現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【備忘録】参政権実現へ賛同候補を全面支援 地方参政権実現へ「衆院総選挙」に総力をあげて臨むことを確認、総選挙へ根回し着々 民主、公明とも「付与」強調
<民団>参政権実現へ賛同候補を全面支援
2008-11-27

17日の第45回関東地方協議会でも地方参政権実現へ「衆院総選挙」に総力をあげて臨むことを確認した
総選挙へ根回し着々
民主、公明とも「付与」強調

 与党内から年内衆院解散を否定する発言が相次ぎ、麻生太郎首相(自民党総裁)が来春以降の解散を示唆することにより年内解散・総選挙は遠のいたとされる。政権交代の可能性をはらんだ「政権選択選挙」とされる今度の総選挙を、永住外国人の地方参政権獲得に向けた天王山と位置づける民団は、付与に賛同する候補者を中央・地方・支部が連携して積極的に支援し、選挙後に召集される国会での地方参政権法案の早期提出・成立をめざしている。

 12日に開かれた民団中央権益擁護委員会の第11回地方参政権獲得専門委員会(柳時悦委員長)では、今度の総選挙が地方参政権実現の最大のヤマ場になることを再確認し、全団をあげての取り組みをあらためて強調するとともに、「付与賛同候補者への効果的支援」策を中心に論議した。

 これに先立ち鄭進中央本部団長は、10月のソウルでの「全国幹部研修会」で、総選挙を念頭に地方参政権の早期獲得に向け万全の態勢で臨むことを表明、参加者は「全力傾注」の決意を新たにしている。

 今月6日の第34回中国地方協議会(岡山県地方本部主管)に続き17日に開かれた第45回関東地方協議会(群馬県地方本部主管)でも、民団中央地方参政権推進委員長の呂健二副団長と徐元国際局長が地方参政権運動と衆院総選挙対策について報告し、総力をあげて取り組むことを確認した。

 永住外国人への地方参政権付与法案は、すでに連立与党の公明党から国会に提出されているが、衆院解散時には自動廃案となる。

 野党・民主党は「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」が「付与に関する提言」をまとめ(5月)、「地方参政権検討委員会」も「付与すべきだ」との検討結果を小沢一郎代表に答申(9月初め)。今度の総選挙用のマニュアルにも「付与」をうたっている。

 ちなみに、民主党は98年の結党時に策定した「基本政策」の中で「定住外国人の地方参政権などを早期に実現する」と明記しており、同年10月に「永住外国人に対する地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権等の付与に関する法律案」を公明党と共同提出。2000年7月には民主党単独で法案を再提出した。

 民主党は、昨年7月の参議院選挙の結果、参院第1党となっており、小沢代表は「(衆院)総選挙で民主党が多数を獲得したならば、『付与』公約を必ず実現する」と強調している。

 99年の自民党との連立に当たり「地方参政権付与」を「与党3党合意」に盛り込んでいる公明党は、今年に入り、民主党による「付与法案」の提出を歓迎すると表明。民主党案が出されれば、調整してでも「付与」を実現させると明言している。

 それだけに、今度の解散・総選挙は、民団、そして在日同胞、永住外国人にとり長年の懸案だった地方参政権を実現させるうえでの最大のヤマ場となる。

 民団では、この好機を逃すことなく、各党に積極的に働きかけ、候補者および解散時期が確定次第、付与賛同候補者に対する最大限の支援を行うことにしている。そのため現在、中央・地方・支部連携のもとに、商工会議所、婦人会など傘下団体と協力しての支援態勢づくりを推進中だ。

(2008.11.26 民団新聞)
http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=3200&corner=2

スポンサーサイト

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 23:47:00 | Trackback(0) | Comments(0)
【メモ】民主党は「特定アジア」にやさしい政党
2008/11/25
従軍慰安婦問題、解決に向けて決意を表明 円副代表

 円より子副代表、岡崎トミ子参院議員は25日昼、第9回日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議のため訪日中のメンバーと面談。被害者をはじめ、議員、支援者など、韓国、台湾、フィリピン、東チモール、インドネシア、米国、カナダからの総勢30名を超える方々から生の声を受け止め、問題解決に向けての強い意志を改めて表明した。

 円副代表は冒頭の挨拶で、昨年来、米国、オランダ、カナダ、EU、韓国の議会が、日本政府に慰安婦問題の解決を求める決議が採択されていることに加え、先月には、国連の自由権規約委員会において従軍慰安婦問題がとりあげられ、日本に対して公式の謝罪と被害者個人への法的補償措置を行うよう勧告があったことに言及。その意をともにし、これまで民主党として戦時性的強制被害者問題解決促進法案のとりまとめなど、同問題の解決にとりくんできた経緯を紹介した。そのうえで、本日、直接要望を聞くことができることに喜びと感謝の意を示し、解決に向けて一層の努力を約束した。

 法案とりまとめなどこれまで積極的に活動してきた岡崎議員は、各国からの訪問に謝意を述べ、メンバーの方々と意見を共有しているとして、未来の子ども、子孫のため、真の交友関係を築くため、被害者の方々への謝罪、法的補償の実現に向けて日本政府を動かしていきたいと、その決意を語った。

 面談では、円副代表、岡崎議員がメンバー一人ひとりと握手をし、会話を交わし、その思いを確認。韓国の郭議員、被害者を代表してフィリピンのレオノラ氏、中国の康健弁護士は、民主党の取り組みに対し感謝の言葉が述べる一方、従軍慰安婦問題のさらなる国家的理解が得られるよう、国会、国民、政府に対して広く働きかけるようにと強く求めた。従軍慰安婦問題は軍人個人の意思の問題ではなく、国家的犯罪であると指摘。その国家的責任の回避はさらなる被害の拡大にも繋がるとの危機感を示し、被害者が生存している今こそ解決すべきと要請、緊急性をもって問題解決に取り組み、地球に生きる同じ人間として人権尊重という概念を共有してほしいと切実に訴えた。

 これを受け、最後に円副代表は、広く国民に理解してもらえるよう取り組んでいくと強調。その責任を痛感しているとして、外からの要請ではなく日本の問題として、未来の子どもたちがアジアの国々と真の国際交流関係を築けるよう尽力するとした。
http://www.dpj.or.jp/news/?num=14594
円より子氏の性問題とりくみ関連のいろいろはこちらが現状ではよくまとまっているかと。
注目点は
2000年、戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案を福島瑞穂参議院議員らと共に提出。

掲示板炎上・ブログ閉鎖事件

* 2008年5月14日、「街中に氾濫している美少女アダルトアニメ雑誌やゲームは、小学生の少女をイメージしているものが多く、このようなゲームに誘われた青少年の多くは知らず知らずのうちに心を破壊され、人間性を失っており、既に幼い少女が連れ去られ殺害される事件が起きている」として、「美少女ゲームの販売を規制すべき」とする内容の請願の紹介議員に、下田敦子参議院議員とともになった(これはカスパルによる請願)。「美少女ゲームをプレイした人間は、その多くの者の精神が異常をきたす」という科学的根拠や、幼い少女の誘拐殺人との因果関係を示す根拠は示されてはいなかった(もっとも、円自身は、戦後一貫して青少年の殺人・強姦事件の件数が減少していることは事実として認めている[5])。

請願は日本国憲法第16条の請願権に基づいており、国会への請願は議員の紹介によってなされなければならないとされている[6]。円議員は自らのブログにて「誰でも請願を通じて国会に苦情を訴え、これが公の場で議論されるようにすれば、透明で開かれた政治が行われる」という考えを示していた[7]。

今回の請願内容とほぼ同一の請願書は以前ジュベネイル・ガイド、カスパル等の組織の請願によってなされていた(ジュベネイル・ガイドを参照のこと)

* 2008年5月23日参議院議員円より子Blog閉鎖。
* 2008年6月6日、公式掲示板が停止。

公式サイト『まどかより子ネット』内の掲示板[8]には、投稿者から数百件の批判的な意見が寄せられた[9]ものの、円より子議員からの返答が何らなされないまま経過。その後、同掲示板への意見が数千件以上[要出典]に達した時点で「アクセスが集中した」として、一時的に機能停止とされた。
あたりかな。カスパルと言うのはプロ市民団体(参照こちら)、ジュベネイル・ガイドというのは、当の問題になっているエロゲーム製作会社の雲隠れ団体の模様です 参照こちら
岡崎トミ子氏については筋金入りとして有名人の方のようなので省略。知らない人は今のところwikipediaがやはりまとまっている。「はてなキーワード」では「反保守派」と書かれているが、これは「反保守派」という言葉に対して失礼であろう。単に「中共・半島の太鼓持ち」というのがふさわしいかと。


普天間移設計画見直しを=民主・前原氏

 民主党前原誠司副代表は26日午後、都内で講演し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)への移設計画について「もう無理だ。米国で政権交代が起きる今、違った形で(同飛行場返還への)設計図を書き直すことが大事だ」と述べ、白紙に戻して再検討すべきだとの考えを示した。
 前原氏は、現行の移設計画に関し「これからやるにしても10年以上かかる。費用も莫大(ばくだい)だ」と指摘した上で、「代替基地なき普天間返還」を考えるべきだと主張した。また、「既存の施設を若干使えば、(移設)実現期間は短くなる」と述べた。
 一方、前原氏は、北朝鮮へのエネルギー支援について「拉致問題が仮に前進していなくても、日本は支援の輪に加わるべきだ」と述べ、拉致問題の進展を条件としている政府方針を見直すべきだと主張した。(了)
(2008/11/26-19:04)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008112600875
自分の奥様やお子さまがもし北朝鮮に拉致されていたとしても同じ台詞が言えますかな。ついに前原も化けの皮が外れましたか。



BC級戦犯に給付金 民主法案、朝鮮半島出身ら

 民主党は29日、太平洋戦争後にBC級戦犯として処罰された朝鮮半島、台湾出身者に給付金300万円を支給するための特別給付金支給法案を衆院に提出した。

 法案提出者の泉健太衆院議員によると、対象は朝鮮半島出身者148人、台湾出身者173人の合計321人。本人が刑死やその後死亡した場合は遺族が請求できる。

 朝鮮半島出身の元BC級戦犯をめぐっては、韓国政府が2006年、戦争被害者として認定したため、遺族が公の場に出られるようになり、日本政府に補償を求めている。ただ、韓国内では「対日協力者」と批判されることもあるため、泉氏は「請求者は半数ぐらいと予想される」としている。

 民主党は今後、各党に呼び掛け、法案成立を目指すとともに、必要であれば修正にも応じる構えだ。
2008/05/29 12:02 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200805/CN2008052901000286.html
日本のBC級戦犯に対しては何も無し?


続きを読む >>

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 23:26:10 | Trackback(1) | Comments(1)
【メモ】電車で幼虫ばらまく変態犯罪
芋虫嫌いの当方としては、市中引き回しの上獄門に処して欲しいぐらいです。…痴漢ですらないので軽い刑で済みそうですけど。
電車内に幼虫200匹バラまく 「驚く女性客見たかった」 35歳男を逮捕
2008.11.24 20:19

 走行中の京阪電鉄の特急電車内にミールワームと呼ばれる昆虫の幼虫約200匹をばらまいたとして、大阪府警枚方署と鉄道警察隊は24日、威力業務妨害の現行犯で兵庫県西宮市の会社員、水田学容疑者(35)を逮捕した。水田容疑者は「驚いた乗客の女性が足をばたつかせる姿を見たかった」と供述しているという。同電鉄では今月だけで同様の被害が他に18件あり、府警で余罪を追及する。

 調べでは、水田容疑者は同日午前10時ごろ、大阪府寝屋川市内を走行中の中之島発出町柳行き臨時特急電車の2階席で、座席の下にミールワームをばらまいたところ、警戒中の鉄警隊員らが確認、逮捕された。

 ミールワームは全長約2センチ。水田容疑者がもっていたリュックサックからは他にミールワーム約3600匹が入ったケース約10個が見つかっており、府警はこれらもばらまくつもりだったとみて調べている。

 ミールワームはゴミムシダマシ科の昆虫の幼虫の総称。小鳥など小動物のエサとしてペットショップなどで市販されている。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081124/crm0811242023020-n1.htm
こういう変態氏は、ほとぼりが冷めたころにまた再犯しそうですが。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 22:28:22 | Trackback(0) | Comments(0)
元厚生次官夫妻殺人事件・犯人自首?
22日の夜10時前頃ですか、TVで速報が入ってきたのは。
…もっとも、3連休初日の土曜日ではほとんどの放送局が番組切り替えなどの対応はできなかったようですが。
46歳男を銃刀法違反容疑で逮捕 2008年 11月 23日 04:19 JST

 元厚生次官ら連続殺傷事件で、警視庁は23日、銃刀法違反容疑で、「事務次官を殺した」と出頭したさいたま市の無職小泉毅容疑者(46)を逮捕した。警視庁は連続殺傷事件についても、容疑者とみて捜査する。逮捕容疑は、血の付いたナイフ1本を所持していた疑い。小泉容疑者は「自分のものに間違いない」と供述、警視庁はこのナイフが連続殺傷事件に使われたとみている。

【共同通信】
http://jp.reuters.com/article/kyodoNationalNews/idJP2008112301000003
他関連ニュース検索結果 こちら
速報で出た写真をパッと見た限りじゃ「暴力団構成員」「右翼団体構成員」かと思ったのですが、今のところの報道ではそうではないようです。

所持品の多くが状況と一致 車のナイフやスニーカー

 警視庁が銃刀法違反容疑で逮捕した小泉毅容疑者(46)が、出頭時に乗っていた車から見つかった血の付いた複数のナイフやスニーカー。元厚生次官ら連続殺傷事件の犯行状況と一致するものが多く、警察当局は小泉容疑者が認めている連続殺傷事件への関与を裏付けるとみて調べている。

 小泉容疑者は22日夜、警視庁に「事務次官を殺した」と出頭。調べに、さいたま市の山口剛彦さん(66)夫妻殺害と東京都中野区の吉原健二さん(76)の妻靖子さん(72)襲撃への関与を認めたという。

 車内にあったのはサバイバルナイフなど刃物8本、スニーカー数足。うち1足の靴底は、吉原さん宅周辺で採取された足跡とほぼ一致。逮捕容疑となった刃物は刃渡り約20センチで血が付着しており、一部内臓まで達していた山口さん、靖子さんの外傷と矛盾しない。

 また血の付いた手袋も見つかり、山口さん宅で犯人の指紋が残っていないことと符合。靖子さんは襲撃犯について「宅配業者を名乗り段ボール箱を持っていた」と証言、山口さん夫妻を殺害した犯人も宅配業者を装ったとの見方が強い。車には複数の段ボール箱が積まれており、事件の際に使用された可能性もある。
2008/11/23 17:20 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008112301000325.html
証拠物品がかなり一致しているとなれば、本当に自供通り実行犯の可能性は高いと思われます。

でも、この動機には「?」な人が多いのではないでしょうか。
【元厚生次官ら連続殺傷】「ペット殺され腹立った」、中野事件の足跡と所持のスニーカー一致 2008.11.23 11:57

 元厚生次官ら連続殺傷事件で、小泉毅(たけし)容疑者(46)=銃刀法違反容疑で逮捕=が警視庁の調べに対し、「飼っていたペットを保健所に殺されて腹が立った」などと連続殺傷事件の動機について供述していることが23日、分かった。警視庁では同日午後から小泉容疑者の取り調べを再開し、詳しい動機も含め連続殺傷事件の全容解明を進める。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081123/crm0811231201016-n1.htm
ちなみに産経では言及されてませんが、この「ペット事件」が起こったというのは約30年前(容疑者高校生のころ)、ペットを保健所に連れていったというのは容疑者の父親だそうです。
全然厚生省関係ないじゃん
あと、この容疑者の父親というのを見ていると、どうも思い出してしまうのが付属池田小学校殺人事件。たまにTVインタビューに答える容疑者父の「よそ様の出来事」的な口調に違和感を感じた人は多いと思われますが、今回の容疑者の父とよく似ているように感じられます。

あと、似ていると思ったのがオウム真理教の村井秀夫殺人事件。一見無関係の人物に無差別殺人ではなく狙いを定めて殺されるという点で似ているように感じられます。この犯人も結局よく分からないまま、実行犯だけが服役中なんですよね…。

まあ、今回自首した人は元からかなり変なひとではあったようですが
【元厚生次官ら連続殺傷】「小泉毅」近所でも有名な“クレーマー”
2008.11.23 01:33

「次官を殺した」と出頭した男が乗っていた軽乗用車=22日午後9時50分ごろ、警視庁「次官を殺した」と出頭した男が乗っていた軽乗用車=22日午後9時50分ごろ、警視庁

 警視庁に出頭してきた「小泉毅(つよし)」と名乗る男は、さいたま市北区の2階建てアパートの2階に住んでいた。

 同じアパートに住む定時高校に通う男性(20)は「丸刈りでヒゲをはやして目つきも悪く、感じが悪い人だった。郵便局の人などが訪れると、『払わない』とどなって追い返していた」と話す。

 男性によると、男は昼間でも家にいて仕事をしていないようだった。いつも原付きバイクで移動していたという。

 アパートの大家の男性は「男は平成10年8月31日に契約した。仕事はなかったようだ。家賃は月6万2000円だが、支払いは滞ったことはなかった」と話した。

 さらに大家によると、男はアパート近くで住宅建設があった際、建築会社の社長宅を突き止め、文句を言いに行ったという。さらに、夜は寝ないで部屋を動き回るなどしていたという。しかし、階下の住人はこわくて文句が言えず、転居したという。

 近所の男性は「4、5年前、『建築工事がうるさい』『ふざけるな』との罵声(ばせい)が聞こえた」と話し、日頃から挙動不審で近所でも有名なクレーマーだったという。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081123/crm0811230137007-n1.htm
それでも30年前の話をネタに、どう見ても無関係な人を、しかも住所とかしっかり調べて計画的に殺しているのは、いくら変人のすることとしても不可解なような。
…やっぱり誰かが裏で…という陰謀論に傾いてしまうんですけどねぇ。

おまけ
「今から自首」と書き込み=あだ討ちと説明、小泉容疑者か-テレビ局HP

 「今から自首する」「34年前のあだ討ち」。小泉毅容疑者(46)が警視庁に出頭する約2時間前の22日午後7時すぎ、TBSのホームページに本人からとみられる書き込みが寄せられていたことが23日、分かった。
 TBSによると、書き込みは番組へ意見を寄せたり問い合わせたりするフォームで22日午後7時9分に送信された。差出人の氏名、問い合わせる番組名、件名を書く欄には、いずれも「元厚生次官宅襲撃事件」と記されていた。住所や年齢、メールアドレスは空欄だった。
 「逃げる気はない。今から自首する」とした上で、「34年前、保健所に家族を殺されたあだ討ちである」と書き込んでいた。
 元次官宅襲撃事件の犯人については右利きではないかとの報道があったが、「自分は左利きである」としていた。(2008/11/23-16:23)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2008112300178
またTBS
何でTBSなのか

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 00:25:32 | Trackback(2) | Comments(0)
【またまた】「篤姫の道中日記」はそうじゃなかったというオチ【マスゴミが(略)】
くわしくはこちらのブログでどうぞ。
このブログ主の方は心が広い方なので社名は伏せておられるが、普通ならこんな虚偽報道をしたら社名晒し揚げられて無茶苦茶言われても当然のところですな。
これを報じたある新聞夕刊を読み直す(本年9月27日付)。

 「篤姫が徳川十三代将軍家定の正室となるために薩摩から江戸に向かった道中や、薩摩藩の姫たちの動静を詳細に記述した藩士の日記」。

 「薩摩と江戸との間の道中日記には、篤姫が、生家の今和泉家から薩摩鶴丸城に入り、江戸に出立した時期や様子、神社など立ち寄り先、日々の天気まで詳細に記されていた」。

 たしかに書いてある。報道が誤っていたのである。ショックであった。


気になって検索してみたが、高視聴率大河便乗ネタであるにもかかわらず、この記事を取り上げたブログやHPを見つけることが出来なかった。

つか
素人さんみんな思いっきりだまされてるしヽ(`Д´)ノ どうするのよ
2008年11月14日
篤姫お供の道中日記が!!
本日と明日、14.15日に、東京の古書会館で、篤姫お供の道中日記が生で見ることができる。

私は、本日行ってきた。

こちらはオークションに出品されているのだ。

なんといっても、直に手で触れることができたので、驚いた。

今日、明日は一般の人も見ることができるが、その後、古書店がオークションをするのである。

一般の人が欲しい品があれば、古書店に注文するのである。

篤姫一行の道中日記は、薩摩藩士・仙波市左衛門が書いた日記である。市左衛門の妹は、篤姫と共に大奥入りしている。
篤姫が生家を出、鶴丸城から京都に寄り、江戸に行く道中、輿入れ後、家定亡き後、生麦事件の頃の記録もあるという。
http://busguidemiko.seesaa.net/article/109666610.html
ニュースで『篤姫輿入れ道中日記』が見つかり、東京古書会館で展示されているという。
疎開中にそんな古書に出会うのも何かの縁。展示は14・15両日のみ、とのことで、久しぶりに神田古書店街へ。
(中略)
勝海舟の原稿、家康の朱印状、
どれも興味あるけれど、今日のところは『篤姫』
あった!薩摩潘士、島津斉彬の側役を勤めた仙波市左衛門の日記。輿入れ道中に警護としてつきそう。その行列の中には妹が篤姫のお付きに、娘も大奥に入り、幕末後も天璋院の側を去らなかったという。

『身は徳川』の者として、開城の前夜まで大奥からでるのを拒否した天璋院。
薩摩から共をした幾人もの薩摩の娘たち。
天璋院の一族郎党のなかには…
どこまでの覚悟と、言葉にならない想いがあったことか。
http://blogs.yahoo.co.jp/min07281955/45209441.html

ところが、肝心の出品者の方は巧妙というか、うまいことごまかしているというか…嘘は付いてないのですよ。
1328 天璋院篤姫 御付女中実兄仙波市左衛門日記
嘉永三年―文久二年他 江戸~薩摩往復道中日記他 カラー写真版一三頁掲載
八冊
http://www.kosho.ne.jp/~kotenkai/tokusen/mok015.html
パッと見ただけでは「篤姫道中日記」と見えてしまうが、
ちゃんと読めば「篤姫のお付き女中の兄だった人が江戸と薩摩を行き来したときの記録帳」
で、篤姫とは全然関係ないことが分かります。

上記の素人さん達のブログによると、この本目当てにオークションはえらい大騒ぎだった模様。
本当にお騒がせなことで。

テーマ:篤姫 - ジャンル:テレビ・ラジオ

おたく拝見! | 23:20:57 | Trackback(0) | Comments(2)
【メモ】元厚生事務次官+家族が連続殺傷 テロ事件か?
元厚生次官夫妻か、2人死亡=玄関先、胸や腹から血-殺人事件で捜査・埼玉県警

 18日午前10時15分ごろ、さいたま市南区別所の元厚生事務次官山口剛彦さん(66)宅玄関で、60歳代ぐらいの男女が胸などから血を流して倒れているのが見つかった。死亡したのは山口さん夫妻とみられ、埼玉県警は殺人の可能性もあるとみて捜査している。
 調べによると、死亡した男女は胸や腹から血を流し、あおむけに倒れていた。男性が玄関から奥、女性は手前側にいた。刃物などは見つかっておらず、物色した形跡も不明という。2人は普段着姿だった。(2008/11/18-14:01)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200811/2008111800348&rel=j&g=soc
都内でも元次官妻刺される=重傷、自宅に刃物男-厚生官僚狙い連続テロか・警視庁

 東京都中野区にある元厚生事務次官で厚生年金事業振興団顧問の吉原健二さん(76)宅で18日夜、妻靖子さん(72)が男に刺され、重傷を負った。男は逃走した。同日午前、さいたま市で起きた男女殺害事件の被害者も元同次官山口剛彦さん(66)夫妻と確認された。
 吉原、山口さんは基礎年金導入にかかわっている上、玄関で襲う手口が似ているため、警視庁などは連続テロの可能性があるとみて捜査。警察庁は全国の警察本部に厚生行政経験者らへの警戒を指示した。
 警視庁捜査1課は殺人未遂事件として、野方署に捜査本部を設置した。
 調べによると、同日午後6時半ごろ、同区上鷺宮にある自宅で、靖子さんが玄関ドアを開けたところ、宅配便を装った男に突然、胸部や腹部など数カ所を刃物で刺された。靖子さんは搬送の際、救急隊員に話せたが、病院で手術を受けた。
 男子専門学校生(27)が徒歩で帰宅途中、女性の悲鳴を聞き、現場方向に向かって靖子さんを発見。「路上で人が倒れている」と119番した。
 靖子さんは自宅から数メートル離れた路上で倒れていた。凶器は見つかっておらず、自宅に物色された形跡はなかった。
 吉原さん宅は夫妻と40代の長男の3人暮らし。靖子さんは一人で家にいた。
 男は身長約160センチで普通の体格。30歳ぐらいで、野球帽をかぶっていた。
 現場は西武池袋線富士見台駅から南へ約500メートルの閑静な住宅街。
 政府高官によると、吉原さんの妻は「主人が狙われているかもしれない」と話したという。(2008/11/19-01:40)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008111800918&j1
経団連会長・奥田氏のこの発言
トヨタ・奥田氏「厚労省たたき異常」 ワイドショー報道など批判

 「スポンサーをやめようかなとも思う」。政府の「厚生労働行政の在り方に関する懇談会」の座長を務める奥田碩トヨタ自動車取締役相談役が12日の会合で、ワイドショーなどの番組での過度な厚生労働省たたきに不快感をあらわにした。

 奥田氏は「テレビが朝から晩まで年金や厚労省の問題をあれだけ毎日やるのはちょっと異常な話。正直言ってマスコミに報復してやろうかな」と発言。「ああいう番組のスポンサーは大きな会社じゃない。パチンコ屋とかサウナとかうどん屋とか」とまくし立てた。

 関係者は「マスコミ公開の会議であることを忘れていたのでは」と奥田氏をかばったが、経済界の大御所の発言だけに波紋を呼ぶ可能性もある。(23:06)
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20081112AT3S1201T12112008.html 他関連ニュース検索結果こちら は慧眼だったことが証明されたわけですな。
奥田氏の懸念通り?マスゴミの庶民の皆様への教育効果はしっかり発揮されてます↓
3:2008年11月18日 23時35分 6,927点
年金で国民をごまかした末に退官後は天下り。
国民の年金、税金を吸い続けた寄生虫のみなさん、不安を感じるなら自分の立場を顧みて反省してください。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081118-00000186-jij-soci
…日本人も遂に特亜並にレベルが落ちたか…_| ̄|○

まあ、素人目から見ても同一犯による厚生労働省を恨みに思って狙った事件であるのは明らかでしょうね。
この元次官2人は近年問題になっている年金関連に深く関わった人物で、特に吉原氏に関しては問題人物であったと糾弾している人もいるようです。
現役世代の50%確保は、まやかし。まだいるぞ、8億円の報酬。

 政府の年金法案は、現役世代の59.4%の水準を50%まで引き下げる。約10%引き下げでも相当な減収となるが、これは、標準的な厚生年金の世帯の話。40年間会社員で妻は40年間専業主婦というレアケースなのだ。共働き世帯や単身世帯では、30%から40%台まで引き下げられる。

 しかも、50%を維持するための前提条件は、出生率が1.39(02年は、1.32)に回復する。09年度以降、1人あたりの名目賃金が2.1%伸び、年金積立金の利回りは、3.2%だ。これでは、本州四国連絡橋や東京湾アクアラインの当初交通量見通しの二の舞にならないか。前提条件が崩れれば、支給がさらに減らされることになる。
 年金制度の崩壊の危機をつくった政治家と年金官僚。
 8億円もの報酬を得ていた年金官僚でまだいるぞ。
 元厚生省事務次官の山下真臣と吉原健二氏だ。以下経歴と報酬を紹介する。

山下真臣(76歳)国民年金協会理事長
   1950年 4月 旧厚生省入省
     82年 8月 厚生省事務次官
     84年 8月 退職
   1985年 4月 環境衛生金融公庫理事長
   1992年10月 (社)全国社会保険協会連合会理事長
   1995年10月 (社)国民年金協会理事長

   厚生省での報酬・合計 4億7135万円
      給与 3億8612万円
      退職金  8523万円
   環境衛生金融公庫理事長の報酬・合計 2億0829万円
      給与 1億7702万円
      退職金  3127万円
   全国社会保険協会連合会理事長の報酬・合計 7425万円
      給与 6310万円
      退職金1115万円
   国民年金協会理事長の報酬・合計 4900万円

   総合計 8億0289万円

吉原健二(72歳)厚生年金事業振興団理事長
   1955年 4月 旧厚生省入省
     88年 6月 厚生省事務次官
     90年 6月 退職
   1990年11月 厚生年金基金連合会理事長
   1999年12月 (財)厚生年金事業振興団理事長

   厚生省での報酬・合計 4億8919万円
      給与 4億0331万円
      退職金  8588万円
   厚生年金基金連合会理事長の報酬・合計 2億0419万円
      給与 1億7353万円
      退職金  3066万円
   (財)厚生年金事業振興団理事長の報酬・合計 9900万円
      給与 8414万円
      退職金1486万円

   総合計 7億9238万円

※2003年3月時点での推計        

(堤和馬・JanJan特別取材班)

     ◇

堤和馬:元特殊法人労連事務局長/ジャ-ナリスト
http://www.news.janjan.jp/special/0403/0403011541/1.php
ちなみに「堤和馬」は日本共産党に近い人物のようです。
2008年4月18日、佐々木憲昭議員は、特殊法人労連で、堤和馬氏と懇談をしました。
http://www.sasaki-kensho.jp/kokkai/080418-200001.html
かつて所属していた特殊法人労連の公式HPはこちら「ある意味」で特殊法人の利益を代表している人物とも言える(苦笑)また、特殊法人労連と深いつながりがあると思われる全労連自体が日本共産党に近く、また自治労などと同様公務員の利益代表団体らしい。参考こちら(wikipedia)
但し、当の自治労自体は近年民主党にすり寄っているのは当ブログでも何回か取り上げたとおり。関連 

さて、いくら元厚生労働省幹部とはいえ、自宅の住所まで知っている人物となると限られるので犯人はそういう情報に詳しい人になるのでしょう。
それにしても事件の起こった昨日って麻生首相と小沢民主党代表の会談があったのですが、吹っ飛びましたな。
年金関連の元厚生次官、それを糾弾するジャーナリスト、そのジャーナリストの元所属団体と民主党…なんかいろいろ考えてしまいますが。捜査中で一般に出ている情報も乏しいようなのでこれにて。

<おまけ>
民主党で年金といえば、この方!さあ、今回の事件をどう思っているのか?
ミスター年金長妻氏「絶対に許されない」

 国会内で19日開かれた衆院厚生労働委員会に出席した与野党議員は、元厚生事務次官ら連続殺傷事件について「絶対に許されない」と、一様に険しい表情で質疑に臨んだ。厚生行政に絡む「連続テロ」との見方も強まる中、事件への怒りが噴出した。

 「卑劣な犯罪。一刻も早く解決してほしい」と語気を強めたのは民主党の「ミスター年金」として年金記録不備問題を厳しく追及してきた長妻昭氏。犯行と年金問題との関連については「犯人を逮捕して動機を解明しなければ事実は分からない」と話した。

 社民党の阿部知子氏は「元事務次官を調べ上げて狙った犯行だ」と指摘。自民党の西川京子氏は「政治家へのテロはかつて日本でもあったが、行政官を狙った犯行は初めてではないか。全く許し難い」と憤っていた。(共同)

 [2008年11月19日10時48分]
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20081119-431178.html
無難すぎてつまらん…いや、政治家としては穏当な回答ですね(棒読み)でも最後の
犯行と年金問題との関連については「犯人を逮捕して動機を解明しなければ事実は分からない」と話した。
と言う所、びみょーに自分に非難が集まるのを察知して回避しようとしているような気もする。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 18:11:09 | Trackback(0) | Comments(0)
【メモ】民主党・鳩山幹事長夫妻と田母守元空幕長の会食写真、TBSが意図的加工
TBSがここまで民主党をかばい立てするとはね。
これは「マスコミは民主党偏向傾向がある」と言われても仕方ないでしょ。
これを
APA鳩山由起夫夫妻+田母守
http://image.blog.livedoor.jp/takashikitaoka/imgs/e/8/e857b8c2.jpg

TBSフィルターを通すとこうなる
APA鳩山由起夫夫妻+田母守TBSNews
http://stat.ameba.jp/user_images/05/2d/10109954410.jpg
APA鳩山由起夫夫妻+田母守TBSNews23
http://stat001.ameba.jp/user_images/22/d6/10109954412.jpg

拙ブログ関連記事 鳩山幹事長夫妻、あの田母守氏と○○○でご会食

テーマ:TBS - ジャンル:テレビ・ラジオ

国際時事・特亜本部 | 23:41:57 | Trackback(0) | Comments(0)
亀井静香の「弱い者の味方」の 振 り はもう飽きた
首相宅デモの若者逮捕 亀井氏「権力は自制を」
2008年11月13日22時35分

 「麻生首相の自宅を見に行こう」とインターネットで呼びかけ、東京・渋谷に集まった若者が公務執行妨害などの疑いで現行犯逮捕された事件で、処分保留で釈放された2人を招いた集会が13日に国会で開かれ、逮捕現場を撮影した動画を上映した。世話人として国民新党の亀井静香代表代行、新党大地の鈴木宗男代表らが出席した。

 現場にいた参加者が撮影した動画には、「貧困を作り出した責任を」というプラカードを掲げて歩く若者の前に私服警官らしき男性が立ち、若者が男性の肩に手を置いた瞬間に「よし! こうぼう(公務執行妨害)だ!」と叫んで警官らが取り囲んだ様子が映っていた。元警察官僚の亀井氏は「何で逮捕してるのか。現場が暴動化するとは思えない。警視総監に電話して『権力を持つものは自制しないと都民から支持されない』としかり飛ばした。権力は怖い。一歩間違えばこういうことになっていく」と語った。

一見もっともそうなことを言ってますけどね、亀井静香
「若者の人気」が欲しいんでしょうね、亀井静香
そんなに「弱い者の味方」を演じたいですか、亀井静香
今を去ること10年前、鹿児島県出水市で大水害があったときにこんな事言われていたようですよね
私も憶えてますよ。
2008年09月12日
災害現場と政治家のパフォーマンス

(08年8月号掲載)

岩手・宮城内陸地震や中国・四川大地震。今年は大災害のニュースが多い。これまで多くの災害を取材してきたが、豪雨や台風の季節がやってくると、ある現場で出会った大物政治家のことを思い出す。

1997年7月10日未明。「鹿児島で土石流が発生、行方不明者多数」。筆者を含む記者とカメラマンでタクシーに飛び乗り、福岡市から出水市を目指して高速道路を南下した。

現場は惨憺たる状況だった。ごっそりと削り取られた山肌、赤茶色の土砂に押し流された家屋や木々。泥水が覆った道路を、側溝に何度も落ちながら歩いた。

次第に明らかになる被害状況。無線や公衆電話で記事を送り込む。だが情報は少なく、行方不明者の救出も思うように進まない。関係者やマスコミにイライラが募り始めていた。



その時、黒塗りの高級車が現れた。作業服姿の男が、SPに囲まれながら現場に降り立つ。建設大臣。災害状況の視察に訪れたのだ。

大臣が動くと、東京から来たマスコミ―いわゆる番記者など―もぞろぞろとついて歩く。テレビでは目にした光景だが、大物政治家の被災地視察を現場で見るのは初めての経験だった。「何様だよ、あいつら」。泥まみれになった地元マスコミ記者が、こう吐き捨てた。



陽が落ち始めた夕刻。記者や関係者を集めて大臣が会見を行った。多くのテレビカメラが大臣に向けられている。「今日の救出作業はいったん打ち切る」。その時、人ごみの中からある男性が声を上げた。「不明者はまだ大勢いる。何とか続けられないか」。

突然、大臣が大声でこの男性を怒鳴りつけた。「何を言っとるのか、貴様!みんな死に物狂いでやっとるんだ、これ以上、関係者を危険にさらせと言うのか!」。

気でも触れたかと一瞬思った。記者に混じってはいるが、明らかに地元住民だ。「あと少しだけ…」。懇願する被災者を罵倒する大臣。テレビカメラの列はこの光景をじっと捉えている。

会見の後、大臣は隅の方で男性に平謝りに謝っていた。記者の発言と勘違いしたのだという。



今は大臣の行為をこう理解している。カメラの前であえて記者を怒鳴りつけることで、陣頭指揮に立つ自分を演出しようとしたのだ―と。実際この時の様子は、大臣の強面ぶりを示す絶好の資料映像として時々使用されている。ただ相手は、実は記者ではなかったのだが。

筆者にとって出水市での災害取材は、政治家のパフォーマンスと演出、それを報じるマスコミの役割について考えをめぐらせるきっかけともなった出来事だった。

なお、この建設大臣とは現国民新党代表代行、亀井静香氏である。
http://www.fk-shinbun.co.jp/002/post_393.html

ところで、亀井静香氏が「弱い者の味方」を演じたのは今回だけじゃなかったのでした。
運輸大臣当時の1994年、日本航空が計画していた客室乗務員の契約制客室乗務員としての採用に対して、「乗客の安全を守るべき客室乗務員に極端に異なる2つの雇用体系が存在すると、士気の低下に繋がり安全上好ましくない」と格差解消や安全面から強硬に反対し白紙撤回を迫った。 許認可権を盾にとった上、規制緩和に逆行するとしてマスコミにも取り上げられ、日本航空のシンボルマークである鶴との対比から「鶴亀戦争」などと呼ばれた。労働組合の意見をそのまま受けたとも言われるような意見は、前年自民党が野党転落のおり、亀井が空港の特別待合室を利用しようとしたところ日本航空側に拒否され、その報復とも囁かれた[要出典]。また、日本航空の社内では、その裏に何らかの利権があるのではないかと言われたりもした。結果的に、「子会社が客室乗務員を採用し親会社に出向させる」、「正社員には移行させない」といった当初案から、「数年間の有期限雇用の契約社員後、正社員へ移行」に変更され導入された(詳しくは、契約制客室乗務員を参照のこと)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%80%E4%BA%95%E9%9D%99%E9%A6%99#.E9.9B.87.E7.94.A8.E6.94.BF.E7.AD.96
このことを評論家の樋口恵子氏は激賞していたが(雑誌で見たが、ソース失念)、このことをきっかけに亀井静香氏はJALからいろいろ利益供与を受ける道を作ったという指摘もありますが
匿名氏 こんなことは昔からよくある事です。反社会勢力の上前をはねるごとき行動は、今でもあちこちでよく耳にする、実際にある話です。その一つが九八年に起きた利益供与事件です。これは政治家亀井静香(当時運輸大臣)と航空会社との確執から起きた事件だといわれています。亀井静香が、言う事を聞かなければ、契約社員の事は認めないとマスコミを使って煽り立てた。
 これに航空会社は慌てた。当時日本航空は頑として亀井静香の話を受け入れようとしなかった。亀井静香は元警察上がり、また国家公安委員長もやった経歴の持ち主である。警察(自分の息のかかった)を使って、日本航空の利益供与事件を暴露させる。ある段階で亀井静香が介入し、佐藤取締役他三名の処分という形で集結させる。これで、日本航空は亀井静香の思いのままになったといわれている。

渡邉 関西空港で日本航空の警備をしている警備会社「ジャパン・セキュリティ・サポート」という新しい会社が取り引き業者として入った。その会社の役員には、亀井静香夫人と亀井の友人が名を連ねている。何等実績のない企業が指定業者になることは、通常では考えられない。何故それができたか。これも兼子社長はじめ、他の役員に対し、亀井静香が力で捩じ伏せたことは明らかである。彼らこそ(警察・亀井静香)が、業務監理部に行くべき「反社会的勢力」なのではないか。
http://www.watanabeyukio.com/inter_folder/016inter.html

ところで
朝日新聞さん、上の記事にはこの人物が同席しているのを敢えて伏せたんですか?
 同シンポジウムでは、元警察官僚である国民新党代表代行・亀井静香議員と新党大地代表鈴木宗男議員、作家の雨宮処凛氏が世話人となって、
http://www.cyzo.com/2008/11/post_1192.html
まあ、亀井静香、ムネヲ、そしてとどめにぁゃιぃコスプレイヤー・雨宮処凛まで入っているとなると、胡散臭さ倍増ですもんね。(-@∀@)的には余り欲しくない絵なわけで(爆)


テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 23:10:01 | Trackback(0) | Comments(0)
【備忘録】どーなるオバマアメリカ【当たるも八卦】
ここは時間が来ると続きが読めなくなったりするので、今の間にコピペしておこう。
世界は米国に「変化」を求めている オバマ政権の経済政策3つのシナリオ
ダイヤモンド・オンライン2008年11月10日(月)09:15

“オバマ次期大統領の米国”はどこに向かうのか。村上龍氏が主宰するメルマガJMMのレギュラー執筆者で、最近、『民主党のアメリカ 共和党のアメリカ』(日本経済新聞出版社)を著した米国在住の作家、冷泉彰彦氏は、3つのシナリオを提示する。

──バラク・オバマ大統領で、米国はどうなると予想されますか。

 オバマ氏には、彼自身が提唱してきた通り、“変化”が期待されています。しかも、なるべく早い時期において。なぜなら、米国の経済状態は、一般に予想されている以上に深刻だからです。

 それを示す経済指標が今後、続々と出てきます。ある瞬間、社会の空気は悲観に振れるでしょう。だから、市場は、オバマ氏が正式に大統領に就任する来年1月 20日まで待ってくれない。オバマ氏は今すぐ、経済立て直しの政策を示さなければならない。そして、それはブッシュ政権の継承ではダメで、新しい劇的な何かを打ち出す必要があります。オバマ氏も、そう認識していると思います。

──具体的には、どのようなことが考えられますか?

 3つのシナリオが考えられます。1つは、従来とは違った面から経済を刺激するというもので、環境規制による刺激策が考えられます。脱石油のエネルギー革命を狙うものです。

 まず、思い切った規制が打ち出されます。「何年までにこの数値をクリアしなければいけない」という厳しいCO2(二酸化炭素)排出規制や排ガス規制などです。規制対応に向けて技術革新が起きたり、新興企業や新ビジネスが生まれたりして、経済が活性化する効果があります。規制に対応できない企業には、巨額の補助金を出してサポートすることも考えられます。

 イメージとしては、クリントン政権の時に、ゴア副大統領が提唱した「情報ハイウェイ」構想のようなものです。最初はピンと来なかったが、インターネットとして具現化するにつれ、新しいビジネスが隆盛してきました。クリントン政権8年間が終わる2000年まで、一種のバブルとなって、好景気を演出した。

 同様のことを環境ビジネスで行ない、うまく行けば、金融業も立ち直るでしょう。今回の経営危機の元凶は金融ビジネスだから、関係者は今でこそ低姿勢にあるが、直にまた、盛り返してきます。生き残ったウォール街の連中が、金融工学と環境を結びつけた新たな金融ビジネスを始めるのではないかと見ています。

もう1つのシナリオは、オバマ氏の支持母体の左派勢力や貧困層の要求をうまくコントロールできなくて、ボロボロになってしまうケースです。彼らは、オバマ氏が公約した公的医療保険制度の確立をすぐにでもやれと要求する一方で、金融機関への公的資金注入などには抵抗を示す。こうしたことをそのまま新政権が受け入れたら、大混乱に陥ります。支持母体の顔色を見て動くようだと、政策がすべて後手、後手に回ってしまい、株式市場は大暴落です。

 そうなると、オバマ氏は大衆迎合のポピュリズム政治に向かうでしょう。バラマキ政治で、経済はインフレになり、ドルは暴落するが、国内的には、民衆のヒーローになっていくケースです。

 これは、国際的には最悪のシナリオ。こうした傾向が見られたら、日本は、どこかで米国を見切らないといけない。この場合は、欧州、特に英国との関係を深めるといったことを考えないといけない。米国とはできないヒソヒソ話を英国とする、というくらいの関係構築が必要になるかもしれません。

 3つ目のシナリオは、この中間。絶望的ではないけど、経済回復までには相当の時間がかかるというものです。日本にとっては、これが一番きついかもしれません。環境ビジネスのような新しい産業が勃興する兆しはない。ドルは基軸通貨から降りるわけではないが、ジリ貧が続く。この場合、突破口として考えられそうなのが戦争です。軍事力によって、米国やドルの信認を確保するという方法です。

 イラクやアフガニスタンではなく、オバマ氏自身の新たな戦争。どこかと言えば、その時の国際情勢によりますが、例えばミャンマーで軍事政権がさらなる人権抑圧行為を行なえば軍事介入する口実はできます。タイの可能性もあります。国内混乱が大きくなるような情勢になれば、介入するかもしれません。万が一パキスタンでイスラム原理主義の政権が樹立されたりすると、何らかの介入もありえます。

──どのシナリオも、劇的な変化ですね。

 荒唐無稽に聞こえるかもしれませんが、なぜ、こういうシナリオがあり得るかと言えば、オバマ氏が史上初の黒人大統領だからです。歴代の大統領以上の功績を残して、再選を果たし、「白人でなくても、きちんと任務がまっとうできることを証明しなければいけない」という強い使命感が彼にはあると私は思うのです。

 大胆な環境志向でも、国内でのカリスマ政治でも、新たな戦争でも、何でもいいから、とにかく歴史に残る政治を行ない、2期8年をまっとうしたいという気持ちが強いはずです。

──この難局を乗り越える資質が、彼にはあると思いますか。

 あると思います。オバマ氏は非常にきれいな言葉で理想を語り、クリーンなイメージを打ち出す一方で、陰謀画策もできる戦略家です。“老人キラー” とも言われています。聞き上手で、1対1で相手を魅了し、落としていく。度胸もある。先手、先手で攻め、勝負強い。政治的能力は、歴代の大統領と比べて、高いほうでしょう。いろいろなことを成し遂げたいという野心家でもあります。だが、だからと言って、成功するかどうかはわからない。

 ただし、現在の経済状況は、何もしないと、ますます酷くなるばかりです。その意味で、時代が彼を選んだと言えるかもしれない。

──冷泉さんのご著書にもありますが、日本の政治家は米国の民主党政権を苦手として来た感があります。8年ぶりの民主党政権で、日本は、また苦しめられそうですか。

 オバマ政権は、これまでの民主党政権とはかなり違います。良い面で言えば、支持層が若く、日本に対しては“クール・ジャパン”と良い印象をもっている人が多い。また、オバマ氏は従来のキリスト教的二元論ではなく、多元論者。現実的な最適解をまっしぐらに求める人です。その意味でも、今日の日本の若者に近い価値観をもっていると思います。真剣に対応すれば、やりやすい相手です。

 注意すべきは、判断が早いこと。すぐにYes・Noの回答を求めてきます。その時に、躊躇していたら、途端に冷たくなると思われます。だから、環境規制などの大胆な提案があったら、とにかく相手の懐に飛び込んで、ストレートに交渉する度量が日本の政治家に求められます。

──日本に対しては、米国産牛肉の輸入規制緩和などの要求が強まるのではないですか?

 それはあるかもしれません。しかし、米国国内のBSE検査基準はあまりに緩い。日本側から、もう少し精度が高く、なおかつ現時的な検査方法を提案してみてはどうか、と思います。そうすれば、米国内での安全性も高まり、米国国民にとってプラスで、輸出面でも有利になるでしょう。

 同じように彼我の差が大きいのが、遺伝子組み換え穀物への規制です。米国では抵抗なく人の食料になっている。BSEでも遺伝子組み換え穀物でも、日本と欧州は慎重で、規制が厳しい。ですから、この点は欧州と協調して、米国を巻き込み、三者で適切な規制基準を決めていくべきではないでしょうか。

──米国の自動車メーカーの経営が壊滅的です。摩擦を回避するために、日本企業が提携したり支援したりする必要はありますか。

 この問題も深刻です。米国企業のリストラは今後、本格化するでしょう。先程述べたシナリオの2番、3番だと、米国企業は悪くなるばかりで、それにつれて日本企業の立場も悪くなる。と言って、企業単位の提携というのはリスクと負担が大きすぎて難しい。米国企業の工場やディーラーの余剰従業員を一部引き受けることなどは考えられないでしょうか。

 1番目のシナリオで、オバマ政権が、環境対策で新たな規制をかけてきた時には、日本企業はそれに積極的に対応すべきです。収益を挙げると同時に、開発した技術の一部を公開するなどの方法で、米国企業を支援するという方法も検討の余地があるのではないでしょうか。

──ご著書の中では、映画やテレビ番組を例に、民主党と共和党の考え方の違いを説明しています。今日の米国人の心象を描いている映画はありませんか。

 本には書きませんでしたが、バットマン映画の『ダークナイト』です。善悪の関係が複雑になっている。輝ける正義のヒーローになりたくて、懸命に正しいことをやろうとしているのに、他者からはそう受け取られない。現実の反テロ活動で苦しむ米国の姿を見ているようで、米国ではヒットしました。

(聞き手:『週刊ダイヤモンド』副編集長 大坪亮)
http://diamond.jp/series/dw_special/10036/
http://diamond.jp/series/dw_special/10036/?page=2
http://diamond.jp/series/dw_special/10036/?page=3
http://diamond.jp/series/dw_special/10036/?page=4

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済

国際問題(特亜以外) | 12:19:00 | Trackback(0) | Comments(0)
平城遷都1300年記念の大河ドラマの可能性は消滅しました。
2010年大河は『龍馬伝』に決まっているので平城遷都1300年の節目の年である2010年に古代奈良関連の大河ドラマがないことは既に確定していたのですが、このドラマの制作発表があったことで、翌年以降も大河ドラマ化の可能性は限りなく薄くなりました。
平成22年の春にNHKの総合テレビで放送される古代史ドラマスペシャル「大仏開眼
の制作発表が、6日、NHK大阪放送局で行われました。
古代史ドラマスペシャル「大仏開眼」は、平城京に都がうつされて平成22年で1300年
になるのに合わせてNHK大阪放送局が制作するものです。
ドラマは東大寺の大仏建立を命じた聖武天皇の娘で、大仏の開眼法要をとりしきった
孝謙天皇や、学者として孝謙天皇らに仕えた吉備真備らを主な登場人物に、人々が
繰り広げた人間模様を描きます。脚本はNHKの古代史ドラマ「聖徳太子」や、大河ドラマの
「太平記」などを手がけた池端俊策さんが担当します。

制作発表で池端さんは、「大仏が作られた時代は日本に仏教文化が定着した時代であり、
その時代の中心人物だった孝謙天皇吉備真備を通じてこの時代を象徴的に描いて
いきたい」と抱負を述べました。

大仏開眼」は平成21年10月から収録が始まり、22年4月か5月に総合テレビで
2回シリーズで放送される予定
http://www.nhk.or.jp/nara/lnews(現在更新されてHPからは見られません)

大仏建立に一番熱心だったのは聖武天皇だったんだが、娘の孝謙天皇が中心かぁ。話の時代をずらしたのは藤原広嗣の乱とか戦闘シーンにさくお金がないんでしょうね、自信を持って断定します(爆)。
また、孝謙天皇吉備真備が主人公という時点で藤原氏が悪者にされるのは確定しましたが(爆)、孝謙天皇の愛人説もある道鏡の扱いはどうするつもりなんでしょうか。やっぱり「よいこの皆様のおかげのNHK」としては、そういう不貞なことは全力でなかったことにするんでしょうねヾ(--;)

個人的にはエンディングに「せんと君+なーむ君+他諸々の奈良遷都博関連キャラ大集合」というのはやめて欲しいと思っているが…あ、あと奈良時代は前の古代史シリーズ「聖徳太子「大化改新」で舞台になった時代からは100年近く年月が経っているので、その時の衣裳は流用できませんからね。ちゃんと考証して衣裳新調して下さいよ、NHKさん。

おまけ
実は「大仏開眼」というタイトルの映画は既に作られていた。
大映映画製作「大仏開眼」
大映映画の永田雅一の金に糸目を付けず後先考えてないヾ(^^;)歴史大作はともかく迫力が今見てもすごいからなぁ。スケールも俳優の演技力もドラマのおもしろさもどうもこれに既に負けそうな気がするが…。ちなみに大映版「大仏開眼」はビデオもDVDも販売されていないようですが、現在「時代劇専門チャンネル」で「長谷川一夫全特集」を行っていますので、CSをお持ちの方にはいずれ見られる機会があると思います。

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

ワイドショー | 00:51:08 | Trackback(0) | Comments(0)
【メモ】あのマイク・ホンダ氏がオバマ政権に「入閣」か?
うへぇ…悪い予感あたりそうだ_| ̄|○
オバマ政権入り狙うアジア系米国人コミュニティー

* 2008年11月07日 16:28 発信地:ワシントンD.C./米国

【11月7日 AFP】4日の米大統領選で3人に2人が民主党のバラク・オバマ(Barak Obama)候補に投票したアジア系米国人たちは、オバマ氏が当選した今、自分たちを代表する者が1人でも多く、政権の担い手の一部として指名されることを期待している。

 アジア系米国人の増加は近年、目覚しいが、出口調査によると、投票に足を運んだアジア系有権者700万人の実に62%がオバマ氏を支持した。共和党ジョン・マケイン(John McCain)候補の35%とは対照的な支持率だった。

 アジア系の議員団体「Congressional Asian Pacific American Caucus(CAPCA、アジア太平洋系米国人議員会」のマイク・ホンダ(Mike Honda)下院議員は「アジア系米国人が組織した選挙運動の中でも最高の運動の一つとなった。アジア系コミュニティー全体が誇りに思っているはずだ」と語った。

 選挙前調査では、接戦州とされたオハイオ(Ohio)、ペンシルベニア(Pennsylvania)、ワシントン( Washington)、バージニア(Virginia)、ネバダ(Nevada)、ミネソタ(Minnesota)で、アジア系は結果を左右する「決定的要因」になると言われていた。同時に実施された議会選でも、下院では6人の現職アジア系議員が全員、議席を守った。

■オバマ氏の選挙運動を通じて力を増したアジア系コミュニティー

 アジア系コミュニティーの指導者たちがまず期待しているのは、アジア系からの政権入りだ。

 1月20日の就任に向けオバマ政権を準備する「政権移行チーム」は、アジア系3人を含んで5日に発足した。「アジア系にとって幸先の良い第一歩」とコミュニティーの指導者たちは評価する。

 現職のジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)政権下では、常勤・非常勤あわせて300人以上と米国史上最多のアジア系スタッフが働いており、アジア系として初めて閣僚ポストに就いた日系人のノーマン・ミネタ(Norman Mineta)元運輸長官もその1人だ。

 オバマ政権では1000を超える役職のうち「特に閣僚入りや、準閣僚級など重要な上級ポジションへの割り当てを期待したい」とAsian Pacific American Institute for Congressional Studies(APAICS、アジア太平洋圏議会研究所)のウィリアム・マツモト(William Marumoto)氏は語る。

 マツモト氏によると、閣僚入りの可能性としては、弁護士出身の前述のホンダ議員が教育長官に任命される可能性や、中国系米国人のゲーリー・ロック(Gary Locke)ワシントン(Washington)州元知事などの名が挙がる。

 政府統計によると、アジア系米国人は現在1400万人、米全人口の5%を占める。その数は2050年には4100万人にまで増えると見込まれる。

 リベラル派の政治団体「キャンペーン・フォー・アメリカズ・フューチャー(Campaign for America's Future)」の広報で、民主党の選挙参謀の1人であるトビー・チャウドゥーリー(Toby Chaudhuri)氏はこう語る。「アジア系米国人は増えているが、今回の選挙では力をつけ、組織能力や政治的な洗練度を高め、連携を深め、刺激的なリーダーたちを得た」(c)AFP/P. Parameswaran
http://www.afpbb.com/article/politics/2536179/3503440

拙ブログ関連記事 オバマ氏アメリカ合衆国44代大統領にご当選



テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済

「慰安婦」騒動を考える? | 00:18:53 | Trackback(0) | Comments(2)
筑紫哲也死去
このブログのネタ元の筑紫哲也氏が肺ガンでお亡くなりになられたそうです。
News23の降板から早かったですね。

大変なヘビースモーカーで肺ガン発覚後も全然禁煙できなかったそうで
AML 21992] 筑紫哲也さんの死を悼む
伊藤孝司写真事務所 earth at jca.apc.org
2008年 11月 8日 (土) 01:08:19 JST

筑紫哲也さんの死を悼む

 筑紫哲也さんの訃報に驚きました。ガンと闘っているにしても、もっと活躍してくれると思っていたからです。
大好きなタバコに次々と火をつけていた筑紫さん。肺ガンになる危険性が分かっていても、止めることはできなかったのでしょう。
 筑紫さんがメインキャスターをしてきたTBS系列「NEWS23」で、私は自分の取材を4本の特集として放送
しました。いくつものテレビ局のいくつものニュース番組で取材を放送したものの、筑紫さんの番組だけは他と
違うと思っていました。リベラルであるだけでなく、社会的弱者に対する暖かいまなざしあったからです。
 筑紫さんが亡くなったので始めて明かしますが、筑紫さんの朝鮮民主主義人民共和国での取材の交渉を私
がしたことがあります。もし実現していたら、日本での朝鮮民主主義人民共和国への偏見に満ちた見方が変わっていたかも知れないと思います。
 筑紫さんの死は、日本のジャーナリズムの惨憺たる状態と重なって見えます。この最悪な現状を何とかしろ!と
筑紫さんから叱咤激励されているような気がします。
 筑紫さん、ありがとうございました。

---------------------------------
伊藤 孝司 (ITOH TAKASHI)
U R L http://www.jca.apc.org/~earth/
---------------------------------
http://list.jca.apc.org/public/aml/2008-November/021472.html
そういう点では自分のしたいことをやってあの世に逝かれたから満足のいく生涯だったでしょう。
って、今までの活動を見て知ってはいたけど、ご友人?の証言にばっちり書いてあるようにやっぱり北朝鮮だったのかよ。
それと日本のジャーナリズムを今のように
・言った者勝ち 嘘でも「ジャーナリスト」がTV番組で言えばそれが事実
・マスコミ業界人は日本のセレブで権力者
という散々たる状態にした張本人が筑紫氏のように思うのですけどね。ま、マスゴミ業界を金満・権力者化…いやいや「地位向上」に尽力したと見たらやはり「ジャーナリストのコウケンシャ」になるのでしょうね(苦笑)


おまけ
李大統領, 日TBS 進行者死亡哀悼

李明博大統領は 7日 73歳を日記で幽めい境を異にした日本 TBS放送の看板進行者ツクシテスヤの殯所でグォン・チョルヒョン株日本大使を送って弔意を示して遺家族に哀悼の意味を伝達した. ツクシテスヤは去る 4月この大統領訪日当時闘病中おこるにも不具, この大統領が出演した '日本国民 100人との対話' プログラムを進行した事がある.

青瓦台関係者は "この大統領が出演した '日本国民 100人との対話'は故人が在世に進行した最後の作品"と言いながら "この大統領がそんな個人的縁をきっかけで哀悼を示したこと"と言った.

sims@yna.co.kr

(ソウル=連合ニュース) シム・インソン記者
http://news.mk.co.kr/newsRead.php?sc=30000021&cm=%EC%A0%95%EC%B9%98%20%EC%A3%BC%EC%9A%94%EA%B8%B0%EC%82%AC&year=2008&no=681745&selFlag=&relatedcode=&wonNo=&sID=300l(韓国語のみ、日本語訳はこちら
最初某掲示板にこの話が貼られていたときには、冗談だと思っていたら
ほんとの話でした(  Д)...。。コロコロ

テーマ:訃報 - ジャンル:ニュース

日本の世界のマスゴミ様江 | 13:02:48 | Trackback(0) | Comments(0)
ブータンの新国王様即位
ブータンで国王戴冠式=民主化後、初の君主

 【ニューデリー6日時事】ヒマラヤ山脈の王国ブータンの首都ティンプーで6日、ワンチュク王朝の第5代君主、ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王(28)の戴冠式が行われた。
 ブータンでは今年7月に民主化の総仕上げとして憲法が制定されており、立憲君主国への移行後、最初の国家元首として正式に王位を引き継いだ。(2008/11/06-14:25)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200811/2008110600531&rel=y&g=int
アメリカ大統領選の日にひっそりやってるのが、かえって変な注目浴びなくてよろしいかもしれませんね。

といっても、ブータン国王はおろか、ブータンという国すら知られてないのでは。
では自習。
ブータン王国の概要(外務省公式HP)
今度王様になった王子様(28歳) タイで追っかけにあう(爆)
ま、このルックスじゃ追っかけも仕方ないかも(苦笑)
ブータンの新国王 ジグメ・ワンチュク陛下
BSが見られる方はドキュメンタリーの放送があったようなので再放送要望をNHKに送りましょう(^^;)
ブータン 青春ラプソティー
もうひとつ、先日のブータン史上初めての選挙騒動のドキュメンタリーもあったはずなのだが、公式HPからは削除されている模様。

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

国際問題(特亜以外) | 00:10:07 | Trackback(0) | Comments(2)
速報?!2010年大河ドラマ『龍馬伝』の主役は…
福山雅治だそうです。
福山雅治がNHK大河ドラマ主演!…10年「龍馬伝

 NHKは6日、2010年の大河ドラマ「龍馬伝」の主役に歌手・俳優の福山雅治(39)を起用すると発表した。

 33年の生涯を勇ましく駆け抜けた幕末の風雲児を、当代随一の人気者が演じる。大河はもちろんのこと、NHKドラマに初出演となる福山は「驚きとプレッシャーとともに大変光栄に感じております。さまざまな作品を通じて普遍的なヒーローとしてのイメージを持たれている坂本龍馬ですが、これから1年をかけて十分な準備をし、作り上げてみたいと思います。我々の挑戦にご期待下さい」と話している。

 来年8月にクランクイン。2010年1月から放送を開始する。
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20081106-OHT1T00208.htm
鉄板といわれたキムタクではありませんでした(^^;)
さすがにネットや週刊誌やスポーツ紙などで「キムタク内定」といわれ続けてNHKも嫌気がさしたのかしらヾ(^^;)

おまけ
yahoo!アンケート「福山雅治って龍馬のイメージに合ってますか?」

テーマ:大河ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

ワイドショー | 18:43:17 | Trackback(0) | Comments(0)
オバマ氏、アメリカ大統領に当選確実のようですが
【米大統領選】オバマ氏当選、初の黒人大統領誕生 (1/3ページ)
2008.11.5 13:13

  【ワシントン=有元隆志】米大統領選は4日(日本時間5日)、投開票が行われ、民主党候補バラク・オバマ上院議員が選挙人の過半数270人以上を獲得し、勝利した。奴隷制度という過去を持つ米国が奴隷の子孫でないとはいえ、ケニア人を父に持つ黒人候補を初めて大統領に選ぶ歴史的な選挙となった。4年前の民主党全国大会で彗星(すいせい)のごとく現れたオバマ氏は一気に大統領の座まで上り詰めることになった。金融危機に直面した米国は、47歳の若き指導者に今後4年間を託する。
http://sankei.jp.msn.com/world/america/081105/amr0811051316021-n1.htm
オバマ氏の勝利確実、黒人初の米大統領に
特集 米大統領選

 【ワシントン=五十嵐文】米大統領選は4日夜(日本時間5日朝)、全米各地で順次、開票が行われ、民主党のバラク・オバマ上院議員(47)が、2004年の前回選挙で共和党が勝利したオハイオ州、ニューメキシコ州などを制し、勝利を確実にした。

 米史上初の黒人大統領が誕生する。共和党のジョン・マケイン上院議員(72)は接戦州を軒並み落とし、逆転は絶望的となった。大統領選と同時に行われた上下両院選のうち上院も民主党が過半数を維持した。

 6年目に入ったイラク戦争や、1929年の大恐慌以来とされる金融危機で、米社会に閉塞(へいそく)感が充満する中、「変革」を訴えたオバマ氏に期待が集中し、人種の壁を打ち破った。民主党の政権奪回は、クリントン政権(1993~01年)以来、8年ぶりとなる。

 ABCテレビによると、オバマ氏は4日午後10時(日本時間5日正午)過ぎまでに、前回選挙で民主党が敗れたオハイオ、ニューメキシコ、アイオワ各州を奪還したのに加え、民主党が勝利したペンシルベニア州などを確実に押さえ、当選に必要な選挙人270人に迫っている。マケイン氏は135人にとどまっている。

 オバマ氏は、米史上最低レベルの支持率にあえぐブッシュ政権との違いを強調し、イラク駐留米軍の早期撤退を公約。9月に金融危機が深刻化し、経済の立て直しが最大の争点となると、金融市場に対する規制強化、中産階級の減税など庶民の暮らしに配慮した政策を打ち出し、支持を拡大した。

 オバマ氏は、人種や党派の違いを超えた「統合」を強調。若者を中心に「オバマブーム」を巻き起こし、米大統領選で史上最高額の6億ドル以上の献金を集めて選挙戦を優位に進めた。

 マケイン氏は「ベトナム戦争の英雄」として、「経験」「安定感」を強調。副大統領候補に全国的に知名度が低い女性のサラ・ペイリン・アラスカ州知事(44)を起用し、「現状維持派」といった批判をかわそうとした。

 だが、金融危機で共和党のブッシュ政権に批判が集中し、オバマ氏に引き離された。
(2008年11月5日12時59分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20081105-OYT1T00377.htm?from=navr
オバマ氏当選、米史上初のアフリカ系大統領誕生へ
2008年11月5日13時46分

◆米大統領選 開票状況

 オバマ候補(民主)  46,022,364(338)

 マケイン候補(共和) 42,811,085(155)

(日本時間5日午後1時40分現在=CNN集計、カッコ内は獲得予測選挙人数)

 米大統領選は4日夜(日本時間5日午前)、民主党のバラク・オバマ上院議員(47)が激戦州のフロリダ、オハイオ、バージニア州などを制し、獲得選挙人で過半数の270人を上回り、当選した。共和党から政権を奪回し、米史上初のアフリカ系(黒人)大統領となる。CNNによると、獲得予測選挙人数は330人を超えた。「変化」を掲げたオバマ氏はそのほか大票田のカリフォルニア、東部主要州のニューヨーク、ペンシルベニア、地元イリノイの各州、首都ワシントンDCなども制した。一方、共和党政権の「継続」を訴えたジョン・マケイン上院議員(72)は南部大票田のテキサス州などで勝利を確実にしたものの、選挙人の獲得予測人数でオバマ氏を大きく下回り、敗北した。
http://www.asahi.com/international/update/1105/TKY200811050008.html
米大統領にオバマ氏 黒人初、共和マケイン氏破る

2008年11月5日 13時10分

 【ワシントン4日共同】米大統領選は4日、全米各州で順次投開票が行われ、民主党のバラク・オバマ上院議員(47)が勝利に必要な選挙人270人以上を獲得、共和党のジョン・マケイン上院議員(72)を破って初当選を決めた。人種偏見が根強く残る米社会で、黒人が大統領に選ばれたのは初めて。金融危機に端を発した経済悪化に歯止めがかからない中、オバマ氏が掲げた「変革」への期待が建国以来の歴史を塗り替えた。

 オバマ氏は第44代大統領として、来年1月20日にワシントンで就任式を行う。任期は2013年1月まで4年。

 民主党はクリントン前大統領以来、8年ぶりに政権を奪回。イラク戦争や金融危機で失墜した世界のリーダーとしての信頼回復が、オバマ政権の急務となる。副大統領にはジョゼフ・バイデン上院議員(65)が就く。

 ハワイ州生まれでイリノイ州選出の上院議員1期目のオバマ氏は、人種や党派対立を超えた「米国の結束」を呼び掛けて出馬。ブッシュ共和党政権との決別を宣言し、イラク戦争の早期終結や中低所得層に手厚い景気対策を訴えた。

 経験不足を指摘されたが、カリスマ的な演説を武器に「オバマ旋風」を巻き起こし、人種、世代を超えた幅広い支持を集めた。金融危機が深刻化した9月中旬以降、経済立て直しへの期待も追い風となり、海軍出身のベテラン政治家、マケイン氏を振り切った。

(共同)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008110590130317.html
前回の民主党政権・クリントン大統領の時はアメリカは繁栄を謳歌していたのですが、そのころの日本は経済的にもどん底、アメリカの意向が重要な安保政策でもオルブライト国務長官(当時)が北朝鮮のマスゲームに勝手に感動して、外交関係を結ぼうとするなど手痛い経験をさせられました。第二次世界大戦時のフランクリン・ルーズベルト→トルーマン大統領など、民主党は伝統的に「日本蔑視・敵視」政策を採っている政党であり、日本にはまた冬の4年(8年?)が到来することになるのでしょう。

オバマ氏は外交音痴といわれており、今後の外交政策はブレーンに丸投げになることが予想されますが、そこに反日的な韓国系+韓国人が多いようなのは気になるところです。
日程総括し最側近の一人、PR指揮も…オバマ陣営の韓国系参謀たち
OCTOBER 31, 2008 09:14

次期米大統領への当選が有力と見られるバラク・オバマ民主党大統領候補のキャンプには、外部には知られていない韓国系の米国人らが核心参謀として活躍している。

その一人であるユジン・カン氏(24)は、オバマ候補の最側近の一人として分類してもよい人物だ。オバマ候補の日程管理の責任を負っているカン氏は、「政治参謀(Political Assistant)」として、候補と常に行動を共にしていることで知られている。

30日、東亜(トンア)日報が入手した07年1月の連邦選挙委員会の報告書によれば、カン氏はオバマ候補がシカゴに本部を置いて作った大統領候補立候補準備委員会の「政治」分科14人の一人として掲載されている。同委員会のマネジャーは現在、選挙運動の総責任者であるデイビッド・フロフェ氏で、当時のメンバーらのほとんどが現在のキャンプで中核人物となっている。

カン氏は、ミシガン大学3年生だった05年、ミシガン州・アンアバー市議会議員に立候補し、「学生候補」として突風を巻き起こしたものの、敗北した。オバマ候補のアジア及び太平洋系米国人のためのウェブサイトも製作した。

シカゴにある選挙総本部のアジア系米国人担当の副責任者であるベッシ・キム氏も、同じく初期から積極的に関わって、常勤幹部の座に躍り出た人物だ。韓国系2世として30代前半の女性であるベッシ・キム氏は、アジア系米国人を相手にしたPR戦略を指揮している。

これらの有給幹部のほか、ニューヨークやニュージャージー、コネチカット州の3州のオバマ候補を支持するアジア系米国人会の会長であるライアン・キム(金デヨン)氏(32)は、ボランティア出身で、キャンプの中核的な人脈にパイプを持っている。

小学校1年生の時も移民としてアメリカに来て、ニューヨーク大学で政治学の修士号を取ったライアン・キム氏は、日本系銀行で働いた後、07年春、コリー・ブーカー・ニューアーク市長などの若手政治家が主導した「オバマのためのニュージャージー」会に参加した。銀行を辞めた後、昨年、日本軍慰安婦の非難決議案の可決のために奔走し、ニューヨーク・ニュージャージー韓国人有権者センターの金ドンソク所長の手助けを受け、オバマ候補の選挙運動に参加した。オバマ候補とハーバード大学法学部の同期であり、オバマ候補が当選すれば大統領職引継ぎ委員会で中核的な役割を果たすものと見られる中国系のテレス・ヤン弁護士とも顔見知りだ。

従軍慰安婦の決議案当時、草の根運動の組織化の主役だった金所長は、有権者運動のレベルでオバマ候補を支援している。

ニュージャージー州では5番目の規模の地方自治体であるエジソン市のジュン・チェ市長、サム・ユン・ボストン市議会議員なども、早くからオバマ候補への支持活動を行ってきた韓国系政治家として知られている。
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2008103137748

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

国際問題(特亜以外) | 18:43:39 | Trackback(0) | Comments(0)
googlemapで学ぶ小沢一郎民主党代表の隠し財産
グーグルマップ「公開」に注意 意図せず個人情報掲載
2008年11月2日

 インターネット検索大手グーグルの無料地図サービス「グーグルマップ」の機能で、利用者が友人や顧客の名前や住所、家の写真を組み合わせた地図を作り、ネット上に公開しているケースが複数見つかった。意識しないまま個人情報を公開していると見られ、グーグル日本法人は注意を呼びかけている。 (以下略)
http://www.asahi.com/digital/internet/TKY200811010209.html
ということで、googleマップのマイマップ機能を使っている人は早急に設定をチェックして下さいませ。初期設定は「(地図は)公開」になってますので、人様に見られたくない情報がだだ漏れになっている可能性が大です。でも、この設定というのがどこでチェックできるのか分かりにくいが…。
それにしても、以前問題になったamazonの「マイリスト」機能もそうですがデフォルトで公開になっているシステムでした(こちらはgoogleマイマップとは違って公開・非公開のチェックは比較的分かりやすいと思われるが)。アメリカ系の会社って「基本的には公開丸っぴろげ」というのが好きなのかね。

本来はこういう使われ方を期待されていたと思われるが
首都圏のシャワートイレ一覧
中にはこんな怖い地図も公開されたままです
名古屋市の土壌汚染地図?

ああ、でもこういう使い方は正しい使い方かも知れません(爆)
小沢一郎の隠し資産

参考
Googleマイマップで個人情報ダダ漏れ祭り開催中!/ニュースウォッチ
google個人情報流出まとめ

テーマ:googlemap - ジャンル:コンピュータ

日本の政治 | 12:52:32 | Trackback(0) | Comments(0)
鳩山由起夫夫妻、あの田母守氏と○○○でご会食!
前空幕長の論文「政府の責任」 民主・鳩山氏が批判

2008年11月1日21時39分

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は1日、千葉県印西市で街頭演説し、田母神(たもがみ)俊雄・前航空幕僚長が過去の日本の侵略行為を否定する論文を書いたことについて「諸外国、特にアジアの国々にどんな影響を与えるか、大変心配だ。将来また日本が何をするか分からないという恐れを(海外に)与えるなら、政府全体の大変大きな責任だ」と批判した。

 さらに「政府の一人ひとりが、本当にかつて犯したことに対する痛烈な反省の気持ちを持っているか、確かめなければいけない。現在(補給支援特措法改正案の審議が)行われている参院で、もっと深く掘り下げる」と述べ、国会で取り上げる考えを示した。
http://www.asahi.com/politics/update/1101/TKY200811010194.html
鳩山氏はこう言うことを言える立場じゃないと思われ。
なぜなら、この田母守氏とご夫婦で会談して、しっかり雑誌の記事にもなっているのである。
…しかもネタは、「中国は日本を攻撃するか」
もっとついでに言うと、その雑誌は今回の懸賞論文の募集先であったAPAグループの広報誌なのである。→こちら

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 12:38:06 | Trackback(0) | Comments(0)
田母守航空幕僚長が「不適切」論文で更迭
まあ、政治的に不安定な時期だけに速攻更迭になられましたね。
「侵略国家はぬれぎぬ」=空幕長が懸賞論文で独自史観-中国などの反発必至

  航空自衛隊トップの田母神俊雄航空幕僚長が「日本が侵略国家だったとはぬれぎぬだ」
  などと主張する論文を民間企業の懸賞論文に応募、最優秀賞を受賞したことが31日、分かった。
  一貫して日中戦争を正当化する内容で、ホームページ(HP)で公開されている。
  中国などアジア諸国から反発が高まるのは必至で、国会でも追及されそうだ。

時事通信社 (2008/10/31-17:52)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008103100888
その懸賞論文及び、民間企業というのはこちら
…あの視力が壊れる社長帽子の貴婦人ヾ(--;)のポスターで有名なあのホテル、こんな事やってたのかよ。しかし最優秀賞「賞金300万円+全国APAホテル巡りご招待券」…前半はともかく後半は遠慮したいですヾ(^^;)。
それにしても田母守氏は60歳。あともうちょっと我慢すれば退職金満額もらえたのにねぇ。我慢できなかったのかね。まあ論文の内容はともかく、公務員のバイト行為に見えますから受賞がばれた時点で何らかの処分は免れなかったでしょうが。

おまけ
航空幕僚長:過去の戦争めぐる田母神氏の論文要旨

◇田母神(たもがみ)俊雄・航空幕僚長の論文要旨は次の通り。

 アメリカ合衆国軍隊は日米安全保障条約により日本国内に駐留している。これをアメリカによる日本侵略とは言わない。二国間で合意された条約に基づいているからである。我が国は戦前中国大陸や朝鮮半島を侵略したと言われるが、実は日本軍のこれらの国に対する駐留も条約に基づいたものであることは意外に知られていない。

 (中略)

 我が国は蒋介石により日中戦争に引きずり込まれた被害者なのである。

 (中略)

 もし日本が侵略国家であったというのならば、当時の列強といわれる国で侵略国家でなかった国はどこかと問いたい。よその国がやったから日本もやってもいいということにはならないが、日本だけが侵略国家だといわれる筋合いもない。

 (中略)

 当時列強といわれる国の中で植民地の内地化を図ろうとした国は日本のみである。我が国は他国との比較で言えば極めて穏健な植民地統治をしたのである。

 (中略)

 戦後の日本においては、満州や朝鮮半島の平和な暮らしが、日本軍によって破壊されたかのように言われている。しかし実際には日本政府と日本軍の努力によって、現地の人々はそれまでの圧政から解放され、また生活水準も格段に向上したのである。

 (中略)

 さて日本が中国大陸や朝鮮半島を侵略したために、ついに日米戦争に突入し300万人もの犠牲者を出して敗戦を迎えることになった。日本は取り返しの付かない過ちを犯したという人がいる。しかしこれも今では、日本を戦争に引きずり込むために、アメリカによって慎重に仕掛けられた罠(わな)であったことが判明している。実はアメリカもコミンテルンに動かされていた。

 (中略)

 さて大東亜戦争の後、多くのアジア、アフリカ諸国が白人国家の支配から解放されることになった。人権平等の世界が到来し国家間の問題も話し合いによって解決されるようになった。それは日露戦争、そして大東亜戦争を戦った日本の力によるものである。もし日本があの時大東亜戦争を戦わなければ、現在のような人権平等の世界が来るのがあと100年、200年遅れていたかもしれない。そういう意味で私たちは日本の国のために戦った先人、そして国のために尊い命をささげた英霊に対し感謝しなければならない。そのお陰で今日私たちは平和で豊かな生活を営むことが出来るのだ。

 (中略)

 東京裁判はあの戦争の責任を総(すべ)て日本に押しつけようとしたものである。そしてそのマインドコントロールは戦後63年を経ても日本人を惑わせている。日本の軍は強くなると必ず暴走し他国を侵略する。だから自衛隊は出来るだけ動きにくいようにしておこうというものである。

 (中略)

 諸外国の軍と比べれば自衛隊はがんじがらめで身動きできないようになっている。このマインドコントロールから解放されない限り我が国が自らの力で守る体制がいつになっても完成しない。

 (中略)

 今なお大東亜戦争で我が国の侵略がアジア諸国に耐えがたい苦しみを与えたと思っている人が多い。しかし私たちは多くのアジア諸国が大東亜戦争を肯定的に評価していることを認識しておく必要がある。(中略)日本軍に直接接していた人たちの多くは日本軍に高い評価を与え、日本軍を直接見ていない人たちが日本軍の残虐行為を吹聴している場合が多いことも知っておかなければならない。日本軍の軍紀が他国に比較して如何(いか)に厳正であったか多くの外国人の証言もある。我が国が侵略国家だったなどというのは正に濡(ぬ)れ衣(ぎぬ)である。

 (後略)

毎日新聞 2008年10月31日 23時58分(最終更新 11月1日 0時43分)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20081101k0000m010137000c.html
変態毎日新聞はいつものように恣意的な抜粋。本当の中身を見たい方は、上記のAPAホテルHPへのリンクからどうぞ。…個人的にはこれで最優秀賞もらえるなら、私も応募しておけば良かったかなとヾ(^^;)

おまけ2
Japan Fires General Who Said a U.S. ‘Trap’ Led to the Pearl Harbor Attack
Article Tools Sponsored By
By NORIMITSU ONISHI
Published: October 31, 2008
TOKYO ― A high-ranking Japanese military official was dismissed Friday for writing an essay stating that the United States had ensnared Japan into World War II, denying that Japan had waged wars of aggression in Asia and justifying Japanese colonialism.

The Defense Ministry fired Gen. Toshio Tamogami, chief of staff of Japan’s air force, late on Friday night, only hours after his essay was posted on a private company’s Web site. The quick dismissal seemed intended to head off criticism from China, South Korea and other Asian nations that have reacted angrily to previous Japanese denials of its militarist past.

The defense minister, Yasukazu Hamada, said the essay included an “inappropriate” assessment of the war, adding, “It was improper for a person in his capacity as air force chief of staff to publicly state a view clearly different from the government’s.”

In the essay, General Tamogami, 60, elaborated a rightist view of Japan’s wartime history shared by many nationalist politicians. But it was a rare formulation from inside Japan’s military, which, as Japan has been shedding its postwar pacifism in recent years, has gained a more prominent role.

Japan’s military ― whose operations are restricted by the nation’s war-renouncing Constitution ― should be allowed to possess “offensive weaponry” and widen its defense activities with allies, the general also wrote.

The article was posted on the Web site of a real estate developer called Apa Group after taking the $30,000 first prize in an essay-writing contest sponsored by the company.

General Tamogami wrote that Japan attacked Pearl Harbor in 1941 and thereby drew the United States into World War II after being caught in “a trap” set by President Roosevelt.

“Roosevelt had become president on his public pledge not to go to war, so in order to start a war between the United States and Japan, it had to appear that Japan took the first shot,” he wrote.

He denied that Japan had invaded China and the Korean Peninsula, arguing that Japanese forces became embroiled in domestic conflicts on the Asian continent.

“Even now, there are many people who think that our country’s aggression caused unbearable suffering to the countries of Asia during the Greater East Asia War,” he wrote, using the term favored by Japan’s right to refer to World War II. “But we need to realize that many Asian countries take a positive view of the Greater East Asia War. It is certainly a false accusation to say that our country was an aggressor nation.”

Since the mid-1990s, the Japanese government has officially apologized for its wartime past and acknowledged its aggression in Asia. But in recent years, nationalist politicians belonging to the right wing of the long-governing Liberal Democratic Party have waged a campaign to revise Japan’s wartime history.

Few politicians have spoken as comprehensively as General Tamogami did. Instead they have telegraphed their sympathies with the rightist view of history. The current prime minister, Taro Aso, in the past publicly praised Japanese colonial rule on the Korean Peninsula. Mr. Aso, whose family’s mining business used forced laborers during World War II, also said Koreans gladly adopted Japanese names.

Hours before the general’s dismissal, Mr. Aso said, “Even though he published it in a private capacity, given his position, it is not appropriate.”

Last year, Shinzo Abe, then the prime minister, drew anger in Asia and the United States by denying the Japanese military’s involvement in recruiting the wartime sex slaves known euphemistically as “comfort women.”

His comments led the United States House of Representatives to adopt a nonbinding resolution calling on Japan to acknowledge and apologize for its wartime sex slavery. Japan has yet to respond.
http://www.nytimes.com/2008/11/01/world/asia/01tokyo.html?_r=1&oref=slogin
さっそくノリミツ・オーニシきたこれ(爆)こういうことだけはすぐ食いついて記事にするのはやいよね。

おまけ3
航空幕僚長更迭で中国メディアが記事見出しを変更  2008/11/01(土) 12:52
  日本政府が10月31日深夜、航空自衛隊トップの田母神(たもがみ)俊雄・航空幕僚長を更迭したことを紹介する報道で、中国国営の中国新聞社は、同日中に配信した「日本の空軍トップが歴史を粉飾」などとする記事見出しを変更した。

  配信当初の見出しは「日本空軍の最高長官が、侵略戦争を粉飾したため、民衆が怒り更迭される」。11月1日午前11時ごろまでに、「日本の航空自衛隊の最高長官が、侵略戦争を粉飾したため更迭される」と訂正した。「空軍」を「航空自衛隊」に変更し、「民衆の怒り」の部分を削除した。

  記事本文は訂正せず、田母神幕僚長が民間企業の懸賞論文で「日本が侵略国家だったことはぬれぎぬ」、「日本の穏健な植民地統治により、アジアの多くの国は、大東亜戦争に肯定的だった」、「当時の列強の中でどの国が侵略的でなかっただろうか」などと主張したことを紹介。同論文が300万円の賞金を得たことも伝えた。

  日本政府の動きとしては、麻生首相の「個人名で発表したものだが、その立場からみて不適切」との談話、浜田靖一防衛大臣が31日夜に更迭を発表したことなどを伝えた。日本の報道を引用しながら一連の事実だけを伝え、論評はしなかった。(編集担当:如月隼人)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=1101&f=politics_1101_001.shtml
中国様の新聞は誇大報道をしていたことを自白(爆)

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

日本の政治 | 23:52:54 | Trackback(0) | Comments(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。