現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
解散!と大騒ぎの影でひっそり消えたあの法案
2年前の参議院選挙が終わりの始まりなら、今回は終わりの総仕上げでしょうか(鬱)

ところで、今回の大騒ぎの影で、重要なあの法案が廃案になってしまったのを何人の方がご存じでしょうか
【北制裁】船舶検査法案成立は絶望的に 野党の審議拒否で国会空転へ
2009.7.13 19:06

 民主党など野党が13日、麻生内閣の不信任決議案を衆院に、麻生太郎首相の問責決議案を参院に提出したことにより、国会は14日の両決議案の採決以降、空転する見通しとなった。麻生太郎首相が21日の週に衆院を解散することから、与党が14日の衆院本会議で可決して参院へ送付する北朝鮮関連船舶の貨物検査を可能にする特別措置法案の今国会成立は絶望的だ。

 自民、公明両党は13日の国対幹部の会合で、不信任決議案を14日午後の衆院本会議で否決することを確認した。自民党から不信任決議案に同調する造反議員は「ほとんどいないだろう」(与党幹部)とみられ、与党の多数で否決される。

 一方、野党が多数の参院では、14日午後の本会議で問責決議案が可決される。

 貨物検査特措法案は参院で審議入りしないまま、衆院解散により廃案となる見通しだが、与党側は野党が審議を拒否すれば「無責任だ」と批判する考えだ。

 政府が新規提出した69法案のうち7法案は審議が続いており、貨物検査特措法案のほか、「内閣人事局」設置を柱とした公務員制度改革関連法案も時間切れ廃案が確実だ。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090713/stt0907131908021-n1.htm
貨物検査法案、参院で廃案へ=14日、衆院通過

 衆院テロ防止特別委員会は13日午後の理事会で、北朝鮮関係船舶の貨物検査を可能にする特別措置法案について、14日に採決することを深谷隆司委員長(自民)の職権で決めた。与党は可決後に衆院本会議へ緊急上程し、同日中に衆院を通過させる方針。ただ、野党は参院での審議には応じない構えで、特措法案は衆院解散に伴い、廃案となる見通しだ。
 野党は13日の理事会を、麻生内閣に対する不信任決議案提出を理由に欠席。これに対し、深谷氏は「十分議論は尽くした」として、14日午後に同特別委を開き、締めくくり質疑を行うことを決めた。野党は欠席する方針。 (2009/07/13-19:40)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009071300805
国連であそこまで頑張って北朝鮮関連でいろいろやったのにこれでパーです。民主党は死んでくれ。※これはTBS的励ましの言葉です。

ところで、同じ内容の記事が、東京新聞にかかるとあ~ら不思議、すべての責任が麻生総理にあるように見えるのだが。
貨物検査法案 廃案へ 問責可決、解散あおりで

2009年7月14日 朝刊

 北朝鮮に出入りする船舶を検査する貨物検査特別措置法案が、廃案になる見通しになった。野党が十三日、参院に提出した麻生首相の問責決議案が可決されると、野党はその後の国会審議に応じないないまま、衆院が解散となるためだ。

 衆院海賊対処・テロ対策特別委員会の深谷隆司委員長は十三日の理事会で、十四日に貨物法案の採決を行うことを、野党欠席のまま職権で決めた。

 貨物法案は与党の賛成多数により可決され、直ちに衆院本会議に緊急上程されて衆院を通過する運び。

 だが、政府筋は「問責が可決されれば、野党は審議には一切応じず、そのまま廃案になる。もはや法案は救えない」と述べた。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009071402000070.html
スポンサーサイト


テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 12:48:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。