現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【さいたまさいたま~】さいたま市で民主党系の市長が誕生したようですが
小沢代表、辞任の効果 さいたま市長選、民主大勝
2009年5月25日8時25分

 民主党の鳩山代表就任後初の大型選挙となった24日のさいたま市長選は、同党埼玉県連が支持した新顔の清水勇人氏(47)が、自民党県連などが推薦する現職を大差で破って初当選し、「鳩山民主党」は初陣を白星で飾った。

 民主党埼玉県連の枝野幸男代表は「(この勝利が)民主党に対する勢いや流れを有権者に感じてもらえるのは間違いない。そういう意味で、総選挙へ大きくプラスに働くと思う」と語った。

 躍進のきっかけは、告示翌日にあった小沢前代表の辞任表明だった。市議の一人は「ビラが辞任表明前の1.5~2倍、はけるようになった。民主党の動きに関心が集まっているのを感じた」。

 そして21日夕。鳩山氏は代表就任後初の街頭演説で清水氏の応援へ。「さいたま市の政権交代を市民の手で実現させよう」。鳩山氏の訴えに大勢の聴衆から拍手が起こり、握手を求める人たちで身動きがとれないほどだった。

 前回、前々回の市長選で県連は自主投票。しかし、今回は違った。総選挙の前哨戦と位置づけ、党所属の国会議員や地元市議らが立候補表明直後から清水氏の街頭活動を支えた。

 対する自民党。選挙戦終盤、現職の相川宗一氏(66)劣勢の見方が広がった。旧浦和市長時代を含めると当選すれば通算6期目になる。ただでさえ多選批判があるのに加え、「民主がこんなに動くとは」。自民県議はいら立ちを募らせた。

 矛先は中森福代氏(59)の陣営にも向いた。直前まで自民党衆院議員(比例北関東ブロック)だった中森氏。政党の推薦・支持こそ受けなかったものの、伊吹文明元幹事長、野田消費者行政担当相らが次々応援に駆けつけたからだ。

 相川氏の陣営は代表選後、方針転換。対抗するように「自民党」を前面に、鳩山総務相、笹川尭総務会長らを応援に招いた。

 こうした動きに清水氏陣営の幹部は勝利を確信した。「民主対自民の対決構図に持ち込む、こちらの戦略通りだ。おまけに自民が割れてるんだからね」
http://www.asahi.com/politics/update/0525/TKY200905250004.html
他のマスゴミも「鳩山民主党に追い風!」という判で押したような論調なんですけどね。こちら
でも、こんな意見もありますけど~(-@∀@)さん
小沢氏辞めなくても勝てた…さいたま市長選

 事実上の与野党対決となったさいたま市長選で、民主党埼玉県連が支持した元県議清水勇人氏(47)が24日、初当選を決めた。民主党は鳩山由紀夫代表が就任後、初めての大型地方選挙で勝利し「小沢一郎前代表が辞めなくても勝てた」(清水陣営幹部)と余裕の表情。次期衆院選への手応えを感じていた。

 午後8時すぎに当選確実が伝えられると、清水氏の支援者数十人が集まった事務所近くの幼稚園の体育館は、拍手と歓声に包まれた。民主党県連代表の枝野幸男衆院議員は、携帯電話で鳩山代表に勝利を報告。鳩山代表は「早すぎるね」と喜んでいたという。

 枝野氏は「民主党支持をアピールし、思った以上にうまくいった」と勝利の弁。何度も応援演説に訪れた渡辺喜美元行政改革担当相も駆け付け、支援者と喜び合っていた。

 一方、自民党と公明党の県組織から推薦を受けた現職相川宗一氏(66)の事務所では、選対幹部の市議が「何としても三選を果たしてほしかった。引退もあり得る」とこわばった表情で話した。

(2009年5月24日23時30分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20090524-OHT1T00267.htm
「党のトップなんてどうでもいい!」…ってまるで去年流行ったギャグのようですがヾ(--;)、ま、ある意味あんな連中を無視した清水氏の選挙幹部は賢明だったかな。でもこの言葉を元に後で民主党幹部にいじめられないようにね。

そして、(-@∀@)も下でこそっと言及しているけど、自民党は分裂したのが一番痛かったように思われますね。さいたま市選挙管理委員会の公式発表を見ると
・清水勇人(民主党支持):155966票
・相川宗一(自民・公明党支持):98816票
・中森福代(元自民党系):62911票
相川氏と中森氏の票を合計したら161727票で僅差で上回る。
後、相川氏は5選もしてたら、そりゃ「世襲と多選は汚職の温床」というのが共通認識に為りつつある今の日本じゃ絶対苦しいって。でもさいたま市多選が続いていたって事は住民意識は田舎だったという事か

そして、某掲示板ではさいたま市民とおぼしきこんな書き込みが。
この選挙に自民、公明、民主の力の差などは関係ない

相川はさいたま市を馬鹿にしすぎた
そもそもの発端の合併後のさいたま市長選も、元浦和の相川と
元大宮の進藤の一騎打ちだった
そして相川は、土建屋パワーフル回転して、与野を手篭めにして当選

しかしその後、相川は露骨な浦和偏重、大宮与野(与野はさいたま新都心)の排除にかかった
大宮の市が運営してたイベントをことごとく潰し、救急病院まで潰した
そして大宮と新都心の税収をこれでもか!と浦和の土建に注入
もはや大宮と与野は、合併したことすら後悔する始末

相川はやる前から元浦和の一部以外から総スカン食らっていたのが事実
さらに、自分の応援に、元浦和レッズのギド・ブッフバルトを呼ぶなど
なりふり構わない公私混同がさらに呆れさせた

確かに、中森と自民票が分裂した事実はあるが
もはやこの市長選を「相川を落とす市長選」と認識していた
さいたま市民の大多数は消極的選択で民主の候補が勝ったというだけ

さいたまをちょっと知ってれば、こんなのは当たり前で驚くべきことなんてない
それでも俺は中森がもうちょっと行くとは思ってたけどw
…呆れた人だったようですね相川氏。
この後選挙法違反でめでたくタイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!!!…とならないことを遠くパンデミックの空の下から祈っておきます、インフルウイルスと共にヾ(--;)
スポンサーサイト


テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 12:02:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。