現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【静岡はええよ】「静岡からチベットに行こう!」は県職員の自演【やっとかめ?ヾ(--;)】
…ということらしいです。
静岡空港虚偽HP 講習会で県職員が架空内容作成
「想定外」の閲覧可能に 

 静岡空港のホームページ(HP)上で特定の操作をすると、虚偽の情報が表示される状態になっていた問題で、虚偽情報のページは、県職員3人がHPの運用方法を習う講習会で作ったものだったことが2日、わかった。このうちの1人(31)は「見られることは想定していなかった。(閲覧されて)驚いた」と話している。

 県空港部によると、HPはHP製作会社「アーティス」(浜松市中区)に県が委託して作り、今年5月中旬に公開された。納品前の4月22日に静岡市内で開いた講習会で、HP上の情報の更新などを担当する県空港部の職員ら4人が、アーティスの社員から更新方法などを教わった。

 この席で、県職員3人が試しに「空港のサポーターズクラブの会員はツアー代金8割引き」「チベットへの臨時便運航決定」など架空の内容のページを作った。

 これらのページは正式なHPには載せていなかったが、HP上で特定の操作をすると閲覧できる状態になっていた。サーバーを管理するアーティスが1日、県から指摘を受けて閲覧できないようにし、同社の社員が2日、県庁を訪れて陳謝した。

 「東の横綱は羽田ではなく、静岡」と書いた男性職員(31)は、読売新聞の取材に「羽田(空港)みたいに大きくなってくれればという思いで書いた」と話した。「静岡―ソウル―上海の周遊チケットが販売され、2周目からは半額」と書いた別の男性職員(36)は「特に考えずに書いた」と話した。

 県空港部は2日、県商工会議所連合会内にあるサポーターズクラブの事務局や、チベットへの臨時便の申込先「チベット人民旅行社」の電話番号として、実際の電話番号を記載してしまった宮崎県の自営業者に事情を説明し、謝罪した。アーティスの池谷義紀社長は「今後はこういうことが起きないよう、しっかりとやっていきたい」としている。
(2009年7月3日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20090702-OYT8T01088.htm
「東の横綱は羽田ではなく、静岡」と書いた男性職員(31)は、読売新聞の取材に「羽田(空港)みたいに大きくなってくれればという思いで書いた」と話した。
こーれからーのイニシアティブはーしーずおかーできまり~ヾ(--;) ※元ネタはこちら
てゆうか、羽田なみに静岡空港成長させるって厚かましいもいいところだと思うんですがヾ(--;)
まあ、内輪というかエイプリルフールとかだったら笑えるネタですんだんでしょうけどねぇ。こういう研修用のHPはアドレスを変更したりして外からは見られないようにするのが普通だと思うんですが。たしかにこの点はHP作成会社のミスだったかなと思います。

おまけ
今回の静岡知事選は地元は盛り上がってませんというお話 それでも兵庫知事選よりはマシ、たぶん。
スポンサーサイト


テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

事件や出来事 | 00:58:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。