現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【メモ】日本大混乱→先祖帰り→滅亡への初日が始まりました
09年度補正予算を執行停止へ=概算要求も見直し-民主

 民主党は政権発足後、麻生内閣が経済対策として策定した2009年度補正予算の執行停止に踏み切る。31日に締め切られる10年度予算の概算要求も見直す方針だ。首相直属の「国家戦略局」を新設し、政治主導で予算の組み替えに着手する。補正予算の執行停止や組み替えで生じた分は来年度予算に振り向け、マニフェスト(政権公約)に掲げた「子ども手当」など目玉施策に優先配分する考えだ。
 民主党鳩山由紀夫代表は30日夜、民放の報道番組で「(補正予算は)本格的に見直していく必要がある」と述べた。
 補正予算の執行停止や概算要求のやり直しは極めて異例で、予算編成作業の遅れは避けられない。12月下旬が通例の政府予算案決定が来年にずれ込む懸念があり、「越年編成」となれば景気に悪影響が及ぶのは必至だ。民主党政権は景気をにらみながら、難しい課題に取り組むことになる。 
 財務省は民主党の衆院選勝利を踏まえ、補正予算の執行停止に向け、関係省庁と調整に入る。5月末に成立した補正予算は総額約14兆円。主な執行停止対象は、官公庁施設整備費(2兆9000億円)や「国営漫画喫茶」と批判されたメディア芸術総合センター(117億円)といった公共事業のほか、「緊急人材育成・就職支援基金」など46基金への計4兆3700億円の支出。長期的な対策効果を得るため複数年度分が計上されており、未執行額が多い。
 ただ、地方向け基金に関しては、自治体が「複数年契約を交わしたケースもある」(財務省幹部)といい、事業の実施や契約済みなどを理由に執行停止に応じないケースも想定される。また、失業率が過去最悪を更新するなど雇用情勢が一段と悪化する中、「経済情勢を考えれば、停止しにくい事業もある」(経済官庁幹部)のが実情だ。(2009/08/30-22:54)
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2009083000622
予想されたことではありましたが。ツケをかぶるのは国民ですが、今回はその国民の選択でこういう結果だからなー。

さて、マスコミの「報道しない権利」により、いつの間にかうやむやになった小沢民主党代行の「西松建設疑惑」と鳩山民主党代表の「故人献金」疑惑。このまま無かったことにされてしまうのでしょうか?
2009年08月30日号
【検察と政治】
自民党と政権交代を実現した小沢一郎氏の執念、民主党政権は長期政権になりうるがか?

●自民党での24年
 民主党を中心とする勢力への政権交代が実現した。小沢一郎代表代行の執念が実を結んだ格好だ。
といったところで、小沢氏は元々自民党、田中派、竹下派金丸系、経世会内部の竹下、小渕恵三、梶山静六らとの権力争いに敗れ離党、新生党を結成した人である。民主党政権が長続きするかどうか考えてみよう。

 小沢氏は昭和44年12月、自民党公認として衆議院議員に当選、平成5年6月、離党するまで自民党に所属、衆院議員運営委員長、自治大臣国家公安委員長、内閣官房副長官、自民党幹事長、経世会会長代行など24年間にわたり国会、政府、党、派閥の要職を歴任した。

 この間、検察と政治家の闘いなど

1. 昭和51年7月、田中角栄前首相の逮捕、受託収賄罪で起訴、昭和58年10月、1審有罪判決。
2. 昭和60年1月、竹下登氏を中心に創政会発足が表面化、40人で初会合。
3.      2月、田中角栄氏入院、政界に衝撃。
4. 昭和62年7月4日、竹下派が控訴審判決を待つ田中氏に反旗を翻す経世会(竹下派)の結成。
5. 東京高裁、田中氏の控訴棄却、上告、
6. 皇民党の街宣活動への金丸氏が関与、
7. 昭和62年10月、中曽根首相が自民党総裁に竹下氏を指名。
8. 昭和62年11月、竹下内閣誕生、官房副長官に就任、
9. 検察のリクルート事件捜査の最中、平成元年5月の同内閣の退陣表明、
10. 平成元年8月から2年11月まで自民党幹事長。
11. 経世会会長代行
12. 平成4年8月、金丸信自民党副総裁が、東京佐川急便、渡辺広康社長から5億円のヤミ献金を受けていたことが発覚
13. 東京地検特捜部、金丸氏を事情聴取もせず罰金20万円の略式起訴、特捜部は国民の轟々たる非難を浴びた。金丸氏政界引退。

 こうした一連の動きの内幕を小沢氏は見聞きする機会を持った。こんな政治家は現代の政治家の中で小沢氏しかいない。

●自民党離党後の小沢氏
 小沢氏は平成5年6月、自民党を離党、新生党を立ちあげ、代表幹事に就任。7月18日に施行された第40回衆院選で自民党は過半数割れし、自民党を離れ結党した新生党、日本新党、新党さきがけの3党が躍進、小沢氏は宮澤自民党政権と交代した細川内閣を誕生させた。これからのことは周知の事実なので省略するが、ともあれ平成15年9月、小沢氏の自由党は鳩山氏らの民主党と合併した。
 そして平成18年4月7日の民主党代表選で小沢は菅直人氏を破り、第6代の民主党代表に選出された。小沢氏は菅氏を党代表代行、鳩山由紀夫氏を党幹事長にする3頭体制を敷いた。
 これが効を奏し19年年7月施行の第21回参議院議員通常選挙で民主党は60議席を獲得、参議院第1党となり、野党全体(共産党を含む)で過半数を得た。次期総選挙で民主党に政権交代する可能性が強くなり、党内外から次期総理は小沢氏という声が強まった。

●西松建設の違法献金
 ところが、西松建設の裏金疑惑を捜査していた東京地検特捜部は3月3日、陸山会(小沢の資金管理団体)の会計責任者兼公設第一秘書を政治資金規正法違反容疑で逮捕、東京にある小沢氏の資金管理団体「陸山会」事務所、地元事務所も家宅捜索した。

 読売新聞は4日付夕刊で「小沢氏「適正に処理」検察を批判、辞任否定」という見出しで次の要旨の記事を掲載した。

総選挙が取りざたされているこの時期において、非常に政治的にも法律的にも不公正な国家権力の行使と感じている」
 会見中、小沢代表は捜査について何度も「不公正」「異常な手法」などと顔を赤くしながら強い口調で繰り返した。時折、疲れた表情を見せながらも、「この種の問題で逮捕・強制捜査というやり方は民主主義を危うくすると考えている」「こじつけたような理由で検察権力の発動は非常に公正を欠くと思う」と語り、検察当局と真っ向から対決する姿勢を前面に出した。
「政治資金に関してはすべてオープンにしている。収支を全部公開しているのは私だけではないか」と胸を張る場面もあり、「起訴などないと信じております」「遠からず嫌疑は晴れると信じている」とも語った。



 小沢氏は同じ東京地検特捜部でも、平成4年9月、金丸信氏の政治資金規正法違反処理と比較してあまりに違うことに怒りを感じたに違いない。しかし、それは東京地検特捜部が「変わっていた」ということだ。
 東京地検特捜部は小沢氏の公設第一秘書を起訴した。
小沢氏は5月11日、公設第一秘書が逮捕された件で、民主党代表を辞任、代表代行に就任した。

●民主党は長期政権となるか、否か。
 小沢氏の公設秘書が逮捕・起訴されたことは民主党に選挙ではマイナスとならず、民主党は念願の政権交代を果たした。
 さて、民主党は長期政権となるか、否か。
 これは民主党から、スキャンダルが出るかどうかにかかっている。それでなくても民主党は小沢代表代行の公設第一秘書の政治資金規正法違反の裁判、鳩山代表の秘書の「故人献金」問題も抱えている。

 政権が交代したことで法務・検察は再び、「赤レンガ派」と「現場派」が対立を繰り返すよう変わるであろう。

「現場派」が、「赤レンガ派」に取り込まれ、言いなりに変わるか、それとも「厳正、公平、不偏不党」、東京地検特捜部は経済秩序の監視役として「(権力の)やりすぎ、儲けすぎ、目立ちすぎ」は、絶対に許さないというあるべき姿になるのか、である。金丸氏の政治資金規正法違反時のような極端なことはできないと思う。検察独自捜査に関し、金丸事件の頃と違ってネットの監視が強いからだ。

 私は検察は「あるべき姿」を目指すと予測する。
http://www.shihoujournal.co.jp/colum/090830_1.html
検札がんばれといいたいんだが、最後の段落(特にその最後の一行)が意味深で気になるなぁ。
スポンサーサイト


テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 23:26:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。