現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
小沢朝貢団ご一行様の献上物
…それは天皇陛下の政治利用だった!(○。○)
特例で中国副主席と天皇陛下の会見要請
2009.12.11 13:18

 中国政府が14日から来日する予定の習近平国家副主席が天皇陛下と特例的に会見できるよう日本側に求め、鳩山由紀夫首相が実現に向けて平野博文官房長官に指示を出していたことが11日明らかになった。日本政府は、外国要人が陛下との会見を望む場合、1カ月前までに文書で正式申請するよう求めており、各国は基本的にこの「1カ月ルール」を守っている。

 1カ月ルールは天皇陛下の日程調整をスムーズに行うために実施されている。

 平野氏は11日午前の記者会見で、「日中の関係というのは大事な関係であるというところから、(宮内庁に)お願いした」と述べ、応じる方向で調整していることを明らかにした。首相からの指示については「正しい記憶はないが、1週間くらい前に話があった」と語り、事実関係を認めた。平野氏は1カ月ルールについては知らなかったという。

 関係者によると、中国側から外務省に対して会見の申請があったのは11月下旬。同省は1カ月ルールを理由に会見を認めない方針だったが、首相官邸は特例的に認める方向で調整に入った。

 平野氏は習氏を特例扱いにすることについて「天皇陛下には各国要人が来られたときにはお出会いしていただく場合があり、今回、中国の要人が来るのでお出会いしてくださいというのは、政治利用でも何でもない」と述べた。

 天皇陛下は、来日した海外の国家元首とのご会見以外にも、各国の首相や国会議長などの要人とも皇居・宮殿で「ご引見」などの形でお会いになっている。海外要人とは幅広く交流されている。
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/091211/imp0912111331002-n1.htm
天皇陛下と中国要人の会見、首相が特例で実現指示

 平野官房長官は11日午前の記者会見で、中国政府が14日に来日予定の中国の習近平国家副主席と天皇陛下との特例的な会見を求め、鳩山首相が会見を実現するよう指示していたことを明らかにした。

 政府関係者によると、外国要人と陛下との会見については原則として1か月前までに相手国が文書で申請するのが慣行だが、中国側からの申請は1か月を切ってからだったという。

 これについて平野長官は、「日中関係は政治的に非常に重要なので(外務省、宮内庁に)お願いした」と述べ、数日前に首相から指示を受けたことを認めた。

 その上で、「要人が来るので、お会いして下さいということは政治利用でも何でもない。ただ、陛下のお体には十分注意し、対応しなければならない」と語り、問題はないとの見方を強調した。
(2009年12月11日13時57分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091211-OYT1T00713.htm?from=main2

習近平国家副主席が陛下と会見へ
2009.12.11 14:14

 14日から来日する中国の習近平国家副主席が天皇陛下との会見を行うことが11日決まった。政府関係者が明らかにした。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091211/plc0912111415009-n1.htm
中国の習近平副主席、天皇陛下と会見へ 異例の直前決定
2009年12月11日15時2分

 14日に来日する中国の習近平(シー・チンピン)国家副主席が天皇陛下と会見することが11日、分かった。外国要人の天皇との会見は通常、1カ月前に調整する必要があるが、中国側から日程が伝えられたのは11月下旬。政府関係者によると会見は見送られる方向だったとされ、異例の変更となった。

 胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席が1998年に副主席として来日した際、天皇陛下と面会した。このため中国側は、胡氏の有力な後継候補とされる習氏にも同様の対応を求めていたという。

 平野博文官房長官は11日の記者会見で、「官邸としては、政治的に日中関係は非常に重要であるということからぜひお願いできないかと申し上げた」と語った。鳩山由紀夫首相から指示があったという。天皇陛下の政治利用にあたるのではないかとの質問に平野氏は、「中国の要人が来るということでお会いしてくださいというのは政治利用でも何でもない」と説明した。
http://www.asahi.com/politics/update/1211/TKY200912110264.html
今回無理矢理天皇陛下との会見をねじ込んだ「習近平」という人物はwikipediaなどによると「太子党」(日本風に言うといわゆる二世議員という)で反日傾向が強い上海閥(江沢民前主席の派閥)に近い人物と言われている。また、先日のウイグル暴動でウイグル大弾圧を加えた責任者らしい
どっちにしろ、現状では中国政府を代表する人物とはとても言える存在ではなく、前例を破ってこういう事をごりおし出来るような立場じゃないのは確か。

補足 スポニチだけど
ルール違反だが…中国“序列6位”来日で陛下との会見要請

 中国政府が14日に来日予定の習近平国家副主席と天皇陛下との特例的な会見を日本側に求めていたことが11日、複数の政府関係者の話で明らかになった。平野博文官房長官は午前の記者会見で、「日中関係は政治的に重要なので(宮内庁に)お願いした」と述べ、応じる方向で調整していることを認めた。

 習氏は胡錦濤国家主席の有力後継候補とされている。中国は陛下との会見に向けた所定の手続きをとっていないが、会見を実現できなければ習氏の体面を傷つけ責任を問われかねないと判断、働き掛けを強めている。

 外国要人と陛下との会見については、1カ月前までの文書での正式申請が前提。関係者によると、中国側からの申請は11月下旬だったが、鳩山由紀夫首相は民主党小沢一郎幹事長らの働き掛けを受けて、9日に平野氏に会見が実現できないか検討を指示したとされる。

 日本政府が1カ月前までの申請を各国に求めているのは、多忙な天皇陛下の日程調整をスムーズに行うため。過去10年間で、在京大使が緊急離日する際の例外的な会見が1、2回あったのを除いて、ルールは厳格に守られてきたという。

 外務省は中国からの申請が1カ月前を切っていたため、11月末に中国側へ(1)天皇陛下との会見は認められない(2)官邸で100人規模の首相主催の夕食会を開催し、歓迎する―との方針を伝えた。

 だが中国側は「ルール違反」を認めながらもこれに納得せず、王光亜外務次官が今月初めに、北京市内で日本大使館幹部に「会見が実現するかどうかの一点に習副主席訪日の成否はかかっている」と要求した。小沢氏も8日ごろ、首相に電話で「会見はやらないと駄目だ」と働き掛けたという。

 政府は11日中にも最終判断し、習氏の来日日程を発表したい考えだ。

 ◆習近平国家副主席 中国の胡錦濤国家主席の後を継ぐ「第5世代」最高指導者の最有力候補。2008年3月から国家副主席を務める。故習仲勲元副首相の長男で、中国共産党の高級幹部子弟からなる「太子党」のエリート。福建省長や浙江省党委書記、上海市党委書記を経て、07年10月に党政治局常務委員に選出された。党内序列は6位。08年の北京五輪運営責任者として手腕を発揮、外交舞台でも活躍が目立ち始める。妻は国民的ソプラノ歌手の彭麗媛さん。
[2009年12月11日 08:28]
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20091211014.html

ついでながら
平野氏(※官房長官)は11日午前の記者会見で、「日中の関係というのは大事な関係であるというところから、(宮内庁に)お願いした」と述べ
といっときながら
平野氏は、「中国の要人が来るということでお会いしてくださいというのは政治利用でも何でもない」と説明した。
という平野某官房長官の精神構造が分かりません。論理的な思考能力0なんじゃないの?



拙ブログ関連ネタ 小沢朝貢団ニュース 岡田外務大臣が天皇陛下のお言葉を利用しようとする1 



宮内庁はご立腹のようです。当たり前だな。てゆーか突然の訪問は天皇陛下じゃなくて一般ピープルでも困るっつーの。こっちにも支度があるんだから。
テレビ朝日系スーパーJ(2009/12/11) ※これはテレビ朝日の夕方のニュースを有志がキャプチャリングした物をネットから拝借してきました。感謝。

天皇陛下会見巡り、宮内庁長官が不快感

 中国の習近平国家副主席の来日を巡って、宮内庁の羽毛田長官が日本政府内の対応に異例の不快感を示しました。

 習副主席は天皇陛下との会見を求め、官邸側が実現を強く指示していました。1か月前までの会見申し出のルールを破る形での要請であったうえ、平野野官房長官が直接、「日中関係も重要だから」と再三、強い調子で要請していたということです。

 羽毛田長官は「大きく言えば、天皇陛下の政治的利用につながる」と政府の判断に遺憾の意を示しましたした。(11日17:49)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4306303.html
スポンサーサイト

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 18:22:53 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

首相官邸 首相公邸
途上国支援、世銀と連携 首相と世銀総裁が会談 ‎2009年12月7日‎ 鳩山由紀夫首相は7日、首相官邸でゼーリック世界銀行総裁と会談した。首相は「世銀を通じて発展途上国を支援していきたい。貧困国支援に加え、気候変動や食糧安全保障など地球?... 2009-12-11 Fri 18:41:50 | 今日起きたニュースはこれだ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。