現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
箕面市よ、お前もか('A`)
6月22日の午後4時頃、箕面市議会本会議で『「慰安婦」問題に対する国の誠実な対応を求める意見書』が採択されました。

賛成17票・反対7票で可決され、賛成票は民主党共産党公明党、無所属、市民派ネットワーク。
反対票は自民党と無所属議員。

意見書の採択を支持した議員らは発言を通じ、「被害女性の証言を聞いて心が揺れた」とし、
「多くの被害者が亡くなっている中での解決は急務」と発言しました。

今回の箕面市議会の意見書の可決には、北摂(ほくせつ)ネットワーク市民の努力が大きな影響を
与えました。

2008年の3月に採択された兵庫県宝塚市議会の意見書可決に力を得て、大阪北部に位置する
北摂地方(7市3郡)の市民は、5月に北摂ネットワークを作りました。 6月には韓国で被害者ハルモニ
を迎えて証言集会を開いた。7月には本格的に議員に対するロビー活動を始めました。

箕面市には、『慰安婦問題』に関する市民団体は無かったが、平和運動等をする市民団体や議員
を相手に学習会を開催し、この問題解決の重要性を訴えてきました。

特に中心となった女性達は、今までロビー経験がない主婦や一般市民がほとんどだったが、「困難
の中でも常に被害者を考えて活動していた」と、喜ばしい便りを伝えてきました。

日本の市議会で続いている『日本軍慰安婦問題解決要求意見書』の採択は、今回採択された箕面市を含み、宝塚・清瀬・札幌・北海道など5ヶ所に達しています。

このような動きは、日本の市民も同じく日本政府の問題解決を願っている事を見せている為、日本
各地では今後も北摂ネットワークを中心に、他の市議会での決議採択を継続するため、積極的に
努力するという便りを伝えて来ました。

箕面市議会 「慰安婦」問題に対する国の誠実な対応を求める意見書

議員提出議案第十三号=「慰安婦」問題に対する国の誠実な対応を求める意見書

かつての戦争において、日本が近隣諸国の人々に多大な被害を与えてから、六十四年が経過する。
しかし、いまだに戦争被害の傷は癒されていない。

平成十九年(二〇〇七年)七月にはアメリカ下院議会が、「日本軍が女性を強制的に性奴隷にした
ことを公式に認め、謝罪するよう日本政府に求める決議」を採択している。そして、アメリカの議会決議
に続いて、オランダ、カナダ、EU議会などでも同種の決議が採択され、国連などの国際的な人権擁護
機関からも早期解決を求める勧告が出されている。

日本政府としては、平成五年(一九九三年)八月に、当時の河野洋平官房長官が、「お詫びと反省の
気持ちを申し上げる。そのような気持ちを我が国としてどのように表すかについては、今後とも真剣に
検討すべきもの」という談話を発表しているが、何ら進展していない。

よって、政府においては、河野談話に矛盾しないよう「慰安婦」問題の真相究明を行い、被害者の尊厳回復に努め、誠実な対応をされるよう要望する。

以上、地方自治法第九十九条の規定により意見書を提出する。

平成二十一年六月二十二日
箕  面  市  議  会
http://www.womenandwar.net/bbs/?tbl=M017&mode=V&id=1327(韓国語のみ)※上記の訳は某所掲示板からの引用です。

この決議に尽力したという北摂ネットワーク市民の公式HPはこちら
「活かそう憲法!北摂市民ネットワーク」とは


主な活動は・・・


「活かそう憲法!北摂市民ネットワーク」は、2004年10月3日、北摂地域において、

憲法を活かし平和と共生社会実現のために活動し、市民の政治参加を創り出すことを目的として誕生しました。


主な活動は、以下のとおりです。


①北摂の地で「憲法9条を活かそう」の声を広げて行きます。

②北摂地域の平和・活憲・環境問題を取り組む市民や市民グループとの交流を進めます。

③ 国政や地方自治の主権者として市民の政治参加を進めます。


 個人の資格で参加するグループです
 
 私たちは、平和と非暴力を求める市民グループです。特定のイデオロギーに支配された団体ではありません。

 私たちは、すべて個人の資格で参加しています。私たちは、市民一人一人が考え行動することが大切であると考えています。

 市民の立場で物事を判断し行動すること、平和と共生の生き方を主張することが大事だと思っています。

 個人を大切にすることこそが、命をたいせつにすることです。
http://www.geocities.jp/hokusetunet/siminnet.html
「特定のイデオロギーに支配された団体ではありません!」と主張されていますが、憲法9条信者ということはそのイデオロギーによって支配されている団体と言うことなのでは(苦笑)
また茨木市の山下けいき議員(新社会党)もこの団体の活動を熱心に支持しており、特定の政治信条をお持ちの方に支えられた組織であることは確かでしょう。
また、今回の決議に至るまでロビー活動を行い議員を使うなど、アメリカ下院で行った手法と全く同じなのも興味深いです。実際にこの会を動かしているのは韓国の慰安婦関連団体でしょうね。


参考:箕面市の市議会議員名簿
箕面市議会議員名簿
無所属が多いですが、所属が明らかな議員の多くが民主党共産党

拙ブログ関連ネタこちら
スポンサーサイト


テーマ:箕面市 - ジャンル:地域情報

「慰安婦」騒動を考える? | 23:00:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。