現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
楽しそう?な首都圏ライフ
ある方のブログで紹介されていました。本来ならトラバすべきなんでしょうが、内容は見る人が見たら本人特定も可能な個人的な日記なのでやめておきます(^^;)

貴方も月3万円弱で東京都民です

…今話題の東横インの方がかなりまし…_| ̄|○
これもバブルの遺産なんでしょうなあ
これが建てられた1990年にはこれでも借りる人がいたんですね…

スポンサーサイト

テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

ぁゃιぃ人たち・ぁゃιぃニュース | 12:35:47 | Trackback(0) | Comments(0)
アメフトとかラグビーとか
どうしてこんな節操のない事件を起こすかねえ。
一応否認しているらしいけれど、スーパーフリー事件でも分かるようにとりあえず否認して逃れようとするのがこの手の事件の犯人の最近の傾向でもある。


元アメフト部員の京大生3人、集団暴行で逮捕・容疑否認

 京都府警捜査1課と川端署は26日、女子大学生2人を酒に酔わせ集団で乱暴したとして集団強姦容疑で、京都大アメリカンフットボール部「ギャングスターズ」の元部員で京大4年の男子学生3人を逮捕した。

 逮捕されたのは京都市左京区の工学部生、白井淳平(22)と同区の農学部生、池口亮(23)、同区の経済学部生、木戸晶裕(22)の3容疑者。3人とも「合意の上の行為だった」「やってない」などと容疑を否認しているという。
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20060126STXKE071926012006.html

他ソース
http://www.asahi.com/national/update/0126/OSK200601260060.html
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060126it11.htm?from=top
など

類似事件
国士舘大学サッカー部集団暴行事件


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 00:07:50 | Trackback(0) | Comments(0)
2chの中傷書き込みで管理人に賠償命令

2ちゃんねる管理人に賠償命令 掲示板での中傷放置

2006年01月20日20時43分

 インターネットの掲示板「2ちゃんねる」の書き込みで名誉を傷つけられているのにそれを放置しているとして、北海道南幌町の大学助教授有道出人(あるどう・でびと)さん(41)が掲示板の管理人=東京都新宿区=に書き込みの削除と220万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が20日、札幌地裁岩見沢支部で言い渡された。千賀卓郎裁判官は慰謝料など計110万円の支払い、書き込みの削除とともに、発信者がインターネットに接続したパソコンの識別番号などの情報を開示するよう管理人に命じた。

 判決によると、同掲示板に04年3~12月、有道さんが人種差別主義者であるかのような中傷などが12件掲載されたが、管理人は有道さんの削除要請に応じなかった。

 有道さんは「掲示板上での言動の責任は管理者にあることに加え、損害賠償も認めてもらってうれしい」と話している。

 有道さんは00年に日本国籍を取得した。外国人であることを理由に入浴を拒否されたのは、人種差別撤廃条約に反するなどとして北海道小樽市と入浴施設を01年に訴えた。この訴訟は入浴施設に100万円の支払いを命じ、市への請求を退けた二審判決が確定している。http://www.asahi.com/national/update/0120/TKY200601200325.html
類似ニュースソース
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060120i514.htm?from=main5


読売新聞の記事によると
 裁判で管理者は、答弁書などの書類を提出せず、反論しなかった。

…確かに岩見沢は遠いしヾ(^^;)
と言うか、普通あそこまで大きなサイトになると「裁判の時には所管裁判所は○○であることに同意する人のみご利用下さい」とか、諸注意の所に書いてません?(ちなみに2ちゃんねるの注意書きをちらっと見た限り、それらしい記述は見つからなかった。

ちなみに上の朝日新聞の記事を見て「あああの人」とご記憶の方も多いだろうが、自分のHPも持っているらしい→こちら

しかしページ数が多くて見るのが面倒な方にはwikipediaの該当項目がわかりやすい。→こちら
wikiは不特定多数の更新改訂が可能であり、改竄されちゃう可能性もあるので、現時点での情報をそのままコピペ。

有道出人(あるどう でびと 1965年 -)は米カリフォルニア州出身の帰化日本人で、人権活動家、作家。英名はデビッド・クリストファー・アルドウィンクル(David Christopher Aldwinckle)。外国人の入浴客を拒否していた小樽の銭湯および小樽市を相手取って起こした一連の人種差別訴訟で名を馳せる。

日本名の由来

「有道出人」は帰化する際に日本語表記の姓名を持って作られた名前で、英名を日本語表記したもの。「有道」は「通れる道があること」の意で、英名の「アルドウィンクル」の第一音節にあわせたもの。
[編集]

来歴

1980年代に日本に移住。

2000年に日本国籍取得(国籍取得のそもそもの目的は日本の札幌近辺での住宅入手)。

2005年の3月から4月にかけてピースボートに参加。
[編集]

小樽温泉入浴拒否問題

1999年9月に、ドイツ人のオラーフ・カルトハウス、アメリカ人のケネス・リー・サザランドと共に小樽市手宮にある入浴施設「湯の花」を訪れた際、外国人であることを理由に入浴拒否される。「湯の花」は小樽に入港するロシア人船員の入浴マナーが悪かったために外国人の入浴を拒否するようになったのであるが、有道らが日本に帰化して日本人となった後に訪れても入浴を断られたため、これを人種差別だとして2001年2月に小樽市及び小樽市内の入浴施設に対して600万円の損害賠償と謝罪広告を求め提訴。

2002年11月、札幌地方裁判所の判決は、外国人の入浴を拒否するのは人種差別に当たる不法行為として「湯の花」に300万円の賠償支払いを命ずる一方、小樽市については責任を認めなかった。

同月、判決を不服として有道らが小樽市を相手に札幌高等裁判所へ控訴。「湯の花」も有道らを相手取り控訴。

2004年9月、高裁判決は小樽市に対する有道らの控訴、および有道らに対する「湯の花」の控訴を共に棄却。「湯の花」に対する有道らの勝訴が確定。有道らは最高裁判所へ上告。

2005年4月、最高裁は上告を棄却。小樽市に対する有道らの敗訴が確定。
[編集]

その他の外国人差別問題

「Japanese only」(外国人お断り)の看板を出している居酒屋や銭湯、帰化した日本人に対して滞在許可証の提示を求める警察官など、様々な外国人差別問題に取り組んでいる。しかし、外国人のモラルの無い行為の蔓延など、地元の事情をかんがみる事なく人種差別だと決め付ける場合も少なくなく、彼の活動には疑問点も多い。

2005年現在、日本が欧州各国、米国とともに国内における外国人差別撤廃に関する条約を締結しているにも拘らず、これに関する法律を未だに整備していない事に不満を持ち、日本政府に対する訴訟を進めている。
[編集]

反響

有道の行動は他の在日外国人に批判されているという面もある。例えば或る欧米の日本研究家は有道出人のことを尊大で身勝手な人物であると批判する。また、2002年にはアメリカの第2市議会が有道に対してこれ以上「日本社会のじゃま」をしないよう勧告したのだが、これに対し有道は当てつけのようにアメリカの市民権を放棄した。これも彼に対する批判が一部噴出する原因となったと言える。
(以下著書へのリンク等なので略)

うわわわあのピースボートにもご参加とは。活動を見ても「人権で飯食ってる人」、つまりプロ市民と言うことでしょうか。

それにしても、記憶に新しいあの裁判、何と最高裁で棄却(つまり有道氏の敗訴)だったんですねー。そんなことニュースになってなかったのでびっくり。つまりマスゴミコミの都合の悪いことはニュースにならないとヾ(^^;)

おまけ
もしかしてこのブログも有道氏から削除するように内容証明郵便が来たりするのかしらん。うわーこわーい(棒読み)

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 23:34:28 | Trackback(1) | Comments(0)
あやしいHPのご利用は計算ずくで(^^;)
いぜん、とあるHPの掲示板でこういうサイトを紹介された。
「ジゴロなんか!」
逆説的なタイトルだが、実は「如何に女を上手く金ずるにするか」というハウツーものである。
特に私の彼氏が「風俗で働け」と強要してきます、どうやって断ればいいですか
のアドバイスは、アドバイスになってません_(。_゜)/
ここのHPの主、この手で女を金蔓にしてきただろう…と言うよりこれそのまんまカルト新興宗教の勧誘テクニックと同じなんですが。
つまりこのHPを熟読するとそのままカルト対策になると思いました。と言うか、カルトとヒモは同じ穴の狢(猛毒)

もう一つ見つけたこんなところ。
デイトレードで破産した人を救う会
どんなNPOかと思ってHPをずっと見てみると

デイトレードじゃなくてもラクして儲かる方法があれば、
しかも安全に儲かる方法があれば、
それに越したことはないはずです。



実は、デイトレードよりも安全で、簡単で、
高度なテクニックが必要ないトレード方法があります。



それが、スイングトレードといわれるトレード手法です。




をい!
結局これも株式投資の勧誘かよヾ(^^;)
いや~今時こんな初歩的なものに引っかかる人はいないと思いますが…いや、破産するほどに追い込まれている人は更に泥沼にはまると言うこともあり得るかな。

ともかく
サラ金のご利用は計画的に(→そんなのできるわけないって)
あやしいHPの利用は計算尽くで。

テーマ:ブログいろいろ - ジャンル:ブログ

おたく拝見! | 22:38:20 | Trackback(0) | Comments(0)
ライブドア強制捜査は陰謀か?
ヒューザー社長の証人喚問と重なったことなどから、ホリエモンの強制捜査はヒューザー疑惑隠しの自民党側の陰謀という人が結構多いようです。
http://blog.livedoor.jp/twoic/archives/2006-01.html#20060117
http://www.mypress.jp/v2_writers/admin2/story/?story_id=1308216

でも、そのホリエモン自体、去年の衆議院選挙では自民党の非公式支援を受けて立候補したんだよねー(^^;)
ホリエモンの想定の範囲内で?落選しましたが。

1/17のヒューザー社長の証人喚問補佐人の前歴や、「反小泉・安倍」と言われる福田元官房長官のタイミングを合わせた「靖国非参拝宣言」などを見ると、自民党の陰謀と言うよりは、自民党の中の対立による物と見る方が妥当なんじゃないかと考えます。
記憶に新しいこういう事件をしでかしたちうごくの陰謀?とまでうがつ人もいるでしょうけど、さすがにここまで計算は合わせられないだろう(^^;)但し福田氏は「親中国派」として知られているし
http://e-karokakku.at.webry.info/200512/article_31.html
谷垣氏に至っては見た目に寄らず「中国で買春疑惑?」が騒がれているのは記憶に新しい(ただいま係争中)

さて、外国では別の意味でこのホリエモン強制捜査を陰謀と見ているようだ。

英紙が堀江社長を評価

 18日付の英紙フィナンシャル・タイムズは社説で、ライブドアの堀江貴文社長が「日本の伝統的なビジネス秩序」に対する挑戦を体現していると評価。東京地検の捜査の行方にかかわらず、堀江氏のように「積極果敢に型を破っていく」人物がもっと必要であると主張した。

 「守旧派の復讐」と題する社説は、日本の企業秩序にとって「とげ」であった堀江氏が報復を受けていると指摘。同氏が(1)企業の在り方に新風を吹き込んだ(2)市場を支配する規制の不備を突いた結果、改革の機運を呼んだ(3)積極果敢な手法が企業経営の活性化を招いた―と評価した。

 同日付の英紙タイムズは経済欄で、日本の株式市場が急落したことを紹介するとともに「市場は堀江氏が辞任を余儀なくされる可能性にも備えている」と指摘した。 (共同)
[ 2006年01月18日 11:30 速報記事 ]
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20060118019.html

以下のブログ記事が興味深いので是非ご参照を
ストレイ・ドッグ「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米国ジャーナリスト)(47)「ホリエモン」を出現させた世間の罪 



テーマ:ライブドア強制捜査? - ジャンル:ニュース

経済いろいろ | 15:03:37 | Trackback(3) | Comments(2)
テンプレート変更しました
…1/15過ぎてたの忘れてた_| ̄|○

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

運営ネタ | 22:56:05 | Trackback(0) | Comments(0)
不法建築業者ヒューザー「安倍氏の秘書に相談した」


ヒューザー社長、安倍長官秘書に相談 衆院証人喚問 '06/1/17

 ▽複数国会議員の名も挙げる

 耐震強度偽装問題をめぐり十七日開かれた衆院国土交通委の証人喚問で、ヒューザー(東京都千代田区)の小嶋進社長(52)は、問題発覚後の国土交通省への働き掛けについて「安倍晋三官房長官の秘書に議員会館で相談したことがある。飯塚さんというお名前だったと思う」と証言した。

 安倍官房長官は秘書が面会したことを認めた上で「一切働き掛けはしていない。わたしは小嶋氏と面識がない」と述べた。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200601170129.html

類似のニュースソース
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20060117AT1G1703D17012006.html
http://www.asahi.com/national/update/0117/TKY200601170389.html

ほとんどの質問に答えなかった中で、わざわざこの話だけ答えたというのが逆に陰謀くさいです(^^;)
ヒューザーの社長、何考えてるんでしょ。安倍氏に相手にして貰えなかったから逆に八つ当たりか?

そうそう、ヒューザー社長の補佐役になっている弁護士さんってこういう前歴があるようだが。
在韓軍人軍属の靖国神社訴訟の担当弁護士と同一人物らしい。
http://www.gun-gun.jp/sub/yasukuni.htm

ところで直接関係がないけど(^^;)このニュース、次期首相候補と言われている人たちがこのタイミングでこういう発言するのはタイムリーすぎるけど関係有るのかな?

首相の立場での靖国参拝、谷垣・福田氏が慎重姿勢
(以下略)
2006年01月17日22時31分
http://www.asahi.com/politics/update/0117/005.html

福田元官房長官、首相の靖国参拝を批判・ポスト小泉は否定

 福田康夫元官房長官は17日、福岡市内で講演し、小泉純一郎首相の靖国神社参拝について「『心の問題』と言うなら対外的に問題にならない方法はないのか。首相という立場ではある程度、考え方や(参拝の)やり方にも制限がある」と批判した。(以下略)
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20060117AT1E1700Q17012006.html


テーマ:姉歯建築設計事務所 - ジャンル:ニュース

日本の政治 | 22:52:09 | Trackback(0) | Comments(0)
相変わらずはびこる妄想

ソニー、中国のデジカメ販売停止から1カ月・再開メド立たず

 中国浙江省でソニーの中国製デジカメの品質問題が発覚してから1カ月が過ぎた。中国全土で販売を中止している6機種は販売再開のめどが立たない。ソニーは「2005年度で1350万台の世界出荷台数目標は達成できる」とみているが、有数の成長市場である中国での販売中止期間が長引けば、打撃になりかねない。

 浙江省工商行政管理局が「サイバーショット」6機種について基準を満たさない不合格品として販売中止を命じた、と地元紙が報じたのは昨年の12月13日。

 ソニーはその後、3月末までの期限付きで希望者から6機種を回収し、販売代金を返却すると表明した。これまでに浙江省だけで3200台余りを回収した。

[2006年1月14日/日本経済新聞 朝刊]
http://it.nikkei.co.jp/pc/news/index.aspx?i=2006011309117da


【中国】ソニーのデジカメ品質問題、8割強が何らかの関心
浙江省工商局がソニー製デジタルカメラを「中国が定める基準に適合しない」として販売停止や返品問題などが議論されたことについて、中国消費者の受け止め方を探ってみた。関心の度合いも非常に高く、全国的に高い関心を引いていたことが浮き彫りになった。 <サーチナ&CNSPHOTO>
 
 「新秦調査」ソニーのデジカメ品質問題に対する中国消費者の見方(1)

 浙江省工商局が05年12月12日にソニー製デジタルカメラを「中国が定める基準に適合しない」としたことにより販売停止や返品問題などが議論されたことについて、中国消費者の受け止め方を探ってみた。この事件を知っている人は高収入者を中心に80%を超え、知らないとした人はわずか4%弱。関心の度合いも非常に高く、全国的に高い関心を引いていたことが浮き彫りになった。

 これは、中国に特化したビジネスリサーチを展開する株式会社サーチナが、新秦商務咨詢(上海)有限公司(上海サーチナ)などを通じて自社で保有管理する消費者モニターを利用してインターネット調査を実施したもの。

 今回の調査は、05年月12月26日から06年1月4日まで、上海サーチナが運営する「新秦調査」オンラインモニターを調査アンケート票URLに誘導して行われた。北京市、上海市、広東省を中心に、中国全土の一般消費者男女3000人から有効回答を得た。

 ソニーのデジカメ問題をどの程度知っているかについて聞いたところ、「詳細までよく知っている」は21.1%で、「大体の概要を知っている」の60. 8%を合わせると全体の8割強がある程度の状況を把握していることになる。「詳細までよく知っている」と答えた人を属性別にみると、性別では「男性」、地域別では「上海市」、収入別では「月収4000元以上」、職種別では「経営者」が特に目立った。

 一方、「あまり詳しく知らない」は14.4%と少数。「事件自体を知らない」はわずか3.7%であり、全体としての関心の高さを裏付けている。事件自体を知らない人の属性をみると、地域別で西部主要地域の人の割合が多く、全国平均の2倍以上となっている。世代別でも差が大きく開き、10代で7.7%に達したにも関わらず50代以上では0.8%。インターネット調査の特性上高年齢者の母数自体が少ないということもあるが、年齢が上がるにつれて割合が減少する傾向ははっきりと読み取れた。職種別では、「学生」が9%だったのに対し「経営陣」は1%。

 回答者からは、「ソニー製品の大部分は品質が高い」(遼寧省、32歳男性、システムエンジニア)、「今回の事件自体はたいしたことではないが、同じ問題がくり返し発生すればソニーを信用しなくなる」(河北省、20歳女性、学生)などという意見のほか、「中国は輸入品に対する品質検査が甘い」(広東省、 24歳女性、一般従業員)などのように、中国側の受け入れ態勢に疑問を投げる声も聞かれた。

 一方では、「中国人を見くだす日本人の態度の表れ」(浙江省、29歳男性、教員)や「日本製品をボイコットすべきだ」(山東省、31歳女性、一般従業員)などとする意見も多く、「ソニーほどの大企業ですらこの有様だから、日本の中小企業はもっとひどい状況にあるのではないか」(上海市、36歳女性、一般職員)など、日系ブランド全体に疑問を持つようになったとの声も多い。

 また、関心の度合いを聞いたところ、「非常に関心をもって推移を注視している」は27.1%で、「ある程度の関心をもって推移を見守っている」が52. 6%となり、全体の8割近くが関心をもって一連の動きに注目している。一方、「関心は高くない」は15.2%で、「全く関心がない」はわずか1.3%。メディアが大きく報道したこともあり、注目度は極めて高い。

 写真は、ソニーが香港で新製品を発表したときのもよう。日系企業が圧倒的優勢にある中国のデジカメ市場で、ソニーは世界トップクラスの技術力を生かして高画質モデルを投入している。(編集担当:齋藤浩一・鈴木義純)

(サーチナ・中国情報局) - 1月16日12時13分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060116-00000004-scn-int
※太字はこちらで編集した物。

ニュースソースの転載だけになってしまいましたが
中国で日本が受け入れられるなんて夢のまた夢というのをよく示した事件でした(あ、過去形じゃないか)
中国で日本人や日本企業が成功するなんて無理無理無理、逆に日本を代表するような大企業ほど叩かれると言うのがよく分かる事件ですね。

関連ニュース
ユニクロの柳井社長が「首相の靖国参拝が足を引っ張っている」発言
http://kinenseikou.net/diaryblog/archives/2006/01/post_487.html
http://blog.livedoor.jp/lancer1/archives/50314424.html
目先の利益しか考えてない守銭奴の発言かと。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 22:30:40 | Trackback(1) | Comments(0)
今年の成人式番外乱闘 お前らお互い様
毎年
沖縄でのヤンキーの暴れっぷりや白の紋付きはかまで暴れるヤンキーなど
別の意味で日本の風物詩となりつつあった成人式_| ̄|○

今年は盛岡市でヤンキーvsグレートサスケ議員の「ああもう一寸で場外乱闘がただで見られたのに」ヾ(^^;)
ぐらいしかど派手なニュースはありませんでした(正直良かった)

と思っていたら
今ごろになって始まりました。場外乱闘。

「朝日新聞が新成人中傷」 浦安市長が社長に抗議文
2006年 1月13日 (金) 12:24
 千葉県浦安市は13日、同市が東京ディズニーランド(TDL)で行った成人式についての朝日新聞のコラムが「本市の新成人に対する中傷だ」として、謝罪や掲載に至った経緯などの説明を求める市長、教育長名の抗議文を同社長あてに郵送した、と発表した。

同紙の10日付夕刊の1面コラム「素粒子」は、成人式について「浦安の新成人。遊園地のネズミ踊りに甘ったれた顔して喜んでるようじゃ、この先思いやられる」とシニカルに書いている。

浦安市は「新成人が自ら実行委員会を立ち上げ、皆で考えて作りあげた式だったのに『ネズミ踊り』という表現は配慮が足りない」としている。

式はTDLで約40分間行われ、そのうち5分間程度、ミッキーマウスなどのキャラクターがショーに出演したという
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/shakai/20060113/20060113a4480.html

えらそうに書いている朝日も朝日だが、正直言って浦安市も浦安市である。
ニュースで浦安市成人式に参加した新成人の言葉
「ディスニーランドでぇ~ただでぇ~はいれてぇ~
 成人式出来るってぇ~ほんとに浦安市民で良かったと思いました~
…しかもウケ狙いじゃなくて本気で言ってるし(-_-#)
「やっぱり今時の二十歳ってアホなんやなー」というのは分かっていてもここまで目先の楽しみに骨抜きにされるかヾ(^^;)
朝日新聞ほどじゃなくってもあの「ディズニー成人式」呆れてみていた人は多いはず。

最も浦安市新成人でもディズニー嫌いで参加してらっしゃらないかたもいらっしゃるでしょうし、浦安市の全成人に呆れてるわけではないですが。
しかしいくら浦安が埋め立て地で歴史も文化もかけらもない町といっても(→朝日以上の毒?)あそこまで全国的にうちはゆりかごから成人式も何もかもディズニー様だのみなんですよ~と言うことをデカデカとアピールせんでもいいのにね。しかも上の抗議文見てたら、当のお役所がちっともディズニー成人式を恥ずかしいって思ってないようだし。

まあ、朝日も恥ずかしいお役所にとっつかまって大変ですね(^^;)と締めてみます。

テーマ:朝日新聞 - ジャンル:ニュース

日本の世界のマスゴミ様江 | 19:37:57 | Trackback(0) | Comments(0)
マブチモーター社長夫人と娘の放火殺害事件(備志録)

歯科医殺害で再逮捕 警視庁、マブチ事件の2被告

 2002年9月、東京都目黒区の歯科医、青柳文雄(あおやぎ・ふみお)さん=当時(71)=が殺害され現金などが奪われた事件で、警視庁碑文谷署捜査本部は13日、強盗殺人容疑などで無職、小田島鉄男(おだじま・てつお)(62)=別の強盗殺人罪などで起訴、同、守田克実(もりた・かつみ)(55)=同=の両容疑者を再逮捕した。

 小田島容疑者は「私と守田が一緒にやったことに間違いありません」と供述。守田容疑者は「私と小田島は生活費がなくなってしまい大金が欲しかった」と供述、それぞれ容疑を認めているという。

 両容疑者は02年8月に千葉県松戸市のマブチモーター社長宅で妻と長女を殺害し放火した事件と、同11月に同県我孫子市のマンションで金券ショップ経営者の妻を殺害した事件で既に逮捕、起訴されている。
http://www.sankei.co.jp/news/060113/sha067.htm

http://www.asahi.com/national/update/0113/TKY200601130281.html
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060113i307.htm?from=main3

迷宮入りと言われたマブチモーター事件、マブチモーター自体が早くから中国に進出したり、又韓国進出を断るというトラブルがあったと噂されたことから、外国人のプロによる犯行も噂されていましたが、これで解決、と言うことかな。

マブチモーター事件についてはこちら
やはり日本の治安悪化の起点となった事件の一つであるだけに、注目しているブログも多いようだ。

もう一つ、似たような事件である「世田谷一家殺害事件」についてはこちらとかこちら
…残念ながらまだ未解決のようですね…。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 18:48:25 | Trackback(0) | Comments(0)
宗主国様が子分をお呼び出しです?
私の足りない脳味噌では裏でどうなっているのか分析不能なので、ニュースだけ貼って置くが。

金正日総書記が訪中 列車で1年9カ月ぶり
 【北京10日共同】北京の複数の外交筋は10日、北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記が特別列車で同日早朝、中国入りしたと明らかにした。北朝鮮関係者も認めた。金総書記の訪中は2004年4月以来、約1年9カ月ぶり。昨年10月の胡錦濤国家主席の訪朝への答礼とみられる。(以下略)
http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CN2006011001004394_World.html
他同じニュースのソースは
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200601100024.html
http://www.sankei.co.jp/news/060110/kok089.htm
など。

さて、その頃中国北京では
胡主席、韓国国会議長と会談、中韓両国のパートナーシップの発展に注力
http://www.xinhua.jp/news/free/10042153.html
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/xwdt/t230227.htm
偶然同じ日になったのかな?いや、偶然じゃないような気がするのだが、単なる勘違いかなー。

それにしても「北の国の偉大なる首領様」は本当に飛行機嫌いなんですな。と言うことは万が一(あり得ないと思っているが)日本と北朝鮮で国交が回復するようなことがあっても向こうからは来ないと言うことか。


テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 21:32:22 | Trackback(0) | Comments(0)
自国と他国が区別が付かないちうごく様
あーあ、遂に内政干渉しちゃったよ。

日本に報道規制を要求 中国「対中批判多すぎ」

 中国外務省の崔天凱アジア局長は9日、北京での日中政府間協議で「日本のマスコミは中国のマイナス面ばかり書いている。日本政府はもっとマスコミを指導すべきだ」と述べ、日本側に中国報道についての規制を強く求めた。

 メディアを政府の監督下に置き、報道の自由を厳しく規制している中国当局者の要求に対し、日本外務省の佐々江賢一郎アジア大洋州局長らは「そんなことは無理」と説明したという。

 日本側によると、崔局長はまた、小泉純一郎首相の靖国神社参拝問題や日本国内での「中国脅威論」の高まりなども挙げ「(日中間にあるのは)日本が起こした問題ばかり。中国は常に守りに回っている」と批判した。

 佐々江局長は「日本だけが一方的に悪いという主張は受け入れられない」と反論したが、双方の隔たりの大きさに、日本の外務省幹部は「これが日中関係の置かれている実態」と苦笑した。(共同)

(01/09 21:05)
http://www.sankei.co.jp/news/060109/sei065.htm

ちなみに記事は産経新聞の物ですが、ソースは共同通信社です。
大変中華人民共和国政府らしい行動だと思います。「政府命令で押さえつけろ」って。どこの国もあんたと同じじゃないっちゅうねん。わかってないなあ…。

ところで。同じニュースが朝日新聞でも報道されてますが、ややニュアンスが異なります。それは記事の後半の膨大な補足にあると思うのですが。かなり長文になるのですがコピペしてみます。

日本の「中国脅威論」に懸念表明 局長級協議で中国側

2006年01月10日01時15分
(中略)
 そもそも中国の懸念の背景には、急速な経済発展や軍事費の増加に対して世界規模で中国脅威論が高まっていることがある。ただ、米国との間では軍事費や人権などをめぐって対立しつつも、昨年は戦略問題に絡む次官級対話を2度行い、ブッシュ大統領が訪中。胡錦涛(フー・チンタオ)国家主席も今年前半に訪米を予定するなど、対話は軌道に乗っており、日本側との対立が際だつ。中国当局者は「米国とは大人の関係が築けているのに、隣の日本と築けないのは残念だ」という。

 日本では、靖国問題がクローズアップされる中で、「ポスト小泉」たちが中国批判を簡単には取り下げられない状況が続いてきた。

 「脅威」という言葉は慎重に避けてきた安倍官房長官も、9日夜の民放番組で、靖国問題を念頭に「一つの問題があったからといって、すべての交流を絶ってしまうやり方は間違っている」と中国の対応を批判した。

 加えて、脅威論の是非も政治の表舞台に上ってきた。民主党の前原代表は昨年12月以降、中国の軍事力増強などを取り上げて「現実的脅威」だと言い、麻生外相も12月下旬の記者会見で前原氏の発言に関連して「かなり脅威になりつつある。前原氏が言っているのは確かだと思う」と語った。

 ただ、中国が報道規制にまで言及するといったいびつな日中関係が続けば、小泉政権後に関係改善をはかる手だても失われかねない。山崎拓・前自民党副総裁は昨年暮れ、中国脅威論が「我が国に対する侵略の意図がある」ということになってしまう、と指摘した。これも脅威論が独り歩きする事態を恐れたからだ。
http://www.asahi.com/politics/update/0109/003.html

やはり、と言うか、文章を読むと「世界から孤立する日本」というイメージを植え付けるような文章になっています。

それはともかくとして、
中華人民共和国政府には今回の”内政干渉”に見られるように「日本のマスコミは全て(中国側にとって)駄目だ」という思いこみがあるようですが、この朝日記事のように中国側にとって有利とおぼしき報道をしているマスコミもあるんですよね。何で十把一絡げにするかなあ。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 12:53:08 | Trackback(2) | Comments(0)
【メモ】これは叩かれても仕方ないでしょ

bj_yama 『kinashiri様、いつも楽しく読ませていただいております。
私のブログでも、この件をkinashiriさんに近い視点で書いたのですが、「売国奴」扱いされてしまいました。
私も北京に住んでおりますが、民間の駐在員でも、親しくなった女の子に「名刺を渡さない」「会社名を明かさない」「自宅に連れ込まない」などの自己防衛をしている方は多いのです。
まして通信担当の領事館員だとすれば....と思うほうが全うだと思うのですが、少なくとも文春の記事の批判対象は、中国と日本の外務省のみと言う感じでしたね。
チキンメディアはご自身を裁判官だとでも思っているのでしょう。
「ぺきん日記」
http://blog.livedoor.jp/gucci_bj/archives/50351684.html』

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20051230(木走日記 コメントより)


ちなみに上記で叩かれたというブログの記事はこちらその追記はこちら

さて、「木走日記」と「北京日記」
同じニュアンスの記事に見えますか?
私には違うスタンスに立って書かれたように感じられましたが。

しかし、叩かれる原因は記事その物と言うより、「北京日記」管理人の上記コメントのような行動に問題があるように思えました。あれじゃ
「ジャイアンやスネオにいじめられたよドラえも~ん」
と泣きついているのび太と一緒じゃないですか。いや、のび太嫌いじゃないけれど(^^;)、一応「会社の代表をされて大勢の社員を支えている」と自称されているブログ管理人の方が取られるような態度では無いなあ、と思うわけです。

テーマ:ブログいろいろ - ジャンル:ブログ

おたく拝見! | 14:15:07 | Trackback(0) | Comments(1)
どこかで聞いた、この歌
護憲運動に熱心で北朝鮮とか極左とのつながりも強く噂されるhttp://www.jca.apc.org/。
その熱心さの余り?テーマソングも作っているようですが。
その中から一曲お送りいたします。タイトルは「憲法9ちゃん、愛してる」です。

(前半略)

  そうならないと地獄が来るぞ!

  そうさせないと地獄が来るぞ!

  がんばらないと地獄が来るぞ!
G7
  わああああああああああああ!
(後半略)
http://www.jca.apc.org/~husen/ilove9.htm


さてこのフレーズ、今大学生以上の方はどこかで耳にした記憶がおありではないでしょうか。

●真理の御魂・最聖・麻原彰晃尊師&スッカー師の歌
(前半略)
よってお前は地獄行き
よってお前は地獄行き
(中略)
お前はただ一つの生き方を 無智なるが故に捨ててしまった
お前は哀れにも 地獄行き お前は哀れにも 地獄行き
(後半略)
http://www.bekkoame.ne.jp/i/sinzinrui/desi.html


「信仰熱心」の余り、善悪の物差しがずれて平気で人を殺すようになったカルト宗教のテーマソングと、何でこんなに似ているのでしょうか。
「護憲派」のみなさんも、実のところ熱心さの余り、どこかたががはずれてきているのかも知れません。と言うかこの歌ださすぎる。歌で支援が広まると思っているところが単純というか浅はかというか。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

ぁゃιぃ文化人 | 12:49:30 | Trackback(0) | Comments(0)
国連安保理入りで日本ははみ子?報道比較

中国「日本案は不支持」 国連安保理拡大で大使が意向

2006年01月07日13時04分

 中国の王光亜・国連大使は6日、日本の安保理拡大を目指す動きについて「まだ日本からの説明はないが、新しい決議案について米国と協議をしていると理解している」とした上で「検討中の案では国連加盟国の十分な支持は得られないと信じる」と述べ、日米が模索する新たな安保理拡大決議案に対して支持しない姿勢を示した。

 王大使が国連本部で一部記者団に明らかにした。

 一方、ドイツ、ブラジル、インドが5日、9月に廃案になった決議案を日本抜きで再提出したことを受けて、常任理事国拡大に反対するイタリアやパキスタンなどの「コンセンサス連合」も6日、緊急会合を開催。安保理の非常任理事国のみを10カ国拡大して20カ国とする同連合の決議案を国連総会に再提出するかを協議したが、当面は見送ることを決めた。
http://www.asahi.com/politics/update/0107/004.html

※「コンセンサス連合」の主要メンバーには韓国が入っている。
※太字は私で強調した物。

私は先日のブログ
「これで旧G4案に中国・韓国が賛成にまわったら、話がはっきりして面白いかも」というようなことを書いたのですが、どうもその通りだったようです
それにしても、この朝日新聞の記事のタイトルは恣意的です。記事を読むと日米に対抗する意図があることは明らかなのですが、タイトルだけ読むと日本にだけ反対しているような書き方です。

ところが、同じニュースを報じているはずなのですが、他紙では全くニュアンスが異なるのです。

中国、再提出の安保理拡大決議案にも反対表明

 【ニューヨーク=白川義和】中国の王光亜国連大使は6日、国連安全保障理事会の常任理事国入りを目指す4か国グループ(G4)から日本を除いたドイツ、ブラジル、インドが5日、安保理拡大決議案を再提出したことについて、「昨年、十分な支持を得られなかった案と同じだ」と否定的立場を改めて示した。

 国連本部で記者団に語った。

 イタリア、パキスタンなど反G4グループも6日、会合を開き、G4案への反対を確認。非常任理事国の拡大を柱とする同グループの独自の決議案は当面、再提出せず、事態の推移を注視することを決めた。

 日本は同日、G4案への支持を示している国などを国連代表部に集め、日本が今回、共同提案国に加わらなかった理由を説明した。
(2006年1月7日19時10分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060107it12.htm


安保理改革案を再提出
独など3カ国

 【ニューヨーク=池尾伸一】国連・安全保障理事会の改革問題で、ドイツ、ブラジル、インドの三カ国は五日、常任理事国を現在の五つから十一カ国に増やすことなどを柱とする決議案を国連総会に再提出した。安保理改革に向け三カ国とG4の枠組みで共同歩調を取ってきた日本は共同提案に加わらず、G4は分裂する格好となった。

 ドイツなど三カ国がこの日提出した決議案は、G4が昨年七月、総会に提出したものの米国、中国などの反対に遭い審議未了のまま廃案となったものと全く同じ内容。国連筋によると三カ国は、改革ムードを持続させるために決議案を提出したという。ただ、三カ国は採択に必要な三分の二以上の賛成を取れる見込みがないことから当面、審議は求めない方針。

 日本は米国の理解も得られる新決議案作りを目指し米国との協議を始めており、今回の提案には加わらなかった。だが、「G4から離脱するのではなく、協力姿勢は続ける」(日本の国連代表部筋)としている。
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20060106/eve_____kok_____004.shtml
これらの記事では中国が反対しているのは「ドイツ・インド・ブラジルの案の再提出」という風に読みとれます。全然朝日の言ってることと違うじゃん。
やや朝日新聞に近い論調とも思えるのは日本経済新聞。それでも「中国が日本案に反対」とは書いてない。

安保理常任理入り、G4の決裂で米頼み一段と

 日本、ドイツ、インド、ブラジルの4カ国(G4)のうち日本を除く3カ国が安保理改革決議案を国連に共同で再提出し、G4の決裂が鮮明になった。米国との連携強化とG4の協力取り付けの二兎(にと)を追った日本の思惑は完全に外れた。新決議案作成に向け、日本の米国頼みの構図が一段と際立ちそうで、常任理事国入りへの展望は開けないままだ。(以下略)
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20060107AT1E0600S06012006.html


どれがほんとなのでしょ?
まあ日本が国連の常任理事国になれそうにないのはほんとみたいだが_| ̄|○
…でもドイツもインドもブラジルもなれそうにないみたいだが(^^;)

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 00:18:14 | Trackback(0) | Comments(0)
心の寒くなるニュースが多すぎる
横須賀市の強盗殺人でキティホークの乗組員(米兵)を逮捕 「カッとしてやった」
病院から生まれたばかりの赤ちゃんを誘拐 「赤ん坊なら誰でも良かった」?犯人も赤ちゃんもいまだ見つからず
JR西日本下関駅を放火したのは74歳の男「むしゃくしゃしてやった」

('A`)
特に一番下のやつ「最近の年寄りは元気でねぇ」とは言えない事件ですね_| ̄|○
今時の若者は、と言われることは多いようですが、年寄りがこれじゃまともな若者が増える社会にはなりそうにないですよね。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 00:00:15 | Trackback(0) | Comments(0)
G4から日本ははみ子?

G4分裂 独など3カ国、日本抜きで安保理拡大案提出

 国連安全保障理事会常任理事国入りを目指す日本など4カ国(G4)のうち、ドイツ、インド、ブラジルは5日、昨年9月に廃案となった安保理拡大のための「枠組み決議案」(旧G4案)を国連事務局に再提出した。G4のけん引役だった日本は共同提案国に加わらず、G4は事実上分裂した。

 旧G4案は100カ国近い支持を集めたが、米中両国などの強い反対で採決に至らなかった。日本はG4の枠組みを維持しながら米国の理解も得られる新決議案づくりを進めてきたが、旧G4案はなお有効として早期再提出を求めるドイツなどから「見切り」をつけられた格好だ。

 旧G4案は常任理事国を6カ国、非常任理事国を4カ国増やし現在15カ国の安保理を25カ国に拡大、新常任理事国の拒否権を15年間凍結する内容。一方、日本は大幅拡大に反対する米国の意向に沿って拡大を最大21カ国に抑える新決議案を模索している。

 この新決議案には、日本の常任理事国入りに反対する中国などに配慮し、拒否権はないが任期2年の非常任理事国より任期が長く改選可能な「準常任理事国」の新設を盛り込むことも検討、米側との協議を進めている。

 日本は今後ドイツなどとの関係について「米国との協議の成り行きを見ながら考える」(日本の国連代表部)としているが、旧G4案は現時点で採択に必要な国連加盟国の3分の2(128カ国)以上の支持を得られる見込みはない。

(共同)

http://www.sankei.co.jp/news/060106/kok025.htm

※太字は私で補足したものです。
先ほどのブログの続きじゃないんですが、ままた共同通信ソースのネタです。

原案は当初と変わって無く、とても賛成多数になりそうにない案のままと言うことだが。これにG4案に大反対していた中国様と韓国様が賛成にまわったら子の特定アジア2カ国が反対していた理由がものすごくわかりやすくて面白いのですけど(^^;)。どういうことなのかな?
一見「日本の孤立」を強調しているようですが、よく読むと訳の分からない記事ではあります。さすが共同通信

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 13:45:17 | Trackback(0) | Comments(0)
在上海日本総領事館館員の自殺・続

対中外交 「強気」官邸、「弱気」外務省 靖国・職員自殺で食い違い

 首相官邸と外務省との関係が対中外交をめぐってぐらついている。外務省OBが小泉純一郎首相の靖国神社参拝を批判する論文を月刊誌に寄稿したり、政府首脳が在上海日本総領事館の男性職員自殺をめぐって外務省に対して不快感を表明するなどのケースが続いている。日米関係など対中外交以外の分野にも影響が出かねないとの見方も出ている。 
 政府・与党内で波紋を広げたのが、外務事務次官や駐米大使を務めた栗山尚一氏が月刊誌「外交フォーラム」に寄稿した論文だ。栗山氏は「和解-日本外交の課題」と題する論文を平成十八年一月号に寄稿したが、首相ら政府の責任ある立場にある者が靖国神社に参拝するのは「大東亜戦争」肯定の歴史観を共有しているとの印象を与えかねないと指摘。参拝を控えるべきだと主張した。
 麻生太郎外相は五日、訪問先のイスラマバード市内のホテルで「中国に言われたから(靖国参拝を)やめることはない。靖国神社だけに的を絞るとなかなかことは進まない」と首相の参拝を支持した。「『外交フォーラム』は外務省の事実上の広報誌」(与党関係者)といわれるだけに、栗山論文は「『靖国参拝をやめてほしい』という外務官僚の隠された本音が出た」(同)との見方が出ている。
 一方、安倍晋三官房長官は五日の記者会見で、在上海日本総領事館の男性職員自殺について、中国政府声明が「日本側は職務の重圧のために自殺したと表明した」としていることについて、「中国側の公安当局関係者による、ウィーン条約上の接受国の義務に反する遺憾な行為があったと考えている」と改めて批判するとともに誠意ある対応を求めた。
 安倍氏は一部週刊誌が男性職員自殺の事実を報道するまで事件の存在そのものを知らず、昨年十二月二十八日の会見で「報道以前については、私は報告を受けていない」と述べ、官邸に的確な情報を提供しない外務省に不快感を表明した。
 谷内正太郎外務事務次官は五日、省内で開かれた賀詞交換会で、「どうしてこういう情報が外に出るのかと誠に情けない思いをすることが、この一年に一、二回ではなくあった」と述べ、機密保持の徹底を求めたが、「次官の念頭には男性職員自殺の件もあったのに違いない」(外務省筋)との指摘もある。
(産経新聞) - 1月6日2時35分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060106-00000005-san-pol

日本の外務省は、どうも中国政府の配下にあるようです_| ̄|○
まあ、数年前の「日本人学校への北朝鮮人駆け込み事件」のお粗末な対応を見て、それは分かっていましたけど('A`)

上記の記事でも問題になった栗山元アメリカ大使の論文についての最初のニュースソース(2005/12/10付け)はこちら
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051210-00000103-kyodo-pol
「共同通信」発のようですが…。

私の関連ブログ
http://boyakkies.blog12.fc2.com/blog-entry-197.html

国際時事・特亜本部 | 13:08:22 | Trackback(0) | Comments(0)
【ご報告】テンプレート変更
前後しましたが明けましておめでとうございます。
相変わらずどこの掲示板にも書けない
自分の本宅(こことかここ)にもカテゴリー外れで書けない
ボヤキばかりを綴っていく
ここは「王様の耳はロバの耳」的落とし穴ブログです(^-^;

トラバして下さっている皆様、コメント下さる皆様誠にありがとうございます<(_ _)>
が、上記のようなカスブログですので(^^;)はなはだ、いや、かなり反応はあいかわらず鈍いと思います。今年も去年と同様の調子だと思います…更新するときは大量に、しないときは何週間も放置…ヾ(^^;)


さて、お正月なので1/15ぐらいまでの予定で壁紙を大家様提供の専用テンプレートに変更してみました。本年もよろしくお願いします<(_ _)>

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

運営ネタ | 00:55:17 | Trackback(0) | Comments(0)
あけましておめでとうございます
正月からやってますなあ ちうごく様
在上海日本総領事館の館員の自殺に元旦早々反論
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/xwdt/t228889.htm
http://jp.chinabroadcast.cn/151/2005/12/31/1@54838.htm

こうやっていちいち、それもこまごまと反応すること自体が
「この自殺に私たちは関係してまっせー」
と言ってるような物だと考えられますが。
関係ないなら簡潔に一言「証拠がない」と言って終了しておけばいいのにねちねちと…これを「語るに落ちる」というのですね。

おまけ
なにやってんだKBS京都
韓国ドラマを年末年始ぶっ通し放送_| ̄|○
http://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/happy/

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 23:11:18 | Trackback(0) | Comments(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。