trackback(0) | Comments(0)
岡八郎(八朗)氏死去
結構いいお年になられてたんですね。
と言いつつ、平均寿命79歳の今ではやはり早いか。
http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/200507/27/ente183602.html
ちなみに30代(^^;)の私にとっては「岡八郎」の方がなじみがあるが、改名して「岡八朗」の方が正しいらしい。
ニュースソースによると
妻の自殺、長男の急死、アル中…
典型的な不幸な芸人の一生だったようですね。

阪神タイガース→ダイエー(現ソフトバンク)ホークスの池田親興(いけだ・ちかふさ)氏にそっくりだったことでも知られていたかも(^^;)
それにしても
横山やすしといい、アルコールで人生駄目にする芸人って、どうしてこんなに多いんだろう(ToT)

ちなみに昭和40~40年代の吉本新喜劇全盛期、もう一人の座長で有名だった船場太郎氏は現在大阪市会議長としてご健在の様子。
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200306/gt2003060813.html




続きを読む >>
ワイドショー | 13:54:30 | Trackback(0) | Comments(0)
やれやれ…
相互リンクを貼るということで、当該のページを削除してもらい、とりあえず決着。
…実はまだまだぁゃιぃ所があったりヾ(^^;)…なんてことはないだろうなあ…(-_-;)

ま、当のご本人様が自分のHPの全てを把握されてないような節もありますので
2度目の仏の顔、と言うことにしておきます?!

関連ブログ
http://boyakkies.blog12.fc2.com/blog-entry-82.html

テーマ:ホームページ - ジャンル:コンピュータ

運営ネタ | 23:10:12 | Trackback(0) | Comments(0)
明日から6カ国協議始まるらしい。
…結局何も進展しないんだろうなあ…と予想。

北朝鮮が先日から
「日本は役立たず」
「日本はいる意味がない」
と日本排除の発言を繰り返してるのは、6カ国協議がぽしゃるのを見越して、その責任を日本になすりつけようとする前振りなんでしょうね
と考えている。

最も大旦那である日本が金出さないと北朝鮮への援助計画は一歩も前に進めないわけだったりするわけですが。



国際時事・特亜本部 | 21:19:10 | Trackback(0) | Comments(0)
情報ソースは「脳内」です(?)
某掲示板でこんな話を見つけたのだが。


入江曜子の「貴妃は暗殺されたか」で
李王家と方子女王の縁談は梨本宮伊都子が持ちかけたと
あったんですけど詳しい話知ってる方いますか?


私が『皇族・華族古写真帖』などで見た話では
伊都子妃は、この政略見え見えの結婚に大反対だったと言うことだが…。

ふと気になって「入江曜子」で検索したら…
お書きに成られた本の一覧
…これって、このお方、典型的な「中共御用作家」と言うことでは無かろうか。

つまり、先ほどの「伊都子妃が自分の娘を李家にプッシュした」というネタ、入江氏の”脳内情報”では無かろうか?…と言う疑惑が。

ところで
今週はじめに、この伊都子妃の孫で李方子さんの息子になる方が日本で急死されたんですね。この方には子供が無く、李王朝の直系は断絶したらしい。
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20050719&j=0028&k=200507191627
http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200507/sha2005072009.html
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/07/20/20050720000001.html
奥さんとは周りの親戚のせいで離婚させられたようですね。ご夫婦ともに幸せとは縁遠い方だったようだ。
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/07/22/20050722000021.html
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2005072293048


続きを読む >>
国際時事・特亜本部 | 23:20:02 | Trackback(0) | Comments(0)
教育も宣伝の一環です?!


Kyoto Shimbun News 2005年7月21日(木)

市教育長、在日講師に謝罪
石部中の人権学習問題 

 滋賀県湖南市立石部中の人権学習の授業で、講師の在日朝鮮人男性に市教育長が政治的な発言を控えるよう要請した問題で、奥村容久教育長が20日までに、「真意を十分に伝えられず発言を制約する結果となり、申し訳ない」と男性に謝罪した。

 奥村教育長が15日、市教委を訪れた男性に対し、「靖国参拝や拉致問題などの懸案には深入りしないでほしいという意味だった」と釈明した。その上で「従軍慰安婦や朝鮮人被爆者の存在は歴史的事実であり、日本と朝鮮半島の不幸な歴史にふたをする意図は毛頭なかった」と弁明した。
 教育長が今後も在日韓国・朝鮮人問題を含む人権学習を進めると伝えたことから、男性は謝罪を受け入れた。男性は4日、講師に招かれた。講義内容を一任されていたのに授業当日に教諭から「政治的な話は控えてほしい」との市教育長の意向を伝えられ、予定していた従軍慰安婦や朝鮮人被爆者の話をやめていた。
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2005072100025&genre=F1&area=S10



ですって。
在日の方を「人権教育」なんてテーマで招いたら恒例のこの手の持ちネタが出てくることは予想できたでしょうに。この在日の方にとったら公費で給料をもらって若い日本人を自分の思い通りに洗脳できるんだからうはうはでしょうな
何やってんだか>滋賀県湖南市石部町

国際時事・特亜本部 | 13:30:19 | Trackback(0) | Comments(0)
勝手に持ってくなよ!>HP
今日は時事ぼやきじゃなくて、自分の日常のぼやきです(^^;)

私はこのブログの他にも2つHPを持っているのだが
あるHPで自分の書いた内容がそっくりそのまま使われているのを発見し(○。○)、即座に抗議メールしてその文章の書かれたHPのリンクを外してもらったことがあった。
それが今年の4月下旬。
その時のお返事はこうであった。


メールをありがとうございます。
わたくしの不手際に対しまして
寛容に応じていただき改めて感謝します。

ばんない(○○○)さまにご指摘を受けたようなところが
他にも何ケ所かありまして、
早速、見直し作業を進めています。

先に進むことばかりを考えて
脇の甘いところがありました。
今回は、いい気付きを与えていただき
ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い申しあげます。



まあ、私のHPにも「リンクや引用についてのお知らせがわかりにくい」かなあ、と言う落ち度があったので、HPの表紙にリンクや引用についての注意を書き、それで今後はうまく行くか

と思っていたのだが
昨日ある調べ物で検索していたら、またまた、私のHPをそっくりそのまま引用されているのを見つけてしまったのである。

私のHP

問題のHPの箇所

また全く同じじゃん_| ̄|○
HPからのリンクは切ってあるようだけど、完全削除してないからgoogleでヒットするんですけど…(^^;)

しかも腹が立つのは、向こうの方が老舗サイトなので、全く何も知らない第三者から見たら私の方が無断引用してるように見られかねないこと。

一応またまたメール送ったんですが、今度はどう反応されるのやら(;¬_¬)

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

運営ネタ | 13:23:59 | Trackback(0) | Comments(0)
OCN騒動
一般のニュースでは流れてないが、ネット上ではちょっとは耳にした人もいたかも知れない。
あの2ちゃんねるにOCNユーザーが全くアクセスできないと言う事態がこの連休中にあったらしい。
原因はOCNユーザーの一人が2ちゃんねるにクラッキングをしかけたからということだが、通常は、クラッカーの使っているサーバーだけが規制されるのでここまでは大きな騒ぎにならない。
ところが、今回はOCNの対応が非常にまずく
「1 ocnには即応する窓口はありません
2 メールで問い合わせてください
3 おいらがocnに対して報告した時点以降に2chのサーバが攻撃を受けていることについては理解したうえで何もしません」
…なんて回答したそうな。

ぽかーん

おそらくOCNの対応窓口担当には「どうせあの2ちゃんねるでしょ」( ´,_ゝ`) …なんて、見下すような意識があったからこんな事になったのかも知れませんが
客対応悪すぎ

私も大昔にここまでひどくはないが(^^;)やはり、みも知らない人から嫌がらせをされたことがありまして。エロサイトとか投資サイトからじゃんじゃんメールはくるわで大変だった
 のですが 
そのメール発信元がまぐまぐだったため、嫌がらせでメルマガ登録した奴のIPアドレスは丸見え(苦笑)、まぐまぐ+そのIPアドレスから推測されるプロパイダに通報し、速攻対応してもらったのでした。
その後、そのいやがらせした奴の実名住所電話番号まで現在は知っているという…。それはそれでなんだが(だって犯人が自分でボロ出したんですから、知ってしまったのね)

まあ、クラッカーもプロパイダも
大人げのない対応はやめましょうね。 

今回の騒動の関連ブログ(2ch公式ブログ)
http://info.2ch.net/wiki/pukiwiki.php?OCN%C1%B4%A5%B5%A1%BC%A5%D0%28aa5%BD%FC%A4%AF%29%B5%AC%C0%A9%A4%CB%A4%C4%A4%A4%A4%C6

テーマ:インターネットサービス - ジャンル:コンピュータ

事件や出来事 | 00:07:54 | Trackback(0) | Comments(0)
焚書事件の例の司書さん
こんな本書いてられたんですねぇ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4834016218/250-1443152-5771434
コメント欄が何とも(^^;)

しかし自分の書いた本を自分の勤めている図書館に30冊以上も購入していたというコメントの話が事実ならば職権乱用もいいところですね。これって公金横領にはならないのかな?

私の関連ブログ
http://boyakkies.blog12.fc2.com/blog-entry-78.html
http://boyakkies.blog12.fc2.com/blog-entry-55.html


事件や出来事 | 20:01:39 | Trackback(0) | Comments(0)
見に行きましたぞ>エピソード3(ネタばれアリ)
実はほとんどCMでネタバレしてるんじゃねーの?と言うつっこみはおいといて

最初の戦闘シーンはホントに細かくて、Part1(現エピソード4)からすると隔世の感がありますな。って、実際20年以上隔世してるんだが_| ̄|○。
それにしてもR2-D2がビーム発するわ、油まくわで最強ロボットになってやんの。三国人犯罪で物騒なこの時代、ああいうのが一台欲しいと思った奥様は多いはずだヾ(^^;)
チューバッカの意外な登場には驚いた。しかし、あのちょい出しをするなら、ハンソロの幼少時とか、ミレニアム・ファルコンのなれそめみたいなのも出して欲しかったなあ、というのは欲張りか。
アナキン・スカイウォーカーの暴走の原因は予想通りだったのだが、アミダラの死を知った後はあんなもんじゃなくてもっと暴走すべきだったのでは。その辺りの詰めが甘いように思った。あのシーンのシスの枢機卿は最凶最悪の暗黒のジェダイ騎士と言うより、周りの者をぶっこわしまくってるダースベーダーに手を焼いてる気のいい爺さんにしか見えなかったよヾ(^^;)
そうそう、あの大やけどしたアナキンの治療シーン、あれ「仮面ライダー」の本郷猛の改造シ(以下自粛)

個人的には、宇宙全体で過酷な戦争をしているのに、一般市民の多く住む社会ではいたって平穏に生活が送られているというのが、かえって怖かったです。帝国の誕生も平和的政権乗っ取りだった。…今の時代にも通じる点を感じたのだが、私だけか?


最後、ややネタバレになりますが
アナキンがなんであの確かに1980年代ではイケていたが、今ではダサ過ぎるあの「べーだーすーつ」を着るのか?その理由がなかなかすごいです。と言うか、ああいうことになったら普通ジェダイの騎士でも死ぬと思うんだがなあ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ワイドショー | 19:06:30 | Trackback(0) | Comments(0)
最高裁で蔵書廃棄について逆転判決
「新しい歴史教科書」の内容はともかく、やはり此の司書のやり方は行き過ぎも良いところでしょう。
と言いつつ、なんと地裁でも高裁でも司書の行動を支持する判決が出ていたとは(○。○)ちょっと私にも事実誤認がありました(関連ブログを参照)
最高裁で、ようやくまともな判決が出たようです。
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20050714/eve_____sya_____010.shtml
http://www.shikoku-np.co.jp/news/news.aspx?id=20050714000184
http://www.asahi.com/national/update/0714/TKY200507140233.html
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20050714AT1G1400W14072005.html
この事件の概要については、東京新聞の記事をそのままコピペ。


本廃棄、著者の利益侵害 公立図書館訴訟
『つくる会』実質勝訴

 千葉県船橋市の市立西図書館に著書などを捨てられ、言論弾圧を受けたとして、「新しい歴史教科書をつくる会」と作家井沢元彦さんら七人が、同市に二千四百万円の損害賠償を求めた訴訟の上告審判決が十四日、最高裁第一小法廷であった。

 横尾和子裁判長は「独断的な廃棄で、著者の利益を侵害した」と述べ、つくる会側の訴えを退けた一、二審判決を破棄して審理を東京高裁に差し戻し、賠償額を算定するよう命じた。つくる会側の事実上の逆転勝訴となった。

 原告側は、同図書館の司書が二〇〇一年八月、思想的嫌悪を理由に、つくる会や井沢さんらの著書計百七冊を蔵書リストから除外して廃棄したとして、翌年に提訴した。

 横尾裁判長は判決理由で、公立図書館の役割について「著者にとっては、思想や意見を公衆に伝達する公的な場」と指摘。「職員は独断的な評価や好みにとらわれることなく、公正に図書館資料を取り扱う職務上の義務がある」との初判断を示し、職員の行為の違法性を認定した。

 一審の東京地裁は〇三年、「蔵書の取り扱いは市の裁量に任されており、著者に対し法的責任は負わない」として、原告側の請求を棄却。

 二審の東京高裁が昨年、東京地裁判決を支持し、原告側が上告していた。

■メモ

 <船橋市の図書館蔵書廃棄> 2001年8月、船橋市立西図書館が187冊の蔵書を廃棄。うち107冊は破損などの廃棄基準に該当せず、大半が「新しい歴史教科書をつくる会」のメンバーらの著書だった。市教委は02年5月、「女性司書が独断で蔵書リストから外した」として、この司書を含む5人を減給などの処分にしたが、つくる会や著者は「不当な言論弾圧だ」と慰謝料などを求め、同年8月に提訴した。



私の関連ブログ
http://boyakkies.blog12.fc2.com/blog-entry-55.html

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 00:36:53 | Trackback(0) | Comments(0)
「新しい歴史教科書」関連 備忘録
某所からそのまんまコピペになります。手抜きでホントに申し訳ない。
最近筑紫氏のあやしすぎるクールビスが痛すぎるので「News23」は見てないのだが、こんな事あったんですね。
以下引用


昨夜の『筑紫哲也ニュース23』では、杉並区の田中豊子なる人物を『つくる会に反対して、
やむにやまれず声をあげた一般市民』として、プライベートにまで密着取材の上、好意的に紹介していました。

しかし、この人、『杉並・親の会』なる中核派と密接な関係を持つ《反つくる会》団体の呼び掛け人です。
中核派と密接な関係を持つ団体の呼び掛け人の活動を、あたかも組織とは無縁の一個人の活動と思わせて、
「ほら、平凡な名もない庶民までがつくる会に反対して立ち上がりましたよ」
と視聴者を誘導する卑劣な番組です。

動画
http://gazo05.chbox.jp/news-movie/src/1121268581134.avi

『杉並・親の会』呼び掛け人リスト
http://members.jcom.home.ne.jp/kyoukasyo/htm_05/profile.htm#yobi

『杉並・親の会』の活動を紹介する中核派HP
http://www.zenshin.org/f_zenshin/f_back_no05/f2201.htm#a2_3



日本の政治 | 23:29:10 | Trackback(1) | Comments(0)
更に(朝鮮総連の)思い通りの展開へ?
もはやアメリカではデマが真実になろうとしているようです_| ̄|○
>「日本では白人や黒人は野蛮人であり、身体障害者は格下の人
>間とみなされる。」「日本人以外は蔑みの対象とされる。」だ
>そうです。
http://plaza.rakuten.co.jp/soudenjapan/diary/200507120000/

をいをい、日本人には黒人追っかけコギャルとか外専追っかけねーちゃんとかいっぱいいらっしゃるんですが。どう説明すりゃいいんだよヾ(^^;)
英語の達者な人は、上のブログに行くと問題のスレの事が書いてあるから、どんどん記事を丸飲みしている連中に反論してくだせえ。私は英語がからきし駄目なんで影でひっそり応援してます(T-T)


私の関連ブログ
http://boyakkies.blog12.fc2.com/blog-entry-65.html
http://boyakkies.blog12.fc2.com/blog-entry-74.html

続きを読む >>
国際時事・特亜本部 | 16:46:30 | Trackback(0) | Comments(2)
「鹿砦社」という出版社の社長が逮捕されちゃった。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050712AT1G1201I12072005.html
http://www.shikoku-np.co.jp/news/news.aspx?id=20050712000194
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050712i203.htm
http://www.sankei.co.jp/news/050712/sha045.htm
http://www.asahi.com/national/update/0712/OSK200507120030.html
http://news.tbs.co.jp/part_news/part_news3070628.html
だいたいどこも似たような報道内容ですので、日経の記事を参考までにコピペしておく。
「出版社社長を名誉棄損容疑で逮捕・神戸地検
 自社の出版物やホームページ(HP)で、パチスロ機製造会社の役員らを中傷したなどとして、神戸地検特別刑事部は12日、兵庫県西宮市の出版社「鹿砦社(ろくさいしゃ)」社長、松岡利康容疑者(53)=同市甲子園七番町=を名誉棄損容疑で逮捕、鹿砦社本社など3カ所を家宅捜索した。
 同地検は「事実でない記述が掲載され人権侵害の程度が著しく、出版社としての社会的責任を忘却した悪質な事案」と判断した。
 調べによると、松岡容疑者は2003年に発行した著作物で、パチスロ機製造会社の役員について「強盗傷害、住居侵入の容疑で逮捕されていた」などウソの記述をしたほか、役員の私生活として事実無根の交友関係を執筆するなどして役員の名誉を棄損した疑い。
 さらにプロ野球の球団職員が転落死した問題を殺人事件のように取り上げ、元球団職員2人が殺害に関与したかのように実名を掲載した雑誌を02―03年に発行し中傷した疑い。 (12:36) 」
※太字は私が後から修正補足したものです。

余り熱心ではないが、たぶん阪神ファン?(^^;)の私には、気になる事件があり、最後の文はそれに関係している。
阪神タイガースには渡辺省三というスカウトがいたのだが、平成10年に変死されている。
実はこの事件が今までにもめにもめていて、そして今回の鹿砦社の社長逮捕まで繋がっているのである。
渡辺省三氏の娘さんのサイト
http://homepage3.nifty.com/syouzou/index.html
その告発本を出したのが鹿砦社からなのだが、何があったのか喧嘩別れされた様子
http://www.rokusaisha.com/0test/tushin/tushin2004/tushin20041015b.html

ちなみにこの鹿砦社、かなりお騒がせ出版社で、今までにもこのような実績?が(^^;)
・ジャニーズ内部告発本でトラブル
・宝塚内部告発本で、やっぱりプライバシーの侵害だとトラブル

何が真実なのやら分かりませ~ん。




ワイドショー | 13:51:46 | Trackback(4) | Comments(0)
やっぱり想定通りだった>国連人権委員会調査
いま夕方のNHKBSニュースを拝見しましたが
今回の調査官であるディエン氏の会見を見まして
「日本にはアイヌ民族や外国少数民族へのひどい迫害がある、これを改善するように強力な圧力をかけていく」というようなことをおっしゃられてました。

やっぱり想定の範囲だった_| ̄|○

詳しいニュースソースが見つかり次第、追加で貼ります。

ちなみにディエン氏の外見ですが、眉間にしわが寄っていて、単発、いかにも強面のおじさ…いやおばさんヾ(^^;)!と言う感じでした。実際彼女が日本でどの程度の調査をされていたのか、検索してもまともに説明しているページが引っかかりません。ディエン氏の訪問について検索した結果
ウトロを訪問したニュース以外はほぼ無しに近い状態でした。アイヌ民族の調査って、したの?
彼女には最初から周囲(=韓国とか北朝鮮とか、他に在日の関連団体とか、あやしい自称”人権団体”)のロビー活動が効いていて、日本に対する結論は調査なんてしなくても最初から決まっていたような印象を受けました。

この時期の突然の調査は、余りマスコミでは問題にされていませんが「ざる法」「治安維持法の復活」と言われる「人権擁護法案」成立の後押しをさせようと言う”影”の意図があるのかも知れません。その「影」が誰か、今回のディエン氏の報告で一番「得をする人」を見たら明らかでしょう。

私の関連ブログ
http://boyakkies.blog12.fc2.com/blog-entry-65.html



続きを読む >>
国際時事・特亜本部 | 18:21:22 | Trackback(1) | Comments(0)
スターウォーズの公開が始まりましたが…
スターウォーズepisode3の公開が始まりました。
それに伴い数週間前から日本テレビ型やテレビ朝日系で旧作スターウォーズの放送も行われています。
…効果的な広告でんなヾ(^^;)

昨日はテレビ朝日系で「帝国の逆襲」(旧タイトルはpart2と言うことだったが、現在はepisode5となっている)が放送されました。
スターウォーズヲタには旧知の事実かも知れませんが、帝国軍兵士の軍服って旧ナチスドイツの軍服に似ているような…それどころか帝国軍兵士役をやった人ってドイツ型っぽい顔の人が多いようにも見受けられた。
ステレオタイプとして、ハリウッドでは絶対的悪=ドイツと言う図式が成り立ってるのだろうが、ドイツの人あれ見てどういう感想もったんだろう。ちょっと気になった。

ワイドショー | 13:27:57 | Trackback(0) | Comments(0)
韓国ネタ力作ブログ(ご紹介)
有名な所っぽいですが
ここまで画像を集めた努力に敬意を表しまして。

何か韓国の反日事情が一目で分かるというか
すごい大作ですね。
こんなブログ…私には無理ですヾ(--;)
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/e900d1f044ca2786b10d1ef3066cdca1

国際時事・特亜本部 | 13:20:38 | Trackback(0) | Comments(0)
この道はどこかで見た道IN中国
今日は最初にこちらから
私の関連ブログ
http://boyakkies.blog12.fc2.com/blog-entry-67.html

中国の一般人(と言うか、ネットを自由に使える人限定?)では、このブログで引用した記事のように
「中国は発展途上国の代表」
と考えてる人が大半なんだね。ま、中共政府自体がそういうスタンスをとってますが。
しかし「発展途上国の代表」というのと実際その国のためになってるかというのは全くの別問題なわけで。

以前にもブログで取り上げた記憶があるが、国内で民族対立がひどく、一方的な”虐殺”事件があったスーダンへの有力な支援国が 中国 なのである。
スーダンと中国の石油を巡るあやしい関係

日本が太平洋戦争のドツボにはまっていく原因にはいくつもの要因が複雑に絡まっていると私は認識しているのだが、政府は国民に対しては「欧米列強に支配されているアジアの弱小国の解放」という説明をしたように記憶している。
…まあ、実際はそんなにきれい事じゃなかったわけですが。

最初に書いた中共政府と中国一般ピープルの考えって、この戦前の日本と全く同じじゃねーの?
なのに戦前の日本を実態以上に誇大化して更に金を巻き上げようとし、今の自分は超美化。
そんな中国の行く先は、かつての日本と同じになるのだろうか。

国際時事・特亜本部 | 11:31:46 | Trackback(0) | Comments(0)
新選組!続編って…
ホントの話だったのね_| ̄|○
「2006年(平成18年)正月時代劇は『新選組!』の続編に決定!

 昨年放送された大河ドラマ「新選組!」には、放送終了前後から続編を求める多くの声が寄せられ、終了後半年を経過した現在も、手紙やメールでの続編希望が届いています。

 そうした視聴者の皆さん方からの熱い要望にお応えして、来年・2006年(平成18年)の正月時代劇として、土方歳三を主人公に「その後の新選組」(正式タイトル未定)を制作することになりました。」
http://www.nhk.or.jp/drama/html_news_shinsen.html

大河ドラマをなんだかんだ言いながら見ている私としては、『新選組!』は実に微妙な大河ドラマであった。評判は大河ドラマファンには非常に悪く、しかしキャストにイケメン若手俳優が多かったためにミーハーな女性には受けていたらしい。
私個人的には
前半(~5月ぐらい)なかなかエンジンがかからない
中盤(5月~8月)微妙な立場故の新撰組の苦悩が思いの外書けていたと思う
後半(9月~)主人公を善人に仕立てるための単純な勧善懲悪ドラマに転落。
という感想を持った。

そしておそらくミーハー女性ファンの後押しによる「続編製作」である。
あきれた。
大河ドラマは1年50回ある。※
現在1クール(12回)の連続ドラマが多い中、破格の放送時間であり、この中に話を納めるのが制作者の技量というもんでは無かろうか。
※『武蔵』は49回であった。特番などで回数が減ったと説明されているようだが、実際の所あまりの悪評判に実質打ち切りだったとも言われている。が真相は謎。


正月ドラマは今年の『大化改新』とか昨年の『大友宗麟』などスポットの当たらない地域や時代のための時代劇枠だと思っていたのだが。
NHKも実際に見るのかどうか分からないミーハー視聴者になびくようになったという事実を前にして、「やはり駄目だな」と言う感を新たにしたのであった。

ワイドショー | 13:38:22 | Trackback(0) | Comments(0)
「日本の現代史」を専攻する人
あることを検索中に、偶然にたどり着いたブログなのだが
http://www.doblog.com/weblog/myblog/2563
日本現代史を専攻している大学院生、という人が書いている物だが
どうも日本現代史を専門にしてます!という人に限って安直な日本否定論に
向かっているような気がするのは、単なる私の気のせいなのだろうか。
気のせい?ああそうですか。ならいいんですけど。

どうもこのひとの本のリストが岩波ばかりなので斜めに見てしまってるのかなあ(^^;)岩波は文庫も含めてわかりやすいことも分かりにくく、分かりにくいことは更に分かりにくく書く傾向があるから嫌いなのさ

ちなみに好きな国はドイツで、ベルリンに留学される(留学中?)そうな。
その好きな理由がこの国とか
ここ(大使館の公式HPがないようなので許せ)とかここ(ここの国は公式HP無いみたいなんでこれで勘弁して)とか、辺りが騒いでる
「ドイツは謝罪したのに日本は(略)だから謝罪と賠償(略)」
というのを真に受けてられるとか(だったら嫌だなあ)

ドイツもいわゆる謝罪賠償をした対象というのはドイツ在住のユダヤ人に対してであって
攻めていった先のフランスとかソ連(現ロシア)とかは入ってないと聞いたことが。
参考にしたのは以下のブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/kokemusazu/diary/200506080000/
とか
http://blog.goo.ne.jp/pontaka_001/e/af4531aa5c4741cac16c64c16fdd1467
とか

続きを読む >>

テーマ:ブログ紹介 - ジャンル:ブログ

おたく拝見! | 11:53:06 | Trackback(0) | Comments(0)
結局中国もヘタレておあいこ?>教科書没収事件
なんだかね~

中国、罰金処分を撤回 日本人学校教材差し押さえ
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050708STXKF032408072005.html
http://www.sankei.co.jp/news/050708/kok019.htm
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2005070801001512
私が見た限りでは一番報道の早かった産経新聞の記事を掲載
「 【北京=伊藤正】中国・大連の日本人学校(那花国男校長)の社会科副教材128点が差し押さえられた問題で、大連税関はこのほど、同校に処分決定書を伝達するとともに、中国本土と台湾を異なる色で表記した地図帳15点を除く113点を引き渡した。決定書は罰金処分には触れておらず、先の通告を撤回したことが明らかになった。中央政府の指示によるとみられる。関係者が7日語った。
 差し押さえられていたのは、日本人学校が新学期用に日本から取り寄せた教材などのうち、社会、地理、歴史など、10種類の副教材。税関側は当初、尖閣諸島を日本領にした地図なども問題にしたが、6月中旬になって、中台の色分け地図に限定して国内法規違反に問い、出国時に返還することを条件に税関が保管する一時没収と罰金1000元(約1万3000円)の処分を通告した。
 しかし、決定書(6月30日付)は地図帳15点の一時没収処分だけで、罰金は科していなかった。当局が通告済みの処分を撤回するのは極めて異例で、対日関係への影響だけでなく、国際的イメージを損なうことを恐れた中央政府の介入があったとの見方が有力だ。
 中国外務省の劉建超報道官は、この問題が報道された直後の6月29日の会見で、地図帳15点の一時没収処分を確認したが、罰金処分には言及しなかった。大連税関の決定書はその翌日に伝達されている。
 通常、中国の税関が没収に合わせ罰金を科すケースは、刑法の処罰対象になっているわいせつ文書や、国家の安全に危害を与えるとみなされた宣伝文書に限られている。日本人学校の教材がこれと同列の扱いを受けたことは、北京にある欧米の国際学校関係者も強い関心を寄せていた。
【2005/07/08 東京朝刊から】」

わたしの関連ブログ
http://boyakkies.blog12.fc2.com/blog-entry-53.html

国際時事・特亜本部 | 18:37:37 | Trackback(0) | Comments(0)
中国の愛国キャンペーン(中身は想定の範囲内(^^;)
8/15の第二次世界大戦が終わった日を前に
大陸では勝手に盛り上がって参りました(苦笑)
つか7/7は廬溝橋事件のあった日だそうで。

中国 抗日戦争及び反ファシズム戦争勝利60周年を記念する活動を行うhttp://jp.chinabroadcast.cn/151/2005/07/07/1@44443.htm
「【香港7日共同】1937年の盧溝橋事件から68年の7日、「日本の軍国主義反対」などを訴える
香港の主要政党や学生組織などが相次いで日本総領事館までデモ行進し、小泉純一郎首相らにあてた抗議文を手渡した。
総領事館によると、今年は計12団体の90人以上が抗議に訪れ、
計約40人が参加した昨年などを大きく上回ったが、特に混乱はなかった。
盧溝橋事件68年で反日デモ 香港の主要政党など
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2005070701002400
南京大虐殺サイトを開設 中国の最大手ポータルサイト

「【上海7日共同】中国の最大手ポータルサイト「新浪網」は7日、「南京大虐殺史実サイト」を開設し、江蘇省南京市の南京大虐殺記念館で、共産党同省委員会の宣伝部門担当者らが参加して開設式典を行った。
 サイトには、旧日本軍による残虐行為を撮影した画像が多く使われ、 記念館の朱成山館長は「より多くの人が史実を理解し、多くの若者が 歴史と平和の教育を受けることになる」と期待を表明した。
新たなサイト開設で、南京大虐殺に関する国際的な宣伝を進める狙いという。」
http://www.kahoku.co.jp/news/2005/07/2005070701001299.htm
宣伝工作キタ~ヾ(^^;)
しかし残虐映像が多いっていうんじゃ、成人指定に引っかからないかい?

おまけ
「【中国】英多発テロ:米英の対イラク行動批判の声も多数

 イギリスで7日午前(現地時間)に発生した同時多発テロを、中国のマスコミも速報した。大手ポータルサイト新浪網は、このテロに関する掲示板を設けたが、被害者に同情する書き込みと同時に、米英の対イラク軍事行動及び政策を非難する声も、相当数集まっている。

 「犯人グループは人類共通の敵だ」といった書き込みもあるが、多くは米ブッシュ政権と英ブレア政権を非難。「アメリカ政府に追随して、ブレアはイラクを侵略した。(イギリスの民衆が)ブレアに反対したら、戦争はできなかった。したがって、イギリスの一般人が殺されたのは当然(の報い)だ。イギリス人がイラクで殺した貧しい人々は数十人に留まるはずはない」といった意見が見られる。

 また、「西側国家が本当に植民地主義思想を棄て、発展途上国を援助すれば、多くの人民が発展できる。そうすれば、テロリズムはなくなるはずだ」と、先進国の世界戦略に対する不信をあらわにした書き込みもみられる。(編集担当:如月隼人)」
(サーチナ・中国情報局) - 7月7日23時26分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050707-00000024-scn-int
どっひゃ~武力をちらつかせて南沙諸島や尖閣諸島で資源争奪してる国の国民が何いっとるですか。

続きを読む >>
国際時事・特亜本部 | 00:50:46 | Trackback(0) | Comments(0)
ロンドン喜怒哀楽
昨日2012年の夏季オリンピックの開催地に
下馬評をひっくり返して決まった町 ロンドン。

今日はこれをネタにするつもりだったのですが
いま家に帰ってきたら多発テロがあって死傷者多数と言うことで、
もうサミットどころじゃなくなったようです。

サミットの開催国と言うことで、いきなりアルカイーダの名前が犯人に挙がっていますが、意外に北アイルランド問題などなど(最近は余り事件起きていないけれど)かかえていまして、実はヨーロッパではスペインと並ぶテロ多発国なのではないかと思います>イギリス、意外な団体が犯人のような気もします。

ところで
開催国のブレア首相は、実はサミット参加国の中では
(何故か)強硬なアフリカ債務削減派。
今回サミットの主なネタも石油価格とアフリカネタでした。これでアフリカネタは吹っ飛んだのかなあ、と私は見たのですが。



国際問題(特亜以外) | 21:01:46 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。