現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
鳩山首相の怪しい資産と献金と
鳩山首相、過去4年分の資産報告を訂正

 鳩山首相が今年7月、衆議院に提出した国会議員の資産等補充報告書の貸付金の記載について、2005年~08年にさかのぼって訂正していたことがわかった。

 資金管理団体「友愛政経懇話会」を巡る偽装献金問題の発覚に伴う措置だが、資産報告でも、改めて鳩山氏側のずさんさを示した格好だ。

 国会議員資産公開法は、選挙が行われた年については「資産等報告書」を、それ以外の年は資産が増えた場合に「補充報告書」を、それぞれ所属議院の議長に提出することを義務付けている。対象は、土地や建物、預貯金や貸付金など。

 鳩山氏は05年の資産等報告書に8000万円の貸付金を記載していたが、その後の補充報告書には何も記載していなかった。

 今回の訂正は7月3日付で行われ、05~08年の貸付金の増加分として計約2177万円を記載。23日公表された閣僚の資産公開では、この増加分を含めた貸付金総額が約1億177万円となった。

 鳩山氏はこの訂正に先立つ6月30日、資金管理団体が05~08年に受けた個人献金のうち計約2177万円が虚偽だったとして、政治資金収支報告書から削除するとともに、鳩山氏からの借入金として記載する訂正を総務省に届け出た。この結果、昨年末時点の借入金総額も約1億177万円となった。鳩山事務所は「(貸付金については)7月に訂正報告をした。以前のことは、担当者も変わっておりわからない」としている。

          ◇

 閣僚の資産公開では、鳩山氏の預金(当座・普通預金を除く)は8億7670万円で、4年前の国会議員の資産公開時に比べ約4億円減った。一方、新たに国債(1000万円)や外国公社債など(1億5625万円)を購入。また、鳩山氏の個人資産を管理している「六幸商会」(東京)の株式も、鳩山氏が3540株を保有していることがわかった。

 同社は資本金6000万円、発行株式数12万株の非上場会社。偽装献金問題に絡み、元公設第1秘書(解任)が、鳩山氏の了解を得て同社から現金を引き出していたことが判明している。
(2009年10月24日05時55分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091024-OYT1T00041.htm
※太字当方補足
「元公設第一秘書(解任)」とは以前この記事で取り上げた勝場啓二氏と思われる。

匿名献金の大半、鳩山家から 偽装総額2億円に

2009年10月25日3時1分

 鳩山由紀夫首相の資金管理団体をめぐる偽装献金問題で、04~08年分の政治資金収支報告書に記載された計約1億7717万円に上る小口の匿名献金の大半が、鳩山家の資産管理会社「六幸商会」(東京都港区)の管理資金だったことが、関係者の話でわかった。収支報告書の元となる会計帳簿にはこの分の寄付者などの記載がないことも判明。偽装献金だった疑いが強まった。

 資金管理団体「友愛政経懇話会」の05~08年分の収支報告書では、故人など約90人の名前を使った計約2177万円の偽装があったことがわかっている。匿名分をあわせると偽装献金の総額は2億円近くに上る見通しとなった。

 六幸商会は、首相や母親ら鳩山家の親族と個々に契約を結んで、巨額の資産を管理。同懇話会に入った六幸商会の管理資金が親族の誰に帰属するものかは判明していない。だが、資金管理団体に1年間に献金できる上限は政治家本人が1千万円、一般の個人が150万円と政治資金規正法で定められており、首相や親族の献金額が同法の量的制限に抵触する可能性も出てきた。

 同法違反(虚偽記載など)の容疑で告発を受けた東京地検特捜部は、偽装献金額の多さを立件の一つのポイントと位置づけて、同懇話会で経理を担当していた元公設第1秘書=解任=らから任意で事情を聴いており、会計帳簿や六幸商会の経理資料についても分析を進めている。

 政治資金規正法は、政治団体にすべての収支を記載した会計帳簿の管理を義務付けており、寄付者の名前、金額、日付などを記載しなければならない。収支報告書には、年間5万円超の寄付分について、会計帳簿から名前を抜き出して1件ごとに記載し、5万円以下の分は匿名のまま総額だけを記載すればよい。

 しかし関係者によると、懇話会側は、まとまった額の六幸商会の資金が入ると、5万円以下の寄付に分散させた扱いにして、収支報告書の匿名分の総額欄に潜り込ませていた。同懇話会の会計帳簿には、この内訳となる5万円以下の分の寄付者の名前などの記載はなかったという。

 04~08年の5年分の収支報告書によると、個人献金の総額は計約2億8643万円で、うち匿名分が約61%の計約1億7717万円を占める。

 首相側は、05~08年分の収支報告書で、故人らの名義での偽装献金分を修正、削除している。首相は、偽装献金の原資について、政治資金が不足した時のために秘書に預けていた自分の資産だと説明。匿名分については一切修正せず、原資も「調査を続ける」としていた。

 首相側は、特捜部が10月に捜査に着手した後は、「鳩山事務所は捜査に全面的に協力している。捜査中であり、個々の事項に関する問い合わせについては一切お答えを控えさせていただきます」としている。

     ◇

 〈偽装献金問題〉 鳩山首相の資金管理団体の政治資金収支報告書に、故人や献金した覚えがない人の名義を使った献金の記載があったことが6月に発覚。首相は虚偽記載を認め、元秘書の「独断」として自身の関与を否定した。一方、国会議員の中で突出して多い5万円以下の小口献金については、直近5年間で最少でも延べ3543人分の寄付者がいたことになるが、名前が報告書に記載されないため、真実かどうかが焦点となっていた。
http://www.asahi.com/politics/update/1025/TKY200910240413.html
http://www.asahi.com/politics/update/1025/TKY200910240413_01.html

そんな鳩山首相の本格的国会デビューは明日からだそうです…遅すぎなんじゃないの?
スポンサーサイト


テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 22:43:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。