現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【メモ】吉川友梨さん救出詐欺、共犯の女に2年求刑
吉川友梨さん救出詐欺、共犯の女に2年求刑
検察側「親心につけ込み卑劣」

 大阪府熊取町で2003年5月から行方不明になっている吉川友梨さん(15)の救出をかたり、父親(48)から金を詐取したとして詐欺罪に問われた堺市堺区の無職川上佳代被告(38)の論告求刑公判が1日、大阪地裁堺支部(向井敬二裁判官)であり、検察側は懲役2年を求刑した。詐取総額約7355万円のうち、川上被告が問われているのは10万円だが、「苦しんでいる親心につけ込んだ卑劣な犯行。被害全体に対する寄与の程度は軽視できない」と指摘した。

 起訴状では、川上被告は同居していた無職中谷浩気被告(39)と共謀して、04年7月、父親を電話で呼び出し、川上被告が「弟が監禁された時に助けてくれた」と中谷被告を紹介、調査費名目で10万円をだまし取ったとされる。中谷被告は、その後も父親をだまし続け、総額約7355万円の詐欺罪に問われている。

 川上被告は事実関係を認めており、弁護側は最終弁論で、「協力をいったん断るなど、従属的な立場だった」と、保護観察付きの執行猶予判決を求めた。判決公判は22日に開かれる。
友梨さん父親「憤り感じる」

 公判では、論告に先立って父親が意見陳述した。

 証言台で用意した紙に目を落としながら、「布団のそばに電話を置き、片時も電話から離れなかったが、情報の多くは『娘は殺されている』『埋められている』というもので、話を聞くのは苦痛だった。しかし、あなたの話は今も生きていることをにおわすものだった」と、川上被告から連絡を受けた時の心境を語った。

 さらに、友梨さん救出を中谷被告らに頼んでいることを打ち明けていた自分の父親が3月に病死したことを明かし、「父に『中谷被告とは縁を切ったほうがいい。友梨は死んだものと心構えを持っておけ』と言われたが、私は中谷被告を信じ込んでいた。苦しいのは、長年苦労して作った父の金がだまし取られたことを、打ち明けられず今日に至ったこと」と訴えた。

 川上被告に対しては「中谷被告の詐欺には欠かせない存在で、同じくらい憤りを感じている。中谷被告と一切縁を切ってほしい。それができなければ更生したとは認めない」と、強い口調で指摘。最後に、「友梨は助けに来てくれない私のことを忘れているかもしれない。友梨と一刻も早く会いたい」と涙ながらに話した。
(2009年5月1日 読売新聞)
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20090501-OYO1T00670.htm?from=top
他関連ニュース検索結果 こちら

求刑で2年という事は、判決時にはもうちょっと減る可能性もありますね。
詐欺は詐欺でも児童の長期失踪事件に便乗した悪質なものなだけに、もうちょっと長いかと思ってましたが、こんなものなんでしょうかね。

<参照>吉川友梨さん失踪事件(未解決)
スポンサーサイト


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

事件や出来事 | 01:57:08 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。