現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
鳩山首相、国際舞台で暴走(予定)

首相、途上国に省エネ支援へ 22日から気候サミット

 鳩山由紀夫首相が22日にニューヨークの国連気候変動サミットで行う演説の内容が固まった。2020年までに温室効果ガスを1990年比で25%削減する日本の中期目標を設定すると表明。発展途上国に日本の省エネ技術や資金を積極的に提供し、地球温暖化対策を支援する「鳩山イニシアチブ」(仮称)を提唱する。政府筋が19日、明らかにした。

 途上国に対する支援強化は、京都議定書に続く13年以降の新たな国際枠組みをめぐる議論で主導権を確保するのが狙い。首相は就任前から25%削減の中期目標設定を示していたが、各国首脳らを前に言明することで「国際公約」となる。国連や欧州などから評価を受ける一方で、高い目標をどう実現するか具体策を求められそうだ。

 首相は演説で、高効率の発電設備やバイオ燃料、低燃費自動車など日本の省エネ技術を「各国に積極的に提供することで世界の温室効果ガス削減に貢献する」と表明する見通し。世界最高水準の省エネ技術維持に向け、研究開発に集中的に投資していく方針も示す。途上国への資金提供は巨額で財源の裏付けが必要となるため、具体額は明示しない方向だ。

 世界各地で温暖化の影響が急速に広がっている現状に言及し「温暖化は人類全体の脅威で一刻の猶予も許されない」と訴える。その上で、干ばつ被害の多発など「途上国の方がより深刻な影響を受ける」と指摘し、先進国が率先的に温室効果ガス削減に取り組む責務があると言明する方針だ。
http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009091901000520.html
日本が今まで必死になってこつこつ開発してきた省エネ技術のバラマキ決定_| ̄|○
一番得するのは「自称」途上国の中華人民共和国だろうな。
ちなみにこの方面担当大臣の直嶋氏は9/19のNHKの番組で
9月19日 12時27分

直嶋経済産業大臣は、19日放送されたNHKの「経済ワイドビジョンe」で、温室効果ガスを2020年までに25%削減する方針について、主要な排出国が削減の国際的な枠組みに参加しないかぎり、日本の国際的な約束にはならないと強調しました。

この中で、直嶋大臣は2020年までに温室効果ガスを1990年と比べて25%削減する方針について、日本が率先して高い目標を掲げることで、アメリカや中国などの主要排出国の参加を促すねらいがあるという考えを示しました。一方、直嶋大臣は「25%という目標は国際的に約束しているわけではない。すべての主要排出国が国際的な枠組みに入るという約束ができるのなら日本も25%をやるということだ」と述べ、主要な排出国であるアメリカや中国などが参加しないかぎり、日本の国際的な約束にはならないと強調しました。そのうえで、直嶋大臣は「この問題に対する日本政府の姿勢をきっちり示して、幅広く国民と議論して理解を求めたい」と述べました。
http://www.nhk.or.jp/news/k10015609401000.html#
といっているようですが、直嶋氏の話を聞いてないのか、お互いが自分のかっこつけを勝手に言っているのか。まあ、国民の政治を任せる内閣にふさわしくないお方たちであることは十分にこれだけで証明できるかと。
…誰か鳩山氏の乗った飛行機うちおとしてくれ、アルカイーダでもいい



11月に東京でアフガン和平会議 米も参加、給油撤収の環境整備

 政府はアフガニスタン和平に向けた関係各国の高級事務レベル協議を11月下旬に東京で開催する方針を固め、最終調整に入った。複数の政府、与党関係者が19日、明らかにした。アフガン和平に主導的な役割を果たすことで、来年1月に期限を迎えるインド洋での海上自衛隊による給油活動撤収の環境整備も狙う。

 アフガン、パキスタン、イラン、米国、欧州連合(EU)などが参加する方向だ。アフガン安定化に向けた(1)治安対策(2)経済支援(3)人道復興支援―がテーマになる。

 議長は、インドネシア・アチェ州やコソボなど世界各地で紛争解決に取り組んできたノーベル平和賞受賞者のアハティサーリ前フィンランド大統領を予定している。

 民主党が衆院選前から検討していたアフガン安定化策の一環で、民主、自民両党の超党派議連や非政府組織(NGO)と連携している。

 議連メンバーは最終調整のため、9月末から関係国を回る。米国にはオバマ大統領のアフガン政策担当者を代表として送るよう要請する。

 民主党が検討してきた治安対策の柱は、アフガンに軍隊を展開する米国などと政府武装組織タリバン双方に戦闘停止と撤退を要請し、代わりに日本を含む複数国でつくる非武装の国際停戦監視団を現地に展開する案だ。

 このほか、イラクで米軍が実施している公務員並みの給料を保障する民兵組織づくりや職業訓練についても、意見交換する見通しだ。
http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009091901000614.html
…タリバンが言うこと聞くと思ってるのか?具体的に話し合いの場を設ける案はあるのか?この記事を見る限りではそういう物全く考えてなさそうなんだが。…この人の頭の国際社会は単なる人生ゲームのボードで出来ているんでしょうか…って言ったら最近辛口モードで死亡で終了もあるらしい「人生ゲーム」に対して失礼か。


民主党統制経済宣言。
企業の温暖化ガス排出枠、11年度にも割り当て 政府検討

 政府は企業などに温暖化ガスの排出量の上限(キャップ)を割り当てる「キャップ・アンド・トレード型」の排出量取引制度導入に向け本格的な検討に入る。早ければ2011年度にも国内市場を創設し、取引制度を開始させたい考えだ。鳩山由紀夫首相が掲げる「20年までに1990年比25%削減を目指す」という中期目標の実現に向けた政策の柱の一つとなる。

 20日に首相官邸で初会合を開く閣僚委員会でも議論を進める見通し。中小・零細企業の扱いなども今後の焦点となる。(19:01)
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090920AT3S1901U19092009.html
体力のある大企業はこれで海外移転加速だろうな。
体力のない中小企業は、民主党の大好きな銭バラマキで救済するんだろうけど、子供手当てなども含めて財源はどうするつもりでしょう。何も考えなんてないような気がするのは私だけ?
スポンサーサイト

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 00:24:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。