現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【メモ】小沢民主党代表「日本に在日米軍は第7艦隊しかいらない」
「駐留米軍は第7艦隊で十分」 民主・小沢代表
2009.2.25 01:51
このニュースのトピックス:小沢一郎

 民主党の小沢一郎代表は24日、在日米軍再編に関連し「米国もこの時代に前線に部隊を置いておく意味はあまりない。軍事戦略的に米国の極東におけるプレゼンス(存在)は第7艦隊で十分だ」と述べ、将来的に日本に駐留する米軍は海軍関係だけで十分との認識を明らかにした。

 また、「あとは日本が自らの安全保障と極東での役割をしっかり担っていくことで話がつくと思う」とし、政権交代した場合、国連活動への協力などを通じて在日米軍基地の整理、縮小に取り組む考えも示唆した。奈良県香芝市で記者団の質問に答えた。

 小沢氏は「米国に唯々諾々と従うのではなく、私たちもきちんとした世界戦略を持ち、少なくとも日本に関係する事柄についてはもっと役割を分担すべきだ。そうすれば米国の役割は減る」と強調した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090225/stt0902250151000-n1.htm
前回のヒラリー氏との会談での豹変ぶりから数日で、今度はこの発言。小沢氏って外交戦略ナッシングなお方なのね。というか、この場当たり発言は政治家として失格だと思う。

早速海外でも報道されちゃいました('A`)
Japan opposition's U.S. military remarks draw criticism
Thu Feb 26, 2009 12:23pm GMT

TOKYO (Reuters) - Japan's main opposition party leader, who could become prime minister this year, has drawn criticism from the government for saying that he wants a smaller U.S. military presence in the country.

Democratic Party of Japan leader Ichiro Ozawa said earlier this week that only the U.S. 7th Fleet should be based in Japan, currently host to about 47,000 U.S. military personnel.

Japan's top government spokesman criticized Ozawa's remark on Thursday.

"The Japanese government thinks that to limit it just to the 7th Fleet is unrealistic," Chief Cabinet Secretary Takeo Kawamura said in a news conference on Thursday.

"Is it appropriate for the Democratic Party leader, who is advocating for an administration change, to have such an idea under the current U.S.-Japan security alliance?"

Ozawa has stressed the need for a Japanese security policy more independent of its closest ally, the United States, a stance which some experts say is making Washington nervous.

The U.S. Navy's 7th Fleet, comprising around 70 ships and 300 aircraft, operates in the Asia-Pacific region. Twenty-one ships are forward deployed to Japan and Guam and over 10,000 personnel of the 7th Fleet have their home ports in Japan.

Kevin Maher, the consul general in Okinawa, southern Japan, said earlier this week the security environment in the region was not easy and Ozawa did not understand the need for the air force and marines, Japanese media reported. Okinawa hosts the biggest chunk of U.S. troops stationed in Japan.

Ozawa told reporters earlier this week: "If Japan is prepared to take care on its own issues that are relevant to itself, then there is no need for the United States to forward deploy to such an extent in Japan."

Polls show the Democrats may topple the ruling coalition that has ruled Japan for almost all of the past 50 years.

Last week, U.S. Secretary of State Hillary Clinton met with Ozawa during her trip to Asia, where Ozawa told her the U.S.-Japan alliance should be an equal partnership.
(参考:YAHOO!ロボット翻訳は以下の通り
 日本の野党第一党リーダー(その人は今年首相になることができました)は、彼が国により小さな米国の軍事プレゼンスが欲しいと言うために、政府から批評を得ました。

民主党リーダー小沢一郎は、今週始め、7人目のフリートがそうしなければならないアメリカだけが日本(現在およそ47,000人の米軍関係者の生息地)に拠点を置くと言いました。

日本の最高の政府スポークスマンは、木曜日にオザワの意見を批判しました。

「日本政府は、ちょうどそれを第7のフリート監獄に制限することが非現実的であると思います」と、河村建夫官房長官が記者会見で木曜日に言いました。

「民主党リーダー(その人は管理のために変化を主唱しています)には現在の日米セキュリティ同盟の下でそのような考えがあることは、適切ですか?」

オザワは、その最も接戦の同盟国、アメリカ合衆国、一部の専門家がワシントンを神経質にしていると言うスタンスからより独立している日本のセキュリティポリシーの必要を強調しました。

アメリカ海軍の7人目のフリートは、およそ70台の船と300台の航空機から成立して、アジア太平洋地域で動きます。21台の船は日本に前方へ配備されます、そして、グアムと第7のフリート監獄の10,000人以上の人員は日本に彼らの母港を持ちます。

ケビンマーハ、沖縄(南日本)の総領事は今週始め、地域のセキュリティ環境が簡単でなかった、そして、オザワが空軍と海兵隊員の必要を理解しなかったと言ったと、日本のマスコミが報じました。沖縄は、日本に配置される米軍の最大のかなりの量を主催します。

オザワは、今週始め、リポーターに言いました:「日本がそれ自体に関連するそれ自身の問題に関して注意する用意ができているならば、日本でそのような範囲に前方へ展開するアメリカ合衆国の必要がありません。」

投票は、民主党が過去50年のほぼ全てのために日本を統治した連立与党を打倒するかもしれないことを示します。

先週、米国の国務長官ヒラリークリントンはアジアへの彼女の旅行の間、オザワに会いました、そこで、オザワは日米同盟が等しい協力でなければならないと彼女に話しました。)
http://uk.reuters.com/article/usPoliticsNews/idUKTRE51P2TW20090226
apan opposition calls for U.S. troop cuts
Published: Feb. 25, 2009 at 11:48 AM

KASHIBA, Japan, Feb. 25 (UPI) -- The number of U.S. troops in Japan should be cut with Tokyo assuming more responsibility for its own defense, an opposition leader says.

Ichiro Ozawa, leader of the main opposition Democratic Party of Japan, said Tuesday that stationing U.S. soldiers in Japan doesn't make much sense given the geopolitical realities of the day, the Kyodo news agency reported.

"I think putting Japan-based troops on the front line does not have much significance in times like these and the 7th Fleet would be enough for the U.S. presence in the Far East from a strategic viewpoint," Ozawa told reporters in Kashiba, Japan.

Ozawa said that if U.S. forces were trimmed in the future, an agreement could be reached for Japan to assume a greater role for its own security.

"The Americans' role should become smaller if Japan has a decent strategy for dealing with global issues and shares greater burdens at least on matters associated with our country," said Ozawa, whom Kyodo said is widely expected to become Japanese prime minister if his party ousts the ruling Liberal Democratic Party from power in the next general election.
(参考:YAHOO!ロボット翻訳は以下の通り
 日本の米軍の数はそれ自身の防御のより多くの責任を負っている東京で切られなければならないと、野党指導者が言います。

小沢一郎(主な反対民主党のリーダー)はアメリカ兵を日本にそんなに配置している火曜日が多くの感覚を日の地政学的な現実を与えられるようにしないと言ったと、共同通信社が報告しました。

「私は、日本に拠点を置く軍隊を最前線に配置することがこれらのような時間に多くの重要性を持たない、そして、第7のフリート監獄で重要な視点から極東で米国の存在のために十分であると思います」と、オザワが香芝(日本)でリポーターに話しました。

オザワは、米軍が将来縮小されるならば、合意が日本がそれ自身の保安のためにより大きな役割を引き受けるために整うことができると言いました。

「日本には世界的な問題を扱うための適切な戦略があって、我々の国と関連した問題に関して少なくともより大きな重荷を共有するならば、アメリカ人の役割はより小さくならなければなりません」と、オザワが言いました、彼の党が次の総選挙で支配する自由民主党を力から追い出すならば、言われる共同が日本の首相になることになって広く誰で。)
http://www.upi.com/Top_News/2009/02/25/Japan_opposition_calls_for_US_troop_cuts/UPI-23551235580506/
今週に入ってから円安が加速してるのは、中川前財務大臣の辞職だけじゃなくてこういうのも政治不安要因として取り上げられているんでしょうね。まあ、円安が進行するとメーカーなどは財務状態が改善するからいいんでしょうが(第一現状の$1=¥100以下って日本の国力からみて異常)こんな事なら1月にもっと一杯外貨貯金しときゃよかったなーヾ(^^;)

各界の反応

麻生総理
(前略)
【在日米軍】

 ――民主党の小沢代表は在日米軍再編に関連して、「軍事戦略的にアメリカの極東におけるプレゼンスは第7艦隊だけで十分だ」という発言をしている。これをどう考えるか。

 「え? ちょっと、もう1回言って。第7艦隊だけでいい? ちょっと詳しく知らないんだ。それ聞いていないんで、ちょっと、あなたの話だけ聞いてると、はめられているかもしれないからね」

 ――将来的に……。

 「うん」

 ――極東地域は第7艦隊だけいれば十分だと。

「海軍だけあればいいという話ですか? ちょっと、あの、正直言って、その前後の脈絡を全然知らないので、私は極めて、あの、その小沢発言に直接はコメントできません、正確に知らないから。ただ、いまうかがった話を聞いて、一般論で言えば、少なくとも、いま極東において、少なくとも、核を実験したという国があり、ノドンという搬送手段を持った国が隣にあって、日本という国を、あたかも敵国かのごとく、かのごとくですよ、いろいろことあるごとに、いろいろ言っておられる国がそこに存在するという状況に我々はおかれている。そのときになって、同盟国であるアメリカが、少なくとも海軍だけ、あとは空軍もいらない、海兵もいらない、陸軍もいらない、と言っておられるように考える、一般論で言えば。それは少なくとも、いま、防衛ということに少なからぬ知識がある人は、なかなかそういう発言はされないんじゃないかな。少なくとも、日本という国の安全保障、国家の安全、防衛ということを考えたら、やっぱりこの島国にとって、空軍力とか、やっぱりそういったものは極めて重要なんだと、私はそう思います」

 (秘書官「はい、終わります」)

 (去り際に振り向いて、質問した記者に)「本当に言ったのか、そりゃ」
http://www.asahi.com/politics/update/0226/TKY200902260249_01.html
http://www.asahi.com/politics/update/0226/TKY200902260249_02.html
民主・小沢氏の米軍削減発言をけん制=共・社

 共産党の志位和夫委員長は25日、民主党の小沢一郎代表が安全保障分野で日本が一定の役割を担うことを前提に、在日米軍削減は可能との考えを示したことについて、都内で記者団に「日本は(世界)全体が軍縮に向かうイニシアチブを取るべきだ。軍拡の道を進むことで(米国の)イコールパートナーになるのは間違っている」と述べ、防衛力強化を目指すべきではないとけん制した。
 社民党の福島瑞穂党首も記者会見で「軍備拡張にはとにかく反対だ」と強調した。(了)
(2009/02/25-19:40)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009022500908
※実はgoogleニュースで検索したところ、自民党から批判が出たのは各社とも熱心に報道しているが、他の野党が批判したのを報じているのはこの時事通信ぐらいしか見つからなかった。このニュース報道しないと共産党とか社民党が日本の防衛力強化に同意したという風に思われるから、こう言うのも報じた方がいいと思うよ>マスコミ各社殿

御隣の国の報道→こちら 至ってまともだった


おまけ 上記関連鳩山兄民主党副代表インタビューby broomberg
Japan Must Move Away From U.S. Dependency, DPJ’s Hatoyama Says
By Toko Sekiguchi and Takashi Hirokawa

Feb. 24 (Bloomberg) -- The Democratic Party of Japan, which is likely to take power after this year’s elections, will seek an alliance with the U.S. that is less subordinate than that of the last 50 years, a senior DPJ lawmaker said.

“We want to move away from U.S. dependency to a more equal alliance,” party Secretary General Yukio Hatoyama said in an interview in Tokyo yesterday. “We’ve followed the U.S. subserviently in the past.”

The DPJ, which has never led the government, is poised to oust the Liberal Democratic Party from its almost unbroken half- century of control. Party head Ichiro Ozawa has called for a more assertive foreign policy and unsuccessfully opposed the use of Japanese naval vessels for refueling aid in the U.S.-led war in Afghanistan.

With Japanese Prime Minister Taro Aso’s approval ratings falling toward single digits, U.S. Secretary of State Hillary Clinton took the unusual step of meeting Ozawa and Hatoyama during her stop in Tokyo last week. Clinton and President Barack Obama have emphasized the importance of ties with Japan, and Ozawa assured Clinton that a DPJ-led government will still treat the bilateral alliance as the country’s most important one.

“Ozawa told Clinton he is misunderstood by the U.S.” as being antagonistic toward the alliance, Hatoyama said. “We are only looking for an equal relationship, which we believe the U.S. also prefers.”

Hatoyama spoke hours before Aso left for Washington to be the first foreign leader to visit Obama. The Japanese premier’s public support is falling as his plans to lift the world’s second-largest economy from a worsening recession have stalled in parliament.

Criticism of Leadership

Aso has come under fire from senior members of his own party for his lack of leadership, which was underscored last week when Finance Minister Shoichi Nakagawa quit after appearing to be drunk at a press conference in Rome following a meeting of ministers from the Group of Seven nations.

“Aso’s cabinet of buddies led to that unimaginable event,” said Hatoyama, who like the prime minister and Nakagawa is the son of a prominent politician. The DPJ will create a cabinet based on “not on their electoral prospects, but on merit,” Hatoyama said. “In this light, it’s quite possible that non-lawmakers will be appointed.”

Hatoyama’s party controls the less-powerful upper house of parliament ahead of a lower-house election that must be called by Sept. 10. The DPJ’s support rate is at 29 percent, compared with the LDP’s 20 percent, the Mainichi newspaper said yesterday. The same poll put Aso’s approval rating at 11 percent.

Convincing Voters

The DPJ must convince voters that it can govern if it is to unseat the LDP, which has run Japan for all but 10 months since 1955, Hatoyama said. The one interlude, the 1993 coalition government of Morihiro Hosokawa, collapsed amid internal divisions and allowed the LDP to regain power.

“There are many people who, due to the failure of the Hosokawa administration, feel that a change in government means returning to that time of ideological clashes,” Hatoyama said. “There are still those who aren’t confident about putting the government in the hands of the opposition.”
(参考:YAHOO!ロボット翻訳は以下の通り
 2月24日(ブルームバーグ)に-民主党(それは今年の選挙の後、就任しそうです)はこの50年のそれより下位でないアメリカとの同盟を捜すと、上級DPJ議員が言いました。

「我々は、米国の依存からより等しい同盟まで立ち去りたいです」と、党事務総長鳩山由起夫が昨日東京でインタビューにおいて言いました。「我々は、過去に副次的にアメリカに続きました。」

DPJ(それは政府をこれまで導きませんでした)は、自由民主党を支配のそのほとんど完全なhalf-世紀から追い出す準備ができています。党首小沢一郎はより断定的な外交政策を要求して、アフガニスタンで米国が率いる戦争で援助に燃料を供給するために、失敗して日本の海軍船の使用に反対しました。

麻生太郎日本語首相の支持率は一桁の方へ減少して、米国の国務長官ヒラリークリントンは、先週東京での彼女の休憩の間、オザワとハトヤマに会う変わったステップをとりました。クリントンとBarack小浜大統領は日本との関係の重要性を強調しました、そして、オザワはDPJ率いる政府が両面の同盟を国の最も重要なものとまだみなすことをクリントンに保証しました。

「オザワは、彼がアメリカによって誤解されるとクリントンに話しました。」、同盟に敵対的で、ハトヤマは言いました。「我々は等しい関係を探しているだけです。そして、我々はそれをアメリカも好むと思っています。」

ハトヤマは、小浜を訪問する初の外国のリーダーであるワシントンのために残される阿蘇の数時間前に話しました。世界の2番目に大きい経済を悪化している不況から持ち上げる彼の計画が議会で遅れて、日本の首相の一般の支持は落ちています。

リーダーシップの批評

阿蘇はリーダーシップの彼の欠如のための彼自身のパーティーの上級メンバーから攻撃を受けました。そして、中川昌一蔵相が先進7カ国蔵相会議国から大臣の会議の後でローマで記者会見で飲まれるように見えた後にやめたとき、それは先週強調されました。

「その想像も及ばないイベントに連れていかれる仲間の阿蘇のキャビネット」と、ハトヤマが言いました。そして、首相と中川のようなその人は著名な政治家の息子です。DPJは「彼らの選挙見通しに関してでなく、メリットの上で」に基づくキャビネットをつくると、ハトヤマが言いました。「この光において、非議員が任命されることは、全くあり得ます。」

ハトヤマの党は、9月10日までに指令されなければならない下院選挙前に、議会の非力な上院をコントロールします。DPJの支持率は29パーセントである。そして、自民党の20パーセントと比較される、と、毎日紙は昨日伝えていました。同じ世論調査は、阿蘇の支持率を11パーセントと見積もりました。

納得のいく有権者

DPJはそれが自民党の席を奪うことであるならば、それが支配することができる有権者を納得させなければならない。そして、それは1955年以降10ヵ月以外はの間日本を運営したと、ハトヤマが言いました。1つの合間(細川護煕の1993の連立政権)は、内部分裂の中で崩れて、自民党が力を回復するのを許しました。

「ホソカワ政権の失敗のために、政府の変化がイデオロギーの衝突のその時間に戻ることを意味するのを感じる多くの人々が、います」と、ハトヤマが言いました。「政府を反対の手に入れることを確信していない人々が、まだいます。」)
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601101&sid=acZNqFQzSJmc&refer=japan
スポンサーサイト

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 12:39:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。