現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今年最後の一言
規制改革会議 最終答申、強く後退 2006年12月26日01時08分(朝日新聞)

安倍政権の目玉の一つである、教育改革。教育基本法の改定は決まった物の、その実行内容の方が迷走している。
 安倍首相直属の教育再生会議(野依良治座長)が21日の総会で提示した第1次報告の原案には、教育委員会の見直しや不適格教員の排除などの具体策がほとんど盛り込まれなかった。原案の作成は「実現可能性」を重視する事務局が主導したものだが、「独自色」にこだわる有識者委員は「我々の意見が反映されていない」と猛反発。来年1月のとりまとめに向け、首相の指導力がここでも問われている。 「まるでヒトラーのようだ。事務局の案と私たちの言っていることが全然違う」

 劇団四季の代表である浅利慶太氏は総会後、吐き捨てるように言い、首相官邸を後にした。原案作成が、官僚中心の事務局の「独裁」で決められたとの受け止めで、不満が収まらない。

 浅利氏ら17人いる有識者委員の一部と事務局が参加し、素案や原案を練り上げる運営委員会では「あきれるくらいのスピードで教委を全面的に見直す」「文部科学省が用意する教員免許更新の法案にストップをかける」との意見が相次いでいた。

 しかし、教委については、11月30日に示された素案にあった「教育委員に保護者代表を任命」「教育長は教職経験者に偏らせない」などの具体策は、原案では姿を消し、「今後の検討課題」に。「学校再生」をテーマとする分科会に出席した有識者委員の間では文科省の準備する免許更新制だけでは不十分との意見が大半だったのに、不適格教員排除の具体策は盛り込まれなかった。

 当初の素案に盛り込まれた「ゆとり教育の見直し」の文言も消えた。歴代文相・文科相の決定を否定しかねないだけに事務局が配慮した。大半の委員が賛同した「教員の量の確保」も「予算の裏付けがない」と事務局が難色を示した。

 第1次報告の素案や原案は、総会や分科会での各委員の発言をもとに事務局がたたき台をつくり、運営委員会で意見を言い、事務局が書き直す――を繰り返し、最終的には事務局がまとめた。

 21日の総会は「百家争鳴」状態で、ワタミ社長の渡辺美樹氏は「我々が話し合ったことが(原案で)触れられていない。会議を報道陣に公開し、そこで総理が判断するなら納得できる」と首相に「直訴」。首相は「みなさまの意見をまとめるのは大変な作業だが、だんだん収束していくと思う」と、理解を求めざるを得なかった。

 その首相は今月6日、再生会議座長代理の池田守男・資生堂相談役らとの会合で、「教育改革の意見は出尽くしている。実行できるかどうかだ」と強調したという。有識者委員には「もっと再生会議の独自色を」との思いが強いが、事務局はこうした首相の姿勢を盾に「立派な作文をしても、実現しなくては意味がない」とかたくなだった。

 事務局は政策決定過程を熟知する官僚出身者が仕切る。教育改革には、与党の文教族議員や文科相の諮問機関の中央教育審議会、規制改革・民間開放推進会議などが絡むため、慎重になりがちだ。伊吹文科相も21日、「皆さんがおっしゃったことを国会に出すか、まず行政が判断する。その上で立法の判断がある」とクギを刺している。

 一方、再生会議担当の山谷えり子首相補佐官は21日の原案について「おおむね方向性は了承された」と述べたが、担当室長に抜擢(ばってき)されたヤンキー先生の義家弘介氏は「ペーパーは提出されただけ。たたき台のたたき台」と食い違いも見せる。

 首相が掲げる官邸主導が機能しているとは言えない状況だ。
「まるでヒトラー」 迷走続く教育再生に有識者委員反発 2006年12月22日07時54分(朝日新聞)

※太字はこちらで強調したものです。

「ヒトラー」は言い過ぎと言うより、ポイントがずれた批判のように思うが、各界のお忙氏を集めて会議して
その結果は全く採用しないで、文部省の小役人の作文が決定内容にすり替わってる
んじゃ、そりゃ会議に呼ばれたメンバーのみなさんが怒るのは当然ですって。というか、何のための会議なんだ?

不適格教員の解任が盛り込まれなかったのは日教組の圧力なんでしょうか。意外に日教組と文部省は仲良し?

ゆとり教育の見直しの名言が無くなったというのも不思議な話です。もうやめたこの馬鹿仲間をかばっているのかな?文部省?

先日の「郵政造反議員」の復党じゃ、参院の妖怪に押し切られたのが見え見えだし、心配じゃ~。
もうしっかりしてよ、安倍しゃ~ん!ヾ(^^;)

スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

日本の政治 | 00:04:15 | Trackback(0) | Comments(0)
カンニング・中島氏死去
来年には復帰できるという話を追この間聞いた頃だったんですが。
カンニングの竹山隆範(35)が5日、急性リンパ球性白血病のため04年12月から療養中の相方、中島忠幸(35)が来春にも復帰できる見通しであることを明かした。

 この日、雑誌「東京ウォーカー」(角川クロスメディア刊)が主催した“辛口タレント2006”に選ばれた竹山は、都内で行われた授賞式に出席。中島の病状について「入院、退院しながらゆっくり治療していますよ」と説明。その上で「メールのやりとりはよくやってますし、2、3カ月前に外で会ったけど、いい感じの表情してました。来春か春以降ぐらいには復帰できると思いますし、死んでませんから本人もそのつもりで動いてますよ。でも、しゃべりが元来、素人だからそこからトレーニングしないと」とジョーク交じりに話した。

http://www.daily.co.jp/gossip/2006/12/06/0000185066.shtml

漫才のカンニング・中島忠幸氏死去 35歳

同日、青島幸男氏、岸田今日子氏も死去しましたが、中島氏は年齢が若いので俄には信じがたいです。本人はあまりにも心残りだったのではないでしょうか。

テーマ:訃報 - ジャンル:ニュース

ワイドショー | 00:41:23 | Trackback(0) | Comments(0)
【違ったの?】「焼肉のタレで生還」は真っ赤な嘘だった!【マスゴミにだまされました_| ̄|○】
だーまーされた~_| ̄|○ …の?

六甲山遭難男性"退院会見"焼肉のたれで生存否定
(共同)
◆ 20日以上飲食せず… ◆

 兵庫県の六甲山で約3週間遭難し「焼き肉のたれで生き延びた」と伝えられた西宮市職員打越三敬さん(35)=西宮市上之町=が19日、入院していた神戸市中央区の同市立中央市民病院を退院して会見。遭難2日後の10月9日に意識を失い、31日に発見されるまで20日以上食べ物だけでなく、水すら飲んでいなかったことが分かった。

 会見に同席した医師は「体温が約22度という極度の低体温症だった。動物の冬眠に近かったので助かったのではないか。驚異的な生命力だ。ここまで回復することはまれだ」と説明。保護時はほとんどの臓器が機能停止状態で、救出後にも心肺停止に陥ったこともあったが、現在は後遺症を残さずに回復した。

 打越さんは10月7日に遭難。意識を失う前、試しに焼き肉のたれをなめたが「とても食べられたものじゃないと思った」と笑った。医師も、焼き肉のたれが命をつないだという家族の当初の説明を否定した。

 その上で「山というのは怖い。警察など多くの方に善意をいただいた。ありがとうございました」と頭を下げた。
[ 2006年12月20日付 紙面記事 ]

http://www.sponichi.co.jp/osaka/soci/200612/20/soci200785.html
その他ニュースソースはこちら

マスゴミの報道にすっかりのせられました。(T-T)
恥さらしついでに、前の記事は消去しないけどうるる

生存の秘訣?は全体未聞の仮死状態にあった模様。
にしても、話を聞けば聞くほど幸運な偶然が重なって助かったご様子。日ハムのヒルマン監督じゃないけど「シンジラレナ~イ」です。人間にもこういうことが起きることがあるのね。

次回六甲山に行かれるときは絶対に電車代はケチらないようにお気をつけてヾ(^^;)

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 00:21:42 | Trackback(0) | Comments(0)
税金払ってないプーがボロ儲けしていて献金までするんですってよ
大手銀行からの献金受け取り、首相命令で自粛
はぁぁ、取りあえずまだ安倍さんは国民の空気読めているようだ。やれやれ。

ついでに大手行への法人税復活させたら確実に支持率UPしますよ、とぼそっと書いておく。

テーマ:経済・社会 - ジャンル:ニュース

経済いろいろ | 22:42:33 | Trackback(0) | Comments(0)
【備忘録】神社乗っ取り!
神社新報

赤枠内をクローズアップ神社新報UPこちら

(前文略)京都舞鶴市内の神社において、宮司を脅迫の上、代表役員登記変更が行われた事件が発生した(中略)府神社庁の調査によると被告発人は「当神社の土地を買い取ったので神社をつぶす」などと言って宮司を脅迫、被告発人らによる総代会において韓国人三人を新役員に選任(中略)11月22日には当神社の社務所や石鳥居などが撤去されたことが確認されている。

単なる「脱税目的」というより、民族的怨念とか嫌がらせも入っているような気がします。
今回は宮司のいる神社でこの状態になっているようですが、由緒ある神社で宮司不在のところもかなり多いと思われますので、こういう危機に瀕しているところは意外に多いかも知れません。

続きを読む >>

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 22:32:51 | Trackback(0) | Comments(0)
イラン選挙・穏健派が勝利・大統領派は苦戦

大統領、事実上の敗北宣言/報道控える国営メディア
2006/12/18 09:06

 【テヘラン18日共同】イランの最高指導者の任免権を持つ専門家会議の選挙や地方議会選で、アハマディネジャド大統領に近い保守強硬派候補が各地で苦戦する中、同大統領は17日、国営テレビに出演し「政府にとって誰が選挙で勝ったかは重要ではない」と述べた。結果にはこだわらないとする大統領の言動は「事実上の敗北宣言」(改革派陣営)と受け止められている。

 政権の影響下にある国営イラン通信は投票締め切りから丸2日たった17日夜になっても結果を全く報じていない。国営テレビのニュースは今も15日の投票日の映像が中心だ。

 大統領はこの日、高投票率を盛んに称賛したものの、選挙結果には具体的に触れず「いかなる国民の決定もありがたいものだ」と語るのがやっとだった。

http://www.shikoku-np.co.jp/national/international/article.aspx?id=20061218000039
他のニュースソースはこちら

イランの超強硬派大統領・アハマニネジャド氏と親交があり、先日のアメリカの選挙では「悪魔は敗北した」となぜか勝利宣言のベネズエラ大統領・チャベス氏はどう反応するんでしょうか。
まあ、イランもアメリカもベネズエラよりはよっぽど選挙制度が正常に機能していることは確かなようです。

私の関連ブログはこちら

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

国際問題(特亜以外) | 12:12:09 | Trackback(0) | Comments(0)
痴漢は当然犯罪です、でも…
男子学生に痴漢、NHK職員の男逮捕

 NHKに勤務する30歳の職員の男が、JRの電車内で19歳の男子大学生に痴漢をしたとして警視庁に逮捕されました。
 東京都の迷惑防止条例違反の現行犯で逮捕されたのは、東京・小平市に住むNHK職員、芳之内祥智容疑者(30)です。

 調べによりますと、芳之内容疑者は16日の午後7時半すぎ、JR総武線の御茶ノ水駅から浅草橋駅の間で、19歳の男子大学生の尻をズボンの上から触っていたところをこの学生に取り押さえられ、警察官に引き渡されました。

 被害にあった男子学生は身長180センチ、体重120キロの大柄な体格でしたが、調べに対し、芳之内容疑者は「御茶ノ水駅で目をつけ犯行に及んだ。不眠症で悩んでいた」と供述しているということです。

 NHKでは、1週間前にも職員が大麻所持で逮捕されたばかりでした。(17日22:51)

http://news.tbs.co.jp/part_news/part_news3450177.html
他のニュースソースはこちら
※太字はこちらで強調

被害者の体格まで事細かに書いているのはTBSだけですな、やはりNHKとは仲が悪いようで(苦笑)

しかし、この職員。どう見ても女と間違って狙ったわけじゃないようだ。つまり…いやもう何も言うまいヾ(^^;)
とにもかくにも
相手が異性だろうと同性だろうと痴漢は犯罪です!これだけは確か。
しかしこの職員、ここまで大々的に報道されたら職場復活できないだろうな。アーメンヾ(--;)

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 12:00:59 | Trackback(0) | Comments(0)
このブログについての注意事項など
※この記事には、このブログに関する注意事項を記述しておりますです。

基本的にリアルの日常でもネットのバーチャル上でも
全く愛想のかけらもない人間です>私
なので、コメントを書いて下さっても反応がないことが多々あるかと思いますが、ご了承下さい。

また、あまりにも記事内容とかけ離れたコメントは削除する場合があります。(例)アダルトサイトの紹介
トラックバックについても、コメントと同様に扱います。

「おもしろい」コメントやトラックバックについては書き込み元のIPや検索元などのアドレスを了解無く明示することもありますのでご了承下さい。

リンクについて:ご自由にどうぞ。

記事の引用について:著作権は放棄しておりません
 引用される場合は、元記事あるいはこのブログのアドレスの提示をあわせてお願い申し上げます。

アフィリエイトについて:拙ブログ(記事内のリンクも含めて)はアフィリエイトを使用している場合があります。御了承お願いします。


以上、ご了解のほど宜しくお願いします<(_ _)>

※この記事は随時修正UPされる可能性があります。

<改訂履歴>
・2009年4月14日 リンクと引用について追加
・2009年6月27日 アフィリエイトについて追加

テーマ:ブログの更新・変更について - ジャンル:ブログ

運営ネタ | 00:55:30 | Trackback(0) | Comments(0)
アジア大会を盛り○○る○○軍団!?
いまいち日本ではぱっと盛り上がらないアジア大会ですが

そんな中
またもやネタ話題を提供する
その国の名は
北朝鮮(正式名:朝鮮民主主義人民共和国)

今回はこんな軍団が盛り上げてくれます
産経新聞
朝日新聞




おっさん軍団ですか…_| ̄|○
なんかむさ苦しいですな…。
予算不足なのか、近所に出稼ぎに来ていた人が動員されたらしいですが…。

ワイドショー | 18:54:18 | Trackback(0) | Comments(0)
【風が吹けば】私はコレで生き延びました【○○儲かる】
実は、関西ローカルでは既に流れていたニュースだったのだが

先々月10月31日に約1ヶ月ぶりに六甲山で遭難していた男性が救助され、一命を取り留めたという事件があった。
その後の続報はなぜか関西でも流れず、ちょっと気にかかっていたのだが、おとといからその続報はなんと全国ニュースで流れたのであった。
理由は


続きを読む >>

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 17:26:32 | Trackback(1) | Comments(0)
『功名が辻』最終回だったわけですが
たぶん2007年の1月頃までは見られるはずの公式HPはこちら

年平均の視聴率は20。9%、これは、21世紀に作られた大河としては、あの大河史上最凶の駄作の呼び声高い『利家とまつ』に嗣ぐ高視聴率だそうです。
ということで、予定の決まっていない2009年以降はまた
 戦国時代が舞台のねつ造によるマイナー夫婦物語
がネタになる可能性は非常に高そうですねぇ_| ̄|○

ツレが大河好きなので今年もつき合って見たのですが、何ともしまりのないストーリー、という印象が否めません。最終回の一番最後、主人公・千代が反戦主義者と印象づけたいかのような三宅アナのナレーションはとってつけたかのように前後のシーンとかみ合わずちぐはぐでした。あれが今年の大河のすべてを表していたように思います。

『利家とまつ』の二番煎じを狙っていたと思われる、堀尾吉晴夫婦・中村一氏夫婦は結局ほとんど活躍のシーンがないまま、何をやりたいキャスティングか不明のまま終了。
原作では重要なキャラクターである女忍者・こりんはいつの間にか消えてしまい(演じていた長沢まさみのスケジュールが調整できなくなったのが理由なのだろうか)
一方、もう一人の重要なキャラクターである忍者・六平太は逆に役割が肥大化して本能寺の変の黒幕だったり、種崎浜で一領具足を皆殺しにした黒幕になってたり(;¬_¬)
そうそう、一領具足の扱い。ありゃただの山賊だろ(^^;)。何であんな風に描く…

それでも何となく『利まつ』よりマシに見えてしまったのは


続きを読む >>

テーマ:功名が辻 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ワイドショー | 17:12:05 | Trackback(0) | Comments(0)
【また】台湾人の名前、何で漢字で書かない?【TBSか】
12/9放映のTBS系「ブロードキャスター」。

問題だらけのTBS報道番組でも、この番組は特に問題が多すぎることはこちらとかこちらとか、もう自分でもgoogle検索かけないと分からないくらい(恥)幾度も取り上げているのだが
また今日もやってくれました。
本日は台湾の市長選挙の結果を今日のニュースで取り上げていたのだが
当選者の名前をカタカナで書いていた(○。○)
しかもそれがちゃんとした中国語発音なら「まだ韓国とか北朝鮮とかの例に倣っているのか」と無理矢理納得させられるのだが
単なる日本語の音読みだ_| ̄|○確かにカタカナで完全に中国語のピンインは書けませんがね

ちゃんと漢字で書いた方が正しい名前を認識させられると思われるのですが、この意味のないカタカナ書き、いったい何の意味があるんでしょうか?
あまりにも報道の態度としてひどいと思いましたので、メールで質問しようと思ったのですが専用の窓口すらないようです(-_-#)
参考こちら
最も、「回答は必ずするとは限りません」と明言してるから、確実に回答もらおうと思えば電話で突撃!…しか無いみたい。

わかってはいたけれど、ホントに去年楽天が買収失敗したのが残念でなりませんわ。


テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

日本の世界のマスゴミ様江 | 00:28:48 | Trackback(0) | Comments(0)
映画「ミリオンダラーベイビー」
公式HPはこちら

2004年に公開された映画だそうですが、
昨日、ようやく地上波で拝見しました。テレビ東京系列というのがなんだかな(^^;)でしたが。

上映当時のCMなどを見ていた限りでは「女性ボクサーの成功物語」という印象を持っていたのですが、「悲劇物だよ」という話も聞いており、どんな映画かと興味津々で見始めました
ネタばれになるので、詳細は伏せますが

続きを読む >>

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ワイドショー | 00:41:46 | Trackback(0) | Comments(0)
神戸とか大阪とかの裁判の追録
私の関連ブログは こちら こちら

神戸の中国残留孤児への保証で「画期的判決」(byマスコミ)を下した橋爪均判事については、うっかり調べるのを忘れてしまったのでちょっとネットで検索してみた。

すると上位でヒットするのがなぜか住基ネットネタ。
住基ネットは合憲という判決を下し、運動家からぼろくそに非難されている。こちら(社民党北上氏のサイト)とかこちら(「ワーカーズ」という労働運動(組合ではない)のサイト)とかこちら(市民オンブズ西宮。無防備条例を推進しているやはりアヤシゲな団体)
無防備条例の推進に関わっている人たちがいかにあやしいかについてはこちらの検索結果で(ログを追跡される可能性もあるのでキャッシュを見た方が無難です)

これらを陰謀論的な目でまとめてみると

橋詰氏は住基ネットの判決で大勢のサヨクな方から脅されて、今回バックにサヨクな方がいっぱい付いている中国残留孤児保証判決ではこういう結果を下さざるを得なかったんだ!!!

…という見方も出来るわけですね。はい。

<結論>
陰謀論では何でも勝手に都合良く解釈が出来る。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 17:55:53 | Trackback(0) | Comments(0)
【半島】悪意のある嘘は嫌いです。【名物】

理解できない日本

 4カ月ぶりに日本に帰ってきたが、相も変わらぬ反朝鮮、反総聯キャンペーン。

 ミサイル発射訓練に続き核実験を成功させた朝鮮はといえば、ヒステリックに騒ぐ日本ほど好戦的な雰囲気ではない。ましてや経済が疲弊し、市民の生活が極限状態というわけでもない。

 本格的な冬を迎える平壌をはじめとする各地では、この時期もっとも大切な暖房が十分とは言わないまでも保障されている。食糧に関しても、夏場に一部の地域で水害があったものの、全般的に作況はとてもよかった

 平壌市内では、子どもたちまで家族が総動員して行われた「キムジャン」も終わり、それぞれの職場では今年のキムチの出来栄えに関する話題でもちきりだ。とともに、年の瀬も迫り受け持った仕事を成功裏に終えようと、例年と変わらない雰囲気に包まれている。

 朝米間を基本に6者会談の再開が合意された。朝鮮ではこれを機に情勢が180度変わるという楽観的な観測はないものの、これ以上の情勢悪化はないという意見が大勢を占めている。

 6者会談参加国が朝鮮への経済制裁を強めているという日本での報道は、事実からはほど遠い、「ただひとり朝鮮への制裁を強化している日本の態度が理解できない」というのが平壌市民の声だ。

 今に始まったわけではないが、事実のわい曲も甚だしい日本の報道に慣れるまでには、しばらく時間がかかりそうだ。(松)

[朝鮮新報 2006.12.5]
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2006/01/0601j1205-00002.htm

※太字はこちらで強調
こそこそ削除されても証拠はこちらに→朝鮮新報20061205キャッシュ

私には北朝鮮の言い分の方が理解できません。
ついこの間まで援助!援助!と叫んでいたのに…援助なんか無くても十分暮らしていたんですね。確かに核爆弾作ってる国ですからそれくらいの余裕はあって当然ですよね(嘲笑)
つまり
これから援助とかする必要は全くいらないって事ですね!
こんな大うそつき野郎ばかりの国に援助する必要が無くなって助かりました。

最後に
>事実の歪曲
ふくふくと暮らしているという事実を報じずに援助ばかり叫んでいた朝鮮新報、おまえが言うな


テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 13:02:00 | Trackback(0) | Comments(0)
テンプレ変更のお知らせ
テンプレをクリスマス仕様に変更しました。

…去年はそうやって正月過ぎてもクリスマスのままだったような(^^;)

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

運営ネタ | 18:32:04 | Trackback(0) | Comments(0)
大阪高裁裁判官の自殺
12月3日(つまりおととい)、ある裁判官が自殺した
大阪高裁の竹中判事が首吊り自殺

この裁判官は、12月1日に「住民基本台帳ネット(いわゆる「住基ネット」)は憲法違反」という判決を下し、マスコミから「画期的判決を下した」と称賛を浴びていた人である。

なので、この自殺も、以下の例のように住基ネット違憲判決の絡みで自殺したかのように書いていたマスコミが多い。

大阪高裁判事が自殺か、住基ネット訴訟で違憲判決

 3日午前9時ごろ、兵庫県宝塚市山本台に住む大阪高裁判事、竹中省吾さん(64)が自宅書斎で首をつって死んでいるのを、妻(59)が見つけた。遺書などは見つかっていないが、宝塚署は自殺とみている。

 竹中さんは住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)を巡る訴訟の控訴審の裁判長として、先月30日に高裁レベルで初の違憲判断を示した。

 調べによると、竹中さんは自宅二階の書斎のパソコンラックに、ショルダーバッグのベルト部分をかけて首をつっていた。通報で救急隊員が駆けつけた際にはすでに死亡していた。1日は通常通り出勤し、2日夜に家族と食事をした際も変わった様子はなかったという。

 竹中さんは1970年判事補任官。広島家裁所長から2004年9月に大阪高裁部総括判事となった。神戸地裁の裁判長だった2000年1月、尼崎公害訴訟で国の責任を認める判決を言い渡した。

 小野憲一・大阪高裁事務局長の話 最近の職務状況や健康状態などに変わった様子はなかったと聞いており、大変驚いている。 (23:00)
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20061203AT5C0300N03122006.html

これを「自殺」じゃなく殺人だという陰謀論を書いているブログは既に何件も引っかかる。
http://consumer.seesaa.net/
http://igelblog.blog15.fc2.com/blog-entry-399.html

しかし、この竹中判事は上記の住基ネットや尼崎公害以外にも重要な裁判に関わっている。

旧朝銀近畿の保証「無効」 預金保険機構側が逆転勝訴
 00年破綻の朝銀近畿信用組合が、朝銀総合ファイナンスと共同開発の2社に、86億円余分の「債務保証」の履行を求められた訴訟 26日、大阪高裁竹中省吾裁判長)、「経営状態の悪化に苦慮する朝銀京都などの利益を犠牲にして、法的根拠もないのに、原告らの利益を図って行われたと推認され、公序良俗に反し、無効というべきだ」 一審判決を取り消し、請求を全面的に棄却(asahi.com)
http://kmzone.web.fc2.com/osakanews/onews2006/osaka2006_09.htm

ちなみに朝銀関連判決は今年の9月27日。

もし、マスコミの今回の報道が
「旧朝銀への返済命令と住基ネット違憲の判決を下した竹中氏が自殺か」
とか書いてあったら、反応は変わった物になっていたはず。

マスコミの書きようで、人間の考え方なんて簡単に操作できるというお話でした。
ガクガクブルブル(((((((;゚д゚)))))))


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 12:20:23 | Trackback(0) | Comments(0)
ベネズエラのチャベス大統領再選
ベネズエラでチャベス大統領再選

ま、数少ない南米関連ニュースとか見ていた雰囲気では、楽勝で再選ムードでしたから、驚きはしない。

しかし、このチャベス氏ってどうもわたしいけすかんのですよ(^^;)
「反米政治家」という点じゃなくて、国の指導者にふさわしい品位が全くないもん。
日本でもニュースになった一番大人げない行動は今年の国連での「(ブッシュ大統領は)悪魔」という発言をしたアレですね。

第一見た目が私の嫌いなピーマンヘッド政治家森喜朗そっくりだしヾ(^^;)

ところで、このチャベス氏が陰?でこんなとんでもない法案を通そうと目論んでいることは、余り日本じゃ報じられてないようだ。

ベネズエラ大統領選:チャベス大統領、投票前に早くも勝利宣言 長期政権に意欲

(前略)
 この日の会見で、チャベス大統領は貧困層を対象にした教育、医療の充実などの実績を強調。再選されたら、大統領の連続就任を無期限に認める憲法改正への検討に着手することを表明し、長期政権への意欲を示した。
(以下略)
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/america/archive/news/2006/12/01/20061201dde007030024000c.html

目指すは盟友・キューバカストロ議長の「死ぬまで国家元首」というのが見え見えじゃん。でもこの投票結果見てたらたぶんそうなるんでしょうけど。
でもこのやり口はチャベス氏が嫌っているはず?のヒトラーそっくりですね。

権力闘争

その後ヒトラー合法路線で徐々に党勢を成長させる。当時のドイツは第一次世界大戦の賠償金負担と世界恐慌による苦しい経済状況が続き、大量の失業者で街は溢れかえり社会情勢は不安の一途をたどっていた。その中でヴェルサイユ体制の打破を訴えアジテーターとしての才能を発揮したヒトラーは多数の支持を得て、党内左派(ナチス左派)最大の実力者グレゴール・シュトラッサーとの権力闘争に勝利(粛清)した。
(wikipediaより)


どんな「いい人」に見えても、権力に居続けたら腐敗するという当然の原理が、ベネズエラのみなさんにはわかってたらこんなの通るはずないわな


ちなみに上記『毎日新聞』の記事を見ると貧困層の支持の釣り餌背景になったのが「メルカル」というまあ、一種の配給制度のようですが、

 メルカルは貧困層への食料対策として04年にチャベス政権が始め、わずか2年で石油産業に次ぐ第2位の国営企業に成長。低価格は政府の補助金によって実現している。


これって利潤が出てないって事でしょ?というか、この仕組みじゃ永久に利潤なんて出ないじゃない。こんなところが国営「企業」っていえるのかどうか、無茶苦茶あやしいですが…石油の値段が崩れ始めたら、たちまち破たんしそうな制度ですね。

<追記>
一昨年までのベネズエラの様子はこちらのHPでよく紹介されています。
最初の前書きだけで圧倒されてしまいました。コロンビアのとんでもない話は知り合いから聞いたことがあるんですが、ベネズエラも大概ですね…。南米ってどこでもこんな調子なのかな。

続きを読む >>

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

国際問題(特亜以外) | 15:09:53 | Trackback(1) | Comments(0)
中国残留孤児に国は賠償金払えという判決in神戸地裁
中国残留孤児訴訟、国に賠償命令…神戸地裁判決

永住帰国した全国の中国残留孤児の約9割にのぼる約2200人が、「中国に置き去りにされ、帰国後も苦しい生活を強いられているのは国の責任」として、1高裁・15地裁で、国に1人あたり3300万円の国家賠償を求めた集団訴訟のうち、兵庫訴訟の判決が1日、神戸地裁であった。橋詰均裁判長は国の責任を認定し、原告65人(1人死亡)のうち61人に、1人あたり660万~2376万円、総額4億6860万円の賠償を命じた。中国残留邦人を巡る国賠訴訟で、国に賠償を命じたのは初めて。判決は国の孤児支援策の過ちを明確に認めており、他の集団訴訟に大きく影響しそうだ。国は控訴の方向で検討を始めた。

 橋詰裁判長は4人について、提訴時点で、損害発生からすでに20年が経過しており、賠償請求権が消滅する「除斥期間」を理由に請求を棄却した。

 橋詰裁判長は判決で、北朝鮮による拉致被害者への支援が帰国から5年間実施されていることを挙げ、「国は孤児の永住帰国から5年間、日本語の習得や職業訓練などの自立支援義務を負う」としたうえで、生活保護の支給期間が1年間とされるなど孤児への自立支援策は「極めて貧弱」と述べ、国の過失を指摘。この点で、61人に対し、1人当たり600万円の慰謝料などを認定した。

 さらに原告17人については、「入国の際に孤児を外国人として扱い、留守家族の身元保証を要求するなど、帰国を妨げる国の違法措置があった」と国の賠償責任を認め、除斥期間が経過した2人を除く15人に、帰国が遅れた1か月ごとに10万円の慰謝料を認めた。

 自立支援に向けた国の責任については、「いたずらに孤児の帰国を大幅に遅らせ、孤児の大半が永住帰国時、日本社会に適応するのが困難な高年齢になったのは、日中国交正常化以降も、孤児の救済責任を果たそうとしなかった国の無策と違法な帰国制限が積み重なった結果」と厳しく批判した。

 早期帰国支援義務については、「政治的責務はあったが、国家賠償責任を発生させる具体的な法的義務を認めるのは困難」と否定した。

 国が「戦争損害はすべての国民が等しく受忍すべきで、その補償は行政、立法の裁量に委ねられている」と主張した点については、「国の違法な職務行為によるもので、戦争損害ではない」と退けた。

 判決言い渡し後、橋詰裁判長は「裁判所は弁明せずというが、一言だけ」と前置きし、「判決内容に、いろいろ不服があると思うが、裁判所は理解している。本件は裁判による解決には大きな限界があると痛感しています」と述べた。

 一連の集団訴訟は2002年12月の東京地裁を手始めに、全国15地裁に起こされた。兵庫訴訟は04年3月以降、順次提訴された。
(以下関係者のコメントは省略)


関連ニュースはこちら

中国残留孤児の方が苦労されたのは理解できるんですが、
判決内容は妙だわねぇ。
特に北朝鮮拉致被害者への対策と比較されているところ。
暴力的に、それも向こうが不法侵入してさらっていった人に対する政策と、
「満州はいいとこ、一度はおいで」というキャンペーンに乗せられたとはいえ、自分の判断で行っている人とでは
一概に比較できんのでは。
最も残留孤児の人は当時は右も左もわからん子供ばっかりだったのでそこまで言うのは酷ですね。

しかし、いままで国に対してろくに交渉すらもできなかった中国残留孤児数千人が、いきなり集団で全国で組織だって行動するというのがなんか妙ではある。誰か指揮者がいるんじゃないか。
と気になったので



続きを読む >>

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 23:00:36 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。