現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
日経曰く「ブログの意見は圧力団体」( ゚ Д゚)
春秋(12/6)

 アルバニアの女がベルギー人の重症麻薬中毒患者と偽装結婚してベルギー国籍を得る。男にもう用はない。女は次にベルギー国籍を欲しがるロシア人の男と偽装結婚して……。近く公開される映画「ロルナの祈り」が、ヤミの国籍ビジネスの実態を描いている。

▼日本でも似たような悪事が跋扈(ばっこ)する。きのう成立した改正国籍法をめぐり、そんな危惧が国会審議の土壇場で噴出した。外国人女性の子を日本人のニセの父親が自分の子と認めれば、子に日本国籍が与えられてしまわないか。ウソの認知によって国籍を売買する犯罪が横行する可能性は、もちろん絵空事ではない。

▼驚いたのは先月下旬の1週間、インターネットのブログ(日記風の簡易型ホームページ)に記された話題の断然トップが「国籍法」だったということだ。背景は判然としないが、大半は改正反対論や慎重論だった。国会の動きを見ると、ネット上を行き来する大量の情報も圧力団体になりうる時代になったらしい。

▼改正法にはウソの届け出に対する罰則が盛り込まれた。不正に対処するに厳しくあって当たり前である。ただ、本来日本国籍を取れるはずだった子供を救うための法改正だ。コインの表裏のような話だが、「悪用される恐れ」ばかりが強調されるのでは、角を矯めて牛を殺すことにもなる。
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20081205AS1K0500C05122008.html
日本経済新聞』2008年12月6日朝刊第一面のコラム「春秋」です。だいたい新聞一面の下記コラムは社説に匹敵するその新聞社の主張がもろに出てくるところです。
最後の文章を読めば日本経済新聞の論調は「今回の国籍法改正は素晴らしい!大賛成!非の付け所がない!」と言うことなんでしょうが

それはともかくとして
私が驚いたのは太字で強調した
ネット上を行き来する大量の情報も圧力団体

というところ。「団体」?
ブログは一致団結で団体行動してませんし、
ブログが国会前でデモしたわけでもないですし、
どこかの集団みたいに抜き打ちで許可も得ず某国首相の自宅まで押し掛けたわけでもないですし、
何を持ってブログのボヤキを圧力団体と見なされているのでしょうか、日経新聞のえらい方…(嘲笑)

参考
ALLABOUT「圧力団体とは」
はてなキーワード「圧力団体」

拙ブログ関連記事 こちら
スポンサーサイト


テーマ:日経新聞 - ジャンル:ニュース

日本の世界のマスゴミ様江 | 00:27:50 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「ブレイク2008」プロに学ぶ日経225先物戦略
試行錯誤を繰り返しながらトレードに時間を費やすも、資金は目減りするばかりで残るのはストレスのみ。 でも、今は完全に立場が逆転。自分の資産を確実に、そしてコンスタントに増やすことに成功しています。そして、冒頭の「なぜ日経225先物のトレードで儲けることが?... 2008-12-08 Mon 09:17:33 | これはどうですか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。