現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【竹島】まあ、予想はされていたことですが【馬鹿ん国】

韓国、竹島周辺で7月海洋調査…政府、説明求める方針
竹島問題

 韓国政府が7月に、竹島周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)を含む日本海海域で、海洋調査の実施を計画していることが29日、分かった。

 関係者によると、調査は韓国海洋調査院が実施するもので、7月3日から17日にかけて、竹島付近の海域で海流観測を計画している。潮流、塩分、流速などを観測する予定で、対象海域の一部には日本のEEZも含まれている。4月21、22の両日、ソウルで行われた谷内正太郎外務次官と韓国外交通商省の柳明桓(ユ・ミョンファン)第1次官との協議でも、この調査について取り上げられたという。

 塩崎恭久外務副大臣が5月1、2の両日に訪韓し、潘基文(パン・ギムン)外交通商相らと会談する際や、5月中にも再開される日韓のEEZ境界画定交渉でも、日本側は調査について説明を求める方針だ。

 竹島周辺海域を巡っては、韓国が海底地形に韓国名の地名を提案する方針を示したため、日本も海洋調査を計画。折衝の末、双方が提案と調査をそれぞれ見送ることで合意した経緯がある。ただ、その後も盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が対日強硬策を盛り込んだ特別談話を発表するなど、依然としてぎくしゃくした状況が続いている。
(2006年4月30日4時18分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060429i114.htm

まあ、話をうやむやにした後で「後出しじゃんけん」は韓国のいつもの手ですね。
こうやって戦後どさくさに紛れて駅前一等地を不法占拠してきたのも韓国人(注:当時の用語法を考えると「朝鮮人」というのが正しいのか)という経緯もありますし、こちら参考、不法占拠は韓国人の「お家芸」と言うところでしょう。
しかし、上記読売記事によると、先日の会談でもこの話題は出ていたと言うことですが谷内次官は何も反論とかしなかったんでしょうか。だから外務省は腰抜けといわれるのでしょう。

それにしても、上記読売記事に出ていた2006/4/25の盧武鉉大統領の談話(こちらが全文)といい、基本的に韓国は日本を小馬鹿にする姿勢は変わりませんねえ。この談話聞いて、いつ韓国軍が東京空襲するかと(0・∀・)ワクテカ…いや、はらはらしていたのは私だけじゃないはず。

私の関連ブログはこちら

スポンサーサイト

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 12:17:10 | Trackback(0) | Comments(0)
【ソロモン諸島】住民脱出の影の下心?【中国様】

政府、ソロモン諸島の華僑・華人249人を特別機で避難
2006年04月24日

 華僑・華人159人が23日、チャーター機2機に分乗して、騒乱の影響を受けたソロモン諸島を離れ、パプアニューギニアの首都ポートモレスビーに到着した。中国政府が同諸島から24時間以内に避難させた華僑・華人はこれで249人になった。在パプアニューギニア中国大使館によると、避難者は無事で、精神的にも安定している。大使館と関係機関の協力により、出入国手続きもスムーズに行われた。

 同大使館は24日、ソロモン諸島にチャーター機を次々と派遣。華僑・華人を避難させるとともに、国内移送のため中国のチャーター機を積極的に手配した。

 ソロモン諸島では18日、議事堂、総理府、市中心の商業区などでデモ隊数百人による抗議活動が行われた。やがて抗議活動は騒乱に変わり、首都ホニアラの中華街も深刻な襲撃に遭い、中国系の店舗多数で略奪や放火が行われたほか、住民に負傷者も出た。
http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY200604240251.html

こんな事件が起こっていたとは。へぇー。
まあ、けが人がいないらしいのが良かった

といいたいのですが
読売新聞の記事を見ると、素直に「良かった」といえる事態なのか大きな疑問符が。

ソロモン暴動、中華街で略奪…中国政府が脱出機派遣

 【北京=杉山祐之】ソロモン諸島の暴動で中華街が焼き打ちに遭い、同諸島と国交のない中国政府がチャーター機による中国系住民脱出作戦を強力に進めている。

 外遊中の胡錦濤・国家主席も23日、住民の安全を確保するよう関係各機関に命じた。

 中国の報道によると、同諸島には約1000人の中国系住民がいる。多くは商店を経営して豊かになり、一部住民に敵視されていた。首都ホニアラで18日に起きた暴動はすぐに中華街に波及、放火や略奪が相次ぎ、19日には中華街の90%が破壊されたという。

 同諸島は台湾と外交関係を持つため、在パプアニューギニア中国大使館が前線本部の役を担った。大使館は航空機をチャーターし、中国籍か同諸島国籍かを問わず、パプアニューギニアなどに出国させた。22日から23日にかけて脱出者は249人に上った。
(2006年4月25日0時10分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060424id26.htm
※太字は私で補足した物です

本来なら、救済の行動をとるのは台湾政府であるべきなのに、中共政府が勝手にちょっかいを出したという次第。
これって、思いっきり台湾の足を引っ張ろうという下心ですよね…。

にしても、この部分を伏せて報道するとは、やはり朝日偏向報道といわれてもしゃーないかも。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 23:16:57 | Trackback(0) | Comments(0)
_| ̄|○高野山みたいな所でも…
高野山の写真屋殺される、犯人は高校2年生

_| ̄|○
高野山に行ったことのある私としては、ああいうところでこういう事件が起こるとは信じがたいですが、上には高野山関連の付属学校があって、「下界」から通学している学生は多いですし、世の中の濁流からは逃れられないと言うことでしょうか。

残念です。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 11:15:18 | Trackback(0) | Comments(0)
10000ヒットありがとうございます
当ブログを開設して1年弱で10000ヒットを越えることできたようです。
こんな泡沫ブログにご訪問くださったみなさま、
本当に
迷惑かけてどーもすいません(^^)ゞ

ちょっと懐かしいネタを使ってみました

このブログは
「王様の耳はロバの耳」的洞穴、
備忘録
として使っている面が多分にあるので、今後もこのままさえないブログのままだと思います…

さて
10000ヒット記念と言うことで、ちょっとCMなどしてしまうことにしました。
よろしくお願いします。<(_ _)>
こちら

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

運営ネタ | 12:01:48 | Trackback(0) | Comments(0)
週末いろいろ
竹島騒動は、意外にあっけなく「終了」(?)してしまいましたね。もっとずるずる長引くかもと思っていたのですが

竹島海域協議が合意 日本周辺調査中止 韓国名称提案せず EEZ協議来月にも再開
 【ソウル22日原田正隆】日本の竹島(韓国名・独島(トクド))周辺海洋調査計画をめぐる日韓対立の打開を図るため21日から韓国ソウルで行われていた両国外務次官協議は22日夜、日本が海洋調査を中止する一方、韓国が海底地形に関する6月の国際会議に竹島周辺の韓国名表記提案をしないことで合意した。(以下略)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/20060422/20060422_016.shtml

他関連ニュース

うーむ、この結果で「18世紀のポーランド化」を回避できたのかどうか、判断ができない(^^;)
たぶん韓国よりと思われる中国のメディアは「日本有利の結果」と見ているようなのだが


中国マスコミ「独島交渉の結果、日本に有利」

中国の各メディアは、日本の独島(ドクト、日本名・竹島)沖への調査に触発された韓日間の
対立と外交交渉について、「日本が優勢」との評価を下した。

新華社通信は、23日「独島周辺海域への調査をめぐる韓日間の合意は、日本に有利」とし
「互いに譲ったように見えるが、実際は日本が最初から最後まで主導権を握っていた」と論評。
同通信は「国際社会が韓日対立に注目したことが、独島を実効的に支配している韓国にとって
は不利なものになり、日本にとってはプラスになった」と付け加えた。

人民日報の姉妹紙・京華時報は「今後、韓国が問題を提起すれば、日本は測量船2隻と外交
官数人だけを派遣すればいいだろう」と皮肉った。同紙は「日本が事態の原因だった測量計画を
再び進めないと約束しなかったため、今後必要とされる場合、同じ手法を再び使える」と指摘。
また「外交的な妥協で、韓国が独島沖の韓国地名登録を先送りすることによって、日本が望む
ものを得ており、日本が測量計画を取り消したが、この30年間同海域を測量したことがないから、
日本が損したものはない」とした。北京晨報も、日本が結果的に得した、という趣旨の内容を報じた。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=75012&servcode=200§code=200

なんと肝心のソースが韓国発なので、どれほど信用できるのやら…。まあ、今回のことは韓国では悲観的な見方が多いのでしょう、ということはやっぱり日本にとってはよい結果だったの?うーん。



ところで、関西では全然関心が薄かった(当たり前だろ!)衆議院議員千葉7区補選は民主党推薦の26歳の女性候補が約1000票差という僅差で勝利
関連ニュースソース
岩国市長選の結果などと併せてこちら上記の記事などによると「小泉改革への批判が膨らんだ結果」と言われているが…

女性と若者は自民、40~50代民主 衆院補選出口調査
2006年04月24日09時29分

 23日投開票された衆院千葉7区補選は、昨年の総選挙で自民党に圧勝をもたらした「小泉ブーム」が今でも残っているのか、それとも消えてしまったのかを測るためには重要な意味合いを持つ選挙だった。朝日新聞社が実施した出口調査のデータを分析すると、ブームが「余熱」を保つ中で、民主党が無党派層を味方にして党勢回復のきっかけをつかんだと言えそうだ。

千葉7区、3回の選挙を比べると

 本社出口調査は千葉7区内30投票所で実施し、1570人から有効回答を得た。03年、05年総選挙でも同規模の調査をしており、過去と比較しながら今回の特徴を見た。

 05年に自民を圧勝させた原動力は、主に都市部の「無党派層」「女性」「若年層」だったが、それらの人たちの投票行動の推移を見ると、グラフのような変化を見せている。無党派層は今回、57%が太田和美氏(民主)に、30%が斎藤健氏(自民)に投票した。この差が、民主の最大の勝因となった。

 女性と若年層は「親自民」の傾向を強めている。特に女性は大きく自民に傾いた。民主の女性候補が女性有権者に嫌われるのは、最近の選挙では全国共通の現象だが、今回は女性有権者のうち太田、斎藤両氏が拮抗(きっこう)しているのは40代だけで、他の世代はいずれも斎藤氏が太田氏に大差をつけた。一方、男性有権者に限れば、太田氏が斎藤氏を大きく上回っており、これほど男女の投票傾向に違いが見られる例は珍しい。

 20代、30代が「親自民」の傾向を強める中で、40代、50代は民主優勢。特に40代は05年の自民優勢から民主優勢に逆転した。

 公明支持層のうち、自民候補に投票した比率は03年は59%にとどまっていたが、05年は84%、そして今回は95%に達した。

 郵政民営化のような大きな争点を欠いた今回の選挙をめぐる環境は、変転した。当初は、この選挙区での選挙違反という自民のマイナス要素が先行。その後、民主がメール問題という大きなマイナス要素を抱え、代表が交代して臨んだ選挙だった。自民、民主それぞれが今後に向けての楽観材料と悲観材料を見つめることになったようだ。
http://www.asahi.com/politics/update/0424/005.html

これまた、今までの選挙の傾向とは全く逆の物ですね。
マスコミ言うところの「小泉改革反対」の結果がこれなら、民主党候補に投票しているのは女性やフリーター、ニートの多い若者層が多くならないとおかしいはずなんですけど。
女性候補の色香と小沢=強腕というイメージに期待している団塊世代が捕まったと言うことなのかな?と見えたのですが、朝日の解説はなんか苦し紛れ(^^;)

おまけ
このたび当選された太田和美さんはキャバクラ勤務経験があるそうな。
http://book.shinchosha.co.jp/shukanshincho/(2006/4/27号)
なるほど、民主党、色香重視で候補者を選んだのか…。さすが小沢、支持層をよく見極めているな…ヾ(^^;)

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

日本の政治 | 11:55:06 | Trackback(0) | Comments(0)
どうも評判が悪い太陽光発電
竹島問題は、どうも日本の外務省がへたれるんじゃないかと心配なんだが、ここでへたれたら18世紀のポーランドみたいになってしまう危険性大なので、原則は守ってくれよと密かに祈っている私であった。

で、以下関係ない今日のお題。_(。_゜)/
本日のグーグルを見よ。こちら
今日はアースデーらしいのだがこちら
太陽光発電器がモチーフになっているのがよくわかる。
で、将来持ち家に住んだ暁には太陽光発電器でも入れてみようかといろんな人に相談すると
これがきわめていい評判を聞かない のである。
建築士(一応地元では地元建材を使う自然派として知られている人)は「あんなんお金かかるだけですよー」というし
電気屋も「投資金額回収する前に壊れまっせ」という。
でも「将来は発電効率も良くなって、それなりに(発電設備の)値段も下がるんでは」と聞くと
「そんなの、ありえない!ないない!」
と激しく否定する。
「グリーンピース」などの環境保護団体は強力プッシュしている太陽光発電
実際の所は本当に「環境に優しい」のか?

ネットで検索してみても、なかなか「これは納得」という意見は見あたらなかった。自分で数百万払って痛い思いをしないと、太陽光発電の利点も欠点も現状ではわからないらしい。
ネット百科事典「wikipedia」太陽光発電の項目。(太陽光発電推進派よりの意見を多く引用か)
「ALL ABOLT」の太陽光発電についてのコラム積水ハウスという特定のハウスメーカーがネタになっているところにやや限界か。でもオール電化を採用しないとあまりメリットがないところがわかったのは参考になった。)
一般の人の体験談



テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

ぁゃιぃ人たち・ぁゃιぃニュース | 15:57:54 | Trackback(0) | Comments(3)
【世間知らずの】毎度季節恒例の竹島問題【奥座敷】
気が付けばえらい大騒ぎになっているようで
竹島周辺海域に日本が調査船を派遣、韓国猛反発

まあ、去年も3月頃に「竹島の日」騒動で盛り上がった経緯を考えると、毎年恒例の春のイベントと考えているわけですが。


…しかし、
こんな中で韓国行きの準備をしている私って何でしょうか(^^;)
しかも利用航空会社は最近落ち目のJALだし。(^-^;)
まあ、マイレージが中途半端にたまっていて、行ける前が韓国(か国内)しかなかったのでこうなったわけですが_| ̄|○
無事に帰ってこれるのか、私ヾ(--;)
そうそう、昨日しっかりNHKのBS11では韓国ドラマ「クッキ」も放送していましたな。(見てないけど)

おまけ
  日本政府が竹島(韓国名:独島)の周辺海域を調査しようと計画していることに韓国政府が反発している問題で、
20日付の新華社などは「日本の測量船2隻が独島へ出港か、韓国側は警備艇18隻を集中配備」と題して、
両国が対立している状況について報道した。事実関係を淡々と伝えており、中国政府が竹島問題に対して示してきた「中立的姿勢」を踏襲しているものと考えられる。
  記事では、「日本の測量船が独島の周辺海域に向かっているとの情報が伝えられた後、
韓国政府は『あらゆる手段で阻止する』として従来にない強硬姿勢をとっている」と説明した上で、
「韓国の海洋警察庁が不測の事態に備えて、警備艇18隻を独島の周辺に配備した」と付け加えている。

  また背景について、「日本側が問題を国際社会にアピールするために事態を大きくしようとしている」
「日韓間では独島周辺の海域などの名称をめぐり意見対立があり
6月にドイツで開かれる『海底地形名称小委員会』を前に、主導権を握るために
日本は測量を行おうとしている」とする韓国メディアの見方を紹介している。

  日本側の主張についても、安倍晋三官房長官が19日の記者会見で
「国際法にのっとった科学的な調査である」などと発言したことを報道している。

  一方、新華社が設置した掲示板では、「日本のごとき恥知らずの国には何を言っても問題ない。
強硬姿勢には強硬姿勢で望むべきだ」「韓国は中国のお手本だ」などと韓国側を支持する書き込みが大半を占めている。(編集担当:菅原大輔)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0420&f=politics_0420_002.shtml

まあ、親中派を自認する韓国としては中国の支援が得られると思いこんでいたんでしょうが残念でした。中国の立場から見ると、韓国を支持すると同時に尖閣諸島やらいろいろな領土問題で譲歩しなければならないところが増えますから、支持できないのが当然なんですが。

しかし、最後の所。去年の4月以来なりを潜めていた反日暴動復活の予感?(0・∀・)ワクテカ

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 12:48:40 | Trackback(0) | Comments(0)
【東シナ海】結局へたれた?中国【油田】

中国 中間線越え航行禁止 日本に「誤り」と連絡
 外務省は18日未明、中国海事局が東シナ海のガス田拡張工事のため日本が主張する排他的経済水域(EEZ)を含む形で航行禁止を通知した問題に関し、中国外務省から対象範囲について「技術的な誤りがあった。修正する」と連絡があったと発表した。修正後の航行禁止海域は日中中間線より中国側で同国のEEZ内に収まった。(以下略)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/20060418/20060418_009.shtml

他の類似のソースはこちら
一応タイトルは「へたれた?」としていますが、
 うーむ?(゜_。)?(。_゜)?
というのが正直な感想です。HPの発覚からわずか数日での撤回ですし、一体何がどうなってんのだろうか。何か策略があってのあのHP発表ではなく、いろんな意向が錯綜しているのではないかと、私は考えていますが。

今後も東シナ海油田関連は中国動向を見張る目安として要注目です。

関連ネタはこちら

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 14:36:30 | Trackback(0) | Comments(0)
衝撃の歌手?嶺鶯(みね・うぐいす)
関西では数日遅れ?で放送されている
中井正広のブラックバラエティ(黒バラ)

4/17深夜放送分でえらい物を見てしまった…
それは「嶺鶯」という一応歌手らしい…
しかも恐ろしいことにキングレコードからCDも出しているのだという。
もっと恐ろしいことには齢60はとっくに越えているというオババ女性がかなり派手な振袖を着てCDジャケットに収まっているのである。

…コワイ、怖すぎる。

3年ほど前に、関西で一時期ブレークしかけた(実はそのお祭り騒ぎにも便乗したことがあったのだが(^_^;)
日本一ブサイクな歌手!奥山みどり
以来の衝撃である。
ちなみに「奥山みどりって誰?」というまともな感性のあなたヾ(--;)にはとりあえずこちらを見てほしい。

しかし、こういう人たちを生かしていける、今の日本って
本当に平和な国であることを実感するヾ(^^;)

個人的にはこの二人のコンボでプロモーションビデオをつくり
演歌大好き北の某将軍様にプレゼントというのもおもしろいかと思うが、逆にお怒りをかってテポドン打ち込まれそうだからやめておくか。

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ワイドショー | 00:35:43 | Trackback(0) | Comments(0)
再び「五月の悪夢」の予感(はずれても責任とりません!)

中国、日中中間線を越え航行禁止・東シナ海ガス田

 【北京=飯野克彦】中国政府が東シナ海のガス田開発の一環として、日中中間線付近の海域で作業船舶などを除いて船舶の航行を禁止する通知を出していたことが15日、明らかになった。北京の日本大使館筋によると、対象海域は、日本が排他的経済水域(EEZ)の日中の境界線と主張する中間線を越えて日本側に及んでいる。(以下略)
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060416AT3S1501H15042006.html

他ソース
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20060416/mng_____kok_____000.shtml
http://www.asahi.com/politics/update/0416/001.html

ちうごく様の嫌がらせ(というよりこれ国際法違反だろうが違反!)一年後に再び。

一年前→反日暴動

そしてこのとき
日本の株式市場は大暴落したのであった。
みなさま気をつけてね~(持ってない私は他人事ヾ(^^;))

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 00:11:10 | Trackback(0) | Comments(0)
どーする、アイフル~(苦笑)

アイフル全店舗、業務停止命令へ (読売新聞)

 金融庁は14日、消費者金融大手のアイフルに対し、強引な取り立てなどの問題が相次いだとして、貸金業規制法に基づき、国内の全店舗(約1700店)を対象に、業務停止命令を出す方針を固めた。同日午後、発表する。

 消費者金融大手に対する全店の業務停止命令は初めてとなる。 (以下略)
[ 2006年4月14日11時22分 ]

http://news.www.infoseek.co.jp/top/story.html?q=20060414it04_yomiuri


まあ、発祥の地では悪い噂(経営者が暴○○がらみという話は知らない人がいないくらい有名)はたーんと聞いてましたし、
実際仕事場でここに関わった人を見てるとそりゃもう(以下自粛)

ライブドアよりしっぽを捕まれるのには時間かかったみたいですけどねー。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

経済いろいろ | 11:35:32 | Trackback(0) | Comments(0)
【備忘録】妙心寺の東本願寺化進行中?
非戦と平和の宣言文
何となく妙な市民団体っぽいんだが…なんか反省というよりはぺこぺこ謝ってるという感じで、ポイントがずれているような気がする。

ちなみに、この問題のきっかけとなったブライアン・ビクトリア教授の本の概要はこちら
マルクス主義的な考え方をする人にはかなり好意的に撮られているようだこちら
オーストラリアは意外に反日感情の強い国というのは知られてないように思うが、ブライアン・ビクトリア氏の思想背景が反日なのかははっきりしなかった。こちら

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

ぁゃιぃ文化人 | 00:54:24 | Trackback(0) | Comments(0)
特定アジアはなんですが…
なぜか気が付けば東京で行われているどうせまとまりそうもない六カ国協議とか
むかつくことは山と有りますが

これは釣られてみようかな~(^^;)
今年のNHK中国語会話(TV版)
谷原章介、密かに気になってたりするわけでして(^^;)ほほほほ。

続きを読む >>

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

ワイドショー | 20:09:25 | Trackback(0) | Comments(0)
中央日報が釣られました?

盧大統領、レイムダック避けるため「反日」…日外務省資料

一応記事も転載しておくか。

盧大統領、レイムダック避けるため「反日」…日外務省資料

「盧政権は独島を素材としてナショナリズムをあおいでいる」--。

独島(トクト、日本名竹島)、靖国神社参拝問題などに関する韓国政府の対日外交政策に対する日本政府の内部分析を掲載した報告書を本紙が単独入手した。

外務省の政治情勢分析資料「朝鮮半島をめぐる動き(1月25日付)」は韓国政府の対日政策を国内用にまとめ、独島観光開放を「過激なデモ行為」と表現するなど、否定的に評価している。対外秘資料であるだけに報告書に使われた用語も非常に刺激的だ。

外務省報告書は韓国のある世論調査機関が調査した盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権支持率の変化を解説し「韓国では反日が政権の支持率を高める効果がある」と分析した。過去1年半の間、盧政権支持率はずっと20%台にとどまっているが、大統領本人が「3.1節演説」と「国民に差し上げる手紙」を通じて強い反日姿勢を明らかにした時期だけ例外的に40%近くに上がったというのがその根拠だ。

報告書はこれを土台に「盧大統領はレイムダックを避けるためにも残りの任期中に反日強行論は捨てないだろう」と見通した。また「軍事独裁時代『北傀脅威』と『反日』を口実とした世論調査は民主化運動を牽制する常套手段だった」とし「今は『対北朝鮮関係改善』と『反日』が韓国の世論を沸き立てるようにしている」と付け加えた。

報告書は特に独島問題に多くを割き▽独島観光開放▽空軍参謀総長の独島上空非行▽閣僚、国会議員の独島上陸--など韓国の独島領有権強化政策を「過激なデモ行為」と表現した。「我が国(日本)と国際社会に向けてこのような神経質なデモを続けるのは、あまり意味のある行為には見られない」とも付け加えていた。続いて「デモ行為の目的は韓国国内の世論を先導すること」とし「独島を素材としてナショナリズムをあおぎながら韓日関係を悪化状態で維持することで反日強硬策の効果を維持し続けている」と分析した。「簡単に沸き立つ韓国的情緒の無分別な発露」という表現も使った。

報告書はこのような政策の背景に対して「盧武鉉政権の政治手法は国際関係にも現われた」としている。「盧武鉉政権はすべての局面で意図的に『悪者』を作り、この悪者との対立を通じて自分が正当さを訴える政治手法を使っている」と前提し「全般的に日本のイメージを絶えず悪者として増幅させている」と分析した。

報告書はまた、韓国外交当局者の動向に対し「一時、韓日関係冷却に危機意識を持ったが、今は青瓦台(チョンワデ、大統領府)の強硬姿勢の前に抵抗する手段を失ったようだ」とし「小泉政権の間、韓日首脳会談開催可能性に悲観的姿勢を見せている」と伝えた。

報告書は「こんな時であるほど両国国民の間の交流を拡大し、相互理解と友好を深めることで韓国で『反日』がもつ魔術的な力を減らしていかなければならない」という結論を下した。

これに対して外交通商部当局者は「日本政府は歴史認識問題の重さをよく分かっていないようだ」とし「独島は日本国内の歴史学者の中でも日本の固有領土と主張する人がいないほど、無理な主張であり外交だ」としている。

「いくら内部文書とはいえ、外国の内定まで恣意的に分析するのは遺憾なことだ」とした。

◆日本外務省韓半島政治情勢報告書=日本外務省の韓半島担当部署である北東アジア課が定期的に作成する政治情勢報告書で「取り扱い注意」と分類される対外秘資料だ。6カ国協議と南北関係、北朝鮮政権の動向などが主要内容だ。報告書は首相秘書室と外相を含む外務省主要幹部、韓国、米国、中国など主要国に派遣された公館長たちが閲覧する。

東京=イェ・ヨンジュン特派員

ソウル=パク・スンヒ記者

2006.04.05 09:11:47


最後あたりに平気で嘘を付いているところが韓国クオリティを伺わせますが
> これに対して外交通商部当局者は「日本政府は歴史認識問題
>の重さをよく分かっていないようだ」とし「独島は日本国内の
>歴史学者の中でも日本の固有領土と主張する人がいないほど、
>無理な主張であり外交だ」としている。

まあ、この「外務省文書」なるものが嘘か誠かわかりませんが
分析は全部的確なんじゃないでしょうか


私としては、この文書が「ホンモノ」だったとして、誰が中央日報にリークしたか気になるところですね。外務省の中には「チャイナスクール族」などのいわゆる「売国派」といわれる派閥があるそうで。また、福田元官房長官が外務省にそれなりに発言力があるという噂もあり、
http://news.kyodo.co.jp/kyodonews/2002/kotetsu/news/20020220-139.html
福田氏がつい先日訪韓していたことを考えるとこの筋からのリークというのも考えられます。

私の関係ブログ
過去の亡霊、韓国で悪あがきす

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

日本の世界のマスゴミ様江 | 12:09:46 | Trackback(2) | Comments(0)
「ドキュメント 北朝鮮」
「NHKスペシャル ドキュメント北朝鮮」

日頃当ブログでもぼろくそにいってる(^^;)NHKではありますが、
これは久々に見応えがあった!

…最も北朝鮮をちゃーのみなさまにとっては「( ´_ゝ`) ふーん」というネタが多かったのかもしれませんが、北朝鮮=拉致疑惑ぐらいしか知らない私のような一般人は必見かと。

具体的には
・金日成(なぜかATOK12では一発変換_| ̄|○)は北朝鮮では全くの無名人だった。しかも独立運動には全く貢献していない
・金日成を有名人に仕立てたのはソビエト連邦。理由は「自分の傀儡政権がほしかったから」
・金日成政権は基本的に自分の政権保持だけが念頭にある僭越ながらはっきり言ってしまう「恐喝政権」である。武者小路公秀氏が平和運動に適した思想としてご熱心に推進されている「主体思想」も1960年代当時、共産主義陣営同志で対立したソ連と中国両方から援助をぶんどるために「自主独立」を言い出しただけにすぎない代物。

こんな国を未だに褒め称えている「知識人」とか市民団体?とか、本当に頭がおかしいか、わかった上でつるんでいる確信犯かどちらかとしか思えません。

最後に、金日成に関わった旧ソ連外交官が語ったこの一言はとても印象的でした。
「北朝鮮には関わってはいけない。
北朝鮮は最後までソビエトの頭痛の種でしかなかった。
この国に関わると、最後は自分が病気になってしまう。」

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

日本の世界のマスゴミ様江 | 22:29:51 | Trackback(0) | Comments(0)
某府の知事立候補者に茶々ヾ(^^;)
今選挙カーが通過していったんだが。
これは違うだろうこれは。
「岩国市では住民投票で
アメリカ軍の基地はいらないと表明しました
(以下略)」

いや、あの住民投票は
「神奈川県・厚木基地からのアメリカ軍空母艦載機移転反対」
をとうものであって、アメリカ軍の基地自体がどーのこーのいうものではなかったと思うんだが。

米空母艦載機移転、反対87% 岩国市の住民投票
2006年03月13日01時35分

 厚木基地(神奈川県)の米空母艦載機の岩国基地への移転計画の賛否を問う山口県岩国市の住民投票が12日に実施された。投票率は58.68%で即日開票され、反対が87%を占めて有権者数の半数を超えた。投票結果に法的拘束力はないが、井原勝介市長は「重く受け止め、移転案の撤回を求めたい」と語った。(以下略)
http://www.asahi.com/politics/update/0312/002.html(ニュースは消えているようなので、キャッシュはこちら


しかも「投票結果には拘束力ない」って。
嘘はいかんよ、某共産党系候補様宣伝カー。

<おまけ>
岩国の住民投票の推進派の公式ブログみたいだが
http://juumintouhyou.de-blog.jp/
うーむ、誰が書いているのかもわからないし、これじゃあやしげな団体と思われても仕方ないかも…。(ホントに公式ブログかどうかもアヤシイのです。もしかして会員の一人?が勝手に立ち上げただけなのかも?)

続きを読む >>

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

日本の政治 | 17:55:53 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。