現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「派遣村」とNHKの疑惑

派遣切りと闘う ~東京「派遣ユニオン」の1か月~
■ 放送予定:総合テレビ 2009年 1月17日 (土) 午後 10:25~
■ 再放送予定:総合テレビ 2009年 1月23日 (金) 午前 3:15~ (木曜深夜)
写真 去年年末、都心に作られた「年越し派遣村」。“派遣切り”などで仕事や住居を失った約500人が集まった。そのきっかけを作ったのが、東京新宿にある労働組合「派遣ユニオン」だ。専従の書記長、関根秀一郎さんとボランティア2人を中心に運営する組合に、去年11月から相談が殺到。関根さんは、解雇を通告された非正規労働者を支援するため各地を飛び回り、賃金の補償や寮の使用などについて一定の成果をあげてきた。しかし12月に入り、職を失う人はさらに増加。「組合費を払えないが助けてほしい」「組合に相談に行く交通費がない」など、より深刻な訴えが相次ぐようになる。年の瀬が迫り危機感を持った関根さんは、せめて食事と寝る場所を確保できる場を作ろうと、知り合いに呼びかけ「派遣村」の準備を開始した。十分なセーフティーネットが用意されないまま、突然解雇を告げられる非正規労働者たち。“派遣切り”に翻弄される人たちのために奮闘する小さな組合の1か月を追った。 
http://www.nhk.or.jp/nippon-genba/yotei.html
2008年の大みそか、東京・霞ヶ関に作られた「年越し派遣村」。いわゆる派遣切りにあい、仕事や住まいを失った人など約500人が集まった。このきっかけを作ったのが、職員1人とボランティアで運営される小さな労働組合・派遣ユニオン。この冬、派遣切りの拡大とともにユニオンの活動は雇用だけでなく、命と生活を守ることへと大きく変わっていった。非正規労働者の厳しい現実を映し出した派遣村誕生までの一か月を追った。
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2009-01-17&ch=21&eid=5744
上と下とじゃ微妙にニュアンスが異なるような。
ただ、下の紹介文を読むと
派遣村は急激な派遣切りの進行に対して緊急に設置された」
 村の立ち上げについて湯浅は「同様の問題意識を持つ人たちと昨年暮れに、東京・飯田橋の居酒屋で飲んでいて、話が決まった」と証言する。
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090112/trd0901122133016-n1.htm
はずなのに、
NHKはその取材を1ヶ月も前から知っててやってたというようにも受け取れますよね…

スポンサーサイト


テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

日本の世界のマスゴミ様江 | 21:09:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。