現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
審議拒否?
どうも地上波はもちろんのことBSのニュースでも恣意的に誘導放送されている(或いは意図的に説明を省略して報道している)ような気がしてならないので。
★金融法の採決強行 政権交代後初、野党は反発

・衆院財務金融委員会は19日午後、金融機関に返済猶予などを促す中小企業金融円滑化法案を
自民、公明両党欠席のまま採決に踏み切り、与党の賛成多数で可決した。共産党は質疑で
「審議を続行すべきだ」と主張したが、採決では賛成した。民主党は午後の本会議に緊急上程し、
与党の賛成多数で可決する見通し。自民、公明両党は民主党の採決方針に反発し、19日午前の
参考人質疑も欠席した。

政権交代後、初めての採決強行となった。民主党は会期末が30日に迫っていることをにらみ、
日本郵政株式売却凍結法案などについても、野党との日程協議が調わない場合は各委員会
審議に踏み切る方針。自民党は財務金融委員長らの解任決議案を提出する構えで、国会は
一気に緊迫した。

中小企業金融円滑化法案は、18日の衆院財務金融委員会で審議入りしたばかり。玄葉光一郎
財務金融委員長(民主党)は19日午前、記者団に「政権交代後、最初の法案採決がこのような
形になるのは残念だが、きょう採決しないと会期内に成立しない」と強調した。

これに関連し、鳩山由紀夫首相は公邸前で記者団に「国会が決める話だ。私どもは、出した法案を
早く上げて(成立させて)ほしいと願うだけだ」と述べた。

自民、公明両党の国対委員長は19日午前、横路孝弘衆院議長に対応を申し入れた。自民党の
川崎二郎国対委員長は党の会合で財務金融、議院運営両委員長の解任決議案提出を検討する考えを示した。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2009111901000201.html
会期末が押していたのは、9月初旬の鳩山首相就任後、2ヶ月ほど国会開かずに外遊で幸夫人と遊んでばかりいたからじゃないんですかね(棒読み)

某所掲示板のまとめ
モラトリアム法案強行採決までの流れ

・十分な審議時間を確保すると与党(民国社)が野党(自公共)に約束
・与党が法案趣旨説明し、野党が2時間質問
・翌日委員会はないはずなのに召集。採決する構えを見せる与党
・与党側が嘘つくとかありえんだろJK、と自公退席。採決に出席すると賛成とみなされるため。
・共産は、参考人招致かと思って出席したら実は採決で、賛成したことになってしまった

自公政権:話し合ったし修正もしたが埒があかない→強行採決
自公政権:話し合いたいのに出席してくれないから埒があかない→強行採決
民社新  :話し合う気も無いのに、「よく話し合おう」と嘘をつく→強行採決

麻生政権の最短採決まで13日間
鳩山政権の最短、18日審議開始→19日強行採決。審議時間2時間


参考
# もうめちゃくちゃ。給与法、郵政、インフル、船舶検査、全部明日午前中の委員会で質疑を切り上げ、採決をしてしまうことに。さらにその日のうちに本会議に緊急上程して通してしまうという。すべて自公欠席の理事懇での決定。こんなのありえないと皆呆れている。やっとこれから本会議。 4:16 AM Nov 19th movatwitterで

# やっと本会議が終わった。しかし引き続き議運理事会をやっている。山内康一代議士が出ているので会派控室に残っている。明日は何と総務・法務・外務・厚労・経産・国交・安保の7委員会で強行採決→本会議緊急上程の見込み。いずれもまだ趣旨説明さえしてない法案。あまりにも異常で付き合いきれない。 約23時間前 movatwitterで

# 各委員会は与党と共産のみ出席の中わずか1時間余の質疑で次々と法案を採決。このまま午後の本会議に緊急上程して11法案全部通すスケジュールだったが、どうも本会議は急遽なくなったらしい。天の声で採決を急がせた人が今度は採決やめろとまったく正反対の指示を下したとの噂。もう訳が分からない。 約12時間前 movatwitterで

# 法案審議にも入らぬうちに強行採決、かと思えばセットした本会議がいきなり中止。天の声を忖度し右往左往する自称側近のおかげで国会全体が振り回されている。こんなのに付き合って審議したとのアリバイ作りに利用されてはかなわない。今日の総務委で予定した質疑内容は質問主意書を作って出すことに。 約3時間前 movatwitterで
http://twitter.com/310kakizawa
※ちなみに上記twitterで触れられている「天の声」とはどうも小沢民主党幹事長のことを指すらしい。
 「金融円滑化法案」を可決、野党反発

 「まぁいろいろ日程がタイトになっているでしょ」(亀井静香 金融相)

 亀井大臣は、今月30日までという臨時国会の日程を理由に挙げますが、
民主党の中堅議員からは、こんな理由が語られました。

 「小沢だよ。小沢が会期内に、全法案あげろってガンと言って、それで
ああなってるんだよ」(民主党中堅議員)

 小沢幹事長の指示があったと言います。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4287721.html (※リンク切れ済)
忖度(そんたく)政治で国会運営迷走 小沢氏と他幹部の意思疎通が欠如?
2009.11.20 21:30
 民主党が20日未明に衆院本会議での法案採決の強硬姿勢を同日昼に急に軟化させたのは、党内の実権を握る小沢一郎幹事長の意向を山岡賢次国対委員長らが忖度(そんたく)しすぎた結果だ。「小沢氏の意向は百倍に拡大解釈されて国会運営に反映される」(政府高官)と揶揄(やゆ)されるが、民主党は今回も小沢氏の意向に沿おうとして採決を断行した後、今度は小沢氏の怒りに触れて柔軟路線に転じたようだ。小沢氏とそれ以外の党幹部の意思疎通のまずさが露呈した形だ。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091120/plc0911202133016-n1.htm

おまけ
2002/06/14
「強行採決は国民を愚弄する行為」鳩山代表が街頭で訴え (以下略)
http://www.dpj.or.jp/news/?num=2421
スポンサーサイト


テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 01:22:08 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。