現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
鳩山「友愛」民主党大勝で、半島から予想通りの物がキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!
北朝鮮、日本の謝罪を要請
2009/08/31 Monday 13:51:54 IRDT
北朝鮮が、朝鮮半島占領期間中に行った犯罪に対する日本の謝罪を求めました。
フランス通信が、北朝鮮の首都ピョンヤンから伝えたところによりますと、北朝鮮の日本に対する要請は、日本の民主党が30日日曜衆議院選挙で勝利したことを受け行われたものです。
北朝鮮のロドン新聞が、同国の与党の話として、「もし日本が、国際的な信用や支持を取り付けたいなら、過去の誤った措置を認めるべきだ」と伝えています。
また、「北朝鮮はさらに、日本に対し、北朝鮮をはじめとするアジア諸国に、謝罪しなければ、彼らの犯罪は、ドイツのナチスが行った犯罪に等しいものと見なされるだろうとの警告を発した」としています。
http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&task=view&id=8746
AFPによる英語の記事はこちら

鳩山由紀夫氏のニューヨークタイムズに載った問題の「友愛」記事に関しては、こちらのブログがまとまっています。大東亜共栄圏の復活を狙ってる、か…。


おまけ
選挙前に既に海外で笑い物になってた日本の次期首相(予定者)_| ̄|○
Hatoyama’s Fantasy Island(Forbes)
Tokyo Dispatch
Hatoyama's Fantasy Island
Tim Kelly, 08.30.09, 06:00 PM EDT
Japan's leader-in-waiting has a delusional vision for his country and its relationship with the rest of Asia.


Yukio Hatoyama dreams of an Asian union, a utopia free of rapacious American capitalism, a region bound together by fraternity and a common currency. Were Hatoyama a soapbox orator his fantasizing could be dismissed as twaddle, but he isn't. He's about to become the next prime minister of the world's No. 2 economy, following his party's victory Sunday in a general election.

In an op-ed piece, "A New Path for Japan," that ran in The New York Times recently, the leader-in-waiting revealed his vision of Asia's future, one that has Japan hand-in-hand with China at its center as American economic and military power wanes. He describes his country as being "buffeted by the winds of market fundamentalism," a nation "damaged" by an unfettered global economy. There is, Hatoyama boldly states, "danger inherent in freedom," although he doesn't specify what variety of liberty he finds most hazardous.

There's no suggestion he would want to go as far as rounding up Japan's beleaguered free marketeers and locking them up and throwing away the key, but his public musings suggest Japan is in for a heavy bout of re-regulation that will swaddle the unviable and stymie the fit. Hatoyama is right when he notes the relative decline of America vis-à-vis China, but chooses to overlook the more precipitous decline in Japan's power and influence. As the rest of the world economy grew over the past decade and a half, Japan's stood still, its corporations hobbled by the kind of regulation and bureaucracy seemingly advocated by Hatoyama's brand of economic nationalism.

He also ignores an uncomfortable truth: As an export junky unable to kick-start its domestic economy, Japan relies on other nations keeping their markets free to ensure corporate profits at Toyota, Sony, Panasonic and the rest of Japan Inc. With America and Europe in recession, Japan must increasingly look to China to sell its products.

The Chinese may be happy to buy Japanese TVs, cameras, game consoles and washing machines, but Hatoyama is probably deluded if he believes they will buy into his idea of a common Asian currency. Even 64 years after the end of World War II, bitterness about the conflict that claimed millions of lives lingers. Japan's empire building under the guise of a co-prosperity sphere back then was its last stab at creating a pan-Asian common market.

Apart from the practical obstacles of tying China, Japan, Korea and Taiwan together under one currency--an emerging economy, China's gross domestic product per capita is a mere one-tenth that of Japan's and is a totalitarian state to boot--there's little incentive for Beijing's leaders to even consider the idea. All China need do is wait for its yuan to become Asia's currency of choice as its economy comes to dominate the region. It will overtake Japan this year or next. Why tie your fortunes to that of a fading island nation on the edge of Asia?

Japan's 100 million voters have given Hatoyama and his party four years to prove they can transform Japan. However, it wasn't so much an election that the DPJ won with persuasive policies, but rather a poll that the LDP lost. Sunday's result was a massive protest vote against a worn-out, clique-ridden party that after ruling Japan for nearly all of the past half century had simply been in power too long. Hatoyama is about to step into the job he sought, but it doesn't mean his fellow Japanese want to live on his fantasy island.

Tim Kelly is Tokyo bureau chief for Forbes. You can follow him on twitter here http://twitter.com/kellyJapan.
スポンサーサイト

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 00:20:12 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
ああ・・・
ばんないさん、こんにちは。
いつも拝見しております。

きましたね・・・。

友愛精神でお応えするんでしょうか、あのアホ次期首相予定者は。

社民やみんなの党とも連立して、そのうち公明党もくっついて、総与党化するんじゃないかという気がしてなりません。
2009-09-02 水 10:04:24 | URL | 七草 [編集]
こんばんは。
ホントに予想はしていたとは言え、トンデモナイ怪物が出来た物です。
しかもこれが国民の投票の結果なんですから…

>社民やみんなの党とも連立して、そのうち公明党もくっついて、総与党化するんじゃないかという気がしてなりません。
みんなの党は連立する気満々だったのですが、民主党からすげなく断ったという経緯があるので、当分は連立しないんじゃないでしょうか。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090829/stt0908290136000-n1.htm
公明党とはいずれは連立するかも知れませんね。政策的(防衛、バラマキ、中国・韓国より)という点は、今連立する予定の国民新党や社民党より公明党の方が民主党と近いですしね。
2009-09-03 木 23:29:37 | URL | 管理人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。