現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Googleが中国から逃げるそうですよ
まあいずれそうなると思ったけど、思ったより早かったな。
グーグル、中国から撤退検討…サイバー攻撃受け

 【ニューヨーク=池松洋】米グーグルは12日、中国事業からの撤退を検討していると発表した。

 中国国内からサイバー攻撃を受けたことに加え、中国政府から検索内容の検閲を受けていることを理由に挙げている。グーグルが中国事業から撤退しても、海外から中国のサイトを閲覧することはできるとみられる。

 だが、IT業界の代表的な存在であるグーグルが撤退すれば、中国で事業を展開する他のIT企業にも影響を与える可能性がある。

 グーグルは昨年12月に受けたサイバー攻撃が、中国や米国、欧州で活動する人権保護活動家のメールを閲覧することを目的に行われたものだったとの分析結果を公表した。他のIT・メディア企業20社以上も同様の攻撃を受けたという。グーグルはこうした状況を、「言論の自由」にかかわる重大事との認識に立っている。

 グーグルは、この攻撃に中国政府が関与しているとは明言していない。だが、同社幹部は米テレビでのインタビューで「高度に組織・運用化されたものだった」と述べるとともに、中国政府による検閲を問題視していることを強調した。

 グーグルは2006年、中国で事業を始める際に、中国政府による検閲を一部受け入れた。しかし、グーグルは検閲を受けずに検索サービスを中国で継続できるように中国政府と協議すると表明している。
(2010年1月13日11時40分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100113-OYT1T00556.htm?from=navr



それにしてもこのカテゴリで拙ブログの記事書くの久しぶりだなあ
それほど特定アジアより日本の政権(民主党)のデンパぶりが際立っていると言うことか_| ̄|○


おまけ
小さいところはもっと露骨に酷い目にあわされてるようですね
中国政府から?執拗なハッカー攻撃=27分間に2500回-米ソフト会社

 【ロサンゼルス時事】ソフトウエアの知的財産権を侵害されたとして、中国政府や同国ソフト開発企業らを相手に総額22億ドル(約2000億円)の損害賠償を求める訴訟を起こした米ソフト会社が、中国政府内部からとみられる執拗(しつよう)なハッカー攻撃に遭ったと主張し、波紋を広げている。
 ソリッド・オーク・ソフトウエア社(カリフォルニア州)が5日、ロサンゼルスの米連邦地裁に起こした訴えによると、同社のコンピューターは中国国内から数千回に達するハッカー攻撃を受け、特に昨年5月の中国衛生部を発信地とする侵入の試みは、27分間に2500回以上に及んだという。また、中国から同社社員を装う電子メールが送られ、企業秘密が危険にさらされたとしている。(2010/01/15-10:01)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010011500098
スポンサーサイト

テーマ:Google - ジャンル:コンピュータ

国際時事・特亜本部 | 12:45:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。