現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【タイトルに】日韓世論調査:相手国に「親しみ」…日本51%韓国37%【偽りあり】
(※注記)hentai毎日新聞朝鮮日報の合同調査だそうで、そのためやむを得ず毎日新聞から記事を引っ張ってきてます。御了承下さい。

日韓世論調査:相手国に「親しみ」…日本51%韓国37%

 毎日新聞朝鮮日報(本社・ソウル市)は昨年12月、日韓共同世論調査を実施した。相手国への親近感を尋ねると、韓国に親しみを感じる日本人は「大いに感じる」と「少し感じる」を合わせて51%。これに対し、日本に親しみを感じる韓国人は計37%で、日本の方が親近感を抱く人が多いことが浮かんだ。

 共同調査は95年にスタートし、今回が5回目。毎日新聞は12月6、7日、朝鮮日報は同20、21日に行った。回答者はそれぞれ1031人、1052人。

 相手国に「親しみを感じる」との回答は、両国ともサッカー・ワールドカップ(W杯)共催直後の02年7月に行った前回調査が最も多く、日本77%、韓国42%だった。日本は26ポイントの大幅減で、99年の48%とほぼ同じ水準に戻った。

 今回の調査で、韓国は「親しみを感じない」が62%だった。しかし、19~29歳の若者に限ると、「感じる」が49%で「感じない」51%と拮抗(きっこう)。Jポップや日本アニメの人気が反映したとみられ、世代間で対日意識の差が生まれている。

 北朝鮮の核開発問題への対応では、日本は「圧力を強めるべきだ」46%、「対話を重視すべきだ」39%。韓国は「対話重視」が75%を占め「圧力強化」23%の約3倍に達した。

 世界的な金融危機による景気悪化に関し、「1~2年で自国の経済が回復する」と考える人は、日本は21%にとどまったが、韓国は48%と倍以上。日本人の悲観的な見方が際立つ結果になった。【山口昭】
http://mainichi.jp/select/today/news/20090104k0000m010065000c.html
タイトルだけ見ると日本→韓国の方が韓国→日本よりかなり数字が高いので「まだまだ韓流ブームは健在なのか」と愕然とさせられますが、記事を読むと
日本は26ポイントの大幅減で、99年の48%とほぼ同じ水準に戻った。

ということで、韓流ブームもさようなら(爆)という実態を反映した結果のようです。
にしても、日本の方が韓国に対して幻想を抱いている人がまだまだ多いのは事実のようですが。

参考 今回の合同調査 朝鮮日報側の記事
日本に「親しみを感じる」37%・「感じない」62%
朝鮮日報毎日新聞共同世論調査

対米好感度は日本で63%、韓国の58%より高い

核問題への対応は、韓国「対話重視」、日本「圧力強化」

「日本に親密感を感じる」韓国国民は37%

韓流の影響で日本は50%が「韓国に好感」

 韓国の国民は、世界的な金融危機による経済の沈滞を早期に克服できるという自信が日本に比べ高いことが判明した。「自国が1-2年で世界的金融危機を脱出し経済が回復すると思うか」という質問に、韓国国民は半数近い48%が「そう思う」と答えたのに対し、日本では21%に過ぎなかった。韓国の場合、経済危機克服に対する自信を示したのは50代以上で63%、40代で51%、30代で36%、20代で33%となっており、高年齢層ほど比率が高かった。

 「米国のオバマ大統領が就任した後、自国と米国との関係が良くなると思うか」という質問にも、「良くなるだろう」という肯定的な見通しは韓国(63%)が日本(49%)を上回った。これに対し、「米国に対しどれくらい好感を抱いているか」という質問で測定された対米好感度は、韓国(58%)より日本(63%)の方がやや高かった。

 しかし最近になり、韓国国民の対米好感度は大きく高まった。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権初期の2003年3月に行われたギャロップによる調査では、韓国国民の内、米国が「嫌い」と答えた人(54%)は「好き」と答えた人(37%)に比べかなり多かった。それから5年が経ち、「好き」と答えた人(58%)が「嫌い」と答えた人(40%)を上回り、逆転した。韓国の場合、30代(46%)を除き、20代(58%)・40代(54%)・50代以上(69%)の年齢層で過半数が米国に好感を抱いていた。「北朝鮮の核開発問題を解決するための自国の政府の態度」については、韓国は「対話重視」(75%)という回答が「圧力強化」(23%)という回答を上回ったのに対し、日本では「圧力強化」(46%)が「対話重視」(39%)より高かった。

 「韓日両国認識に対する世論調査」で、韓国においては、日本に親密感を「感じる」(37%)という回答より「感じない」(62%)という回答がはるかに多かった。反面日本では、韓国に親密感を「感じる」(50%)という回答が「感じない」(41%)という回答を上回った。

 2002年の韓日ワールドカップ直後に行われた調査と比較してみると、韓国国民の日本に対する親密感は42%から37%に低下し、日本でも77%から50%へと大きく落ち込んだ。専門家は、「独島(日本名:竹島)や教科書問題が両国いずれにも影響を及ぼした」と語った。国民大の李元徳(イ・ウォンドク)教授は、「韓国問題に対する関心が小さかった日本人も、メディアを通じここ1-2年こうした内容と何度も接する中で、良くない影響を受けた。しかし韓流の影響で、日本人の半数程度は依然として韓国に対し好感を抱いている」と語った。両国とも、相手国に対する親密感は20代・30代が50代以上に比べ 10ポイント以上高かったことから、両国関係は今後好転する可能性が高い、と専門家は見込んでいる。

 「相手の国の国民の最大の長所」について尋ねた項目で、韓国国民が日本人の最も大きな長所として挙げたのは技術力(29%)で、次いで勤勉さ(15%)、遵法精神(13%)、親切(11%)と続いた。日本人は、韓国人の最も大きな長所として精神力(29%)を挙げ、チャレンジ精神(11%)、勤勉性(10%)、礼儀(9%)なども挙がった。なお、相手国の国民の長所について「分からない」と回答した割合は、韓国人が3%だったのに対し日本は 28%とはるかに高かった。韓国の日本に対する関心に比べ、日本の韓国に対する関心が相対的に小さいためだと分析されている。
http://www.chosunonline.com/article/20090102000015



おまけ
世界的な金融危機による景気悪化に関し、「1~2年で自国の経済が回復する」と考える人は、日本は21%にとどまったが、韓国は48%と倍以上。日本人の悲観的な見方が際立つ結果になった。

妙に強気な韓国人であります。
まあ、去年の年末になって
海外船員らが泰安(テアン)油流出事故と関連して,
韓国裁判所が ホベイスピリット号 ウイ船長と航海士を拘束したことに抗議して,韓国
航海を拒否することにしたとファイナンシャル タイムズ (FT)が29日全世界主要海運
団体を引用して,報道した。

大田(テジョン)地方裁判所は去る10日開かれた泰安近海油流出事故関連控訴審で1審の
時無罪を宣告されたホベイスピリット号船長チャウルラシと航海士ふるい(受ける)乗った種に
対して各々金庫1年6月と8月を宣告して法廷拘束した。

ホベイスピリット号は昨年12月7日泰安(テアン)近海に停泊していて三星重工業の 海上
クレーン 浮選と あたりながら,1万2千547kl(1千900M/T)の原油を海上に流出させて,韓国
史上最悪の海洋汚染事故を起こした。

ボイコットが広がるならばほとんどすべてのエネルギー需要を船舶によって供給される原油と
ガスと石炭に 依存する韓国に深刻な問題を招くようになると新聞は話した。

主要海運団体らがボイコットに加担することにした理由は多くの沿岸国家が海上事故に
ともなう汚染などを自国企業や政府当局者らののせいで見るよりは外国船員らのせいに
しているためだと新聞は説明した。

世界運送労働者連合(International Transport Workers' Federation)は二人の船員に対する
判決が "理解できなく悪意的"という反応を見せたし,インド労働組合らは韓国産物品に
対して不買運動をして, 船員らが韓国停泊を拒否することに決議した。

国際的な船主組織人インターマネジャーは韓国で運航を拒否する船員らを邪魔しないと
宣言した。 液体運搬船主らの集いのイントテンコも同じ立場を取った。
http://media.daum.net/economic/others/view.html?cateid=1041&newsid=20081229081324848&p=yonhap(韓国語のみ)
ヘベイ号の二人に関する保釈申請、最高裁ヒアリングへ
ロイズリスト 香港在 記者 キース・ウォリス 2008年12月29日月曜

韓国の最高裁が早ければ来週(1月第一週)にも、12月10日に出された実刑判決に対する保釈申請を提出中である、
ヘベイ号の船長と一等航海士の代理人から話を聞くことになった。

三週間前に船長と一等航海士が実刑判決を言い渡されたデジョン(大田)高裁は船長と一等航海士からの保釈申請を受理
せず、高裁判事はこの保釈申請を最高裁に回した。

ヘベイ号の二人の代理人に伝えられた所によれば、ケースを審議し保釈申請を評価する為に最高裁判事が割り当てられる
が、1月の第一週にはそれが知らされるだろうとのことだ。

保釈申請と同期するように、ムンバイでは12月24日に海運関係者らを含むインド人2,500人以上がチャウラ船長と
チェタン一等航海士の勾留に対するデモを行った。

デモ行進の際には、抗議者達はテレビや洗濯機に電話といったサムスン製品を壊しながら、二人のオフィサーの扱い方
に対する怒りを吐き出した。

チャウラ船長とチェタン一等航海士は、係留中のタンカー、ヘベイ号にサムスン重工のクレーン・バージがドリフト
しながら体当たりし、タンカーに穴が空いた韓国史上最悪の油流出汚染事故に関して、十分な回避努力をしなかった
として有罪判決を言い渡されている。6月23日に行われた裁判のヒアリングでは無罪とされた二人が実刑判決を受
け勾留されている事に対し国際的な批判が高まっている。

デモ行進の主催者は、韓国製品のボイコットを呼びかけている。

インドの船員組合の事務局長、アブドゥルガニ・セランさんは、船員や港湾労働者、鉄道関係者や航空産業従事社
を含む組合員は、保釈申請に対するヒアリングの結果を待って次の行動をどうするか決める予定だ、と話した。
http://www.lloydslist.com/ll/news/supreme-court-set-to-rule-on-hebei-two-bail/1230566581918.htm?highlight=true&containingAll=Hebei&containingPhrase=&containingAnyWords=(英語のみ)
こんな事件が発覚して(googleNewsで検索してみましたが、日本のマスコミではほぼ報道されてないようです。)、下手すりゃ海上封鎖状態になりそうなんですが…
スポンサーサイト

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 01:49:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。