現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ウィグル関連映画を上映するオーストラリアの映画祭公式HPに中国人がクラッキング
ウイグル関連映画上映の豪映画祭、サイトにハッカー

(CNN) 亡命ウイグル人組織「世界ウイグル会議」のラビア・カーディルさんのドキュメンタリー映画上映が予定されているオーストラリアのメルボルン国際映画祭の公式サイトが、映画祭初日の25日、数回にわたってハッカー攻撃を受けた。

カーディルさんは中国政府から、中国新疆ウイグル自治区ウルムチの騒乱への関与を指摘されている。ハッカー攻撃後の同映画祭サイトにアクセスすると、カーディルさんへの反対を表明するポップアップが中国国旗とともに表示され、「中国人民に謝罪せよ」とのメッセージが出た。

追跡の結果、ハッカー攻撃を実行していた1人は、上海の情報技術(IT)専門家であることが判明。専門家は民間人で、映画に抗議するためサイトを攻撃したことを認めた。当局は他の攻撃についても追跡を急いでいるが、別の複数の場所から行われていた可能性が浮上している。

主催者側が26日語ったところによると、上映中止を求める中国側の組織的活動は、中国外務省からの中止要請と他の中国映画の出品取りやめに続き、3件目という。

この映画「The 10 Conditions of Love」は、中国新疆ウイグル自治区の自治拡大を求めてカーディルさんが活動するなか、家族がどのような影響を受けてきたかを検証する内容で、第1回上映は26日夜の予定。来月初旬の上映時には、カーディルさんがゲストとして招かれている。
http://www.cnn.co.jp/showbiz/CNN200907260017.html
去年のチベットの時と同じ手。漢人って姑息。

関係あるかどうか分からないけど
文科省HP改ざん、「戻る」で中国語ページに

 文部科学省は27日、再生医療の最先端研究を紹介している同省のホームページ「再生医療の実現化プロジェクト」が、改ざんされているのが見つかったと発表した。

 各ページから目次に戻る際に使うボタンを押すと、中国で開設されたとみられるホームページに移動するよう、プログラムが書き換えられていた。

 改ざんは内閣官房の情報セキュリティセンターが26日夜に発見し、文科省に伝えた。25日午後3時40分ごろ、ホームページを管理するコンピューターに外部から接続して、プログラムを書き換えた記録があった。

 ホームページやコンピューターには、未公表の研究成果や個人情報は掲載されていない。同省は27日未明からホームページを閉鎖、復旧作業を行っている。
(2009年7月27日18時51分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090727-OYT1T00800.htm
スポンサーサイト


テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 00:30:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。