現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「こんにゃく畑」再販売を阻止しようと激闘!「ユニカねっと」って何者?
こんにゃくゼリー、消費者団体が「販売見送り」求める声明

 全国の消費者団体などで組織する「消費者主役の新行政組織実現全国会議(ユニカねっと)」は1日、マンナンライフ(群馬県富岡市)によるこんにゃく入りゼリー製造再開について、「事故の再発の可能性が否定できない」と、製造・販売の見送りを求める声明を発表した。

 マンナンライフは、ゼリーをのどに詰まらせたことによる幼児の死亡事故を受け、10月に製造・販売を一時中止。しかし、ゼリーを軟らかくするなどの変更措置を取り、11月25日に出荷を再開した。

 声明では、「客観的なデータに基づいて安全性が担保されない限り、安易に製造・販売を行うべきではない」と、公正中立な機関による商品テストの実施を求めている。

 また、ユニカねっとは、臨時国会の会期が延長されたことを受けて、消費者庁関連法案の即刻審議入りを求める声明も発表した。
(2008年12月1日19時18分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081201-OYT1T00646.htm

こんにゃくゼリーに関しては、かなり以前から散々「年寄りと子供には危険」と言われているのに、ろくに注意書きも読まずに与えた介護担当者や親に責任があると思うのだが…この期に及んで、まだマンナンライフという弱小企業たたきに精を出す自称「消費者の味方」”ユニカねっと”って初耳。
検索したら、公式HPはアクセス集中のためか、Service Temporarily Unavailableになってしまいました_| ̄|○(2008/12/01深夜現在)
というわけで、以下にyahoo!のキャッシュを取っておきました。
ユニカねっとトップページ(yahoo!キャッシュ) ※クリックすると画像が拡大されます。
トップページで目を引くのは、冒頭の文とイラストで、こんにゃくゼリーは中国の毒餃子並の危険食品といわんばかりの主張をしている点です。
食べ方に注意を要するだけで毒なんか入ってない食品と、
殺虫剤入りの食品を同列に扱う
というのはいかがな物でしょうか、
…と、これだけでもこの団体が胡散臭く思えます。

公式HPトップには賛同者・団体の名前がずらずら。数だけでも相当怖い団体とおもわれます。
昔からの消費者団体が多いようですが、気になるところを2,3調べました。
代表幹事の一人・弁護士の宇都宮健児氏。サラ金関係で勇名をはせた超有名弁護士のようですが、現在はあのコスプレ武闘派サヨク(元武闘派ウヨク)として有名な雨宮処凛氏と共に「反貧困世直しイッキ」なる団体でご活躍されているようです。この団体の賛同メンバーは佐高信、辛淑玉、中山千夏、明石書店に『週刊金曜日』…もう書くのも面倒なくらいサヨクプロ市民の方が結集されておられます。げっぷ。
連絡先の代表となっておられるやはり弁護士の拝師徳彦氏。この方もやはりサラ金関係で勇名をはせた弁護士のようですが、どうも一見弱者の味方のように見えて、yahoo!オークションで多数詐欺出品をした「加藤亮」「木立龍介」なる人物の弁護も務めてられるようなんですよね。参考こちら

しかし、一番気になるのはこの団体が大物?政治家の賛同を受けているらしいこと。
掲載日:2008年4月25日

消費者が主役の新行政組織「消費者庁」設立に向けて
院内集会「作ろうよ!消費者目線の新組織」
パルシステムが参加する「消費者主役の新行政組織実現全国会議」(略称:ユニカねっとは4月22日(火)、衆議院会館で院内集会「作ろうよ!消費者目線の新組織」を開催しました。会場は定員を上回る114名の参加があり、国会議員のみなさんとともに新行政組織の必要性を確認しました。

■会場には定員を大幅に上回る114名が集まりました

院内集会には報道陣も多数かけつけました

 主催者の「ユニカねっと」は、悪徳商法の被害者や消費者団体、弁護士、司法書士など45の団体で構成され、消費者が主導権を持って消費者の保護や権利を実現する「消費者庁」の設置を求めて活動しています。

 この院内集会は、政府の「消費者行政推進会議」が5月の連休明けにも報告書を発表することを見据え、生活者の声を報告に反映させる目的で開催されたもので、定員を上回る114名の参加がありました。

■党派を超えた多くの議員が協力を約束

 開会にあたり、「ユニカねっと」代表幹事の加藤さゆりさん(全国地域婦人団体連絡協議会)は「消費者被害に不安を感じる“サイレント・マジョリティ”の深く強い力を感じています。消費者庁の創設が報道され、実効性ある体制とするためには、今後、さらに多難な道のりになると思います。一致団結して新組織の設立を実現しましょう」とあいさつしました。

 続く被害者からの報告では、不良品・欠陥品による事故などで子どもを失った3名の母親が、当時を振り返り、原因究明と再発防止のための新組織「消費者庁」の設立を訴えました。被害の無念さを伝えようとする切実な姿に、会場が静まり返る場面もありました。

 「ユニカねっと」からは「宮城県における消費者行政の現状と課題」や「消費者一元化・推進をめぐる動き」などが報告され、消費者行政を取り巻く現状が説明されました。

 また、福田康夫首相と岸田文雄国民生活担当相からの「消費者庁」設立に向けたメッセージが読み上げられ、出席した国会議員があいさつしました。

 自民党の野田聖子衆院議員は「決して政争の具にしてはならない問題です」、民主党の小宮山洋子衆院議員(民主党人権消費者調査会事務局次長)は「“第4権”といえるくらい強い組織にしていきましょう」と発言しました。

 消費者庁構想を打ち出した自民党消費者問題調査会(会長:野田聖子衆院議員)の事務局次長を務める森雅子参院議員は「相談に来た消費者が、たらい回しや泣き寝入りにならない制度にし、歴史的な組織をつくりましょう」と、新組織の必要性と消費者の協力を呼びかけました。

■消費者庁設立に向けて、全国各地で運動展開

 最後に「ユニカねっと」事務局長の拝師徳彦より、消費者庁設立に向けた今後の活動について、「5月13日(火)に街頭宣伝活動の一斉行動、5月27日(火)には600人規模の全国集会を行う」との報告があり、広く参加を呼びかけていました。
http://www.pal-system.co.jp/topics/2008/080425/index.html
野田聖子氏は郵政反対派で自民党を掘り出されながらその後紆余曲折を経て、自民党に復活した上、麻生政権では大臣(消費者行政担当)にまで潜り込んでいたのは諸氏の記憶に新しいと思われる。この野田聖子氏、確かに消費に関する問題が多数勃発するなか、何故かこのこんにゃくゼリー廃止には端から見ていても異常と思えるほどの執念を燃やし、執心しておられるのである。

消費者問題とユニカねっとと野田聖子。そこには郵政に変わる新たな「金脈」が誕生しつつあるのか。
今後を注目していきたい。
スポンサーサイト


事件や出来事 | 00:28:51 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。