現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今年のノーベル平和賞はIAEA
私用で多忙のためこちらの方がお留守になっております<(_ _)>
ま、ここでぐだぐだすることが少ないということは「特定アジア」のニュースでイライラしたり、ぁゃιぃプロ市民の皆様に憤激したりすることがないということで、良いことなのではないかと

実のところは父方の祖母の1周忌が迫ってきて、またまた親戚関係の鬱憤が溜まっているだけなのですが(T-T)

さて表題。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20051007AS2M0702807102005.html
http://today.reuters.co.jp/news/NewsArticle.aspx?type=worldNews&storyID=2005-10-07T182746Z_01_NOOTR_RTRJONC_0_JAPAN-189975-1.xml
http://www.asahi.com/international/update/1007/009.html
その他多数のためリンクは省略

受賞の背景は

IAEA事務局長に平和賞、3選に反対した米国に冷水

 【ワシントン=貞広貴志】国際原子力機関(IAEA)とエルバラダイ事務局長によるノーベル平和賞受賞は、エルバラダイ氏の3選にギリギリまで反対した米国に冷水を浴びせるものだ。

 5月の核拡散防止条約(NPT)再検討会議を決裂に導いた米政府への国際圧力は、受賞を期に一層高まることが予想される。

 ノーベル賞委員会のオラ・ミュース委員長は7日の記者会見で、今回の授賞が「いずれかの国の足を蹴りつけるものではない」と述べ、対米批判の趣旨は否定した。ただ、授賞理由は「核兵器の脅威には、できる限り広範な国際協力を通じて立ち向かわねばならない」としており、同盟国との大量破壊兵器拡散阻止構想(PSI)などに軸足を置くブッシュ政権による「一国主義」「有志同盟」路線への警告であることは明確だ。(以下略)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20051007id24.htm

2年前の余りにも意外だったカーター元大統領の平和賞受賞といい、ノーベル平和賞の関係者はアメリカの共和党がいたくお嫌いとみた。

しかし、喜んでばかりもいられない。
この数年のノーベル平和賞、どうも逆法則が働くように思えるのである。
2000年に金大中元大統領が平和賞をもらって後、北朝鮮は食糧難や拉致問題が浮上して、6カ国協議でのごねっぷりとか見ても、朝鮮半島ははっきり言って火薬庫と化してますし
1994年に故・アラファト議長らがノーベル平和賞をもらってから以降の方がパレスチナ問題は泥沼化。

IAEAも北朝鮮の他にイランの核開発問題など難題は山積している。

好例の逆法則が働かないことを本気で祈っています。
スポンサーサイト


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

国際問題(特亜以外) | 00:28:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。