現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【メモ】鹿児島県と沖縄県が交流拡大宣言
県と沖縄奄美で交流拡大宣言
薩摩藩の琉球侵攻から400年
宣言後、伊藤知事(右)が薩摩切子の皿を、仲井真知事が琉球漆器を、それぞれ相手に手渡した

 薩摩藩が琉球王国に侵攻してから400年の節目を迎えたことを受け、伊藤知事と沖縄県の仲井真弘多(ひろかず)知事は21日、両県都との間に位置する奄美市で「今後、あらゆる分野・世代で一層の交流を推進し、相互の繁栄を目指して協力する」との交流拡大宣言をした。

 1609年(慶長14年)、薩摩藩は琉球貿易を独占するため、琉球出兵に踏み切った。占領後、与論島以北の奄美群島は藩の直轄地にした。

 県生活・文化課によると、今年秋、沖縄県側から「節目の年を交流を広げるきっかけにしないか」と提案があり、まず今月4日に両県議会の議長同士が共同声明を出し、今回の両知事の宣言の運びになった。

 宣言では、両県の立場に配慮して薩摩藩の行為を「出兵・侵攻」と表現し、「両県が真の隣人としての関係を新たに構築するとともに、未来に向けて交流を拡大、発展させることが重要」とした。具体的な交流は今後、協議するが、伊藤知事は「まず、人的交流から始めたい」、仲井真知事は「観光などで、共同のプロジェクトを手がけたい」と語った。

 今回の宣言に反対する複数の市民団体の約20人も式典に参加し、「400年間の歴史が検証されていない」「奄美の不幸な過去の歴史を繰り返さないように、過去の事実関係をはっきりしてほしい」などと訴え、来場者にチラシを配るなどした。現時点での宣言に怒りを感じるという「奄美を語る会」の仙田隆宜世話人(62)は「奄美は薩摩からも、琉球からも支配、収奪された地であり、そうした検証を踏まえず、奄美で今回の宣言が行われたことに憤りを感じる。こうした思いを草の根で訴え続けたい」と語った。
(2009年11月22日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagoshima/news/20091122-OYT8T00218.htm

今年秋、沖縄県側から「節目の年を交流を広げるきっかけにしないか」と提案があり、
沖縄県からの発案らしい
今回の宣言に反対する複数の市民団体の約20人も式典に参加し
なんじゃこりゃ。反対したのに式典には出たのか。目的は反対ビラ配りのためだったようだが。反対団体としては「奄美を語る会」の名前だけは挙がってるが、他の団体はどこなんでしょ。

関連ネタ こちら
スポンサーサイト


テーマ:九州・沖縄のニュース - ジャンル:地域情報

事件や出来事 | 23:49:08 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。