現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
注目の民主党議員・川上義博
沖縄の基地移転問題で、いつもの如く鳩山首相の言ってることが180度ぶれるぶれる_| ̄|○
普天間移設「グアムが一番いい」?=鳩山首相

 鳩山由紀夫首相は30日午後、首相公邸で民主党川上義博参院議員と会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題などについて意見交換した。川上氏によると、同氏が「グアム全面移転を(米側に)言えば良い」と述べたのに対し、首相は「受け入れてくれれば一番いいけどね」と語ったという。
 首相は26日のラジオ番組の収録で「抑止力の観点からみて、グアムにすべて普天間を移設させることは無理があるのではないか」と述べ、グアム移設を否定する発言をしている。 (2009/12/30-17:50)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009123000480
26日から30日にかけて、全く違う内容の発言をした背景に一人の人物が浮上する。

首相動静(12月30日)

12月30日9時56分配信 時事通信
 午前9時35分、岡田克也外相が公邸に入った。
 午前10時8分、岡田氏が出た。同9分、公邸発。
 午前10時17分、皇居着。帰国の記帳。
 午前10時23分、皇居発。
 午前10時30分、官邸着。
 午前10時32分から同11時4分まで大会議室で成長戦略策定会議。同6分、同室を出て閣僚談話室へ。同8分、同室を出て閣僚応接室へ。同9分、閣議室へ移り臨時閣議開始。
 午前11時32分、臨時閣議終了。同33分、閣議室を出て、同35分、大ホールへ。同37分から午後0時6分まで、新成長戦略に関する記者会見。
 午後0時7分、大ホールを出てホワイエへ。新成長戦略に関するデモンストレーションに参加。同29分、同所を出て前庭へ。1人乗り電気自動車などに試乗。同48分、同所発。同49分、公邸着。
 午後0時50分から同1時16分まで、閣僚との昼食会。
 午後1時25分から同33分まで、公邸前で報道各社のインタビュー。「来年の政権運営の抱負を」に「来年がまさに正念場、勝負の年だと思います」。同34分、藤崎一郎駐米大使が入った。
 午後2時14分、藤崎氏が出た。同15分から同44分まで、川上義博民主党参院議員。同45分、公邸発。同46分、官邸着。同47分、執務室へ。
 午後2時52分、執務室を出て特別応接室へ。同53分から同3時7分まで、松井孝治官房副長官、平田オリザ内閣官房参与。同8分、同室を出て大ホールへ。同9分から同4時3分まで、内閣記者会との懇談会。同4分、大ホールを出て執務室へ。
 午後5時8分から同19分まで、松井官房副長官。同20分、執務室を出て、同21分、官邸発。同22分、公邸着。
 午後6時24分から同7時4分まで、松井官房副長官、平田内閣官房参与。同34分、公邸発。
 午後8時7分、東京・自由が丘のすし店「政八」着。幸夫人と食事。
 午後9時37分、同所発。
 午後9時42分、東京・自由が丘のすし店「鮨幸」着。幸夫人と食事。
(了)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091230-00000029-jij-pol
またあの嫁と自由が丘の高級寿司屋で外食してるのか、しかも2軒はしごかよ!
…じゃなくてヾ(^^;)
注目すべきはお昼の2時頃 再度引用
 午後1時25分から同33分まで、公邸前で報道各社のインタビュー。「来年の政権運営の抱負を」に「来年がまさに正念場、勝負の年だと思います」。同34分、藤崎一郎駐米大使が入った。
 午後2時14分、藤崎氏が出た。同15分から同44分まで、川上義博民主党参院議員。同45分、公邸発。同46分、官邸着。同47分、執務室へ。

この川上義博という人物、北朝鮮シンパ、いや工作員と言っても過言ではない人物なのである。
政策・主張
[編集] 北朝鮮との国交正常化運動

2005年12月と2007年3月の2回にわたり訪朝している。 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に対する、経済制裁については衆議院議員に当選以来反対しており、議員落選中の2005年12月5日に北朝鮮の国際部副部長[要出典]・金泰鍾の面談を受けるために平壌を訪問。帰国した川上は記者会見を開き、拉致問題は小泉純一郎首相の過去2回の訪朝で「すべて解決している」ことや、横田めぐみさんのニセ遺骨問題について日本の調査結果は信用できないなどの意見を発表した。また「日本が北朝鮮に支援をしないのはおかしい」などとも述べており、親北朝鮮ぶりをアピールしている。

2008年2月に北朝鮮との国交正常化実現を促す議員連盟「朝鮮半島問題研究会」の立ち上げに参加、事務局長をつとめる。北朝鮮に「対話と圧力」の姿勢を取っている超党派の「拉致救出議連」とは一線を画し、直接対話や交流を進めていくことを表明している。

2008年5月22日、自民党の山崎拓、加藤紘一、民主党の菅直人、公明党の東順治、社民党の福島瑞穂、国民新党の亀井静香らと一緒に日朝国交正常化推進議員連盟を結成し、事務局長に就任した。
[編集] 在日韓国人の地位向上運動

川上は自民党時代、人権擁護法案に反対姿勢の真の人権擁護を考える懇談会に在籍しており、保守系議員との連携が強かったが、一方で永住外国人への地方参政権に賛成の立場を一貫して示している等、党内のリベラル系議員とも知己が深かった(なお、河村建夫を初め、そもそも前者に反対でも後者には賛成の立場をとる議員は数多い)。民主党に移籍してからは、外国人に参政権を付与するための法案作りに白眞勲と共に奔走する。公明党と協力して法案の成立を目指しているが、民主党の保守派は「選挙権は日本国籍を有する者に対してのみ保障されている。政局的な狙いから、『国のかたち』をゆがめるべきではない」と反発している。

川上は「(日本が)在日コリアンをつくっておきながら、責任をとろうとしないその姿勢に怒っている」(2006年10月に在日本大韓民国民団中央本部と「定住外国人の地方参政権を実現させる日・韓・在日ネットワーク」が国会議員に実施したアンケートより)との見解であり、日本人は朝鮮半島に対する謝罪として、日本国への参政権を与える義務があると主張ている。(以下略)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E4%B8%8A%E7%BE%A9%E5%8D%9A#.E6.94.BF.E7.AD.96.E3.83.BB.E4.B8.BB.E5.BC.B5
30日、藤崎一郎駐米大使が首相と会談した後、間髪入れずに川上氏は鳩山首相と話しているが、この藤崎氏は先日クリントン国務長官に呼び出されてたあの人である。おそらく藤崎氏は沖縄の基地問題に関して鳩山首長と何か話した可能性が高いが、藤崎大使の話を帳消しにしにきた人物が川上氏で間違いなかろう。

ついでに川上氏はこんな話も鳩山首相に念押ししたらしい。上記の政歴から見るとこっちが本題か。
外国人選挙権法案は政府提出で…民主・川上氏

 民主党の川上義博参院議員は30日、首相公邸に鳩山首相を訪ね、永住外国人に地方選挙権を付与する法案について、「自民党政権時代から大きく変わったことを国民に印象づけるためにも、来年の通常国会では、議員立法ではなく、政府提出法案として成立を目指すべきだ」と要請した。

 川上氏はまた、「小沢幹事長も政府提出法案にするよう求めている」と首相に伝えた。

 川上氏によると、首相は「よく考えておく」と述べたという。
(2009年12月30日20時15分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091230-OYT1T00577.htm
スポンサーサイト


テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

日本の政治 | 00:06:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。