現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2009年年始のテレビ番組
…タイトルに「年末」と入ってないのは大掃除とおせちづくりに追われてパニック状態になっていたからです。
紅白歌合戦も見てません( ̄^ ̄)←こういうのは余り自慢できないなぁ(汗)

ということで、年始に見たTV番組の感想など

(1)1/1 0:00~21:00TV版「機動戦士ガンダム」全43話完全放送(アニマックス)
…未明の4時までこれ見ながらおせち…うう(T-T)
年末年始=おせちの悪夢=ガンダムという連想ができあがりつつある…。
案内HPには「君は全部見ることが出来るか?」なんて書いてありますね…ええ、全部つき合う体力なんてこの年じゃ無理ですヾ(--;)

(2)1/2 13:00~16:30「伝説巨神イデオン接触編発動編(ファミリー劇場)
タイトルにも「伝説」と入っていますが、それこそ「みんな死んで死んで死んで、その中から生き残った者が新しい日本人を作り上げるのじゃ!」by西郷どんin「翔ぶが如く」…をアニメのSFでやってみたらこうなっちゃいましたという伝説的な世界史上一番鬱な結末のアニメだとおもいます。今のところ
学生の時に雑誌であらすじだけは知っていたのですが、当時在住していた京都ではオンエアしているTV局が無く、映画も見る機会に恵まれなかったので、今回はいい機会だということで拝見しました。

結末が鬱なのはともかく、構成が無茶苦茶で、予備知識がないと何でこうなるのか全然理由が分からないんですが…(-_-;)(まあ、監督自身も自覚していたようですが
一言で言ったら「アニメ版『2001年宇宙の旅』」といってもよい訳のわからなさですヾ(^^;)。

…しかし、学生当時雑誌で見たときも衝撃的だったが、今改めてみても「宇宙船のアイドル的な存在だった5歳の女の子が白兵戦で一瞬にして首が吹っ飛んで死んでしまった」…というシーンは忘れられません…今だったら完全にR-15指定映画になっていたでしょう…。

(3)1/2 12:00~23:50 「寧々~おんな太閤記~」(テレビ東京系)
途中から見ました。
仲間由紀恵のねねは全然老けなーいヾ(^^;)
共演していた十朱幸代のなか(秀吉の母)のほうがよっぽどねねらしく見える~ヾ(--;)
吹石一恵の淀殿よりねねの方が若く見えるー_(。_゜)/
…というか、女優陣でまともに老けていってたの十朱幸代だけじゃねーかヽ(`Д´)ノ
…この日本人女優の老け役を避ける傾向は平成にはいって、特に21世紀になってからはかなり顕著になってますが、男優の演技力に比べて遙かに女優の演技力が劣っている原因にもなっているのではないかと思われます。去年の大河ドラマの枠でやっていた何か主人公の老け役もちょっと30代、40代には…な出来でしたしね。

ところで、今回のテレビ東京の正月時代劇、原作はなんと大河ドラマの脚本です。→おんな太閤記

ちなみに、CS設備を既にお持ちの方は、1/5から時代劇専門チャンネルで全話放送が開始されます。比較してみるのもお奨めです。特に若いときのギャップがすごくて後になればなるほどしっくりくるNHK版ねね(佐久間良子)と今回の年を全然取らない仲間ねねヾ(--;)の比較が面白いかも。
大河ドラマとはところどころ話は変わってましたね。時間が短いから仕方ないか。

(4)1/4 11:00~「五辮の椿」(時代劇専門チャンネル、他)
山本周五郎著の江戸時代の復讐劇を野村芳太郎監督が映画化したもの。
3時間の大作ですが傑作。重い作品ですが超お奨めします。→五瓣の椿 [DVD]
次々と殺人に手を染める(染めざるを得ない?)岩下志麻の鬼気迫る演技がさすがです。

(5)1/1 19:00~「茶々-天涯の貴妃」(東映チャンネル)
去年は「大奥」(仲間由紀恵版)で大爆笑してしまったのですが
今年のこれも笑わせてくれましたヾ(^^;)
「大奥」は着物だけが見所でしたが
茶々」は着物に加えて火薬と妙にリアルな流血戦闘シーンが見所です(爆)だから見所2つも増えたんですよ(棒読み)
ストーリーは…東映の時代劇に原作重視とか歴史考証を求めてはいけません_(。_゜)/
※ちなみに原作は井上靖の『淀どの日記』らしい…どう見てもそんな文芸大作には見えなかった
この映画のもう一つの見所は浅井三姉妹を演じた…子役かな(苦笑)

(6)1/7 17:40~19:00「巌流島 -GANRYUJIMA- 」(チャンネルNECO )
今まで巌流島の戦いを新解釈で描いたドラマはいろいろあったが、(例えば巌流島 ~小次郎と武蔵~ [DVD]
これは
「宮本武蔵は実は凶悪殺人犯クラスのキチ○イ」
…という、武蔵ファンが見たら卒倒しそうな設定で展開される、「巌流島のあのシーン」だけに注目した映画。ちなみに巌流島の対決は「えーっ」という展開になってます。逆に言ったらここまでに1時間もかけなくていいような気もヾ(--;)。
最後には武蔵は改心して真人間になるのですが、その展開には納得いかない人もいるんじゃなかろうかという締め方でした。結論としては「佐々木小次郎(ちなみにこの映画で演じたのは西村雅彦)が一番気の毒」という事かな(爆)
ちなみにこの映画の制作年は2003年。…そう、大河ドラマであの(ある意味)伝説ヾ(^^;)の「武蔵-musashi」をやった年です。この映画は大河便乗作だったのでしょうね。でも、肝心の大河の方が「アレレ」な結果だったため、この映画もいまいち知られてないような。

(7)1/8 8:00~10:00「半月」(シネフィル・イマジカ
日時の関係で録画した一部しか見てないのですが、今もイラク・イラン・トルコに別れて暮らす「世界最大の少数民族」と言われるクルド人問題を扱った映画です。イランに住んでいるクルド人音楽家がイラクに住んでいるクルド人集落にコンサートに行く…といったらそれまでの話なのですが、なにしろ今でも政情不安な場所ですから、この音楽家はイラクに入国することすら出来ないのです…。それどころか次々と仲間は脱落していくのでした…。
展開と結末は、一言で言えば「悲惨」なのですが、それを余り感じさせないのはロケしたクルド人地域の風景があまりにも素晴らしいからでしょうか。DVDが日本未発売なのが残念です。

(8)1/8 22:00~23:55「シルク」(WOWOW
去年公開されてちょっと話題になった映画です。一応幕末の日本が一方の舞台になってますが、政治的な話は直接関わらないので単なる幕末ヲタならスルー推奨。ストーリーは欧米人が好きな「ゲイシャガール物」の変形のような気もするんですが…まあいいか、映像が綺麗だからヾ(^^;)
実際の史実じゃあり得ないんですが、フランス在住の日本人マダムを演じた中谷美紀が美しかったです。

(9)1/9 17:30~19:30「出口のない海」(WOWOW)
「海の特攻隊」と言われた「回天」潜水艇員になった学徒志願兵達を取り上げた映画で、3年前の公開当時には割と話題になったのでご存じの方も多いと思います。ですが派手な戦闘シーンは皆無です。ドンパチ期待している方は「男たちの大和」の方をどうぞヾ(^^;)
市川海老蔵演じる主人公の最期がかなり意外です。回転特攻隊のキャラはやせてなかった点を除いてはそれぞれに時代の雰囲気をにじみ出せていたのでは無いかと思いました。
気になる点ですが、amazonのレビューで書いている人もいらっしゃいましたが、女性キャラの台詞はあの時代ではちょっとあり得ない反戦思想丸出し(しかもそれを隣家に聞こえるような大声で言うなよ…)でリアリティを著しく阻害していたのが残念です。山田洋次氏が関わった作品だからでしょうか。

(10)1/9 21:00~23:30「復讐するは我にあり」(衛星劇場)
佐木隆三が直木賞を受賞した『復讐するは我にあり』の初めての映像作品で、この映画自身も多数の賞を受賞したそうです。確かに、主演の緒方拳をはじめとして各俳優の鋭い演技がたまりません。…しかし、倍賞美津子が三国連太郎にあんな事をされていたとはヾ(^^;)
原作:佐木隆三で分かるように実際の事件を小説化した物ですが、事件後余り年月を経ないころの映像化作品のため、ロケシーンにも時代の空気が感じられてリアリティがあります。でも一番リアリティがあったのは「緒方拳の手配写真」かな(爆)。
しかし「敬虔なクリスチャン」を自分では認じていた犯人が、目先の利益だけで多くの人を殺した事件が実際にあったということが驚きです。タイトルについても、佐木氏が「聖書の1節から採った、”復讐する我”の”我”とは神のことである」とのことで、映画もそのタイトルを踏襲したのですが、実際に緒方拳演じる犯人は神に復讐されたのか、やはり私が最初勘違いしたように世間に我(=犯人)が復讐したのか?…考えさせる作品です。

(11)1/10 16:15~18:50「ロリータ」(スタンリー・キューブリック版)(シネフィル・イマジカ)
日本のオタクの一分野?でもある「ロリコン」という言葉の語源にもなった作、いや「作」です。白黒画像かつ50年代の「古き良きアメリカ」を舞台としているため、一見見た目はまともそうに見えますその予想は上演後3分で崩壊します(爆)。さすがは「映画界屈指の変人」とも言われた故・スタンリー・キューブリックの作品だけあり、キャラクターもくせ者揃いです。特にロリータの母なんて、こういう勘違いしているおばちゃんは今の日本にはすごーく多いのではないでしょうか(苦笑)。「アラフォー」なんてヨイショされている、そこのあなた!あなたのことですよ!!!(ヲイ)
この映画、常に主人公の男性教授のやらしさとロリータの傍若無人さばかりが強調されますが、他のキャラクターもなかなか。公開時はロリータを演じたスー・リオンに注目が集まったようですが、その後のスー・リオンの経歴を見るとどうもご本人はスで演じていた雰囲気ですね。確かにはまり役でした。

(12)1/10 21:00~23:10「天と地と」(角川版)(時代劇専門チャンネル)
チャンネルnekoでやった「スキヤキウエスタン・ジャンゴ」と重なり、どっちを見るか迷ったあげく、余り西部劇が好きじゃないツレの意見でこちらにしました。

スキヤキウエスタンの方が良かったかも知れない_| ̄|○
主人公二人(謙信:榎木孝明、信玄:津川雅彦)以外は「戦国自衛隊」とだぶっている俳優さんが多いのは、角川春樹製作映画だったからでしょうね(^^;)
にしても、同じ戦国時代、しかも信玄をモチーフにしているのに「影武者」(黒澤明監督)と比べるのも失礼な中味のない話なのは何故なんでしょうか…カナダロケでの合戦シーンは確かにCGじゃとうてい出せない大迫力で、すごいです。すごいですが…それだけです。ツレ曰く「やっぱり角川(春樹)は派手に合戦だけやりたかったんだなぁ」ヾ(--;)

個人的に「茶々-天涯の貴妃」と「天と地と」(角川版)と、どうしてもどちらか見ないと殺されるというなら
私なら「茶々」の方を選びます。だってまだ話として面白いもんヾ(^^;)

ちなみにこの映画、本来なら大河ドラマ「独眼竜政宗」終了後、脂ののっていた渡辺謙が謙信を演じる予定でした。が、撮影中に白血病であることが発覚、そのため急遽榎木孝明が代役に建てられたという曰く付きの作品でもあります。

(13)1/14 21:15~「野獣死すべし」(仲代版)(衛星劇場)
松田優作版は有名ですが、実は仲代達矢版の方が古いです。つまり、原作も実は古いと言うことなんですが。
一見優秀で真面目な学生の主人公が裏では快楽完全殺人愛好者だというストーリーは全く一緒ですが、なにしろ仲代版は1959年の作品なので、ロケに使われている町並みとか車とか、出演者の仕草とか何もかもが昭和30年代!これ見ているだけでも面白いです。あ、主人公の配役も、「見るからにやくざ」でどう見ても「優秀な大学院生」には苦しい設定のヾ(^^;)松田優作より、「逝っちゃってる目線」(この当時)の仲代達矢の方が個人的にははまっているように思います。ちなみにモノクロ作品ですが、更に怖さとスタイリッシュさを増すのに力を貸しているように感じられます。

(14)1/7他「西太后」(ノーカット版)、「続西太后」(ムービープラス)
日本ではサイコ映画(ヲイ)として人気がありましたが、ノーカット版を見ると、実際は清朝の転落を描いたいかにも中国的な大作史劇です。そうそう、タイトルも「THE BURNING OF THE IMPERIAL PALACE」、「REIGN BEHIND A CURTAIN」、「THE EMPRESS DOWAGER」…返還前の香港映画なので英語タイトルなんですね。またこのタイトル見ると一目瞭然ですが、前半は余り西太后関係なかったり(^^;)。
中味ですが、実際の紫禁城を使ったロケ、広大な草原で繰り広げられる大戦闘シーンそこに出てくる英仏連合軍の顔がどう見ても安っぽいヅラをかぶった中国人まるわかりなのはつっこみ無しでヾ(^^;)、音楽とかいささか古めかしいですが、豪華で迫力満点です。ただ、仕草とかの歴史考証はあってるんでしょうか?ともかく良くできている映画なんでその辺が気にはなりましたが…。
この映画の隠れた見所は「続西太后」で「中国の百恵ちゃん」と言われたアイドルのころのコン・リー(鞏俐)が出ていること。確かに山口百恵そっくり。女官→西太后のせいで売春婦に転落という難しい役柄を見事に演じています。

(15)1/3 14:00~他「鬼畜 」(衛星劇場
幼児虐待を扱った松本清張の問題作の映画化。ともかく岩下志麻が怖いです、はまり役です(^^;)。岩下志麻が演じた主人公の本妻役をTVドラマ版では黒木瞳が演じたそうですが、全然迫力無かったそうです。また、気の弱い主人公を演じる緒方拳の微妙な心の動きを匂わせる演技がうまいです。後この映画の見所は田中邦衛とか大竹しのぶとかそうそうたる俳優がすごーいちょい役で出ているところでしょうか。ともかく脚本(原作?)がすごいのと俳優の演技で、先述の「西太后」とは違った意味で怖い映画です。
そうそう、主人公の本妻が岩下志麻で愛人が小川真由美ですが、この2人、『葵徳川三代』で「妖怪浅井三姉妹」と揶揄されたヾ(^^;)上(淀殿)と下(お江の方)ですね…。

スポンサーサイト

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ワイドショー | 23:05:21 | Trackback(1) | Comments(0)
【メモ】朝日新聞歴史アーカイブ
「歴史写真アーカイブ アジア・戦前戦中編」1月26日始動

 朝日新聞大阪本社が戦時下に保管していた写真7万2千枚から1万枚を厳選し、オンラインで検索可能にした「歴史写真アーカイブ アジア・戦前戦中編」が、1月26日に供用を始めました。今回は、写真選定にご協力いただいた方々の「最も印象に残った1枚」を紹介します。
(永井靖二)

 この膨大な写真は、奈良県内に疎開させていたため敗戦前後の焼却処分を免れ、富士運送の倉庫(大阪市西区)に保管されていた。戦場のほか、市民の生活を記録した写真も多数含まれている。

 デジタル資料館を構築するため、本社は近現代史の研究者ら15人に「選考委員」を委嘱し、約1年半をかけてすべてを評価。評価の高かった1万枚について「歴史写真アーカイブ」として整備した。当面、図書館などに提供している記事データベース「聞蔵(きくぞう)II ビジュアル」から無料で閲覧できる。 問い合わせは、東京本社デジタルメディア本部へ。
http://www.asahi.com/information/db/history_photo/20090125.html
どうして7万5千枚すべてを公開しないの?
ケチなの?
それとも朝日新聞的に都合の悪い写真でもあるの?
どちらにしろ情報公開を先頭に立って訴えてるところが、こんなことしているようじゃ信頼性が疑わしい。

写真を選考した選考委員
山室信一朝日新聞との関わりが深い学者「九条の会」でもたびたび講演
山本有造
槻木瑞生
 ※前職は北朝鮮と関わりが深いと言われる大阪経済法科大学の研究員。大阪経済法科大学と朝鮮総連との関わりについてはこちらを。

西村成雄
赤澤史朗朝日新聞書評委員
戸高一成
半藤一利富田メモの鑑定に関わる
江田憲治
飯野勝則
有山輝雄
早瀬晋三九条の会講演講師を務めたことあり
西澤泰彦
蘭信三
 ※同名の人物が以下のような講演の賛同者に名前を連ねているが…
「石田米子さんの講演を聞く会」

日時/会場:10月8日(土) 14時~17時
      京大文学部第3講義室

講演
  石田米子 『戦時性暴力被害者の聞き取りから見えてきたもの――記憶・歴史・
ジェンダー――』

  同時に上映するビデオ: 『大娘(ダーニャン)たちの戦争は終わらない――中
国山西省・黄土の村の性暴力――』
       (ビデオ塾制作、2004、ダイジェスト版)

講師・石田米子さんは、日中戦争時の日本軍による性暴力とその被害者女性たちと向
きあって、被害・加害の構造と沈黙を強いる構造などを考えてこられました。
この9年間で中国の村ヘ20回以上通って聞き取りをされています。
8月1日東京西早稲田にオープンした「女たちの戦争と平和」資料館開館記念講
演、8月6日立命館大学平和ミュージアム講演等今ご活躍の研究者です。

 関係する編著書:
『黄土の村の性暴力』(内田知行と共編)、創土社、2004(山川菊栄記念婦
人問題研究奨励金=略称:山川菊栄賞受賞)、
『ある日本兵の二つの戦場』(内海愛子・加藤修弘と共編)、社会評論社、20
05

報告
  中下裕子『日本軍による戦時性暴力問題――賠償請求裁判弁護団長の視点から
――』
講師・中下裕子さんは、山西省性暴力被害者訴訟(現在最高裁)の弁護団長です。

呼びかけ人:落合恵美子(文)、岡真理・前川玲子・村形明子(元)(人環)、蘭信
三(留セ)
、駒込武(教)、小野和子(元人文研)、中下裕子(法卒弁護士)
主催:「石田米子さんの講演を聞く会」実行委員会
共催:「オ―ラル・ヒストリー」の会、全国同時証言集会京都実行委員会
協賛:「女性・戦争・人権」学会、ハーグの会、平和友の会
http://6402.teacup.com/syoutyan_ganba/bbs
辻田文雄
倉橋正直※「あいち・平和のための戦争展」の運営に関わる(この展覧会は日中友好協会共産党が支援している模様)

朝日史観の御用学者が多くてうんざり。

テーマ:朝日新聞 - ジャンル:ニュース

日本の世界のマスゴミ様江 | 23:25:10 | Trackback(0) | Comments(0)
【メモ】山形県知事選挙-イメージだけで当選した「軽い御神輿」
東北の与野党、対立先鋭化 山形県知事に吉村氏
 山形県知事選の衝撃波は一夜明けた26日、東北政界に広がった。支援した現職の落選を「山形固有の政治事情」と矮小(わいしょう)化させたい与党。野党連合の勝利で政権交代に向けて勢いづく野党。今年中に行われる衆院選をにらんで与野党対立の構図が先鋭化した。

 自民党青森県連の山内和夫幹事長は「知事選は地域特有の事情が影響する。結果が政局や衆院選に影響するとは思えない」と総括した。秋田県連の鈴木洋一幹事長も「単純に自民対非自民の構図とは言い切れない」と強がったが、「それでも自民党の大半が現職を支援し、敗れたのは情けないし、悔しい」と本音も漏らした。

 最終盤で現職支援にかじを切った公明党。宮城県本部の石橋信勝代表は「一部自民党国会議員が新人陣営に回り、保守分裂となった。山形特有の政治状況が響いた結果で、国政の与野党対決の図式は当てはまらない」と分析した。

 知事交代劇を演出した野党は沸いた。小沢一郎民主党代表の地元、党岩手県連の佐々木順一幹事長は「保守の牙城にくさびを打ち込んだ意義は大きい。選挙を通じて民主党への期待が高まった」と歓迎した。

 党福島県連の中村秀樹幹事長は「自民から民主へという大きな流れが確認できた」と自信を膨らませた。ただ同時に「これで総選挙はまた遠のいてしまった」との見方も示した。

 選挙戦では民主、共産、社民の野党勢力が結集した。共産党宮城県委員会の中島康博委員長は「自公両党が支援する候補者に対する戦術として、かなりの威力を発揮する」と野党共闘に手応えを感じた。

 社民党宮城県連の岸田清実幹事長は「斎藤弘知事がなぞった自公の『改革』路線は結果的に失政だったことが証明された」と言い切った。
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/01/20090127t51036.htm

タイトルの付け方が恣意的+あの「終わってる人」のコメントだから割引いて読まなきゃ行けないが

「敗因は麻生内閣」と加藤氏 山形知事選で

 自民党の加藤紘一元幹事長(衆院山形3区)は26日、山形県知事選で支援した現職の敗因に関し、麻生内閣の支持率低迷が大きく影響したとの見方を示した。支援の中心となっていただけに「責任転嫁」との指摘も出そうだ。国会内で記者団の質問に答えた。

 加藤氏は「民主党の小沢一郎代表が山形に入り、自民党と民主党の印象の違いが影響した」と述べた。

 一方で「民主党はばらまき路線で、ばらまきは選挙に強いという証左になった」と強調。「現職は本気で改革をして選挙に落ちた。正しいことを言うと票が入らない。日本政治の困難さが表れた」と分析した。
2009/01/26 19:29 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200901/CN2009012601000692.html

朝日新聞は今回の選挙結果を激賞。
山形知事選―「温かさ」が勝った意味

 2期目をめざす現職と新顔の一騎打ちとなった山形県知事選挙は、1万票あまりの小差で現職が敗れた。

 県内三つの衆院小選挙区すべてを自民党が占める「保守王国」だ。現職の斎藤弘氏(51)はその自民党の大半に支援されていた。2期目をめざす知事は最も選挙に強いとも言われる。敗北は意外な結果といえる。

 勝利した新顔の吉村美栄子氏(57)は、民主や共産、社民の各党と自民党の一部の支援を受けた。両氏とも政党の正式な推薦はなかった。

 自民が分裂していたとはいえ、支援した政党の枠組みは国政での与野党対立の構図とほぼ重なっていた。

 斎藤氏の敗北は、小泉政権時代に進んだ自民党の地方組織の弱体化が根底にあったろう。そのうえに、麻生内閣の支持率低迷の逆風がもろに襲いかかった。今秋までに必ずある総選挙を控え、自民党には衝撃に違いない。

 斎藤氏は、山形ではいわば「元祖・改革派」だ。前回の知事選で、自民党の多くの県議や首長、地元の民主党などが推していた4選をめざす現職に挑戦した。県財政の改革や行政の変革を無党派層にも訴え、4千票あまりの小差で当選した。

 斎藤氏はこの4年間、公約に沿って県の財政改革に取り組んだ。県職員の人件費を累積で200億円削減し、借金である県債残高を初めて2年連続で減らしたと誇る。その一方で、公共事業や農業予算の削減という「痛み」を県民にもたらした。

 農業や公共事業が経済と暮らしに持つ重さは、大都市圏とは比べものにはならない。そこを、農業予算の増額などを掲げて「温かい県政」を訴えた吉村氏につかれた形だ。

 地方の疲弊は厳しい現実だ。そこに不況の波が押し寄せている。だれしも立て直しが必要だと考える。改革の痛みを人一倍感じている地方が政治に「温かさ」を求めるのは当然のことだろう。

 その一方で、行財政の効率化を進め、税金のムダをなくす改革はぜひとも進めなければならない。この二つの要素を踏まえて、有権者の心をとらえ、また説得する力は、今の時代の政治指導者に求められる資質の一つだ。斎藤氏の場合、そうした言葉が有権者に届かなかった面はなかったか。

 麻生内閣は、第2次補正予算などで景気対策を矢継ぎ早に打ち出している。だが、目玉の定額給付金をうまく説明できないことなどから、支持率は記録的な低さだ。財政規律を保つとして消費増税の可能性を語っても、与党内から激しく突き上げられた。

 政策の中身も大事だが、同時に政治家はそれを訴える説得力が問われる。山形県知事選にはその重さと難しさが垣間見えた。
http://www.asahi.com/paper/editorial20090127.html#Edit2

某所掲示板より
東北発の女性知事が誕生した県の住人ですけど、皆さんの予想は逆です。
現職は元日銀マンで長いこと県外にいたので地元のしがらみ一切なし。
就任するなり県職員の給料はガンガン減らし、今まで癒着だらけだった土建屋・農業団体・補助金目当ての乞食をバサバサ切り。
山形みたいな封建的な所で余りにも急激に改革し過ぎて、県職員から各種団体みんな敵に回してしまった。
やってる事は正しいのに。

それで冷飯食わされてた連中が包囲網組んで立てたのが、元行政書士のおばちゃん。

このおばちゃんの故義叔父が県庁所在地の前市長なんだけど、これがここで見るハイパー膿家脳を地で行く屑だった。
その一族は利権・タカリが当たり前の腐った人達。
彼らにとっては「県知事は、おらえ(=我が一族)の嫁」。
このおばちゃん、ご主人を既に亡くされてるから、一族内でどういう扱いされてるか、ここの住人なら想像つくよね。
恐らく県政に一族絡みのごり押し持ち込まれて山形県政は壊滅するよ。嫁に口答えなんて許されないもん。
ちなみに県内農家はおばちゃん支持。
前回の参院選で民主が農家に個別保障金チラつかせて議席増やしたけど、おばちゃんそれに便乗。
農業予算拡大して農業県の復活なんてブチ上げてたよ。財源の目処無いのに。目先の餅に騙される、さすが膿家w

全国の皆さん、山形県が暗黒時代に後退して滅びてゆく様を生暖かく見守って下さい。

山形県知事選挙の経緯

加藤、自民党を離党で影響力低下→当時県知事だった高橋に冷たくされムキー
      ↓
前回県知事選挙、多薦高齢の高橋を引きずり下ろすために加藤、今回落選の斉藤擁立
      ↓
高橋落選、斉藤当選、高橋を支持していた当時の自民県連会長の参院議員・岸が激怒し会長辞任
      ↓
今回、岸と民主党の擁立した吉村が当選


どう見ても、加藤と高橋元知事の泥仕合です
※これについては先述の共同通信記事も参照されたし

そして、早速あのhentai毎日新聞にすら疑念を呈されてる(爆)
09知事選を読む:吉村氏マニフェスト 政策に具体性欠く /山形
 ◇数値なければ検証できず

 3分で語り切れない斎藤弘知事と、3分を持て余す吉村美栄子氏--。山形市内で21日に開かれた知事選候補者の公開討論会は、持ち時間それぞれ3分で8問の質問に候補者が答える形式で、両者とも事前に質問内容を知らされていた。現状認識と今後の取り組みを具体的に述べる斎藤知事がたびたび時間オーバーしたのに対し、吉村氏はすべての質問に制限時間内で答え終え、2分足らずで発言を終えることもあった。

 討論会前日の20日に会見を開いた吉村氏陣営は、知事選に向けた“マニフェスト”を披露。(1)ムダを廃し、すべては県民のために(2)一律削減から脱却、メリハリのある予算編成(3)県民優先主義、県内経済のための地産地消(4)県民・市町村・現場が求める政策を最優先--の四つを県政運営の基本方針とした。

 だが、基本方針の下に列挙した政策は具体性に欠いた。例えば乳幼児医療費助成制度では、対象年齢の拡大と所得要件の緩和を掲げるが、年齢や所得額、実施時期などの数値は記されていない。ひも付きの補助金でなく市町村や現場の求める事業をオーダーメード方式で補助するという政策も、基本的な仕組みが示されず想像しにくい。

 結局、緊急経済対策事業を除くと、具体的な取り組みは、3780万円の知事退職金廃止と知事報酬20%カットの存続、そして副知事2人制の廃止という3点のみ。協力した県議らは「国政や経済情勢の見通しがたたなければ、達成時期や数字を入れられない。これで十分有権者に伝わる」と強調するが、陣営内部からも「告示までに数値を示すと思っていた」(吉村氏選対役員)と懸念する声が聞こえてくる。

 経験豊富な現職と同レベルの精密さは求められないが、数値目標のない公約集は県政運営を事後検証できず、一般的には“マニフェスト”とは呼べない。政策本位とする有権者の信頼も得にくい。「冷たい県政から温かい県政にチェンジ」をスローガンに掲げる吉村氏陣営だが、温かい県政を具体的に提示しなければ、ただの現職批判に終わりかねない。【大久保渉】

毎日新聞 2008年12月30日 地方版
http://mainichi.jp/area/yamagata/news/20081230ddlk06010056000c.html


テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 00:07:25 | Trackback(0) | Comments(0)
(ノ∀`)アチャー 長澤まさみの役設定、放送後にドタバタ変更
…まあ、史実にいない架空人物なのでどうでもいい
大河ドラマ『天地人』で長澤まさみ演じる役設定が急遽変更
( 2009年01月28日 10時00分)

 俳優・妻夫木聡が主演のNHK大河ドラマ『天地人』の主要キャストである女優・長澤まさみ演じる初音が、戦国武将・真田幸村の“妹”から“姉”に、放送中にも関わらず急遽役設定が変更された。

 初音は、妻夫木聡演じる主人公・直江兼続にとって、肉体関係を結ぶ“初めての女性”。当初は俳優・城田優演じる真田幸村の妹役という設定だったが、それでは兼続と幸村の年齢差から、初音が10歳以下で肉体関係を結んだことになってしまうという視聴者からの問合せにより、NHK側が対応。番組公式ホームページに掲載されている登場人物関係図も、28日(水)より初音の設定が“妹”から“姉”に変更された。これに対しNHK広報は「年齢設定の部分で混乱や誤解を招く恐れがあるので原作通りに戻しました」とコメントしている。

 そもそも初音は史実にはない架空のキャラクターで、小説家・火坂雅志の原作では、真田幸村の“姉”となっているが、ドラマでは“妹” という設定で制作が進められてきた。一説では、長澤が妻夫木、城田よりも実年齢が若いため、その年齢差から“妹”となったようだ。だが、天正元年(1573年)、兼続は14歳で初音と出会うが、幸村は兼続よりも3歳程度若く、初音が幸村の妹ならば、10歳未満となってしまう。倫理上の観点から、 NHKも設定を変更せざる得なくなった。今後放送するにあたり、設定を変更したことにより撮り直しや再編集があるのかについては「あくまで人物関係図等での紹介で妹としていただけで、本編では触れてはいないので問題ございません」と語っている。

 史実に忠実であることと、ドラマとしてのエンターテインメント性は常に天秤に架けられる問題。時として50代の俳優が、史実では20代の戦国武将を演じることもよくあること。NHKとしては、10歳未満の性交を想定するのは不適切と判断し、今回の変更となった。
http://www.oricon.co.jp/news/confidence/62524/full/
…というわけにはいかないですな、「皆様のNHK」としては(爆)

まあ、小説を書いた後に新事実が発見されたりして、原作をさわらざるを得ないと言うことはしばしばあります。しかし俳優側の都合などで迂闊に原作をいじると、こういうろくでもない結果が待ってることもあると言うことですな。去年のは、原作の残骸もほぼ残ってない状態になったが…

テーマ:天地人 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ワイドショー | 12:15:45 | Trackback(0) | Comments(0)
【メモ】今閉鎖で話題のグァンタナモ収容所、元収容犯が反米テロ活動に参加?
オバマ大統領が早速発表した目玉政策の一つなのですが
グアンタナモ収容施設の1年内閉鎖、22日に大統領令署名へ

 【ワシントン=黒瀬悦成】オバマ米新大統領は執務開始初日の21日、キューバ・グアンタナモ米海軍基地内のテロ容疑者収容施設を1年以内に閉鎖する大統領令の草案を関係省庁に配布した。

 米CNNテレビなどによると、大統領は22日に大統領令に署名し、施設内で行われた「過酷な尋問」などのせいで損なわれた米国の威信回復に向けた決意を国内外に示す。

 新政権の高官がCNNに語ったところでは、大統領は22日、〈1〉グアンタナモの施設を1年以内に閉鎖〈2〉拷問の禁止〈3〉テロ容疑者拘束に関する政策見直し――を指示する三つの大統領令に署名する方針だ。

 施設閉鎖までの間、グアンタナモの特別軍事法廷で開かれている国際テロ組織アル・カーイダ最高幹部らに対する審理は停止され、現在収容されている容疑者約250人の移送先や新たな法廷設置の可否などの具体策の検討に着手する。

 ただ、米国内の保守派や軍部の間では、「安全保障上、施設は必要だ」との意見も根強い。欧州や中東の諸国は、依然として収容者の引き受けに慎重で、施設閉鎖の具体的な手順を巡って、今後論議が巻き起こるのは確実だ。

 一方、オバマ大統領は21日、イスラエルのオルメルト首相、パレスチナ自治政府のアッバス議長など中東の指導者4人と電話会談した。イスラエル軍によるガザでの軍事作戦停止を受け、イスラム原理主義組織ハマスの再武装阻止に力を尽くすと強調、中東和平プロセスに積極関与すると表明した。執務初日に電話することで、中東和平を最重要課題に据えていることをアピールした格好だ。

 オバマ大統領は21日午後、ゲーツ国防長官らとホワイトハウスで協議、駐イラク米軍戦闘部隊の16か月以内の撤収実現を指示したと見られる。ローレンス・サマーズ大統領補佐官(経済担当)兼国家経済会議(NEC)議長ら経済チームとも会合し、経済立て直しに向けた景気対策の早期実施などについて協議した。
(2009年1月22日11時56分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20081107-5171446/news/20090122-OYT1T00432.htm?from=nwla

早速冷や水
グアンタナモの元収容犯、釈放後アル・カーイダ幹部に

 【ワシントン=黒瀬悦成】複数の米メディアは23日、キューバのグアンタナモ米海軍基地のテロ犯収容施設から釈放された容疑者が、国際テロ組織アル・カーイダのイエメン支部の副司令官になっていたことが判明したと報じた。
Click here to find out more!

 オバマ大統領は22日、施設の1年以内の閉鎖を命じる大統領令に署名したが、今回の事態発覚が施設閉鎖に伴う収容犯の釈放論議に一石を投じるのは確実だ。

 23日付ニューヨーク・タイムズ紙などによると、問題の人物は、サウジアラビア出身のサイド・アリ・シフリ容疑者。同容疑者は米同時テロ直後の2001年12月、アフガニスタンとパキスタンの国境で逮捕され、グアンタナモに移送された。

 国防総省が公表した捜査資料では、シフリ容疑者は米同時テロ前後の時期、アフガンやイランでテロ活動に関与したとされるが、同容疑者は「じゅうたんを買い付けていただけだ」と主張し、07年に釈放された。当初はサウジで元収容犯の社会復帰プログラムに参加していたが、その後は消息不明になっていた。

 同紙によれば、シフリ容疑者は、昨年9月にイエメンの首都サヌアで起きた米大使館前爆破テロに関与した疑いがあるという。
(2009年1月24日20時20分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090124-OYT1T00758.htm

おまけ 某掲示板のご意見
さっさと釈放すりゃいい。

そして反米テロ組織(笑)が強くなれば、
また戦争できて景気回復できるじゃん。


テーマ:オバマ大統領・政権 - ジャンル:政治・経済

国際問題(特亜以外) | 00:04:59 | Trackback(0) | Comments(0)
【メモ】ガザ支援募金のCM、BBCでは流さなかったそうで
2009.01.26 Web posted at: 20:53 JST Updated - CNN
ガザ支援の募金運動、英BBCに続きスカイも放映拒否

ロンドン(CNN) イスラエル軍の侵攻で人道危機が懸念されるパレスチナ自治区ガザへの支援をめぐり、英BBC放送が英非営利団体(NPO)による募金運動を伝えることを拒否している方針に対し、抗議が集中している。一方、衛星ニュース専門局の英スカイニューズ・テレビも26日、同様の方針を発表した。

募金運動は、英国赤十字やオックスファムなどが構成するNPO、緊急災害委員会(DEC)が26日からの実施を計画。国内の各放送局は当初、そろって放映を拒否していたが、閣僚らの要請を受け、ITVやチャンネル4が相次いで、呼び掛けを取り上げる姿勢に転じた。一方、BBCは公共放送としての「中立性」を理由に、放送しない方針を貫いている。

これに対して24日から25日にかけ、英各地で抗議デモが行われた。ロンドン中心部のBBC放送会館前では24日、約5000人がデモを展開。参加者7人が拘束された。スコットランドのグラスゴーでは25日、BBCビルで約50人が抗議した。

BBCはコマーシャルを放送せず、視聴者の受信料で運営されている。マーク・トンプソン会長はBBCの公式ウェブサイトで、「募金呼び掛けには、われわれがニュースで伝えるのと同様の映像が使われることになるだろう。BBCが政治的な立場を示しているとの誤解を招き、信頼を損なうがある」と、放送拒否の理由を説明した。

会長に向けた視聴者らからの書き込みには「良い判断だ」とする声もある一方、「放送しないという立場も政治的であることに変わりはない」「罪のないガザ住民を支援することが中立性を損なうとは思えない」など、批判的な意見が目立っている。BBCには方針発表後の3日間で、電話約1000件、電子メール約1万通の苦情が寄せられた。

スカイニューズも放映拒否の理由として「公正さ」を挙げる。同社トップのジョン・ライリー氏はウェブサイト上での声明で、「この時期にガザ支援への呼び掛けを放映することは、バランスの取れた客観的な報道を国内外に届けるというわれわれの役割にそぐわない」と述べている。
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200901260013.html
上記のニュース、共同通信の報じ方はこんな感じ

ガザ支援で英BBCに批判 中立を盾、募金運動伝えず

 【ロンドン25日共同】英BBC放送が報道機関の「中立性」を盾に、パレスチナ自治区ガザへの支援金要請運動をニュース番組などで取り上げない方針を決めたことに批判が集中、市民による抗議デモのほか、現職閣僚が再考を促す異例の事態になっている。

 支援金要請運動は、イスラエル軍に破壊されたガザの家屋再建費用などを募るため英国の13の慈善団体が共同で計画した。

 BBCはイスラエルとパレスチナという2つの当事者がある中、パレスチナ側への支援金要請だけを取り上げれば、報道機関としての中立性が損なわれるとして放映しないことを決定。

 これに対して「人道支援と政治問題をはき違えている」との批判が起こり、アレグザンダー国際開発相がBBCトップに見直しを求める書簡を送付。英ITVなどテレビ各局も放映を決め、BBCの孤立ぶりが目立つ。

 BBC側は「戦争と自然災害による被害は違う」と正当性を主張しているが、25日付の英各紙は「ガザの子どもたちにはわれわれの支援が必要だ」(サンデー・テレグラフ)「もし今後放映を決めれば政治圧力に屈したとみなされる」(オブザーバー)と批判のトーンを一段と強めている。
2009/01/26 07:26 【共同通信
http://www.47news.jp/CN/200901/CN2009012601000056.html

<おまけ>某所掲示板より上記のニュースに関して
イスラエルの生存権を認めずイスラエルにロケット攻撃を行い、
市民の犠牲をいとわないゲリラ戦を展開するハマスを批判しないで、
イスラエルからの攻撃での市民犠牲のみを糾弾するマスコミが、
「中立性」と言ってもねぇ。とっても説得力に欠けますわ。
藪とネオコンが行ったとされるイラク”侵略”戦争も、
国連の査察要求に対してフセインがどう対応してたのかスルーして、
藪とネオコンの批判に終始。
対してオバマは救世主扱い、キリストの再来みたいだしw


テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

日本の世界のマスゴミ様江 | 22:01:44 | Trackback(0) | Comments(0)
【親民主党?】産経新聞の明日はどっちだ【反民主党?】
定額給付金「効果」あるの? 膨大な関連経費…国民負担ズシリ (1/2ページ)
2009.1.26 20:55

 成立が確実となった平成20年度第2次補正予算の目玉である総額2兆円規模の定額給付金。国民への給付とは別に、給付事業の実施に825億円もの経費がかかる。うち給付金の振込手数料は約150億円に上り、自治体職員の残業代や給付申請書類の郵送代も発生する。標準世帯モデル(65歳未満夫婦、18歳以下子2人)で6万4000円もの“臨時収入”となる給付金だが、これには膨大な関連経費が国民負担としてのしかかるうえ、事務手続きも煩雑で、費用対効果を疑問視する声は依然、根強い。(以下略)
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090126/fnc0901262112015-n1.htm

民主党の後方支援書いてある一方でこんなこと言う記者も。
【記者ブログ】雑談(2)いつまでたっても慣れない総理番のお仕事 福島香織
2009.1.23 01:07
(前半略)
■政治部記者とは、つまるところ、みんな誰かの番記者。政治部記者とは番記者集団だといっていい。もちろん、行革担当とか、道州制担当とか持ち場を振り分けられている人もいるが、基本は長官番だったり、幹事長番だったり、国対番だったりするわけだ。たいていは複数の番を掛け持ちしている。

■ 番記者は、会見や懇談会に出席するのは当然、夜に宿舎や自宅の前で張って、帰宅のときに話を聞いたり、朝出勤のときに駅で待ち伏せして話をしたりして、信頼を築き、話を聞く。政治家は番以外の記者とは普通、口をきいたりしない、みたいだ。だから、口をきいてもらえる番記者は一種の特別待遇に微妙に優越感を感じたりしていることもあるかもしれない。

■ちなみに総理番は、首相に話しかける機会は、「番懇」とよばれる年2回程度の懇談会とぶらさがり取材以外、まずない。正式の記者会見や外遊先の内政懇で質問するのはキャップクラス。ということで、総理番記者が首相と雑談したりして仲良くなったり、信頼を築けることは、まずない。麻生さんと仲がいい記者、信頼を築いている記者というのは、麻生さんが首相になる前から、ずっと麻生さんの番をしていた「麻生番」と呼ばれる記者。従って、総理番とは、番記者でありながら、番対象から相手にされない、なかなか切ない仕事なのだ。

■ 政治というのは一般に国政、つまりまつりごとを指すが、内向きにみると、権力ゲームといえる。で、番記者というのは、私の観察するかぎり、けっこう自分の番についてる政治家に肩入れする傾向がある。というか、番記者です、と名刺をきってしまったら、批判は書きにくい雰囲気がありそうだ。番している政治家やその周辺からネタをとらなきゃいけないわけだから、嫌われちゃ会ってもらえない。もちろん、それが新聞協会賞なみに大スキャンダルの抜きネタであれば、義理も人情もふっとぶのだろうが、普段は義理と人情にしばられる、もよう。

■というわけで、麻生番記者は麻生さんに肩入れし、小沢番の記者は小沢さんに肩入れする傾向が強い。よって野党の政治家の番は、野党の視点から、与党の政治家の番は、与党の視点から、と、集めてくるネタのスタンス、方向性が違う。一般に政治記事で一番読まれる内幕ものは、そういういろんな義理人情にしばられた番記者たちの、違うスタンスのネタを総合して、キャップとかサブキャップの人がまとめる、という形になることが多い。

■で、自分の番をしている政治家が出世(?)すれば、その番記者の政治部内でのポジション(?)もあがる傾向にある。麻生番の人は、麻生さんが政調会長であったときは政調会長番、幹事長のときは幹事長番となる。麻生さんが総理になると、麻生番記者が官邸キャップになることが多いかもしれない。官邸キャップとは官邸発のニュースの責任をにない、出稿方針にも最も影響力をもつポジションで、麻生番が官邸キャップになると麻生政権に擁護的な記事が多くなる、かもしれない。

■しかし、世論が民主党支持に傾くと、小沢番記者とか民主党の政治家の番をしている記者の政治部内発言力が増す傾向になるし、読者の喜ぶ記事、読みたい記事が、民主党の動向・発言に集中すれば、あるいは現政権の批判に集中すれば、自然と野党政治家の番の出稿やネタも増える。新聞記者の「出世」はネタの大きさ・数と出稿量できまるから、番記者たちもみずから番をしている、パイプができてネタがとれる政治家の出世を願うのだ。

■政治部は省庁のクラブに所属する記者や選挙班などをのぞけば、官邸(政府・内閣担当)、平河(与党担当記者)、野党(おもに民主党担当)などに振り分けられ、それぞれキャップがいて、記事を出稿するのだが、短期政権だな、選挙が近いな、などと世論の動向など眺めつつ編集局の偉い人たちが判断すると、自民党政権下でも、民主党とのパイプが太い人が官邸キャップになったりする。そうすると、官邸クラブから出稿される記事も、微妙に政権早くかわれ~みたいな念のこもった内容になることも。民主党政権になれば、民主党とパイプを持つ記者が活躍できる場面が多くなるからだ。

■この政権まだもつな、と上の方々が判断されると、官邸キャップが小沢番から麻生番に代わったりする。とたんに麻生政権に好意的な記事がふえたり。官邸記者クラブのメンバーを総入れ替えするとき、「解散」といったり、新聞社の政治部って、日本の政治(権力ゲームの方の)の縮図といえるかもしれない。

■ というわけで、政治部記者の中にはみずからを、政治のプレーヤーの一員だと思う人もいる。麻生首相のバッシング報道がいちばんさかんだったとき、某新聞社の記者がこんなセリフをいっていた。「ここまできても麻生政権を解散に追い込めない今の政治部記者はなさけない。昔の政治部記者なら、今頃麻生政権は解散になっていた」。報道の力によって支持率を上下させたり、内閣を解散させたり、すきな政治家を首相に押し上げたりやめさせたりできる、そういう影響力の行使こそ、政治部記者の醍醐味、といいたげである。是非論はともかく、権力ゲームの片棒をかつぐ、あるいはフィクサーになることを望む、そういう政治部記者が存在することは確かだろう。
(以下略)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090123/plc0901230109000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090123/plc0901230109000-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090123/plc0901230109000-n3.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090123/plc0901230109000-n4.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090123/plc0901230109000-n5.htm

まあ、マスゴミ(というかマスゴミ政治部たたき上げ)が「俺達は自分たちのペンで政治家の首とっかえひっかえ出来るんだぜ」と権力の亡者と化していることは分かった。福島記者のホンネに感謝。

テーマ:産経新聞 - ジャンル:ニュース

日本の世界のマスゴミ様江 | 23:51:30 | Trackback(0) | Comments(0)
【メモ】あた~り~【毒餃子続報】
事件発覚から1年経った今頃になってですが…
天洋食品回収のギョーザ、中国鉄鋼メーカーに大量横流し

 【北京=佐伯聡士、牧野田亨】昨年1月、日本で発覚した中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、製造元の天洋食品(河北省石家荘市)により回収・保管されていたギョーザが、河北省唐山市の「唐山鋼鉄」など複数の鉄鋼メーカーに大量に横流しされ、同年4~6月ごろ、従業員やその家族らが食べていたことが23日、関係者の話で分かった。

 また、別の関係者は、中国国内で6月に起きた中毒事件の被害者が、同省承徳市の「承徳鋼鉄」の関係者4人であると明らかにした。4人は横流しされたギョーザを食べたものとみられ、中毒事件発覚後もギョーザが広範囲に出回るという、ずさんな管理実態が浮き彫りになった。

 ◆「福利厚生」名目で無料配布◆ 

 唐山鋼鉄従業員によると、冷凍ギョーザは昨年5月ごろ、会社から「福利厚生の一環」として無料配布された。対象は、正規従業員7000~8000人のうち夜勤者が中心で、日本で中毒事件が発覚し、輸出が禁止された天洋食品製「中華deごちそう ひとくち餃子」が2~4袋ずつ配られた。

 唐山市で本紙が確認した製品の包装デザインは黒色が基調で、事件当時公表された赤色基調のものとは異なる。輸入元企業の親会社の日本たばこ産業(JT)によると、黒色の商品は高級感を出すためデザインを刷新したもので、昨年2月から発売する予定だったが、事件発覚で日本国内には出回らなかったという。

 記載された賞味期限「2009年4月6日」から逆算すると、製造日は昨年1月6日で、天洋食品が保管していたものとみられる。多くの従業員がギョーザを食べたとみられるが、中毒など健康被害は伝えられていない。同省邯鄲(かんたん)市の「邯鄲鋼鉄」でも、昨年4~6月ごろ、2~3袋ずつ配布された。系列病院の職員を含め、約3万人に配られたという証言もある。

 一方、承徳鋼鉄従業員によると、ギョーザは「ひとくち餃子」で、昨年5月ごろ、同社周辺に4か所ある従業員食堂で販売され、購入者が列を作ったという。だが、1、2か月後、会社が突然、残っているギョーザの回収を開始。会社側からは、中毒患者発生などの説明はなかったという。

 中国筋によると、中国では、経営不振の企業などの救済策として、在庫品を低価格で他の企業などが買い取り、従業員に配布する行為が少なくないという。

     ◇

 JT・IR広報部は、天洋食品製造のギョーザの所有権について、日本に輸出され、通関に合わせてJT側に移る契約だったと説明。中国国内での横流しに関して、「非常に遺憾。天洋食品と接触できないため、打つ手がない」と話している。

 ◆中国製冷凍ギョーザ中毒事件=千葉、兵庫両県の3家族10人が07年末から08年1月にかけ、天洋食品製造のギョーザで中毒症状になった事件。ギョーザから有機リン系殺虫剤メタミドホスが検出されたが、中国側は同年2月末、「原料、生産工程、輸送過程でメタミドホスが混入された状況は見つかっていない」との見解を公表。だが、6月中旬、中国河北省で4人が天洋食品のギョーザを食べ、中毒を起こしたことから、中国国内での混入の可能性が強まっていた。
(2009年1月24日03時05分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090124-OYT1T00083.htm

(  Д)...。。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 00:59:08 | Trackback(0) | Comments(0)
【やっぱりhentai】毎日新聞熊本支局次長を逮捕、隣室の女性宅から下着盗んだ疑い
毎日新聞熊本支局次長を逮捕、隣室の女性宅から下着盗んだ疑い

 熊本県警は24日、熊本市迎町、毎日新聞熊本支局次長友田道郎容疑者(43)を住居侵入、窃盗容疑で逮捕した。


 発表によると、友田容疑者は24日午前3時頃、マンション3階の自宅の隣に住む女性会社員(24)方にベランダから侵入、洗濯かごの中にあった下着数枚(1300円相当)を盗んだ疑い。

 毎日新聞西部本社代表室の話「社員がこのような事件を起こし、深くおわび申し上げます。事実関係を確認し、厳しく処分します」
(2009年1月24日16時41分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090124-OYT1T00623.htm
部屋の中に侵入したのか…

ちなみに同ニュースの党の毎日新聞での報道は以下の通り。
窃盗・住居侵入:容疑の本社記者を逮捕 熊本県警

 熊本南署は24日、毎日新聞熊本支局次長、友田道郎容疑者(43)を窃盗と住居侵入の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は、24日午前3時ごろ、熊本市内の自宅マンションの隣の女性会社員(24)の部屋にベランダから侵入し、下着を盗んだとしている。同署によると、友田容疑者は酒を飲んでいた。容疑を認めているという。

 友田容疑者は昨年4月から熊本支局に勤務していた。

 ▽毎日新聞西部本社代表室の話 社員がこのような事件を起こし、深くおわび申し上げます。事実関係を確認し、厳しく処分します。

毎日新聞 2009年1月24日 17時25分
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090125k0000m040011000c.html

続きを読む >>

テーマ:毎日新聞 - ジャンル:ニュース

日本の世界のマスゴミ様江 | 00:39:52 | Trackback(0) | Comments(0)
逆走する?台湾政治、いろいろ旧体制に復活中
蒋介石紀念堂」の名称復活=閲兵交代式も再開-台湾

 【台北24日時事】台湾・台北市中心部の観光名所「台湾民主紀念館」が7月下旬にも元の名称「中正紀念堂」に戻されることが決まった。これに先立ち、かつてここで行われていた閲兵交代式が24日に復活した。
 「中正」は蒋介石元総統の本名で、紀念堂は同元総統をしのんで1980年に建てられた巨大建築物。陳水扁前総統が率いる民進党政権時代の2007年5月、敵対する国民党の元総統である故・蒋介石の権威を消し去るために「台湾民主紀念館」に改名され、同時に陸海空軍の兵士による閲兵交代式も廃止された。
 しかし昨年5月に国民党馬英九政権が発足したのを受け、立法院は今月中旬、紀念堂の再改称を賛成多数で可決した。国民党所属の立法委員(国会議員)らが満を持して、巻き返しを図った格好だ。(2009/01/24-10:39)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&rel=j7&k=2009012400127
去年、陳水扁氏が大統領選で敗れ、蒋介石の系統に当たる国民党が復活してから、台湾情勢が微妙になっています。一番の変化は前政権との違いを際だたせたいためか、中国本土の中共政権にすり寄っていること。香港の現状など見ていると、自殺行為としか思えないけどなぁ。
又、前政権は比較的親日的でしたが、中共すりより+前政権への反発が強い国民党政権は、政権維持のテクニックの一つとして反日行動を使ってくる可能性が高くなったと思われますので注意が必要でしょう。台湾にお住まいの日本人はお気をつけあそばせ。

それはともかく
最初の話題にもどりますが、これもその反動の現れの一つでしょう。アメリカ合衆国はワシントンにあるリンカーン記念堂のパクリ(?)ヾ(^^;)蒋介石の巨大像がある建物がいったん改名されていたのがまた元の名前に戻るそうです。
ちなみに今の台北の国際空港も2006年に「中正国際空港」から「桃園国際空港」に変わったそうなんだが、これも前の名前に戻るのかな?

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

国際時事・特亜本部 | 23:39:32 | Trackback(0) | Comments(0)
「おくりびと」がアカデミー賞にノミネート
[シネマトゥデイ映画ニュース] 第81回アカデミー賞のノミネートが22日(現地時間)発表された。日本からは外国語映画賞で映画『おくりびと』もノミネートされた。主なノミネート作品、俳優は以下のとおり。なお、授賞式は2月22日(現地時間、日本時間では23日)に予定されている。

映画『スラムドッグ$ミリオネア』

作品賞
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
『フロスト×ニクソン』
『ミルク』
『愛を読むひと』
『スラムドッグ$ミリオネア』

主演男優賞
リチャード・ジェンキンス 『ザ・ビジター』(原題)
フランク・ランジェラ『フロスト×ニクソン』
ショーン・ペン『ミルク』
ブラッド・ピット『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
ミッキー・ローク『ザ・レスラー』(原題)

助演男優賞
ジョシュ・ブローリン『ミルク』
ロバート・ダウニー・Jr『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』
フィリップ・シーモア・ホフマン『ダウト ~あるカトリック学校で~』
ヒース・レジャー『ダークナイト』
マイケル・シャノン『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』

主演女優賞
アン・ハサウェイ『レイチェルの結婚』
アンジェリーナ・ジョリー『チェンジリング』
メリル・ストリープ『ダウト ~あるカトリック学校で~』
メリッサ・レオ『フロウズン・リバー』(原題)
ケイト・ウィンスレット『愛を読むひと』

助演女優賞
エイミー・アダムス『ダウト ~あるカトリック学校で~』
ヴィオラ・デイヴィス『ダウト ~あるカトリック学校で~』
ペネロペ・クルス『それでも恋するバルセロナ』
タラジ・P・ヘンソン 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
マリサ・トメイ『ザ・レスラー』(原題)

外国語映画賞
おくりびと』日本
『ザ・クラス』(英題)フランス
『バーダー・マインホフ・コンプレックス』(英題)ドイツ
『レバンチェ』(英題)オーストリア
『ワルツ・ウィズ・バシール』(英題)イスラエル

監督賞
デヴィッド・フィンチャー『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
ロン・ハワード『フロスト×ニクソン』
ガス・ヴァン・サント『ミルク』
スティーヴン・ダルドリー『愛を読むひと』
ダニー・ボイル『スラムドッグ$ミリオネア』
http://cinematoday.jp/page/N0016663
ノミネートおめでとうございます
といってもこうやってマスゴミにぬか喜びさせられて実際受賞無し!というのがこの数年のパターンですけどね>邦画(^^;)

さて
もっくんのお手紙※参考 毎日新聞
(スイマセン、hentai新聞にしか載ってなかった (TOT))
もっくんこと『おくりびと』で主演した本木雅弘さんの自筆コメント。ジャニタレ出身と思っていたら、意外に字が綺麗なのでおどろき。

参考
2005年頃の日本の各政党党首の揮毫
見たことある人も多いでしょうが、何年か前の日本の各政党党首の揮毫。
特に下段の真ん中…東大卒という立派な学歴とか弁護士という立派な職業とかは字を美しくすることには全然貢献しなかったようですな、福島瑞穂様。つか、軽い人格丸出しだからもうちょっとそれなりにお稽古してくださいね…(^^;)



続きを読む >>

テーマ:映画ニュース - ジャンル:映画

ワイドショー | 12:42:02 | Trackback(1) | Comments(0)
ガザ問題、オバマ大統領もイスラエル支持
まあアメリカですからこういう結論しかでないとは私は予想してましたけど
オバマ大統領、イスラエル支持鮮明に

 オバマ大統領は、就任後初めて中東情勢に言及し、多くの死者を出したパレスチナ自治区ガザへの攻撃を批判することなく、イスラエルを支持する姿勢を鮮明にしました。

 「はっきり言います。アメリカはイスラエルの安全にコミットします。脅威に対するイスラエルの自衛権を支持します」(オバマ大統領)

 オバマ大統領は22日、中東特使にミッチェル元上院議員を、アフガニスタン・パキスタン特使にホルブルック元国連大使を任命しました。国際問題の解決で実績のある2人を起用することで、中東と南アジアを外交の最重要課題とする姿勢を示したものです。

 就任まで発言を控えてきた中東情勢については、イスラエルに対し「自衛権を支持する」と明言する一方で、パレスチナ側に対しては対イスラエル強硬派ハマスにロケット攻撃をやめるよう要求しました。

 ガザ地区の人道状況には懸念を示したものの、多くの死者を出したイスラエルの攻撃を批判する言葉はなく、これまでイスラエル寄りの姿勢を取り続けてきたアメリカの方針に、新政権でも大きな転換がないことを伺わせました。(23日09:10)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4045204.html

今回のガザ問題、マスコミとか(例 読売新聞人権団体は「ガザのパレスチナ人かわいそう、イスラエルは死ね」みたいな報道や対応をとっているところが多いのだが、そういうマスコミや人権団体のほうが「オバマ大統領歓迎」みたいな対応をとっている印象が強い(例 読売新聞オバマ特集)。

今回のオバマ大統領のこの発言で、どうするかな。>マスゴミ、人権団体

<紹介>
中東today
今回のガザ問題について背後関係など丹念に説明されているブログ。参考になります。


続きを読む >>

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済

国際問題(特亜以外) | 12:32:47 | Trackback(0) | Comments(0)
韓国で慰安婦の遺族やNGOも賠償を継続的に要求できる権利を容認へ
(ソウル=聨合ニュース)国会政務委員長であるハンナラ党キム・ヨンソン議員は18日、日本軍慰安婦被害者の日本政府に対する損害賠償請求権を死後、家族または民間団体に譲渡可能にする内容の「日帝下日本軍慰安婦被害者に対する生活安定支援及び記念事業などに関する法律」改正案を発議した。

改正案はまた「国家は慰安婦被害者の名誉回復と人権増進のために積極的に努力しなければなら
ない」と国家の責任を抽象的に規定した条文を「政府は慰安婦損害賠償と関連し、日本政府と交渉し
た結果を毎年、国会に報告しなければならない」と具体化した。

キム議員は「日本政府は高齢の慰安婦被害者が死亡すれば公式謝罪と賠償問題が自然に消滅すると期待し、時間が経つのを待つ状況」と指摘した。

彼は「従って、慰安婦お婆さんたちが在世に補償を受けることができない場合、持続的に損害賠償要
求ができる制度が必要だ。我が国の政府も慰安婦問題に対する全方位的で持続的な対応を模索しなければならない」と促した。

聯合ニュース(韓国語) 慰安婦日賠償クレーム死後財産引渡し推進
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2009/01/18/0200000000AKR20090118025200001.HTML(韓国語のみ、上記日本語訳は某掲示板より転載)
→(追記 日本語版もありました http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2009/01/27/0400000000AJP20090127000400882.HTML)
半島のクレクレというのは今に始まった話ではないので、ああいつものことか、としか思わない方が多いでしょうが

現状の日本、次の衆議院選挙を実行すると民主党が政権奪取する可能性が高いと言われているが、その民主党は慰安婦に対して賠償金を底なしで貢ぎ続けることに非常に前向きである。
2008/12/11
鳩山幹事長、李韓国・韓日議員連盟会長一行を党本部に迎えて意見交換 

 鳩山由紀夫幹事長は11日夕、党本部で李明博韓国大統領の実兄の李相得韓国・韓日議員連盟会長一行を党本部に向かえ、意見交換した。

 鳩山幹事長は、岩國哲人国際局長の司会のもとで挨拶に立ち、歓迎の意を表したうえで、「民主党として日韓関係を重視している」と表明。前回1月に、李会長が来党されて小沢一郎代表と会談した際は、新大統領への移行期間であったと振り返り、新大統領誕生後、経済的にはきびしい環境下にある韓国における、新大統領の取り組みに敬意を表した。

 同時に過日、韓国大統領室から通貨スワップに関する協力を求められたことを明かし、「スワップに関して当然のことながら、民主党としても日本政府としてもご協力を申し上げたいという思いだ」と語った。

 そのうえで幹事長は民主党のPRをすると前置きし、「麻生政権が低迷するなか、国民の心がかなり離れている」と指摘。「来年に必ず行われる総選挙において、衆議院で勝利をおさめて政権交代を確実なものにしたいということで力を入れている」と表明した。

 「民主党が政権をとった暁には対日関係はなお一層進展するとご理解いただきたい」とも求め、過去の問題に目をそむけることなく未来志向に転じていきたいとの意向を示している政党だと改めて紹介した。

 同時に、強制連行などによって日本で亡くなられた韓国人の方々の遺骨の返還の問題などにも取り組んで行くと語り、さまざまな問題が残っているが、できるだけ誠意を込めて過去の問題の清算を行って行きたいと決意を示した。

 李会長は1月の際には実弟の李明博次期大統領の特使としての来党だったと振り返り、今回は日本と連携・協力の表明の意味での訪問だと述べた。

 そのうえで、韓日の協力関係については鳩山幹事長と認識を一にすると述べ、「過去にこだわって未来の協力関係が妨げられてはいけないという大統領の哲学・方針がある」と語った。また、麻生首相にも表敬訪問したが、日本の政治を率いる民主党幹部と意見交換し、経済協力に高い関心を持ってくれたことに感謝するとの意向が示された。北朝鮮問題にも言及があり、韓国が米国と同様に連携してこの問題が実現されるように努力するとした。

 さらに、1月の来党時に小沢代表が在日韓国人の地方参政権について「検討する」「推進する」との回答を示したことについて、「この場を借りて改めて感謝する」との発言があった。

 意見交換で「衆議院総選挙で大勝するという報道があるが、選挙について自信を持っているか」との問いに鳩山幹事長は、「自信はありますし、民主党としてはここまで政権に対する不信感が高まっているとき、政権交代は使命だと思っている」と強調し、「韓国からご協力を」と求めた。「政権交代はしなければならないが容易ではない。使命感を持って成し遂げたい」とも重ねて語った。
http://www.dpj.or.jp/news/?num=14733
民主党、元「慰安婦」被害者救済法案提出へ

謝罪・補償、国の責任盛り込む/背景に「国民基金」の行き詰まり
被害者の名誉回復を

 民主党は、今月下旬にも元「従軍慰安婦」被害者の名誉回復の措置を国の責任で実施する法案を国会に提出する。議員立法として提出し、他党にも共同提案を呼びかける。日本政府が「解決案」として打ち出した「女性のためのアジア平和国民基金」(「国民基金」)事業では、問題の解決は図れないとの判断からで、「あるべき姿」に目を向けた第一歩だ。

実態調査行う促進会議も設置

 民主党が作成した「戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法案」は、元「慰安婦」に謝罪を表明し、名誉回復をはかる措置(金銭給付を含む)を国の責任で行おうというもの。総理府に「問題解決促進会議」を設け、「従軍慰安婦」問題に対する基本方針や実態調査を実施することも求めている。

 法案の第1条は、「被害者の名誉の回復に資するための措置を、わが国の責任において講ずることが緊要な課題になっている」としている。法案を作成した背景には、日本政府が元「従軍慰安婦」問題の解決策として打ち出した「国民基金」が行き詰まっている状況がある。

 昨年9月、参議院決算委員会で民主党の本岡昭次参院議員は、「明らかに国民基金の仕事は行き詰まっている。行き詰まったら、やはりその行き詰まりを打開して、問題が解決する新しい政策を提示しなかったらどうにもならない」と、政府に対して「国民基金」事業の見直しを促した。

 これに対して野中広務官房長官(当時)は、「『慰安婦』問題で新たな立法などの措置をとることは、(2国間)条約等が規定している問題ではなく、憲法上の問題もないと考える」と被害者救済に対する前向きな姿勢を示し、それが今回の法案提出につながっている。(「慰安婦」問題の立法解決を求める会の有光健世話人)

「民間への責任転嫁」被害国の声受け止め

 そもそも「従軍慰安婦」問題が国会で論議されるきっかけになったのは、被害者の「告発」だったが、当時日本政府はこの問題に対し「民間業者が連れ歩いた」(1990年6月6日、労働省局長)と、責任を回避した。しかし、被害国から非難が続出するや、内外の反発や世論に押される形で実態調査を始め、93年8月、官房長官談話で国の関与を認めるに至った。

 だが、関与は認めたものの、国家としての被害者救済処置をとらず、その責任を民間に肩代わりさせる「国民基金」を「解決策」として打ち出した(1995年)。民間から募金を集め、被害者に配るという「国民基金」方式は、被害者が一貫して求める法的、国家的責任を回避し、「補償問題は2国間条約で解決済み」との従来の立場を踏襲したものだった。

 「国民基金」に対しては南北朝鮮、中国、台湾など被害国から「新たな加害行為」と非難の声が上がり、受け取り拒否者が続出。日本国内でも日本弁護士連合会が日本政府に「立法による補償措置」を勧告しているほか、国連人権委員会では1992年から毎年のように「従軍慰安婦」問題が論議され、日本政府に賠償や補償を求める勧告が相次いだ。

 日本の孤立は深まるばかりで、「国民基金」事業に出される多額の政府補助金も消化されないまま累積している。

すべての植民地被害者を対象に

 民主党が法律案を発表した2日、記者会見した千葉景子同党男女共同参画・人権・総務ネクスト・キャビネット大臣(参院議員)は、「国の関与を認めた93年の官房長官談話を踏まえて、日本の責任で被害者の名誉を回復する大きな枠組みを決めた」と説明した。

 民主党の法案は、21世紀を目前にして今世紀中に、日本が犯した過去の罪の清算をしようという意思のあらわれでもある。他の党でも旧日本軍の軍人・軍属だった在日外国人に対する補償など戦後補償問題を検討中だが(別項)、被害者は「慰安婦」や軍人・軍属に限らず、大多数を占める強制連行者は放置されたままになっているのが現状だ。

 今回の法案が、日本の植民地支配清算の包括的な立法措置を講じるきかっけになり、すべての被害者の尊厳回復をはかることが求められている。(張慧純記者)
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/sinboj2000/sinboj2000-3/sinboj20000317/sinboj00031761.htm

おそらく、韓国のこの法案は、未来永劫日本から賠償金をむしり取るために発議された可能性が高い。そして、このままでいくと、その韓国の黒いもくろみが実現する可能性はかなり高い。


テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

「慰安婦」騒動を考える? | 20:07:38 | Trackback(0) | Comments(0)
【メモ】表では失業者にバラマキ 裏では自分ところの派遣を首切り【民主党】
教育訓練中に月10万円支給 失業者対策で民主案

 民主党が雇用保険の受給を終えた失業者などの再就職を支援するため検討している「能力開発手当法案」(仮称)の概要が20日、明らかになった。長期失業者や自営業の廃業者が再就職のための教育訓練を受けている間、2年間をメドに月額10万円程度を支給する内容。社民、国民新両党と協議して今国会での共同提出をめざす。

 野党3党は雇用保険の加入対象を広げる法改正を検討中。能力開発手当法案は雇用保険だけで再就職が困難な人を救済する「第2の安全網」と位置づける。(07:00)
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090121AT3S2002720012009.html

民主県連から突然の解雇通知 女性職員、連合労組通じ撤回交渉

 民主党県連の30代女性職員が昨年12月に突然解雇を言い渡され、連合秋田に所属する個人加盟の労働組合「秋田コミュニティ・ユニオン」を通じて解雇撤回の交渉を続けていることが19日、分かった。連合秋田は民主党県連の最大の支持母体。雇用を守り、格差是正を掲げる支持政党の職員の解雇宣告に、苦虫をかみつぶしている。

 関係者によると、女性職員は2000年から県連の正職員として勤務し、主に事務を担当している。昨年12月に1月末をもっての解雇を通告されたが納得せず、撤回を求めてユニオンに救済を求めた。ユニオンは、県連の一方的な解雇は不当労働行為に当たるとし、寺田学代表らと交渉を続けており、今月末にも結論が出る見通し。

 寺田代表は「職務を続けてもらうことが難しい事由があった」と述べている。女性職員は「すべてユニオンにお任せしている。良い方向に運んでくれると信じている」と話している。
(2009/01/20 10:05 更新)
http://www.sakigake.jp/p/akita/national.jsp?kc=20090120f

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 23:31:59 | Trackback(0) | Comments(0)
「派遣切り」対象の求人に誰もこなーいヽ(`Д´)ノ
「派遣切り」雇用…肩すかし 職場あわず各地で「ミスマッチ」 (1/2ページ)
2009.1.19 22:59

 全国の製造業で相次ぐ非正規社員の「派遣切り」。雇用対策として、さいたま市が発表した臨時職員100人の採用計画の応募が8人にとどまったことが明らかになったが、新規雇用を打ち出したほかの企業や自治体でも元派遣社員の応募が少数にすぎない実態が分かってきた。「派遣切り救済」と「人手不足解消」の一石二鳥を狙った企業や自治体は肩すかしを食った格好となっている。

 高齢者介護施設を全国で展開するさいたま市の介護会社「メデカジャパン」。日産や日本IBMなど派遣社員削減を発表した30社に人員募集の文書を送ったが、「応募は1件しかありません」(担当者)。

 「派遣削減が報道されたあらゆる企業に送っているが、職種や場所がなかなか合わないようで」と担当者は戸惑いを隠さない。

 ラーメンチェーンの「幸楽苑」(福島県郡山市)では派遣切りが相次ぐ現状に昨年12月、例年の3倍の150人の中途採用を発表。ところが面接にきたのは20~30人。派遣切りにあったとみられる人はうち2、3割。担当者は「このご時世なので、社会の役に立ちたいと採用数を増やしたが、拍子抜けしました」。

 厚生労働省は企業への聞き取り調査から派遣切りで3月までに8万5000人が失業すると試算。このような中、慢性的な人手不足を解消しようと新規雇用を打ち出す企業も多い。

 タクシー会社「エムケイ」(京都市)は先月、運転手1万人の新規募集を発表。1週間で140人が説明会に訪れたが、「元派遣社員の方はチラホラという程度。もっと応募があると思っていたが…」(担当者)。

 当惑しているのは、自治体なども同じ。新潟県上越市は派遣切りなどにあった市内在住者を対象に小中学校の安全管理を行う臨時職員80人を募集。「定員がいっぱいになった場合、追加募集するか検討しようとした」が、申し込みは22人にとどまっている。

 大分キヤノンなどで合わせて数千人の派遣切りが見込まれる大分県。「JAおおいた」(大分市)では、人手不足にあえぐ農業の現場で働く求人を呼びかけたが、問い合わせがあった約50人のうち元派遣社員は数人だけだった。

 「日本養豚生産者協議会」(東京)も100人の求人を発表し、57人から応募があった。しかし、こちらも「元派遣社員は2割に満たず、逆に『会社に勤めているが転職したい』という問い合わせがあった」という。

 こうした原因は、元派遣社員が希望する職場と、人手が足りず求人している職場があわない「ミスマッチ」によるもの。厚労省職業安定局は「どうやってこうした問題を解消するかは検討していきたい」としている。
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/090119/lcl0901192300005-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/090119/lcl0901192300005-n2.htm
まあ、工場労働していた人に、いきなり畑違いの職種、特にジジババ相手の福祉なんて絶対無理だよねえとは思ってはいたが。
人間、向き不向きもあるし強要は出来ないけれど、この状況なのにここまで求人が埋まらないと、下記のニュースと合わせてみて
「全国に宿泊施設を」 派遣村実行委が要望

1月20日8時1分配信 産経新聞

 派遣切りにあった失業者らの生活を支援している「年越し派遣村」実行委員会メンバーらが19日、大村秀章厚生労働副大臣に失業対策を要望した。要望は、国が全国に失業者の緊急宿泊施設を設置▽違法解雇をしないよう企業に周知▽企業側に資金を出させ、失業対策基金を創設-の3点。副大臣は財政面での検討を約束した。年末年始に約500人が登録した派遣村だが、実行委によると19日現在で約70人が滞在。都内の民間施設を拠点に再就職先を探すなどしている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090120-00000051-san-soci
(産経新聞公式サイトには当該記事UP確認できず)

本当に再就職する気あるのかしらと…


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 00:15:04 | Trackback(0) | Comments(0)
【メモ】小沢一郎民主党代表は自党の利益のためにアメリカを敵視
離任のシーファー駐日米大使、日本の政権変動しても同盟堅持に期待

 15日に離任するシーファー駐日米大使は9日、都内の大使公邸で日本経済新聞と会見、この中で次回衆院選を経て日本の政権構成が大きく変わった場合でも「日米同盟を支持すると思う」と述べ、オバマ政権下でも日本が米国との同盟体制を堅持することに強い期待を表明した。

 沖縄米軍をすべて撤収し有事のみ駐留を認めるという「有事駐留論」を提唱する日本の民主党の姿勢について大使は「沖縄から米軍が完全撤退することはできない」と言明。民主党の小沢一郎代表については「小沢さんが日米同盟を破壊することによって、民主党政権を誕生させようと思っているのなら失望を禁じ得ない」と語った。(09:11)
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090110AT2M0903709012009.html

参考
スコープ 小沢氏、米にひじ鉄 シーファー駐日大使と会談『自民と違う』強調

2007年8月9日 紙面から

 八日の小沢一郎民主党代表とシーファー駐日米大使の会談は、シーファー氏が言葉を尽くしてテロ対策特別措置法の延長に理解を求めたのに対し、小沢氏は明確にノーを突きつけた。同盟国のたっての頼みに、にべもなくひじ鉄を食らわせた小沢氏の思惑とは-。 (清水俊介)

 「テロとの戦いは、米国だけでなく国際社会の問題だ」と主張するシーファー氏。だが、小沢氏は自衛隊の海外活動は国連の要請に基づくものに限るという民主党の基本方針を説明したうえで「残念ながら、米国を中心とした活動には参加できない」「米国は国際社会の合意を得る努力を、まず最初にしなければならない」と言いたい放題だった。

 四十五分間の会談は、小沢氏側の意向で、最初から最後まで報道陣に公開された。野党とはいえ、外交の重要課題を協議する会談としては異例の対応だ。これは、小沢氏がこの会談を、安倍政権とは外交・安全保障政策で根本的に違うことをアピールする絶好の機会、と位置付けたからにほかならない。

 民主党は、強硬路線をとるブッシュ政権に歩調を合わせてきた小泉・安倍政権を、一貫して「対米追従」と批判してきた。そして、ブッシュ路線には、日本だけでなく米国でも批判が高まっている。小沢氏は、こうした事情を踏まえ、外交・安全保障でも政府・与党との対立軸を明確に示そうとしたわけだ。参院での与野党逆転で民主党の動向が注目を集める今、テロ特措法延長問題が格好のテーマとして浮かんだ。

 民主党執行部は「何でもかんでも米国の言いなりになるのが政権担当能力とは笑わせる」(鳩山由紀夫幹事長)と強気一辺倒。米国が、来年任期を終える共和党のブッシュ政権から民主党政権に代わる可能性も視野に入れているとみられる。

 ただ、民主党内では、前原誠司前代表ら保守系議員の間に「延長は必要」との声も根強い。与党から「反対のための反対」という批判が出るのも必至だ。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/scope/CK2007080902039737.html


テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 00:10:04 | Trackback(0) | Comments(0)
「派遣村」とNHKの疑惑

派遣切りと闘う ~東京「派遣ユニオン」の1か月~
■ 放送予定:総合テレビ 2009年 1月17日 (土) 午後 10:25~
■ 再放送予定:総合テレビ 2009年 1月23日 (金) 午前 3:15~ (木曜深夜)
写真 去年年末、都心に作られた「年越し派遣村」。“派遣切り”などで仕事や住居を失った約500人が集まった。そのきっかけを作ったのが、東京新宿にある労働組合「派遣ユニオン」だ。専従の書記長、関根秀一郎さんとボランティア2人を中心に運営する組合に、去年11月から相談が殺到。関根さんは、解雇を通告された非正規労働者を支援するため各地を飛び回り、賃金の補償や寮の使用などについて一定の成果をあげてきた。しかし12月に入り、職を失う人はさらに増加。「組合費を払えないが助けてほしい」「組合に相談に行く交通費がない」など、より深刻な訴えが相次ぐようになる。年の瀬が迫り危機感を持った関根さんは、せめて食事と寝る場所を確保できる場を作ろうと、知り合いに呼びかけ「派遣村」の準備を開始した。十分なセーフティーネットが用意されないまま、突然解雇を告げられる非正規労働者たち。“派遣切り”に翻弄される人たちのために奮闘する小さな組合の1か月を追った。 
http://www.nhk.or.jp/nippon-genba/yotei.html
2008年の大みそか、東京・霞ヶ関に作られた「年越し派遣村」。いわゆる派遣切りにあい、仕事や住まいを失った人など約500人が集まった。このきっかけを作ったのが、職員1人とボランティアで運営される小さな労働組合・派遣ユニオン。この冬、派遣切りの拡大とともにユニオンの活動は雇用だけでなく、命と生活を守ることへと大きく変わっていった。非正規労働者の厳しい現実を映し出した派遣村誕生までの一か月を追った。
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2009-01-17&ch=21&eid=5744
上と下とじゃ微妙にニュアンスが異なるような。
ただ、下の紹介文を読むと
派遣村は急激な派遣切りの進行に対して緊急に設置された」
 村の立ち上げについて湯浅は「同様の問題意識を持つ人たちと昨年暮れに、東京・飯田橋の居酒屋で飲んでいて、話が決まった」と証言する。
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090112/trd0901122133016-n1.htm
はずなのに、
NHKはその取材を1ヶ月も前から知っててやってたというようにも受け取れますよね…



テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

日本の世界のマスゴミ様江 | 21:09:42 | Trackback(0) | Comments(0)
【トンデモ】竹原信一阿久根市長【アチャー】
「辞めてもらいたい市議は?」市長がネット投票募る
2009年1月14日

 「最も辞めてもらいたい議員は?」。鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(49)が、自身のインターネット上の日記(ブログ)で「インターネット投票」を呼びかけている。昨夏の市長選で初当選して以来、議員定数削減案や教育委員人事案を市議会に否決され続けてきた竹原氏。「思いつき」で投票を考えたというが、議員からは「議会制民主主義を無視している」との批判が起きている。

 ネット投票は竹原氏の12日付のブログにある。市議会の名簿順に議員15人全員(欠員1)の氏名を挙げ、「阿久根市議会で最も辞めてもらいたい議員は?」と投票を呼びかけている。閲覧者が自由に投票でき、投票期間や投票結果を発表するかどうかは作成者が決める。発表しない場合、投票先の内訳は作成者しか分からない。

 市議から転身した竹原氏は昨年8月の市長選期間中にブログで他候補を批判し、市選管の指導などを受けて記述を削除。無所属新顔3人を破り、初当選した。市長就任後、市議会9月定例会に副市長と教育委員の人事案を提出したが、賛成少数で不同意。教育長も退任し、空席のままだ。公約に掲げた自身の給料の大幅削減案や議員定数を16から6に減らす条例改正案も否決されている。

 竹原氏はブログに「議会は時間の無駄」と書き込み、議員を名指しで批判。昨年11月から市議会の解散や自分自身の支持の是非をめぐり投票を呼びかけており、市議会解散では13日午後10時時点で約540人が投票している。ほかに市長としての活動の報告や家族の話題、式辞の全文掲載などもある。

 竹原氏は取材に対し「どのような場であっても、市長も市議も公職なのだから批判されるのは仕方がないものだ。ネット投票はお金もかからないし、思いつきで作っただけ。違法行為ではなく、投票結果が選挙や議会に影響しない」と主張し、市長の立場ではなく個人として投票を呼びかけているという。

 ある議員は「このようなネット投票は議会制民主主義の否定だ。市長の不信任案を検討する時期に来ているかもしれない」と反発。別の議員は「竹原市長が個人的な考えを述べているだけで別に気にする必要もないのでは……」と冷めた見方をしている。(三輪千尋、周防原孝司)

■市長も議員も対等の立場

 平井一臣・鹿児島大学法文学部教授(政治学)話 正確性のないネット投票は傾向を把握する参考材料にもならない。市長が市民の意見を聴く方法として、ただでさえ慎重さが求められるネット投票という手段を使うことに疑問を感じる。権力者である市長が、同じように公職選挙法による選挙の投票で選ばれた議員の去就を市民に問いかけるのはおかしいからだ。市長も議員も投票で選ばれたという点では対等の立場。こういうやり方をしていては、ますます信頼を損なうことになる。「思いつき」というが、思慮が欠けており、問題は非常に大きい。
http://www.asahi.com/digital/internet/SEB200901130017.html
と、「自分のブログで勝手に市議会議員罷免投票!」…を実行された竹原信一阿久根市長。
今回はその「勝手に投票」だけが問題になっているようですが、
実は
以前からなかなか楽しいご発言をされていたことが発覚しちゃいました。(ノ∀`)アチャー
ご本人のweb日記はこちらです。(-@∀@)も嫌いなら(まあ私も嫌いだが 爆)、その(-@∀@)の天敵?であるアメリカも嫌いらしいです。続きは、こちらのブログで竹原市長の愉快な発言をまとめられてますのでどうぞ。
(注意 お茶や珈琲などを飲みながらリンク先に飛ばないようにお願いします。たぶん吹いてしまうと思われますので…)

また以下のようなご発言もされてられます。
日本は、外交、防衛、金融の基本を外国に差し上げてしまいましたので、独立国としての体をなしておりません。
http://www.city.akune.kagoshima.jp/topic/mayer_room.html#2
※ちなみにこれはブログではなく、阿久根市役所公式HP内にある所信表明の一部だったりする…

おっと、今まで竹原「市長」と書いていましたが、もしかしたら市長じゃ無くなっちゃうかも知れません
阿久根市長が不人気市議投票、議会反発 不信任可決へ

 ブログ(日記形式のホームページ)を使って選挙運動をしたり、「アカンベー」をして取材を拒否したりするなどして物議を醸してきた鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(49)に対し、市議15人のうち少なくとも12人が「市長の資質に欠ける」として不信任決議案を提出することを決めた。決議案は可決される公算が大きい。

 市長は辞職せずに議会を解散して対抗する構えだが、出直し選後の議会の構成次第では辞職に追い込まれる。市民からは「市民そっちのけの不毛な争い」という冷めた声が上がっている。

 市長に反発する市議12人はグループを結成、「市議の任期満了は今年12月だが、このまま市長を放ってはおけない」として、解散覚悟で不信任決議案の提出を決めた。グループの新坂上誠市議は「早く市長を辞めさせないと混乱がさらに広がる」と話した。別の市議は「市長を失職に追い込むためには出直し選で反市長派が過半数を占めることが大切。新しい市長候補の擁立も含めしっかり準備したい」と語った。

 竹原市長は読売新聞の取材に対し、「自分の生活のことばかり考え、市民のことを考えない議会は必要ない。私のやり方に反対するのであれば議会解散は仕方ない」と話した。

 市議グループは、早ければ2月に臨時議会の開会を求め同決議案を提出する。議会が解散されれば3月末までに市議選になるとみられ、反市長派の現職のほか、市長派の新人数人も立候補する予定だ。

 竹原市長は市議を2年半務めて昨年9月に就任。以来、ブログで市議たちを「市政妨害グループ」などと評したり、「最もやめてもらいたい市議は」などの意見を募ったりして議会との対立を深めてきた。

 議会では2007年、複数の市議が領収書を偽造するなどして政務調査費を水増しして受け取っていた不祥事が発覚。当時、市議だった竹原市長は「議会の信頼を失墜させた」としてこの議員に対する辞職勧告決議案を議員提出したが、議会は否決した。竹原市長は昨年の市長選で議会の体質を批判し、定数の大幅削減などを掲げて当選したという経緯がある。
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20090115-OYS1T00214.htm

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 18:19:11 | Trackback(0) | Comments(2)
朝日では取り上げなかった「慰安婦」記事
Ex-Prostitutes Say South Korea and U.S. Enabled Sex Trade Near Bases
Jean Chung for the International Herald Tribune

Article Tools Sponsored By
By CHOE SANG-HUN
Published: January 7, 2009

SEOUL, South Korea ― South Korea has railed for years against the Japanese government’s waffling over how much responsibility it bears for one of the ugliest chapters in its wartime history: the enslavement of women from Korea and elsewhere to work in brothels serving Japan’s imperial army.

Now, a group of former prostitutes in South Korea have accused some of their country’s former leaders of a different kind of abuse: encouraging them to have sex with the American soldiers who protected South Korea from North Korea. They also accuse past South Korean governments, and the United States military, of taking a direct hand in the sex trade from the 1960s through the 1980s, working together to build a testing and treatment system to ensure that prostitutes were disease-free for American troops.

While the women have made no claims that they were coerced into prostitution by South Korean or American officials during those years, they accuse successive Korean governments of hypocrisy in calling for reparations from Japan while refusing to take a hard look at South Korea’s own history.

“Our government was one big pimp for the U.S. military,” one of the women, Kim Ae-ran, 58, said in a recent interview.

Scholars on the issue say that the South Korean government was motivated in part by fears that the American military would leave, and that it wanted to do whatever it could to prevent that.

But the women suggest that the government also viewed them as commodities to be used to shore up the country’s struggling economy in the decades after the Korean War. They say the government not only sponsored classes for them in basic English and etiquette ― meant to help them sell themselves more effectively ― but also sent bureaucrats to praise them for earning dollars when South Korea was desperate for foreign currency.

“They urged us to sell as much as possible to the G.I.’s, praising us as ‘dollar-earning patriots,’ ” Ms. Kim said.

The United States military, the scholars say, became involved in attempts to regulate the trade in so-called camp towns surrounding the bases because of worries about sexually transmitted diseases.

In one of the most incendiary claims, some women say that the American military police and South Korean officials regularly raided clubs from the 1960s through the 1980s looking for women who were thought to be spreading the diseases. They picked out the women using the number tags the women say the brothels forced them to wear so the soldiers could more easily identify their sex partners.

The Korean police would then detain the prostitutes who were thought to be ill, the women said, locking them up under guard in so-called monkey houses, where the windows had bars. There, the prostitutes were forced to take medications until they were well.

The women, who are seeking compensation and an apology, have compared themselves to the so-called comfort women who have won widespread public sympathy for being forced into prostitution by the Japanese during World War II. Whether prostitutes by choice, need or coercion, the women say, they were all victims of government policies.

“If the question is, was there active government complicity, support of such camp town prostitution, yes, by both the Korean governments and the U.S. military,” said Katharine H. S. Moon, a scholar who wrote about the women in her 1997 book, “Sex Among Allies.”

The South Korean Ministry of Gender Equality, which handles women’s issues, declined to comment on the former prostitutes’ accusations. So did the American military command in Seoul, which responded with a general statement saying that the military “does not condone or support the illegal activities of human trafficking and prostitution.”

The New York Times interviewed eight women who worked in brothels near American bases, and it reviewed South Korean and American documents. The documents do provide some support for many of the women’s claims, though most are snapshots in time. The women maintain that the practices occurred over decades.

http://www.nytimes.com/2009/01/08/world/asia/08korea.html?_r=1
この記事産経新聞では取り上げたが
韓国人元慰安婦、韓国政府と米軍を告発 NYタイムズ紙

1月8日15時57分配信 産経新聞

 米ニューヨークタイムズ(電子版)は8日、韓国の元慰安婦のグループが、1960年代から80年代にわたって米兵との性的行為を強制されたとして、当時の政府指導者に謝罪と賠償を求めて告発したと報じた。このグループは組織的な慰安施設の設置に直接的に関与したとして、米軍と韓国政府をあわせて告発した。

 同紙によると、元慰安婦のグループは朝鮮戦争後、韓国に駐留していた米軍の基地近くにあった慰安施設で米兵を相手にした売春を強要されたと証言。一帯では、米軍の憲兵隊と韓国当局者が施設を見回り、番号札を使って性病に感染したとみられる慰安婦を排除しており、性病が疑われた女性は警察当局が、窓に鉄格子がはまった「モンキーハウス」と呼ばれる施設に収容し、快復するまで治療が施された、と証言している。

 同紙は、韓国の専門家が、当時の韓国政府は米軍の撤退を恐れており、それを防ぐために手段を選ばなかったと指摘しているとし「慰安施設には韓国政府と米軍の積極的な関与があった」とする別の専門家の談話を伝えた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090108-00000542-san-int
(産経新聞公式HPでは当該ページなし(時間切れで削除?)、系列のイザ!には残っている こちら
NYタイムスと提携しているはずの朝日新聞では掲載されなかったらしい。参考こちら

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

「慰安婦」騒動を考える? | 00:16:20 | Trackback(0) | Comments(0)
テンプレを戻しました+ブログ改題
本日にて松の内終了のため、テンプレを通常の物に戻しました。

また、長年ご愛顧いただきましたタイトル「小事多論」を改題しました。
改題は去年から考えていたのですが、そのきっかけは皆様ご存じのようにタイトルのネタ元が死んだことです。
新タイトルはこのブログの喧々囂々加減から「小田原評定」にしようかと思ったのですが、既に掲示板やブログタイトルとして使っているところがいくつかあること、拙別館に関わりの深い島津氏も豊臣秀吉に攻撃された際、一種の小田原評定もどきをやっていたことにちなみ、このタイトルにしました。

内容もおいおいと私事に近い物は切り離していこうと考えております。世の中のことにごちょごちょごまめの歯ぎしりしている状態は変わらないと思いますが(爆)

ということで、改題後もよろしくお願い申し上げます<(_ _)>

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

運営ネタ | 12:12:57 | Trackback(0) | Comments(0)
年始は派遣村が大受けでした(棒読み)
本当に困っている人は東京の派遣村までたどり着けなかった人が多かったと思うんですけどね。マスコミ的には「政府の無策」を煽るには結構なネタだったようですね。
まずはhentai毎日新聞の大賞賛記事から
生活危機:年越し派遣村、路線の壁超え結束 連合・全労連・全労協、裏方に徹し成功
 ◇目の前の一人を救う…「連帯」につながった

 東京・日比谷公園を拠点に、仕事と住居を失った派遣労働者らを支援した「年越し派遣村」は、不況に伴う雇用問題の深刻さを強く印象づけ、通常国会の主要テーマに押し上げるなど大きな注目を集めた。企画・運営したのは市民団体や労働組合。労組は非正規社員への関心が薄く「正社員クラブ」と揶揄(やゆ)されることも多いが、路線の違いを超えて結束した。【東海林智】

 派遣村誕生のきっかけは、08年12月4日に都内で開かれた労働者派遣法の抜本改正を求める集会。労組のナショナルセンターである連合や全労連、全労協の三つの全国組織に加入する労組や弁護士グループが主催し、2000人以上が参加して政府の派遣法改正案の問題点を訴えた。集会後、労働弁護団の棗(なつめ)一郎弁護士らが「労働者の生存権すら脅かされる状況なのに、集会だけでいいのか。目の前の一人を救う活動が必要だ」と支援を労組などに呼び掛け、派遣村が実現した。

 労組は80年代の労働戦線統一問題で、これら三つの全国組織が分立し、そのしこりで共同行動が難しい状況が続いてきた。しかし派遣村では炊き出しの機材やテント、食材の調達のほか労働、医療相談などに各組合が協力した。労組幹部は「それぞれが表に出ず裏方に徹したことが成功の理由」と口をそろえる。

 背景には直接組合と関係のないNPO「自立生活サポートセンターもやい」の湯浅誠事務局長が村長に選ばれたことがある。湯浅氏は路上生活者の支援を手がけ、生活保護申請で一緒に自治体窓口に出向いて折衝する活動を続けてきた。この経験が、宿泊施設の確保を巡る厚生労働省などとの折衝や生活保護の一斉申請に役立った。労組幹部は「人手や物資の確保は労組のお手のものだが、いったん動き出した活動をどうまとめ上げるかが最も難しい。派遣村は理想的だった」と話す。

 労組幹部同士がささいな活動方法を巡ってぶつかりそうになる場面もあった。全国組織の幹部は「1700人ものボランティアが集まり全国から注目を集めている。正規も非正規も働く者の連帯が大事だと思った」と振り返る。湯浅氏は「労組と市民が手を組んで行動を起こしたことに意味があった。次につなげたい」と話した。

毎日新聞 2009年1月12日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090112ddm041040071000c.html
hentai毎日新聞は派遣村がとても気に入ったようで、もう一つこういう賞賛特集もあります。
読む政治:官邸動かした派遣村
「派遣村」の”住民”は救済が進んでいるようですが
「派遣村」から100人が新生活へ 住居や仕事見つかる

 職や住まいを失って年末年始を東京・日比谷公園の「年越し派遣村」で過ごした元派遣労働者ら約100人が12日、住居や仕事を見つけて同村を後にし、新生活に一歩踏み出した。残る約170人は、東京都などが提供していた施設の入居期限切れに伴い、東京都新宿区の日本青年館に移動した。

 派遣村実行委員会によると、12日までに派遣村に集まった約500人のうち280人が生活保護を申請、ほぼ全員への給付が決定した。また、12日の宿泊者の約半数の住居も決まった。

 昨年12月6日に派遣社員として働いていたさいたま市内の建設会社から突然契約を打ち切られ、仕事と住居を同時に失った男性(54)は、先週末に生活保護の交付が決定、今週内に足立区内のアパートに引っ越す。(12日 22:01)
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20090113AT1G1200L12012009.html
派遣村までたどり着けなかった派遣切りにあった人はどうなるんでしょうね?

ともかく、今回の派遣村騒動では「でかい声でマスゴミと一緒に煽る奴ほど得をする」と言うことが証明されました('A`)

おまけ
マスコミが賞賛する奴にはすぐこういうのが寄ってくる。
「派遣村」村長から聞き取り=民主

 民主党の雇用対策本部(本部長・菅直人代表代行)は14日午前、国会内で会合を開き、職と住まいを失った元非正規労働者らを支援する「年越し派遣村」で村長を務めた湯浅誠氏からヒアリングを行った。
 この中で、湯浅氏は今年度末までに、(1)派遣労働者の中途解雇に対する派遣先企業の賠償責任などを明確にする(2)解雇された労働者の社員寮からの退去を規制する-ことなどを要望。これを受け、同本部は国会論戦を通じて政府に実現を求めていくことを決めた。(了)
(2009/01/14-13:04)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009011400456

テーマ:毎日新聞 - ジャンル:ニュース

日本の政治 | 00:11:14 | Trackback(1) | Comments(0)
【日本終了のお知らせ】かつて「日本の国民は白痴」と管直人は言った。
「次の首相」小沢氏圧勝 政権「民主中心」51%
2009年01月12日 15:37
 【解説】共同通信社の世論調査で麻生内閣支持率が10%台に落ち込み、不支持率が70%を超えたことは、自民党を含む与党支持層という「政権基盤」の動揺の深刻化を示した。麻生太郎首相は2008年度第2次補正予算、09年度予算を着実に成立させることで反転攻勢を狙うが、成果が上がらなければ一気に窮地に追い込まれかねない。

 麻生首相と小沢一郎民主党代表の「どちらが首相にふさわしいか」の調査では、小沢氏が首相にダブルスコアをつけた。

 首相は積極的財政出動を盛り込んだ2次補正と09年度予算案で「安心と活力」を打ち出す構えだ。しかし派遣契約打ち切りなどで仕事や住居を失った人たちが集まった「年越し派遣村」に象徴される雇用不安の広がりで、逆に「有効な対策を打ち出せない政権」との印象を与えてしまった。

 公明党が主導した定額給付金に関しても、首相は高額所得者の受け取りを「さもしい」と言いながら、最近は積極活用要請の姿勢に転換。ただし自らの受領は明言しないという、一連の対応の迷走で支持層の不信感を招いたとみていいだろう。

 今回調査で公明支持層は内閣支持46.6%と不支持46.3%が拮抗(きっこう)。自民支持層でも内閣支持47.5%に、不支持が39.4%と迫った。

 首相は09年度予算成立後、追加経済対策も視野に「景気の麻生」を訴え衆院解散・総選挙に有利な状況をつくる戦略を描く。ただ通常国会の予算審議は野党の攻勢が一層強まる予想で、支持率回復の道は描けていない。


=2009/01/12付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/election/2008syuin/kyushu/20090112/20090112_0006.shtml
産経新聞の結果はこちら
NHKの結果はこちら※2,3日中にリンク切れになるとおもわれます。
だいたいどこもここも似たような結果なので、マスゴミが共同戦線をはって調査結果をごまかしている可能性もあると思われますがマスコミの記事を鵜呑みにするのが日本人の国民性、この結果に煽られ、さらに内閣支持率が下落というスパイラルに現状は陥っていますから、どっちにしろ次の衆議院選挙では自民党が下野する可能性もかなり高くなってきたのは確かでしょう。

個人的には「外国人にドンドン参政権を与えましょう」とか「公務員改革」と言っておきながら前回の参議院選挙の比例代表名簿のトップに寄りによって公務員出身者を据えるなどの二枚舌を使っている民主党は、現状では日本で最も信頼できない政党だと思いますが、それを国民が(マスゴミに煽られているとはいえ)支持するというなら、日本はそれなりの国家に落ちていくのでしょう。国民のおつむ相応の政府が出来るのが民主主義国家なのですから。

タイトルの由来
管直人、「朝まで生テレビ」で「国民は白痴」と発言
「白痴」な国民の支持で民主党は日本政府のトップに躍り出そうですね よかったですね(棒読み)

続きを読む >>

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 12:30:32 | Trackback(0) | Comments(0)
アヒルのおもちゃを届けてNASAから$100ゲットしよう!
…ガーディアン紙が元ネタ+4/1じゃないのでたぶん嘘じゃないと思うんですが、ねぇ(^^;)

Nasa hunts for its rubber ducks

* Andrew Clark in New York
* The Guardian, Monday 22 December 2008
* Article history

Sailors, fishermen and cruise passengers should be on the alert. If anybody spots a yellow rubber duck bobbing on the ocean waves, Nasa would like to know.

The US space agency has yet to find any trace of 90 bathtub toys that were dropped through holes in Greenland's ice three months ago in an effort to track the way the Arctic icecap is melting. Scientists threw the ducks into tubular holes known as "moulins" in the Jakobshavn glacier on Greenland's west coast, hoping they would find their way into channels beneath the hard-packed surface, to track the flow of melt water into the ocean.

"We haven't heard anything from them yet," Nasa robotics expert Alberto Behar told the BBC.

Also missing is a football-sized floating robotic probe equipped with a GPS positioning transmitter and powered by hi-tech batteries. It has failed to communicate its position. "We did not hear a signal back, so it probably got stuck under the ice somewhere," said Behar.

The experiment was intended to examine the movement of glaciers, which has speeded up in recent years. Scientists believe that melting water lubricates the bases of glaciers.

Although low-tech, the $2 ducks were chosen for their buoyancy and for their ability to withstand low temperatures. Nasa is offering a modest prize of $100 to the first person who finds a duck. The ducks have an email address stamped on them, together with the word "reward" in three languages, including Inuit.
http://www.guardian.co.uk/environment/2008/dec/22/nasa-arctic-icecap-climate-change
翻訳はこちらにのっています。
太平洋岸にお住まいの方にはアヒルゲットの可能性がありそうです。目指せ$100!でも円高で$100は¥9000ぐらいにしかならない(´・ω・`)

あ、ちなみにこのアヒルどもにはNASAにしか分からない仕掛けがあるようなので、近所の店で同じアヒルを買ってNASAに連絡しても駄目ですからね(苦笑)

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 18:06:17 | Trackback(0) | Comments(0)
【プロ市民】奈良スモンの会の会長、会費を自分の会社に流用【9条信者】
スモンの会から5千万円横領容疑 奈良、会長が流用謝罪
2009年1月8日0時11分

 薬害スモン患者らでつくる奈良スモンの会(事務局・奈良市、約50人)は7日、会の預金約5千万円を会長の男性(86)が私的に使い込んだ疑いがあるとして、業務上横領容疑で刑事告訴を検討していることを明らかにした。会長は経営する貿易会社の借金返済に流用したことを認めて謝罪した後、連絡が取れなくなったという。

 事務局によると、預金口座は会長が管理。04年度末の残高は会員から集めた運営費や訴訟で得た賠償金など約5千万円超あり、その後は大きな支出がなかったのに、昨年11月に確認すると1万2884円になっていたという。(高橋友佳理)
http://www.asahi.com/national/update/0107/OSK200901070118.html?ref=rss
地元の奈良新聞ではもう少し詳しく報じていたようだ
県スモン会が着服-7600万円「私的流用」  (2009.1.7 奈良新聞)

  整腸剤「キノホルム」服用による薬害スモン病患者の会「奈良スモンの会」の預金が、少なくとも平成18年3月時点で約7600万円あったという会計報告にもかかわらず、当時、同会のすべての預金通帳に残金がほとんどない状態だったことが6日、奈良新聞社の調べで明らかになった。昨年末に開かれた同会の役員会で「私用に使った」と認めた元県議会議員の同会会長(85)とその妻(58)は現在、連絡がつかない状態。会の存続を危ぶむ声もあり、会員の一人は「スモン病と認定されていない会員や会のためのお金を、誰であっても私用に使うことは許されない」と憤慨している。

 同会役員らによると、発端は昨年11月9日、県スモンの会の平成19年度決算で、監事が「通帳を見せてくれなければ監査済みの印鑑を押さない」と主張して譲らなかったことから。それまでは通帳の記載を確認しないで監査業務が行われていたという。会長から通帳が提出され、会の役員らは初めて通帳にほとんど預金がないことが分かったという…

 ~この続きは本紙をご覧下さい~ ⇒ ⇒ 奈良新聞を購読する ⇒ ⇒
http://www.nara-np.co.jp/n_all/090107/all090107a.shtml
_(。_゜)/
…しかし、某所掲示板に親切な方が
奈良新聞8日付け1面によると、代表が経営していた会社は、株式会社奈良交易
(株)奈良交易とはこんな会社らしい。こちら ※公式HPはないみたい。
中国との貿易をやっている会社みたいですね。

ちなみに奈良交易の会長は「9条の会」にも賛同していた
奈良市民有志7名 矢川敏雄(奈良交易代表) (以下略)
http://9jo-net.org/soshiki/sandonin.htm
薬害被害者団体の会長に納まった上、その団体の金は自分の物として流用、おまけにしっかり9条の会に賛同してエセ平和主義者。どう見てもプロ市民です。本当にありがとうございました。



(追記)
妻と逃亡しているようだが、死んでお詫びするつもりか?かわいそうな自分をみんなに哀れんででも欲しいのか?ふざけるな、金を返してから死ね。気の毒なのは会の運営費を取られ手当もなくなった患者達だ。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

ぁゃιぃ文化人 | 00:16:18 | Trackback(0) | Comments(0)
【メモ】TBS社員がファイル交換ソフトで局アナのプライベート写真流出させる
またTBS…今度は社員PCから女子アナ××写真流出

男性社員のPCから

 ファイル交換ソフトによる流出事故が相次ぐなか、今度はTBSの人気女子アナ2人のプライベート写真がネット上に出回った。流出元は同期入社で制作局に勤務する20代の男性社員。入社前のすっぴんに近い彼女たちの素顔をネット上にさらしてしまったほか、他局の人気番組を違法にダウンロードしていた形跡もあり、テレビ局社員としてのモラルも問われる事態となっている。

 男性社員が所有するパソコンから流出したのは同局に所属する人気女性アナウンサー2人のプライベート写真。男性社員と両アナは同期入社で、これらの写真は入社前、同期の面々と一緒に伊豆方面へ旅行した際、200枚以上撮影した写真データの一部とみられる。また、同期33人が参加するグループメールのアドレスも流出した。

 写真以外で気になるのは、社員がファイル交換ソフトを使って多数の動画を不法に入手した形跡があること。ダウンロードのためのキーワードには、多数のAV(アダルトビデオ)女優名や「鬼畜輪姦」「痴漢地獄」などのAVタイトル、「機動戦士ガンダム」「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」「くりぃむナントカ」といった他局の人気アニメやバラエティー番組のタイトルがずらりと並んでいる。

 テレビ番組を著作権者に無断で複製し、公衆へ送信する行為は複製権、公衆送信権の侵害に該当する。ファイル交換ソフトのように、受信者の要求で自動送信されるケースや、ネット上のサーバーに番組をアップロードして送信可能にしておくことは自動公衆送信権、送信可能化権侵害とみなされる。

 つまり、ファイル交換ソフトを使用して意図的に著作物(番組)をダウンロードし、パソコンに保管しておくことは、各種の権利を侵害する可能性が極めて高いのだ。そうした行為を番組の著作権を守る立場であるテレビ局の制作局員が行っていたとすれば大問題だ。

 この男性社員は京大工学部卒で、在学中は陸上競技部に所属。選手権大会の中距離走で入賞するなど文武両道にたけたエリートで、同局の採用ホームページに写真付きで紹介されたこともある。

 TBS広報部は今回の件について「個人使用のパソコンが被害を受けたものではないかと推測されますが、いずれにいたしましても、(流出したデータや個人情報は)悪質な書き込みと考えております」とコメントしている。

ZAKZAK 2009/01/07
http://www.zakzak.co.jp/gei/200901/g2009010702_all.html
最後の広報のコメントが訳が分からない。
「流出したデータ」が悪質なの?
不正に情報を獲得したこと その情報の内容が風紀良俗に反することに対して意見はないの?
流出させた奴の責任は問わないの???

テーマ:TBS - ジャンル:テレビ・ラジオ

日本の世界のマスゴミ様江 | 12:54:48 | Trackback(0) | Comments(0)
【民主党】遂出たホンネ!国民の生活より党の銭優先!【平成21年活動方針】
「総選挙で単独過半数」 民主党の活動方針案判明 (1/2ページ)
2009.1.8 01:25

 民主党の平成21年度活動方針案が7日、明らかになった。今年を「政権交代を実現する政治決戦の年」と位置づけたうえで「総選挙での与野党逆転を必ず実現すべく、必勝を期した選挙態勢を確立する」と表明、次期衆院選での「単独過半数獲得」を宣言している。13日の常任幹事会で提案され、18日に開かれる定期党大会で決定される。

 活動方針案の表題は「政権交代 日本は変わる! 国民の生活が第一」。副題では「雇用を守り、暮らしを守り、地域を守る」と銘打っている。

(中略)

■民主党の平成21年度活動方針案骨子

・「国民の生活が第一」のマニフェストを実行

・政府の怠惰を追及して国会を変え、政権交代後は新しい国会の姿を体現

・総選挙で過半数を獲得

・全国27万人の党員・サポーター登録を実現し、政権を担う地域組織を構築

・連合との協力を強化し、与党を支持していた諸団体の支持を獲得

・雇用を守る国民運動を推進

・政権交代を具体的に広報

・政権前は選挙に集中、政権交代後は党財政を確立

・新しい政権政党の政策を国際社会に発信
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090108/stt0901080127000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090108/stt0901080127000-n2.htm
民主党が政権交代した後の一番の目標は党の金庫を潤沢にすることみたいです(爆)

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 23:53:25 | Trackback(0) | Comments(0)
【メモ】小沢一郎政治団体が売却のマンション、取得の建設会社(小沢一郎に献金済み)が安く売却
陸山会売却のマンション、取得の建設会社が安く売却 小沢氏不動産問題
2009.1.8 13:40

 自民党の葉梨康弘衆院議員は8日午前の衆院予算委員会で、民主党の小沢一郎代表の不動産問題について、小沢氏の資金管理団体である「陸山会」が東京・赤坂のマンションの一室を平成19年秋ごろ、建設会社に1300万円で売却し、その建設会社が1180万円で売り出していたことを明らかにした。

 葉梨氏によると、この会社は17、18両年、小沢氏が支部長を務める民主党岩手4区支部に100万円ずつ献金しているが、19年には献金していないという。

 葉梨氏は建設会社がマンションを売却した際の差損分について「プロの業者なら安く買って高く売るのが普通だ。献金という意識があったかどうか分からないが、この経緯を自ら明らかにされたい」と述べた。政治資金規正法で禁止している、資金管理団体に対する企業献金に実質的に当たる可能性もある-との考えを示した発言だ。

 また、葉梨氏は、陸山会がこのマンションの一室をコンサルタント会社に、14年1月から5年9カ月間貸し出し、月額7万円、計483万円の家賃を受け取り、その後、同額を会社側に返還したことを改めて指摘。「贈与に当たる可能性がある」として、この件について小沢氏自ら説明するよう求めた。

 これに関連し、鳩山邦夫総務相は「資金管理団体が企業に便宜供与や贈与することは政治資金規正法で想定していないが、言語道断だ」と語った。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090108/stt0901081342001-n1.htm

1300万円≒1180万円+100万円×2年
計算はほぼ合ってますね。

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 23:06:15 | Trackback(0) | Comments(0)
毎日新聞、「waiwai」事件後も体質は変わらず
「変態記事」以降も毎日新聞の「ネット憎し」変わっていない
(連載「新聞崩壊」第3回/ITジャーナリスト・佐々木俊尚さんに聞く)

j-castの連載で、元毎日新聞記者だった佐々木氏が「waiwai」事件であれだけ批判されても変わらないどころか、ますますインターネットを敵視してことあるきっかけにつぶそうとすらしている毎日新聞、そしてマスコミ内部のホンネが紹介されていて興味深いです。
ただ、
――新聞社の人は、「2ちゃん・ネット=悪いやつ」というイメージを持っているんでしょうね。

佐々木 新聞業界の人からは、「ビジネスとしてはインターネットとつきあっていかなければならないのはわかっているが、生理的にはどうしても受け入れられない」という考えが伝わってきます。

――毎日新聞は、特にその傾向が強いと思いますか?

佐々木 不思議なのは、ネットをよくわかっていない50代の記者が「ネットはけしからん」というのならともかく、20~30代の若手記者までネットの悪口を言っていることです。WaiWai事件以降、様々な地域面のコラムでネットの悪口が書かれるようになって、明らかに社内に「空気」ができているのだと思います。どう見ても、明らかに若い記者が書いている。毎日新聞は「ネット憎し」の空気で埋まってしまっている。
となっていますが、毎日新聞だけが特に酷いのかな、既存マスコミ(テレビ含む)はネット敵視の傾向は毎日新聞と変わらないのではないかなとは感じますが。



テーマ:毎日新聞 - ジャンル:ニュース

日本の世界のマスゴミ様江 | 00:16:22 | Trackback(0) | Comments(0)
【メモ】“派遣村”失業者に就活交通費手当てへ 厚労省【ゴネ得】
“派遣村”失業者に就活交通費手当てへ 厚労省
2009.1.7 00:37

失業者対策を求め財界の新年祝賀会場を訪ね、公開質問状を提出しようとする支援者ら失業者対策を求め財界の新年祝賀会場を訪ね、公開質問状を提出しようとする支援者ら

 「年越し派遣村」で年末年始を過ごした失業者が都内の4施設で生活している問題で、4施設の約100人が6日、厚生労働省を訪れ、交通費や通信費などがなく就職活動できない現状を訴えた。

 同省は交通費を手当てすることを明言。

 また、4施設の居住期限の12日以降の受け皿についても「体育館から体育館に移すようなことはしない」と説明したという。

 厚労省側と交渉した派遣村の実行委員会によると、交通費は支給か、貸し付けるかの形は未定だが、同省は、7日午前10時までに決定事項を実行委員会に伝えるとしている。

 12日以降の居住先についても「もっと恒久的に住める場所を考えている」と説明したという。

 100人は午後8時すぎ、バスに分乗して同省前に集合。庁舎前の日比谷公園で要望活動を行い、代表者が庁舎内で担当者と交渉した。
http://sankei.jp.msn.com/life/welfare/090107/wlf0901070038000-n1.htm
派遣村にいる人だけが優遇ですか
派遣村特権ですな

おまけ
某所掲示板より
> 2009年1月7日 朝日新聞「声」 大阪版
日比谷派遣村 涙流す解雇者 団体職員 村川茂治(東京都大田区 62歳)
 「派遣で解雇になった人々に少しでもお役に立ちたい」。連合の地域協議会で雇用労働の相談を業務と している私は、元日と2日、東京・日比谷公園内の「年越し派遣村」で労働・生活相談のボランティアを してきた。
 解雇の原因、生活保護申請、職業紹介、賃金未払い、社会保険の加入状況などについて、相談者に聞きながら用紙に記入した。相談者のほとんどが日雇い派遣で、中には派遣・期間労働者もいた。30代前半から50代後半が大半で、男性がほとんどだった。
 相談者は「何度となく自殺を考えた」「住む所と仕事を早く見つけたい」と、口々に、切実に話していた。
 派遣村にはたくさんのボランティアの人たちが駆けつけた。「人の情けを感じました。いつか必ず皆さん に恩返しをしたい」と、涙を浮かべながら話す相談者もいた。
 派遣村は5日で活動を終了、都内数ヶ所の公共施設に宿泊場所が確保された。今後は行政主導の住居確保と仕事探し、職業訓練が急がれる。

今回問題になったのは派遣会社からの期間限定派遣社員がが期間満了前に切られたことであって、日雇いは関係ないはずですよね…

拙ブログ関連ネタ こちら

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

日本の政治 | 12:37:33 | Trackback(0) | Comments(0)
【武器だってパクる】<中国製>コピー兵器は低価格高品質、ロシアからシェア奪う【約束破り上等】
中国製>コピー兵器は低価格高品質、ロシアからシェア奪う―アフリカ
モバイル版URL : http://rchina.jp/article/27226.html
2008年12月24日、米UPI通信はカナダの雑誌編集長であるアンドレイ・チャン氏の記事「低価格高品質の中国製兵器がロシアからアフリカ市場を奪う」を配信した。30日、環球時報が伝えた。

それによると、従来、アフリカ諸国では低価格のロシア製がシェアを握っていた。しかし近年、中国製が台頭、欧米諸国はもちろんのこと、ロシア以上に安い価格を武器にシェアを奪いつつある。当初は安価な戦闘機が主力製品だったが、その後は戦車の販売にも乗り出した。こうした中国の武器はロシアの技術を用いて製造されたもの。そのためロシア製兵器を使っていた国にとって導入は容易だという。問題だった品質面でも改善が進み、欧米およびロシアとの差は縮まりつつある。

こうした状況に不快感を隠せないのがロシアだ。供与した技術が勝手にコピーされて、ライバル製品として輸出されていることに怒りをあらわにしている。相次ぐ「パクリ」行為にロシアも態度を硬化、新規の兵器売却契約をストップするなど両国は対立を続けていた。08年12月、両国政府は軍事技術分野における知的所有権保護を確認。ロシアから技術供与を受けた中国製兵器の輸出が禁止されたため、好調だった兵器輸出にも影響が生じる可能性が指摘されている。(翻訳・編集/KT)
2009-01-01 16:07:54 配信
http://www.recordchina.co.jp/group/g27226.html

兵器だってコピー商品売っちゃいます 
アフリカ諸国に武器を売り人を殺させて自分は焼け太りさすが中国(棒読み)

続きを読む >>

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 23:08:29 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。