現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【メモ】今閉鎖で話題のグァンタナモ収容所、元収容犯が反米テロ活動に参加?
オバマ大統領が早速発表した目玉政策の一つなのですが
グアンタナモ収容施設の1年内閉鎖、22日に大統領令署名へ

 【ワシントン=黒瀬悦成】オバマ米新大統領は執務開始初日の21日、キューバ・グアンタナモ米海軍基地内のテロ容疑者収容施設を1年以内に閉鎖する大統領令の草案を関係省庁に配布した。

 米CNNテレビなどによると、大統領は22日に大統領令に署名し、施設内で行われた「過酷な尋問」などのせいで損なわれた米国の威信回復に向けた決意を国内外に示す。

 新政権の高官がCNNに語ったところでは、大統領は22日、〈1〉グアンタナモの施設を1年以内に閉鎖〈2〉拷問の禁止〈3〉テロ容疑者拘束に関する政策見直し――を指示する三つの大統領令に署名する方針だ。

 施設閉鎖までの間、グアンタナモの特別軍事法廷で開かれている国際テロ組織アル・カーイダ最高幹部らに対する審理は停止され、現在収容されている容疑者約250人の移送先や新たな法廷設置の可否などの具体策の検討に着手する。

 ただ、米国内の保守派や軍部の間では、「安全保障上、施設は必要だ」との意見も根強い。欧州や中東の諸国は、依然として収容者の引き受けに慎重で、施設閉鎖の具体的な手順を巡って、今後論議が巻き起こるのは確実だ。

 一方、オバマ大統領は21日、イスラエルのオルメルト首相、パレスチナ自治政府のアッバス議長など中東の指導者4人と電話会談した。イスラエル軍によるガザでの軍事作戦停止を受け、イスラム原理主義組織ハマスの再武装阻止に力を尽くすと強調、中東和平プロセスに積極関与すると表明した。執務初日に電話することで、中東和平を最重要課題に据えていることをアピールした格好だ。

 オバマ大統領は21日午後、ゲーツ国防長官らとホワイトハウスで協議、駐イラク米軍戦闘部隊の16か月以内の撤収実現を指示したと見られる。ローレンス・サマーズ大統領補佐官(経済担当)兼国家経済会議(NEC)議長ら経済チームとも会合し、経済立て直しに向けた景気対策の早期実施などについて協議した。
(2009年1月22日11時56分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20081107-5171446/news/20090122-OYT1T00432.htm?from=nwla

早速冷や水
グアンタナモの元収容犯、釈放後アル・カーイダ幹部に

 【ワシントン=黒瀬悦成】複数の米メディアは23日、キューバのグアンタナモ米海軍基地のテロ犯収容施設から釈放された容疑者が、国際テロ組織アル・カーイダのイエメン支部の副司令官になっていたことが判明したと報じた。
Click here to find out more!

 オバマ大統領は22日、施設の1年以内の閉鎖を命じる大統領令に署名したが、今回の事態発覚が施設閉鎖に伴う収容犯の釈放論議に一石を投じるのは確実だ。

 23日付ニューヨーク・タイムズ紙などによると、問題の人物は、サウジアラビア出身のサイド・アリ・シフリ容疑者。同容疑者は米同時テロ直後の2001年12月、アフガニスタンとパキスタンの国境で逮捕され、グアンタナモに移送された。

 国防総省が公表した捜査資料では、シフリ容疑者は米同時テロ前後の時期、アフガンやイランでテロ活動に関与したとされるが、同容疑者は「じゅうたんを買い付けていただけだ」と主張し、07年に釈放された。当初はサウジで元収容犯の社会復帰プログラムに参加していたが、その後は消息不明になっていた。

 同紙によれば、シフリ容疑者は、昨年9月にイエメンの首都サヌアで起きた米大使館前爆破テロに関与した疑いがあるという。
(2009年1月24日20時20分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090124-OYT1T00758.htm

おまけ 某掲示板のご意見
さっさと釈放すりゃいい。

そして反米テロ組織(笑)が強くなれば、
また戦争できて景気回復できるじゃん。
スポンサーサイト


テーマ:オバマ大統領・政権 - ジャンル:政治・経済

国際問題(特亜以外) | 00:04:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。