現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ようやく予算案がまとまったようですが…あれ?あれあれ~?
民主「20兆円捻出」公約、無駄削減で9兆・埋蔵金も活用

 民主党が次期衆院選で掲げる政権公約(マニフェスト)の財源案が22日、明らかになった。

 「税金の無駄遣いの根絶」など歳出削減で9・1兆円、埋蔵金の活用や租税特別措置見直しなど歳入増で11・4兆円の計20・5兆円を捻出(ねんしゅつ)するとしている。歳入・歳出改革は4年間かけて行い、財源が確保され次第、1人あたり月額2万6000円の「子ども手当」や高速道路無料化などの政策を順次実施する計画だ。

 政府・与党は「国の一般会計と特別会計を合計した約212兆円の8割を占める国債費、社会保障関係費、地方交付税の3区分は削減の余地がない」として、民主党の主張を非現実的だと批判している。

 これに対し、民主党は「3区分の中にも削減可能な経費はある」として、3区分を「人件費」や「施設費」などの細目に分けて試算。削減困難な予算は〈1〉借金返済88兆円〈2〉年金・医療などの保険給付47兆円〈3〉財政融資資金へ繰り入れなど10兆円の計145兆円に過ぎず、残る67兆円のうち9・1兆円は削減可能とした。
(2009年6月23日03時03分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090623-OYT1T00055.htm
そう、連日連夜ニュースで「自民党は無駄遣いしている!我が党なら20兆円削減する!」と連発していたんだっけ、民主党さん。

なのに
執行停止2兆9259億円 補正見直し閣議決定
2009年10月16日 夕刊

 政府は十六日午前、二〇〇九年度補正予算の見直しについて、効果が見込めなかったり緊急度が低いと判断した「アニメの殿堂」など二兆九千二百五十九億円程度の事業の執行停止を閣議決定した。目標に掲げた三兆円にはいま一歩届かなかった。

 見直し額は六日の一次集計時点で二兆五千百六十九億円にとどまったため、行政刷新会議が各省に追加削減を要請。厚生労働省が「子育て応援特別手当」を新たに執行停止とするなど、調整を進めていた。捻出(ねんしゅつ)財源は一〇年度予算でマニフェスト実現に必要な費用に充てる方針だが、景気対策として編成を決めた〇九年度二次補正予算の財源とする考えも浮上している。

 執行停止額は見直し対象の十四兆六千九百八十七億円の約二割に当たる。雇用や子育て、農業など総計三百五十六事業に上った。事業別には各種基金九千二百四億円、金融対策費五千八百三十億円、公共事業費四千五百五十二億円、地方向け支出千四百九十四億円など。

 仙谷由人行政刷新担当相は十六日、閣議後の会見で「各大臣がよく頑張り、絞り込んでいただいたと評価している」と述べた。藤井裕久財務相も「政治的には三兆円に意味があったかもしれないが、各人が非常に努力してくれた」と評価した。

 一方、菅直人副総理兼国家戦略担当相は閣議後の記者会見で「景気に対するマイナスの影響はほとんどない」と述べた。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009101602000229.html
あれ~20兆円から2兆円へ、1/10に額が減ってる

おまけ
衆議院選で勝った直後にひっそり方針転回していたらしいです

補正組み替えは年明け 民主、秋の国会は執行停止のみ

 民主党は1日、政府、与党が国際金融危機を受けた景気対策として成立させた歳出総額約14兆円に上る2009年度補正予算について、秋の臨時国会では当初表明していた組み替えを行わず、未執行分約3兆円の執行停止にとどめる方針を固めた。組み替えは来年の通常国会に先送りする。

 4月に廃止された生活保護支給の母子家庭への加算(総額約180億円)は、鳩山由紀夫代表が「社会的に困っている人のために大事な予算を使う」として復活を表明していたことから、臨時国会に第2次補正予算案を提出して実現する方針だ。

 補正組み替えに踏み込まないのは、来月にも開かれる臨時国会には、作業が間に合わないことが明白になったため。民主党関係者が非公式に財務省に照会し判明した。

 民主党はこれまでに、09年度補正予算に117億円が盛り込まれた「アニメの殿堂」と批判する「国立メディア芸術総合センター」(仮称)事業などを廃止することを表明。臨時国会で補正予算組み替えを行い、母子加算などの財源に充てる方針だったが、変更した。

 補正予算には、複数年度にわたる事業を行うためとして46基金に総額4兆3600億円を支出することが盛り込まれている。一部は既に執行されていることから、執行停止の対象となるのは3兆円程度と見込まれる。

 民主党は来年1月に開かれる通常国会で、執行停止を解除し、補正予算組み替えを行う方向。党政策担当者は「秋の臨時国会では、雇用など緊急を要するものに対応する」としている。
http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009090101000076.html
スポンサーサイト


テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 00:38:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。