現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【メモ】山形県知事選挙-イメージだけで当選した「軽い御神輿」
東北の与野党、対立先鋭化 山形県知事に吉村氏
 山形県知事選の衝撃波は一夜明けた26日、東北政界に広がった。支援した現職の落選を「山形固有の政治事情」と矮小(わいしょう)化させたい与党。野党連合の勝利で政権交代に向けて勢いづく野党。今年中に行われる衆院選をにらんで与野党対立の構図が先鋭化した。

 自民党青森県連の山内和夫幹事長は「知事選は地域特有の事情が影響する。結果が政局や衆院選に影響するとは思えない」と総括した。秋田県連の鈴木洋一幹事長も「単純に自民対非自民の構図とは言い切れない」と強がったが、「それでも自民党の大半が現職を支援し、敗れたのは情けないし、悔しい」と本音も漏らした。

 最終盤で現職支援にかじを切った公明党。宮城県本部の石橋信勝代表は「一部自民党国会議員が新人陣営に回り、保守分裂となった。山形特有の政治状況が響いた結果で、国政の与野党対決の図式は当てはまらない」と分析した。

 知事交代劇を演出した野党は沸いた。小沢一郎民主党代表の地元、党岩手県連の佐々木順一幹事長は「保守の牙城にくさびを打ち込んだ意義は大きい。選挙を通じて民主党への期待が高まった」と歓迎した。

 党福島県連の中村秀樹幹事長は「自民から民主へという大きな流れが確認できた」と自信を膨らませた。ただ同時に「これで総選挙はまた遠のいてしまった」との見方も示した。

 選挙戦では民主、共産、社民の野党勢力が結集した。共産党宮城県委員会の中島康博委員長は「自公両党が支援する候補者に対する戦術として、かなりの威力を発揮する」と野党共闘に手応えを感じた。

 社民党宮城県連の岸田清実幹事長は「斎藤弘知事がなぞった自公の『改革』路線は結果的に失政だったことが証明された」と言い切った。
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/01/20090127t51036.htm

タイトルの付け方が恣意的+あの「終わってる人」のコメントだから割引いて読まなきゃ行けないが

「敗因は麻生内閣」と加藤氏 山形知事選で

 自民党の加藤紘一元幹事長(衆院山形3区)は26日、山形県知事選で支援した現職の敗因に関し、麻生内閣の支持率低迷が大きく影響したとの見方を示した。支援の中心となっていただけに「責任転嫁」との指摘も出そうだ。国会内で記者団の質問に答えた。

 加藤氏は「民主党の小沢一郎代表が山形に入り、自民党と民主党の印象の違いが影響した」と述べた。

 一方で「民主党はばらまき路線で、ばらまきは選挙に強いという証左になった」と強調。「現職は本気で改革をして選挙に落ちた。正しいことを言うと票が入らない。日本政治の困難さが表れた」と分析した。
2009/01/26 19:29 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200901/CN2009012601000692.html

朝日新聞は今回の選挙結果を激賞。
山形知事選―「温かさ」が勝った意味

 2期目をめざす現職と新顔の一騎打ちとなった山形県知事選挙は、1万票あまりの小差で現職が敗れた。

 県内三つの衆院小選挙区すべてを自民党が占める「保守王国」だ。現職の斎藤弘氏(51)はその自民党の大半に支援されていた。2期目をめざす知事は最も選挙に強いとも言われる。敗北は意外な結果といえる。

 勝利した新顔の吉村美栄子氏(57)は、民主や共産、社民の各党と自民党の一部の支援を受けた。両氏とも政党の正式な推薦はなかった。

 自民が分裂していたとはいえ、支援した政党の枠組みは国政での与野党対立の構図とほぼ重なっていた。

 斎藤氏の敗北は、小泉政権時代に進んだ自民党の地方組織の弱体化が根底にあったろう。そのうえに、麻生内閣の支持率低迷の逆風がもろに襲いかかった。今秋までに必ずある総選挙を控え、自民党には衝撃に違いない。

 斎藤氏は、山形ではいわば「元祖・改革派」だ。前回の知事選で、自民党の多くの県議や首長、地元の民主党などが推していた4選をめざす現職に挑戦した。県財政の改革や行政の変革を無党派層にも訴え、4千票あまりの小差で当選した。

 斎藤氏はこの4年間、公約に沿って県の財政改革に取り組んだ。県職員の人件費を累積で200億円削減し、借金である県債残高を初めて2年連続で減らしたと誇る。その一方で、公共事業や農業予算の削減という「痛み」を県民にもたらした。

 農業や公共事業が経済と暮らしに持つ重さは、大都市圏とは比べものにはならない。そこを、農業予算の増額などを掲げて「温かい県政」を訴えた吉村氏につかれた形だ。

 地方の疲弊は厳しい現実だ。そこに不況の波が押し寄せている。だれしも立て直しが必要だと考える。改革の痛みを人一倍感じている地方が政治に「温かさ」を求めるのは当然のことだろう。

 その一方で、行財政の効率化を進め、税金のムダをなくす改革はぜひとも進めなければならない。この二つの要素を踏まえて、有権者の心をとらえ、また説得する力は、今の時代の政治指導者に求められる資質の一つだ。斎藤氏の場合、そうした言葉が有権者に届かなかった面はなかったか。

 麻生内閣は、第2次補正予算などで景気対策を矢継ぎ早に打ち出している。だが、目玉の定額給付金をうまく説明できないことなどから、支持率は記録的な低さだ。財政規律を保つとして消費増税の可能性を語っても、与党内から激しく突き上げられた。

 政策の中身も大事だが、同時に政治家はそれを訴える説得力が問われる。山形県知事選にはその重さと難しさが垣間見えた。
http://www.asahi.com/paper/editorial20090127.html#Edit2

某所掲示板より
東北発の女性知事が誕生した県の住人ですけど、皆さんの予想は逆です。
現職は元日銀マンで長いこと県外にいたので地元のしがらみ一切なし。
就任するなり県職員の給料はガンガン減らし、今まで癒着だらけだった土建屋・農業団体・補助金目当ての乞食をバサバサ切り。
山形みたいな封建的な所で余りにも急激に改革し過ぎて、県職員から各種団体みんな敵に回してしまった。
やってる事は正しいのに。

それで冷飯食わされてた連中が包囲網組んで立てたのが、元行政書士のおばちゃん。

このおばちゃんの故義叔父が県庁所在地の前市長なんだけど、これがここで見るハイパー膿家脳を地で行く屑だった。
その一族は利権・タカリが当たり前の腐った人達。
彼らにとっては「県知事は、おらえ(=我が一族)の嫁」。
このおばちゃん、ご主人を既に亡くされてるから、一族内でどういう扱いされてるか、ここの住人なら想像つくよね。
恐らく県政に一族絡みのごり押し持ち込まれて山形県政は壊滅するよ。嫁に口答えなんて許されないもん。
ちなみに県内農家はおばちゃん支持。
前回の参院選で民主が農家に個別保障金チラつかせて議席増やしたけど、おばちゃんそれに便乗。
農業予算拡大して農業県の復活なんてブチ上げてたよ。財源の目処無いのに。目先の餅に騙される、さすが膿家w

全国の皆さん、山形県が暗黒時代に後退して滅びてゆく様を生暖かく見守って下さい。

山形県知事選挙の経緯

加藤、自民党を離党で影響力低下→当時県知事だった高橋に冷たくされムキー
      ↓
前回県知事選挙、多薦高齢の高橋を引きずり下ろすために加藤、今回落選の斉藤擁立
      ↓
高橋落選、斉藤当選、高橋を支持していた当時の自民県連会長の参院議員・岸が激怒し会長辞任
      ↓
今回、岸と民主党の擁立した吉村が当選


どう見ても、加藤と高橋元知事の泥仕合です
※これについては先述の共同通信記事も参照されたし

そして、早速あのhentai毎日新聞にすら疑念を呈されてる(爆)
09知事選を読む:吉村氏マニフェスト 政策に具体性欠く /山形
 ◇数値なければ検証できず

 3分で語り切れない斎藤弘知事と、3分を持て余す吉村美栄子氏--。山形市内で21日に開かれた知事選候補者の公開討論会は、持ち時間それぞれ3分で8問の質問に候補者が答える形式で、両者とも事前に質問内容を知らされていた。現状認識と今後の取り組みを具体的に述べる斎藤知事がたびたび時間オーバーしたのに対し、吉村氏はすべての質問に制限時間内で答え終え、2分足らずで発言を終えることもあった。

 討論会前日の20日に会見を開いた吉村氏陣営は、知事選に向けた“マニフェスト”を披露。(1)ムダを廃し、すべては県民のために(2)一律削減から脱却、メリハリのある予算編成(3)県民優先主義、県内経済のための地産地消(4)県民・市町村・現場が求める政策を最優先--の四つを県政運営の基本方針とした。

 だが、基本方針の下に列挙した政策は具体性に欠いた。例えば乳幼児医療費助成制度では、対象年齢の拡大と所得要件の緩和を掲げるが、年齢や所得額、実施時期などの数値は記されていない。ひも付きの補助金でなく市町村や現場の求める事業をオーダーメード方式で補助するという政策も、基本的な仕組みが示されず想像しにくい。

 結局、緊急経済対策事業を除くと、具体的な取り組みは、3780万円の知事退職金廃止と知事報酬20%カットの存続、そして副知事2人制の廃止という3点のみ。協力した県議らは「国政や経済情勢の見通しがたたなければ、達成時期や数字を入れられない。これで十分有権者に伝わる」と強調するが、陣営内部からも「告示までに数値を示すと思っていた」(吉村氏選対役員)と懸念する声が聞こえてくる。

 経験豊富な現職と同レベルの精密さは求められないが、数値目標のない公約集は県政運営を事後検証できず、一般的には“マニフェスト”とは呼べない。政策本位とする有権者の信頼も得にくい。「冷たい県政から温かい県政にチェンジ」をスローガンに掲げる吉村氏陣営だが、温かい県政を具体的に提示しなければ、ただの現職批判に終わりかねない。【大久保渉】

毎日新聞 2008年12月30日 地方版
http://mainichi.jp/area/yamagata/news/20081230ddlk06010056000c.html
スポンサーサイト


テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 00:07:25 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。