現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
めーわくなおっさんやのう…
【5月28日 AFP】自宅軟禁の条件に反して自宅に外国人を滞在させたとしてミャンマーの軍事政権に起訴された同国の民主化指導者アウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)さんの公判で27日、事件の原因を作った米国人男性が証人として出廷し、スー・チーさんを訪問した理由について「神の警告を伝えるのが目的だった」と述べた。

 証言台に初めて立ったジョン・ウィリアム・イエットー(John William Yettaw)さん(53)は、湖畔にあるスー・チーさん宅に湖を泳いで渡って侵入した目的は、スー・チーさんがテロリストに暗殺されるという神の警告を伝えるためだったと語った。

 イエットーさんを滞在させたことで起訴されているスー・チーさんは、有罪の場合、最高5年の禁固刑が科せられる。

 また、イエットーさんは米ミズーリ(Missouri)州の自宅からやって来たのは、スー・チーさんを暗殺するであろうテロリストが、その責任を軍事政権に負わせるという夢を見たからだとも述べたと、スー・チーさんが率いる国民民主連盟(National League for Democracy、NLD)の広報担当で弁護人を兼任するニャン・ウィン(Nyan Win)氏が報道陣に明らかにした。イエットーさんは「神に来るよう頼まれた」と言っているという。

 非公開で行われている公判では同日、弁護側が請求した証人4人のうち3人の証言が却下され、スー・チーさんと同じく自宅軟禁されているNLDの副議長の証言も認められなかった。

 ニャン・ウィン氏によると、29日にも判決が下される。(c)AFP/Hla Hla Htay
http://www.afpbb.com/article/politics/2606639/4197537

「神のお告げ」ねぇ…まあこの人自体がもしかしたら軍事政権側の うわお前はだr(以下略)
スポンサーサイト


テーマ:国際政治 - ジャンル:政治・経済

国際問題(特亜以外) | 23:58:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。