現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
インドネシアで公用語にハングルを使う島が誕生
【8月6日 AFP】(一部訂正)独自の言語をもつが、表記文字を持たないインドネシアの少数民族が、韓国のハングル文字を採用することを決定した。このプロジェクトに参加する研究者が6日、語った。

 ソウル大学(Seoul National University)のイ・ホヨン(Lee Ho-Young)教授によると、ハングルが他民族の社会で使用されることになるのは初めてだという。

 ハングルを採用するのは、インドネシア・スラウェシ(Sulawesi)島の南西にあるブトン(Buton)島のバウバウ(Bau-Bau)に暮らす、人口約6万人のチアチア(Cia-Cia)人。

 イ教授によると、バウバウでは7月21日からハングルを教える授業を開始した。ソウル(Seoul)の言語学会「訓民正音学会(Hunminjeongeum Research Institute)」の作成した教材を使用しているという。

 イ教授は、「これでチアチア人も独自の言語を保存することができる」と述べ、今回のハングルの採用を「歴史的」な出来事とした。

 これまで同学会は、長年にわたって、独自の言語を持つが表記文字を持たないアジア各地の少数民族に対し、ハングルの採用を広げようと取り組んできた。(c)AFP
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2628377/4431390
以下の記事を読むと、韓国側の「文化優越自己満足」ぶりが感じられて、一歩間違うと文化侵略行為にも取れるんですがね
「タリマカシ」、ハングルを使うインドネシアの島
記事を聞く
AUGUST 07, 2009 08:19
インドネシアの少数民族が、世界で初めてハングルを公式文字として導入した。ハングルが海外で公式に普及されたことを受け、科学的表音文字(人の声を記号で表す文字)であるハングルの優秀性に再び注目を集めている。

6日、社団法人「訓民正音学会」によると、インドネシアのスラウェシ州・バートン島・バウバウ市にある少数民族「チアチア族」の土着語を表記する公式文字として、ハングルの導入を決め、ハングルによる文字教育を開始した。同市は先月21日から、チアチア族の密集地域のソラオリオ地区の小学生40人余りを対象に、ハングルで書かれたチアチア語の教科書を配り、週4時間ずつ授業を始めた。また、一部の高校でも毎週8時間ずつ、韓国語の初級教材で韓国語を教えている。チアチア族らに普及された教科書では、手は「ウリマ」、足は「カケ」、傘は「パウ」などと表記されている。

人口6万人あまりの少数民族のチアチア族は、独自の言語は持っているが、文字がなく、固有語を失う危機にあった。このニュースを聞きつけた訓民正音学会関係者らが、バウバウ市を訪れ、ハングル採用を提案し、昨年7月、ハングル普及に関する覚書(MOU)を交わした。さらに、ソウル大学の李豪榮(イ・ホヨン)教授(言語学)の主導で作られたハングル教科書を普及させた。今後、この地域でハングル教育が定着し、常用化されれば、ハングルが海外に伝播された初事例となる。

同学会の「ハングルの世界化事業」は昨年5月から始まっており、これまでハングル学会は中国龍江省やタイ、ネパール奥地の少数民族に対し、ハングルを伝播しようと試みたものの、成功しなかった。しかし、バウバウ市が公式にハングル教育を開始したことを受け、ハングルの優秀性が証明されたと学会では評している。

訓民正音学会の会長を務めているソウル大学の金周源(キム・ジュウォン)教授(言語学)は、「文字を持っている民族と持っていない民族との文化的力量は著しく差がある」とし、「この事業が成功すれば、我が民族や国家ブランドの価値向上にも大きく役立つだろう」と語った。

教科書の編纂を主導した李豪榮教授も、「ハングルは、文字を有していない民族が民族のアイデンティティや文化を保存するのに大きく役立つだろう」と語った。
http://japan.donga.com/srv/service.php3?bicode=040000&biid=2009080785378
ハングルの普及に政府の支援を  (朝鮮日報)

ちなみに上記のニュース、日本のマスコミで報道しているのは、ネットで検索した限りでは東京新聞だけみたい。
スポンサーサイト


テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 23:28:01 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。