現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
予想通りの迷走 普天間基地移転問題
普天間で18日までに政府方針を米へ伝達 首相「移設先特定しない場合も」 (1/2ページ)
2009.12.7 19:09

 鳩山由紀夫首相は7日夕、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し、18日にコペンハーゲンで開かれる気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)の首脳級会合の場を利用して日米首脳会談を行うよう米側に働きかけていく考えを明らかにした。

 首相は、「そのときまでの政府の考えを伝え、何らかの形で理解を得たい」と述べ、オバマ米大統領に直接日本側の方針を伝達する考えを示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相はオバマ大統領に伝達する日本側の方針について、「(結論とは)必ずしも申し上げていない」と述べ、移設先を特定しない可能性を示唆した。移設先に関しては「あらゆる選択肢が残っている」と強調。現行案の沖縄県名護市辺野古(へのこ)を移設先として年内決着させる可能性についても、排除しない意向を表明した。

 普天間移設問題をめぐっては、首相が年内決着を見送る意向を示したことに米側が強く反発しており、政府として一定の方針を米側に早急に伝える必要があると判断したものとみられる。ただ、移設先を特定しない場合、辺野古移設が唯一の案との立場をとる米側が、日本の説明に納得するかは不透明だ。

 これに先立ち、首相は7日午後、首相官邸に岡田克也外相、北沢俊美防衛相、前原誠司沖縄北方担当相を呼び、平野博文官房長官を交えて移設問題への対応を協議した。平野氏は7日午後の記者会見で、「首相自身が方針、指示を出すために情報収集している。結論が出たということではない」と述べた。協議に先立ち、岡田氏は外務省でルース米駐日大使と会談した。

一方、社民党の重野安正幹事長は7日の与党幹事長会談で、現行計画に改めて反対する考えを表明。民主党小沢一郎幹事長は「政府に伝える」と応じた。

 小沢氏は7日午後の記者会見で、移設問題への対応について「新しい政権をつくった仲間として協力し合うということは、党務を預かる者として努力していかねばならない」と述べ、社民党との連立関係を重視する考えを示した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091207/plc0912071919011-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091207/plc0912071919011-n2.htm
今の政府・与党にとっては
民主党社民党連立関係>>>>>>>>(越えられない壁)>>>>>>>>>>日米関係
…のようです。どう考えても優先順位間違ってるだろ。
「大統領にきちんと説明を」=社民・福島氏

 社民党福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は7日夕、鳩山由紀夫首相がオバマ米大統領と米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で会談する考えを示したことについて、「短い期間で無理やりに(現行計画で)強行着陸すれば、問題がこじれてうまく行かない。首相はきちんと大統領に説明し、納得してもらってほしい」と述べ、新たな移設先の検討を迫るよう求めた。都内で記者団の質問に答えた。(2009/12/07-20:46)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009120700794
社民党にとっての)友邦・北朝鮮並みの瀬戸際外交で味を占めた社民党、ますます増長しそうですね…。

上記の産経新聞記事を見ると、鳩山首相はノーテンキに「お友達オバマは(COP15で忙しい中を時間を割いて)ぼくちゃんにあってくれるもん!」と勝手に思っているようですが、向こうさんも鳩山みたいな嘘つき野郎に会う暇ないと思うんですけどねぇ。


拙ブログ関連ネタ  


2009/12/9 12時追記
やっぱりこうなりました 嘘つきに会う暇はない!…当然の結果だな
米 日米首脳会談の実施に難色 12月9日 6時17分

アメリカ軍普天間基地の移設問題をめぐり、鳩山総理大臣がオバマ大統領とあらためて首脳会談を行いたい意向を示していることに対し、アメリカ政府は現状のままでは会談に応じるのは難しいという姿勢を示していることがわかりました。

鳩山総理大臣はCOP15が開かれているコペンハーゲンでオバマ大統領との首脳会談を行い普天間基地の移設をめぐる政府の判断を伝えたいとの考えを示しています。日米の外交筋によりますと、これについてアメリカ政府の高官は「日本政府から何ら正式な会談の要請を受けていない」としたうえで、「県内移設を進めるという決断を伝えたいと考えているのであれば会談に同意するものの、連立政権の課題など日本の国内事情について説明するのであれば、大統領の時間の浪費だ」として会談の開催に難色を示していることがわかりました。さらに別の高官も、具体的な進展が見られないなかで首脳会談を行うことには否定的な立場を示しているということで、鳩山政権が日米の政府間合意を基本的に守る方針を示さないかぎり、首脳会談の実現は難しい情勢となっています。
http://www3.nhk.or.jp/news/k10014286221000.html#

おまけ
何故か韓国の新聞のほうが冷静に報道できてる件_| ̄|○
四面楚歌の鳩山首相…米は対話相手にせず

「米、鳩山政権を相手にせず?」。日本経済新聞が7日に報じた日米関係記事の見出しだ。同紙は、鳩山首相が在日米軍普天間基地移設問題をめぐり一進一退する間、オバマ米政権内で鳩山首相に対する不信感がピークに達したと伝えた。

米国側は、鳩山首相が06年に両国が合意した基地移設計画を見直すとしたことに不満を抱いているだけでなく、年内移設計画確定に対する方針を変え続けていることにも不満を表しているということだ。

米国が日本と距離を置いている状況はさまざまなところで感知されている。今月に入りオバマ大統領は気候変動問題などを協議するために主要国首脳に電話をかけたが、鳩山首相は除いた。

また首相の外交諮問を担当している寺島実郎多摩大学総長が先週ワシントンを訪問したが、米国務省の現官僚は会わなかった。寺島氏は、社民党など連立政権パートナーの政党との関係のため、鳩山政権が普天間基地移設に関する早期結論を出しにくいという点を説明するために訪米した。

しかしむしろ寺島氏は「日本は独立国であり、在日米軍を現在の3分の2まで縮小すべき」という話をしてきた。このためにワシントンの知日派が少なからず戸惑いを見せたという。むしろ鳩山首相の「反米外交官」を米国人の脳裏に克明に植え付ける格好となった。

結局、その間見せてきた米国側の一連の対応は、鳩山政権を対話の相手と認めない考えをう回的に表した、という解釈につながった。一部では、米国がすでに鳩山首相に対する‘仲間はずれ’作戦に出たのではないかという観測が出ている。

米国防総省は怒りに近い反応を見せている。国防総省内では「鳩山首相が在日米軍撤収を望むのではないか」という言葉が出てきているほどだ。国防総省側は「移設が遅れで生じる費用は日本が負担すべきだ」と露骨に圧力をかけている。

ワシントン知日派の立場はますます狭くなっている。先月オバマ大統領の訪日までは普天間問題に対する結論が出るはずだとホワイトハウスに報告したキャンベル国務次官補、日本側が要求した沖縄基地負担軽減案を受け入れて本国を説得したジョン・ルース駐日大使は立場を失ったと、同紙は伝えた。

日米同盟の亀裂の兆しは米国の外交専門家調査でも克明に表れた。米民間調査団体ピューリサーチセンターが米シンクタンクの外交協会(CFR)会員を対象に実施した調査で、「日本は米国の重要な同盟国」と考える人は16%にとどまり、05年度の調査に比べて半減した。逆に「日米関係の重要性が今後低下する」という予測を支持した人は7%から16%に増えた。

7日で発足82日目を迎えた鳩山内閣に対する支持率も落ちている。読売新聞が先週末実施した世論調査の結果、鳩山内閣に対する支持率は59%と最低値を記録した。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=123676&servcode=A00§code=A00
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=123677&servcode=A00%C2%A7code=A00

末尾の支持率に関しては「まだ50%台もある」という表現の方が正確かも_| ̄|○



2009/12/11追記
鳩山首相の特使には会わず、自民党の1年生議員には会っていたらしい件(爆)
昨日、米国から帰国し、本日は朝から北海道に出張予定だったが、石破政調会長より、日米関係が危険水域に達しており、至急、訪米報告をするよう指示があり、急遽、予定をキャンセルさせていただき、本日午前、政権政策委員会において報告を行い、引き続き国防部会を緊急開催し、米国における意見交換の内容、米国の反応などにつき報告した。

今回の米国側の会談相手は、
<国防総省>グレッグソン国防次官補、ミッチェル国防次官補代理
<議会関係>スナイダー下院議員、ダニエル・ボブ下院議員、ジャヌージ上院議員ら
<シンクタンク>シーラ・スミス氏(外交評議会)、サコダ氏(アミテージ・インターナショナル)
<軍関係>前駐日米軍司令官・ライト中将、前陸軍第1軍団司令官・デュービック中将
であり、忌憚のない意見交換を行うことができた。
(以下略)
http://east.tegelog.jp/index.php?itemid=3810
スポンサーサイト

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 23:48:57 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。