現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
JR福知山線脱線事故-サバイバーの4年
今日で4年経ったそうです。

久しぶりに地上波のTV番組を拝見して、NHK(関西ローカルだったようですが)でこういう番組を見ました。
4月24日(金)
午後7:30~8:43

※4月25日(土)
午前10:05~11:54の特集番組
「JR福知山線脱線事故から4年」
の中で再放送します。

かんさい熱視線特集
「被害者の“叫び”は届くのか~JR福知山線脱線事故から4年~」
死者107人、負傷者562人を出したJR福知山線脱線事故から4年。JR西日本幹部が起訴されるか、検察の判断に注目が集まっている。遺族の多くが起訴に責任追及と真相解明を託す一方で、JRとともに原因究明を目指す新たな取り組みも始まった。さらに負傷者が今もPTSDや自分だけ生き残ったという罪悪感に苦しんでいる実態も明らかになってきた。日本の事故調査の課題にも焦点をあて、脱線事故が残した教訓に迫る。
http://www.nhk.or.jp/osaka/program/nessisen/
最近の事故ですので、精神的なケアなどは昔のことを思えばずいぶんと進んでおり、周囲の理解も進んでいるように思うのですが

それでも先日一人自殺されたということが報じられていました。

「せっかく助かった命なのに」というのは、事故にあってない人の無責任な意見なのではないかなと思います。私を含めた(上の報道も含めてかもしれないが)部外者は、被害者の気持ちを理解したつもりではあっても、本当はその地獄を分かってあげることはできないでしょうから。

部外者のできることといえば、こういう事故があった、その事故の真実を覚えておくことぐらいでしょうが、それをしようとすると被害者の不幸な記憶をほじくり返すこともあります。そういうことを被害者に強いることができるのかな、いやできないだろうな、と。

死んだ人は悲惨でしょうが、生き残った人もそれでよかったということはないのでしょう。大事故とか大事件に遭遇したことがないので、考えがまとまらない・・・。
スポンサーサイト


テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

事件や出来事 | 00:59:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。