現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
名作と評判高い『黄金の日日』ですが…
『風と雲と虹と』が3年前に奇跡的に発見されるまでは、全話現存する最も古い大河ドラマだった『黄金の日日』
21世紀に入ってからCSでも頻繁に再放送されてはいたのですが、なかなか機会に巡り会えず、先日の9月から時代劇専門チャンネルで始まった再放送でようやく拝見させていただきました。

※以下、『黄金の日日』ファンの人には結構きつい表現もありますのでご興味のある方のみ御覧下さい。


wikipediaの当該項目によると「現時点では歴代3位の視聴率を誇った」らしいという『黄金の日日』
なので、今回初見となる私は非常に期待を持って拝見したのですが…

『利家とまつ』など現在のスイーツ(笑)大河につながる主人公ヨイショ傾向が強くて、特に30話過ぎてからの後半(助佐衛門が出世して大商人になったあたりから)を見るのが非常につらかったです…

 ・ともかく主人公・助佐(納屋助左衛門)が目上の人にモテモテで、千利休に至っては「お前こそ納屋家の真の継承者だ」と宝物蔵の鍵もらったりとか…常に助左と比較される今井宗久@林隆三に同情してしまう私…
 ・フィリピンでタガログ人や日比混血の人たちのためにスペイン人をやっつけるなど正義の戦いをする助左…まあ、制作の時代背景が学生運動が収束してまだあまり経ってないということもありますけどねぇ…
 ・キリシタンはともかく一方的に被害者でかわいそうな子なんです!!!11…まだ今ほど切支丹とか宣教師の実態の研究が進んでなかったので仕方ないんですが…キリシタン描写は『信長 King of Zipangu』の勝ちだな。
 ・いつのまにか堺の会合を仕切ってる助左衛門(苦笑)

主人公の呂宋助左衛門(※ドラマでは「納屋助左衛門」)が現在でもほとんど何も分かってない謎の人物でやり放題とは言え、ラストの堺”滅亡”のタイミング(実際は大坂夏の陣のとばっちりで壊滅状態に)とかはこの当時でも分かっていた話(※堺市は日本で最初に自治体史を発行したので、『黄金の日日』制作時点でも堺の歴史は割と調査しやすかったはず)で、ここまで無茶苦茶やり放題して欲しくなかったなぁ。流石にしらけてしまったというか…。
それでも
 ・主人公の周囲にいる脇役の人(特に杉谷善珠坊@川谷拓三、石川五右衛門@根津甚八)が光っていた
 ・「鳥取城の渇殺」「長島一揆」「伊丹城の荒木一族全滅」など今じゃ絶対できないシーンをしっかりやった
 ・秀吉@緒方拳が強烈。最初の頃の“人垂らし”(でも既にヤバイ兆候はちらほら)→天下取ってからは凶暴、かなり実態に近い秀吉かも
…のでまだ見られたかなあ、という感じです。
あと当初懸念していた
 ・北政所@十朱幸代より中の人の実年齢が上の淀殿(※ドラマ中では「淀君」)@藤村志保
 ・徳川家康@アタックチャンスヾ(--;)
は意外に違和感なかったです。やっぱりこのクラスの皆様は流石に演技巧者なのね。

結論:主人公の出演シーンを全部カットしたら確実に名作(ヲイ)

『新選組!』の脚本を担当した三谷幸喜氏は歴代大河ドラマでこれが一番好きらしいのですが…まあ、このドラマ真似てしまったために後半からが見るに耐えないドラマになっちゃったのかなあヾ(--;)
スポンサーサイト

テーマ:大河ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

ワイドショー | 01:25:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。