現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
江東区バラバラ殺人・東京地裁判決
中川財務大臣騒動で、犯人逮捕時に比べほとんど話題にされなかったけど。
こんな酷い事件でも死刑にならないのな。
江東・女性殺害に無期判決 地裁「死刑重すぎる」

 東京都江東区のマンションで会社員、東城瑠理香さん(当時23)が殺害された事件で、殺人や死体損壊・遺棄、わいせつ目的略取などの罪に問われた元派遣社員、星島貴徳被告(34)の判決公判が18日、東京地裁であった。平出喜一裁判長は「自己の犯罪に向き合い被害者の冥福を祈るなど矯正の可能性があり、究極の刑罰である死刑は重すぎる」として無期懲役(求刑死刑)を言い渡した。

 被告側に事実関係に争いはなく、死刑適用の適否が最大の争点だった。

 平出裁判長は判決理由で「わいせつ目的というゆがんだ欲望で被害者を拉致し、命を奪った極めて卑劣な犯行。死体を細かく切断して投棄するなど遺族の心情も踏みにじり、死刑の選択も考慮すべき事件」と指摘。(18日 12:02)
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20090218AT1G1801218022009.html
「無期懲役」うつろな星島被告、遺族は失望あらわ

 「犯行は極めて卑劣で、戦慄(せんりつ)すら覚える」――。同じマンションに住む東城瑠理香さん(当時23歳)を拉致し、殺害後は遺体を細かく切断して捨てた元派遣社員・星島貴徳被告(34)。東京地裁で18日に開かれた判決公判で、平出喜一裁判長は、東城さんを自分の思い通りにできる「奴隷」にしようとしたという独善的な犯行を厳しく非難しながら、死刑は選択しなかった。

 「無期懲役」の宣告に星島被告はうつろなままで、死刑を訴えていた母親は、失望をあらわにして思わず顔を背けた。

 星島被告は午前10時前、黒いタートルネックのシャツとズボン姿で入廷。顔色は真っ青で、証言台の前に気の抜けたような足取りで進み、平出裁判長に促されてようやく腰を落とした。

 主文言い渡しの後、約1時間にわたった判決理由の朗読では、犯行の卑劣さを指弾する言葉が並んだ。

 「身勝手な保身のみを求め、被害者を物のように扱った」「性的欲望の充足を求めた自己中心的な犯行で、酌量の余地は皆無だ」

 星島被告は閉廷するまで、視線を下に落としたまま微動だにしなかった。

 一方、遺影を胸に抱いた東城さんの母親は、判決が殺害の具体的な場面に差し掛かると下を向き、耐えるように聞き入った。その後、平出裁判長が「死体損壊・遺棄を過大に評価することはできない」と死刑を回避した理由を述べると、最前列に座った他の遺族らはうなだれたり、顔を手で覆ったりした。

 事件翌日の昨年4月19日午後、現場のマンション前で笑みを浮かべて報道陣の取材に応じ、「何も変わったことはなかった」と答えた星島被告。結審までの6回に及ぶ公判では衝撃的な発言を繰り返した。

 東城さんを拉致した理由を問われ、「自分に従順な性奴隷にしようと思った」と供述。遺体を切断して事件を隠蔽(いんぺい)しようとしたことについては「逮捕されたら、ぜいたくな暮らしがなくなると思った」と語った。

 星島被告は岡山県内の高校を卒業後、東京都内のゲーム会社に就職。その後、IT関連企業を転々とし、2002年には、高い技術を評価され、ソフト会社に引き抜かれた。月給は約50万円。3年前からは、タクシーで通勤していたという。

 星島被告は幼少期、足に負った大やけどの跡にコンプレックスを感じ、女性との交際をあきらめていたといい、弁護側は「こうした生い立ちが事件の一因になった」と指摘。弁護人と結審後に接見した星島被告は「自分は死刑になるしかない」と語り、弁護人が「死刑判決だったらすぐに控訴する。それをあなたが取り下げるというなら、やむを得ない」と告げると無言のままだったという。

 一方、東城さんの遺族は毎回地裁に足を運び、母親は先月20日の公判に証人として出廷した際、星島被告を「人間の顔をした悪魔」と呼び、死刑を求めた。

 東城さんは大学時代にカナダに留学し、将来は美術やファッション関係の仕事に就くことを夢見ていた。母親は法廷に東城さんの遺影を持ち込むことについて「瑠理香は家に着くなり、殴られて目隠しをされた。犯人の顔を見たいと思っているはず」と述べた。さらに、今でも外食に行く時は、東城さんの分の水や皿も必ず注文していると明かし、「あまりに現実離れした話で、瑠理香の死を受け入れられない」と語っていた。

 東京地検の谷川恒太次席検事の話「死刑が選択されなかった点については遺憾。判決内容を精査し、適切に対応したい」
(2009年2月18日15時01分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090218-OYT1T00580.htm?from=navr

死刑にならなかった理由は、いわゆる「先の判例にないから」とのこと。
【神隠し公判】死刑のハードル高く
2009.2.18 11:34

 死刑基準をめぐっては、昭和58年7月の最高裁判決が、(1)犯行の罪質(2)動機(3)態様(特に殺害手段の執拗(しつよう)性、残虐性)(4)結果の重大性(特に殺害された被害者の数)(5)遺族の被害感情-などを考察し、やむを得ない場合に死刑は許されると判示。いわゆる「永山基準」として一般化されている。今回の無期判決は、この基準に準拠して判断された。(以下略)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090218/trl0902181135010-n1.htm

拙ブログ関連ネタ   
スポンサーサイト


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 12:07:11 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。