現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【京のぶぶづけ】鳩山首相はホントにオバマ大統領と「友愛」関係を築いたのか
国民のみなさまへ

G20の会議がすべて終了し、オバマ大統領に別れを告げ
に挨拶に伺った折に、「今朝(大統領が大のお気に入りの)
パメラのパンケーキをたべました」と放したとたん、大統領
は相好を崩して、「気に入った?一緒に食べたかったな」と
本当にうれしそうでした。このエピソードを大統領は自身の
記者会見でも疲労してくださったようです。どうやら、バラクvs
ユキオの滑り出しは順調です。
政権交代して僅か6日目の訪米。心配は全くの杞憂で、
お会いしたすべての首脳の方々から心から祝福をいただき
ました。きっと選挙で大勝したことも手伝ってのことと思い
ます。これで日本の政治が変わるのですね、という期待感
に溢れてしまいました。到着翌日の気象変動に関する
国連演説は日本が現実に変わったことを印象付ける
ことに大成功でした。温室効果ガス削減に関する
中期目標の大胆な提示は、他の主要国の追随
が前提ではありましたが、間近に迫ったCOP15の
重い空気の流れを大きく変えたとの評価をいただきました。
人類や生命の存在のため、誰かがやらなければならないの
なら、日本が旗振り役をしようではありませんか。高い科
学技術力を有する日本人なら確実に高い目標をクリア
できるでしょう。
 核不拡散・核軍縮に関する国連安保理での
演説は4日目にありました。唯一の被爆国として、
オバマ大統領とともに核のない世界に向けて先頭
を走る決意を述べました。さらに続いて国連総
会での一般演説会を行いました。「友愛」を世界に
発信しつつ、日本が世界の架け橋になる決意を
宣言しました。
 最後の2日は舞台をニューヨークからピッツバーグ
に移してG20no会合がワーキングディナーやランチ
も含めて実に精力的に4回行われました。金融
や経済を中心に熱心な議論が交わされました。
私は25人から50人にもなる円卓会議では意思
決定など不可能ではないかと疑っていましたが、
そこにはオバマ大統領の巧みな手綱さばきと、シェルパ
の活躍で報告書が出来上がったのはさすがでした。
 私にとり、国連とG20の同時開催によって、多くの
首脳の方々と打ち解けた雰囲気の中で会談が
出来たことは何よりの財産になりました。オバマ大統
領とは拉致問題を始め北朝鮮の核開発やアフガ
ニスタンの支援問題など率直な話し合いができました
し、胡錦涛主席には、東シナ海を友愛の海にしようと
提案し同意をいただきました。メドベージェク。ロシア大統領
には我々の世代で北方領土問題を解決して平和条
約を結ぼうと提案しました。英国、豪州、韓国、
インド、インドネシア、ベトナム、さらにはカナダのそれぞれ
首脳と会談のときを持てたことも幸いでした。
 新しい日本が外交の一歩を無に出せたことは、必ず
国益になると確信します。世間交代を選択して
下さった国民のみなさまの期待に応じてまいりますので、
どうか温かく見守っていただき度く存じます。

          内閣総理大臣  鳩山由紀夫
                      (花押)
http://www.kantei.go.jp/jp/hatoyama/statement/200909/27shokan.html
※文章は手書きの物しかUPされていません。文字おこしは某所掲示板のボランティアの皆様の労作による物です。感謝<(_ _)>
首相「できたらユッキーで…」 「バラク」にお願い?
2009年9月25日21時13分

 「ユキオ」「バラク」――訪米中の鳩山由紀夫首相とオバマ大統領が24日、ピッツバーグでのG20(金融サミット)夕食会で、初めてファーストネームで呼び合った。

 今月初めに大統領が総選挙の勝利を祝って鳩山氏に電話して以来、23日の初会談も含めて4度目の会話。大統領の方から「バラクと呼んでくれ」と呼びかけた。

 首相は「気さくな人。きっといい関係ができる」と周辺に語った。すでに「ファーストネーム友達」の幸(みゆき)、ミシェル両夫人に負けまいと、発音しづらい「ユキオ」でなく、ニックネームの「ユッキー」と呼んでもらえないか思案中という。(ピッツバーグ=村松真次)
http://www.asahi.com/politics/update/0925/TKY200909250324.html
えらいはしゃぎっぷりなのだが、

本当に鳩山首相が思っているような関係を今回の訪米でオバマ大統領との間に築けたのか?

どうも一方的な鳩山首相の片思いのようなのである。
では、そのオバマ大統領との記念すべき第1回目の会談の様子をご覧下さい。

何と会談途中でマスコミ乱入でうち切られたという…
この画像は日本テレビの「ZERO」で流された物で、当初この話をネットで聞いたときに私は日本テレビ→「どっきりカメラ」という連想から作ったガセネタだと思っていたのだが、この画像で分かるように事実であった。

ちなみに鳩山首相との会談時間は30分といわれている。参考に中国胡錦濤主席との会談時間は1時間を超えたとか。まあ、イギリスのブラウン首相は間もなく退陣が目に見えて明らかになっているせいかどうか分からないが会談の席すらなかったらしいから、それに比べたらマシ、なのか?

拙ブログ関連ネタ 鳩山イニシィアティブの自業自得
スポンサーサイト


テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 23:32:27 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。