現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【メモ】なにをもって「人種差別」か
私事ながらネット環境が不十分なので、メモ書き程度

イラン大統領「イスラエルは差別的」 会場騒然、仏など反発
 【ジュネーブ=藤田剛】イランのアハマディネジャド大統領は20日、国連の人種差別撤廃会議で演説し、イスラエル政府を「残虐で人種差別的な体制」と強く批判した。一部の国の代表団からは拍手がわき起こったが、反発した非政府組織(NGO)関係者が演壇に駆け寄ったり、欧州諸国の一部の代表団が途中退席したりして、会場は一時騒然となった。

 フランスのサルコジ大統領はイランのアハマディネジャド大統領の発言について「嫌悪すべき差別主義者による耐えられない発言だ」と非難する声明を発表。「人権に関する宣言の価値と理想をなぶるものだ」と強く批判した。

 アハマディネジャド大統領は演説後の記者会見でイスラエルを支持して欠席した国々を「ごう慢で独善的」と批判。自国の核開発については「原子力は環境にやさしいエネルギーで、すべての国が利用できる」と主張した。(07:02)
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090421AT2M2003U20042009.html
ほか関連ニュース検索結果 こちら
「人種差別撤廃」といえば、まあ格好いい正義なお話なのは世界共通の認識なのですが、上の記事で分かるように、国・民族によってどこまでが差別でどこからが差別じゃないかという物差しは千差万別で、まあ、この国連主催で盛大に行われた会議も空中崩壊じゃないかというのが、世間の共通認識のようです。

上記の記事で分かるように、対立の大きな軸はイスラエル(ユダヤ)に関する認識で欧米とイスラム諸国が対立した点にあります。しかしその他にも同性愛に関する声明が主にイスラム諸国からの抗議ではずされたりとか、主にアフリカの旧植民地に対して元宗主国のヨーロッパは永久に謝罪賠償しなければいけないかいうアフリカ諸国からのアピールでもめたりとか・・・やっぱりまとまらないでしょうね、この会議。

参考
国連、人種差別撤廃へ再検討会議 20日から欧州本部で
 【ジュネーブ18日共同】2001年に南アフリカのダーバンで開かれた国連の世界人種差別撤廃会議の成果を点検し、今後の課題を話し合う再検討会議が20日、100カ国以上の国や約2500の非政府組織(NGO)が参加してジュネーブの国連欧州本部で5日間の日程で始まる。

 01年の会議では、過去の奴隷制を「人道に対する罪」と非難するなどした宣言案と行動計画案を採択。今回は人種、宗教、身分などによるあらゆる差別や「不寛容」との決別に向けた具体的な取り組みを議論、国際社会の結束確認を目指す。

 ただ、会議で採択する「成果文書」の原案がイスラム諸国の主張を反映、反イスラエル的内容が強かったため、米国などが参加方針を表明していない。欧州や日本などにも、会議での議論がアラブ諸国やアフリカ寄りに偏ってしまうのではないかとの疑念があり、成果を危ぶむ声もある。

 このため、潘基文・国連事務総長やイランのアハマディネジャド大統領ら以外に、閣僚以上の出席者数が「予想以上に少ない」(人権外交筋)。

 今月17日の準備委員会の最終日に各国大使級で基本合意した成果文書の最終案は、イスラム諸国が当初主張した「宗教の中傷」を法的に規制する必要性などの文言が緩められ、米欧などが受け入れやすい方向に改訂された。ピレイ人権高等弁務官は、米国の参加表明に期待感を示した。

 しかし、アハマディネジャド大統領がホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の歴史的事実の否定を繰り返すなどすれば、会議の紛糾も懸念される。

2009/04/18 19:10 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200904/CN2009041801000458.html

NGOがまとめた人種撤廃宣言
・・・こんな総花的なお話、実現できる国とか民族とか世界中に一つもないと思う。まあ、理想を文章にして自分が正義の味方になりきり自己満足するだけなら誰でもできますからね。


おまけ
先週末から急にネットで話題になりはじめた「女性差別撤廃条約」(正式名「女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約 」)、上記にも微妙に絡んでくる話なんでしょうが、どうなんでしょうね、って他人事のように書いてどうする(苦笑)

もっとも、いろんなHPやブログでもネタにされていますが、この条約批准を推進している団体が胡散臭いところばかりなのは事実ですが。

参考ブログ
へっぽこ時事放談
博士の独り言

推進団体HP
※なぜか参加団体へのリンクや一覧がない。こちらの書類(pdfファイル)を見ると部落解放同盟(Buraku Liberation League)とかあのNHK「ETV特集」裁判の当事者であるVAWW-NETとか、「石原知事を退任させる女の会」(Woman Against Sexist-Ageist Remarks by Governer Ishihara)とか、左の書類リストにずらずらでてますが。
スポンサーサイト

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

国際問題(特亜以外) | 00:51:04 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。