現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
何かお花畑を見ているような論評ですね
昨日の『日本経済新聞』の社説
上をクリックするともとのソースもあるが、こちらにも全文を転載しておく

 小泉純一郎首相が戦後60年にあたっての談話を発表した。10年前の村山富市首相の談話と同様に「かつての植民地支配と侵略によってアジア諸国の人々に多大な損害と苦痛を与えた」として「痛切な反省と心からのおわび」を表明したものである。その内容は妥当なものだが、どんな言葉を並べてみても行動が伴わなければ、人々の心には響かないことを首相は銘記すべきである。

 東条英機ら戦争指導者を合祀(ごうし)する靖国神社への首相参拝をめぐって日中、日韓関係がすっかり冷え込む中で60回目の終戦記念日を迎えた。いまだに歴史問題で中国、韓国との関係がぎくしゃくするのは残念なことである。

 首相はその点を踏まえ、談話の中で「とりわけ一衣帯水の間にある中国、韓国をはじめとするアジア諸国とは、ともに手を携えてこの地域の平和を維持し、発展を目指すことが必要だ」との認識を示し、「過去を直視して歴史を正しく認識し、相互理解と信頼に基づいた未来志向の協力関係を構築していきたい」との決意を表明した。

 また、首相は談話で「今私たちが享受している平和と繁栄は戦争で命を落とされた多くの方々の尊い犠牲の上にある」と述べた。全く同感である。戦没英霊に感謝の誠をささげるために国を代表する立場の首相が靖国神社を参拝するのは本来は批判されることではない。

 しかし、その靖国神社に戦死したわけでもない東条英機ら戦争指導者が祀(まつ)られているなら話は別である。日本人の中にも東条合祀に強い違和感を抱く人が少なくない。日本が過去の戦争のけじめをあいまいにしていると誤解されるような行動はとるべきではない。日中、日韓関係の悪化を懸念して、最近では自民党内でも首相の靖国参拝自粛を求める声が増えている。

 日本にとって日中、日韓関係は日米同盟関係に次ぐ重要な二国間関係である。重要な二国間関係を損なってまで靖国神社に参拝する必然性や合理性がどこにあるのかを首相はもっと説得力のある言葉で国民に語るべきである。それができないのなら、当面、靖国神社への参拝は自粛した方がいい。


まるで中共政府か韓国政府か北朝鮮の関係者かというような社説である。
昨日のNHKの終戦の日討論番組もかなりプロみたいな一般ギャラリーの意見というのでかなり見るに耐えない物だったらしいが(注:法事で多忙だったため見られなかった。後でネットの情報から判断した部分があるので、曖昧な点がある)ここまであからさまな意見を日経を代表する「社説」として書かれると、やはり『日本経済新聞』は中国投資を煽るために中国よりの意見しか書かないという噂を信じざるを得ない。

ちなみに当の中国の一般市民の意見はご存じなのでしょうね?>この社説書いた人。
ちなみに8/16(つまり今日)の貴紙にも載っていた物です。数行の小さい記事というのがこの記事を伏せようとしているようにも見えるので何ともはやですが。

中国人の60%が「日中は再び戦争」・中国誌がネット調査

 【北京15日共同】中国の週刊誌「中国新聞周刊」の15日付最新号は、同誌が企画したインターネットによる世論調査で、日中関係の将来について中国人の約60%が「日中両国は資源をめぐり再び戦争になる」と回答した、と伝えた。

 ネットの利用者は20代などの若年層が多く、同世代に根強い過激な反日感情を反映しているとみられる。

 今月行われた調査には約7万6000人が回答。日本と聞いた際に「危険な軍国主義国家を連想する」と約80%が回答。約95%は「日本の軍国主義が復活する可能性が高い」と述べ、さらに約55%は「日本政府が正式に謝罪しても永遠に信用しない」と断じた。 (20:00)
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=STXKB0465%2015082005&g=G1&d=20050815


ちなみに中国の一般的な人が非常に好戦的なことはこちらのブログをご参照下さい。
http://hannichi.seesaa.net/article/5689684.html
スポンサーサイト


テーマ:日経新聞 - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 23:05:49 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。