現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【またまた】「篤姫の道中日記」はそうじゃなかったというオチ【マスゴミが(略)】
くわしくはこちらのブログでどうぞ。
このブログ主の方は心が広い方なので社名は伏せておられるが、普通ならこんな虚偽報道をしたら社名晒し揚げられて無茶苦茶言われても当然のところですな。
これを報じたある新聞夕刊を読み直す(本年9月27日付)。

 「篤姫が徳川十三代将軍家定の正室となるために薩摩から江戸に向かった道中や、薩摩藩の姫たちの動静を詳細に記述した藩士の日記」。

 「薩摩と江戸との間の道中日記には、篤姫が、生家の今和泉家から薩摩鶴丸城に入り、江戸に出立した時期や様子、神社など立ち寄り先、日々の天気まで詳細に記されていた」。

 たしかに書いてある。報道が誤っていたのである。ショックであった。


気になって検索してみたが、高視聴率大河便乗ネタであるにもかかわらず、この記事を取り上げたブログやHPを見つけることが出来なかった。

つか
素人さんみんな思いっきりだまされてるしヽ(`Д´)ノ どうするのよ
2008年11月14日
篤姫お供の道中日記が!!
本日と明日、14.15日に、東京の古書会館で、篤姫お供の道中日記が生で見ることができる。

私は、本日行ってきた。

こちらはオークションに出品されているのだ。

なんといっても、直に手で触れることができたので、驚いた。

今日、明日は一般の人も見ることができるが、その後、古書店がオークションをするのである。

一般の人が欲しい品があれば、古書店に注文するのである。

篤姫一行の道中日記は、薩摩藩士・仙波市左衛門が書いた日記である。市左衛門の妹は、篤姫と共に大奥入りしている。
篤姫が生家を出、鶴丸城から京都に寄り、江戸に行く道中、輿入れ後、家定亡き後、生麦事件の頃の記録もあるという。
http://busguidemiko.seesaa.net/article/109666610.html
ニュースで『篤姫輿入れ道中日記』が見つかり、東京古書会館で展示されているという。
疎開中にそんな古書に出会うのも何かの縁。展示は14・15両日のみ、とのことで、久しぶりに神田古書店街へ。
(中略)
勝海舟の原稿、家康の朱印状、
どれも興味あるけれど、今日のところは『篤姫』
あった!薩摩潘士、島津斉彬の側役を勤めた仙波市左衛門の日記。輿入れ道中に警護としてつきそう。その行列の中には妹が篤姫のお付きに、娘も大奥に入り、幕末後も天璋院の側を去らなかったという。

『身は徳川』の者として、開城の前夜まで大奥からでるのを拒否した天璋院。
薩摩から共をした幾人もの薩摩の娘たち。
天璋院の一族郎党のなかには…
どこまでの覚悟と、言葉にならない想いがあったことか。
http://blogs.yahoo.co.jp/min07281955/45209441.html

ところが、肝心の出品者の方は巧妙というか、うまいことごまかしているというか…嘘は付いてないのですよ。
1328 天璋院篤姫 御付女中実兄仙波市左衛門日記
嘉永三年―文久二年他 江戸~薩摩往復道中日記他 カラー写真版一三頁掲載
八冊
http://www.kosho.ne.jp/~kotenkai/tokusen/mok015.html
パッと見ただけでは「篤姫道中日記」と見えてしまうが、
ちゃんと読めば「篤姫のお付き女中の兄だった人が江戸と薩摩を行き来したときの記録帳」
で、篤姫とは全然関係ないことが分かります。

上記の素人さん達のブログによると、この本目当てにオークションはえらい大騒ぎだった模様。
本当にお騒がせなことで。
スポンサーサイト


テーマ:篤姫 - ジャンル:テレビ・ラジオ

おたく拝見! | 23:20:57 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
私の文章掲載について
ご挨拶もなくTBをされたようですが、
申し訳ないのですが、削除させていただきます。
私の全文を読んでいただけばおわかりかと思いますが、
篤姫関連の箇所に付箋がされ、聞けば担当者の方が丁寧にお話下さいました。
また、私は以前にも篤姫を取り上げ、自分なりの女性観を書いてきました。
古文書・歴史の専門家ではありませんが、
ブログでは楽しんで書いています。
こちらへの勝手な掲載もお止めいただきたいと思います。
2008-11-22 土 14:12:05 | URL | min [編集]
コメント恐れ入ります

要点のみ回答させていただきます。当記事は4つの記事から引用を行っております。申し訳ありませんが、min様のコメントからではどの記事の引用を指してどの部分の削除を求めていらっしゃるのか分かりません。また、拙記事を読んで下されば分かるように、問題としているのは引用した記事群ではなく、報道した某マスコミであることも明らかかと思いますが、如何でしょうか。

よってトラックバックの削除(複数に行っています)に関してはこちらのブログが踏み込む部分ではありませんので「勝手にどうぞ」としか申し上げようがありません。
掲載の削除については上記の理由により応じられません。御了承下さい。
2008-11-23 日 22:43:24 | URL | ばんない [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。