現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
毎日新聞曰く「中国に於ける日本の評判は上がっている!!!」
発信箱:信じる 信じない=福本容子(経済部)

 想定外の人気に、びっくり。先日、参加した会議での鳩山由紀夫首相評である。日本、中国、東南アジア、アメリカのジャーナリスト約20人が、上海に集まり2日間討論しまくるという企画。共通の課題(コモン・アジェンダ)を、円卓(ラウンド・テーブル)で議論する、の略で「CART(カート)」が会議の名前だ。

 とにかく鳩山さんの「アジア重視」に期待が高い。中でも中国の記者が熱烈歓迎なのだ。「『東アジア共同体構想』はいい。日中が中心になって進めていかないと。特に日本はリーダーシップを……」

 まず環境分野から、ということで、温室効果ガスの排出量を売買するアジア市場を作り、取引通貨は「アジア円」にしよう、とまで言う。

 日本人記者が「中身のない鳩山構想に期待なんかできないよ」とか冷たく反応しても、懸命に鳩山さんを応援する中国人。どうなってんの?と苦笑する東南アジアの記者。

 日中関係でも中国の人は気持ち悪いくらい前向きだ。「日本に実際行くと中国人の日本観は変わる」「同じ歴史の教科書を使う日も来るかも」

 どこまで信じていいのかな。本音じゃないよ、の声が頭の中で聞こえる。昼ご飯の時、英字紙「上海デーリー」の王勇記者にさぐりを入れてみた。王さんは、この夏、奥さんと北海道に行った話を始めた。気に入り過ぎて、帰国後、記事にしたという。

 早速送ってくれた。3ページの大特集。取材じゃなく夏休みの旅行のはずなのに。美瑛町の民宿で出会った東京の30代男性とのやりとりが、やたら詳しく書かれている。何でもない道路の脇で花を手入れするおばあさんの写真もある。

 信じるな、の声は聞こえてこない。
http://mainichi.jp/select/opinion/hasshinbako/news/20091204k0000m070096000c.html
環境分野で鳩山ヨイショをしているのは、中国のCO2排出権を日本に高値でつかませるためでしょ。経済記者なのにそんなことも分からないの?
北海道の旅行記事とかで融和ムードを演出するのは中国政府が書かせている物だって見抜けないの?中国の報道耐性のことも全くご存じないと見える、この毎日新聞の記者は。これでも報道のプロ?

福本容子氏は問題記事で結構話題を提供している痛い記者みたいです
スポンサーサイト


テーマ:毎日新聞 - ジャンル:ニュース

日本の世界のマスゴミ様江 | 23:54:53 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

-
管理人の承認後に表示されます2012-04-27 Fri 04:01:12 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。