現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ODAをする国にODA供与の必要なんて無いですよね。
この記事はほとんどコピペだらけのメモ程度の物です。



外貨準備、世界一 中国「ODA」攻勢へ 近隣国囲い込み狙う

中国政府が実質的に世界一に躍り出た外貨準備高を背景に、
中国版「ODA(政府開発援助)」を積極化させる動きが二十日、明らかとなった。
中国輸出入銀行を通じた融資と自国の産業支援を一体化した大規模な基金の設立が検討され、
「潤沢な外貨準備の活用で近隣諸国への経済外交の強化を図るのが狙い」(国際金融筋)とみられる。
中国の援助攻勢という事態を受け、対中円借款の新規供与停止など見直しを進める日本も新たな対応を迫られそうだ。
 
国際金融筋によると、中国の経済計画を立案する国家発展改革委員会のシンクタンクの報告書の中で、
中国は潤沢な外貨準備を活用した還流基金を創設し、
十三の隣国に中長期の借款を供与して社会インフラ施設の整備支援を提言していることがわかった。
しかも、借款の半分は、中国企業による設備と技術の購入にあてる“ひも付き契約”を求めており、
同筋は「自国の産業支援と資源エネルギー獲得が目的。援助と輸出、
投資を一体化し、貿易投資を強化している」との見方を示している。

基金構想は資金貸し付けだが、中国政府は国家発展改革委、商務部、外交部、
人民銀行などの責任者で構成する外準還流基金の取締役会と理事会を中国輸出入銀行に設置できるとし、
ここを実行部隊とする可能性が高い。
中国輸銀の昨年の輸出額は前年比33%増の約九百十七億元(約一兆二千八百億円)で、
基金が実現すれば、近隣諸国への影響力拡大は必至だ。

日本や米国などのODA供与とは、OECD(国際経済協力開発機構)開発援助委員会(DAC)に属する先進国が、
一定の所得水準以下の開発途上国に有償、無償の援助を行うと同時に、軍事転用を防ぐため援助国もDACの審査を受ける。
中国はODA被援助国であって通常のODAはできないが、
北朝鮮などアジアやアフリカ諸国に無償援助を行うなど、中国版「ODA」の供与実績を重ねてきた。

政府系金融機関の統廃合の調整が進む日本でも、外貨準備と輸銀を武器に経済外交を強める中国の手法は、
国益に沿う貿易・投資の機能をもつ国際協力銀行の改革のあり方をめぐって、論議を呼びそうだ。
(産経新聞) - 11月21日2時52分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051121-00000000-san-int


産経しか該当ニュースのソースがないようですが
中国とか韓国があれだけ日本の「ひも付きODA」を非難していた割には、今「ひも付きODA」を一番熱心にやっている国なのは確かなようです。


(前略)
 今回の統廃合論議でその不満に火がついた。諮問会議の民間議員が、円借款業務を含め各省庁・団体にまたがる政府の途上国援助(ODA)業務を一つに集約し、首相直属組織とする考えを打ち出したことで、議論が本格化。自民党も円借款業務を分離し、外務省所管で技術援助を手がける国際協力機構(JICA)と統合させる案を示したため、政府・与党内では円借款業務分離による国際協力銀の「解体論」が強まった。
 これに財務省は猛反発。中国や韓国がODAと政策金融を絡める形で、途上国の資源開発プロジェクト獲得に乗り出している現状を挙げ、「分離は競争力低下を招き、国益に反する」と主張する。(後略)
http://www.asahi.com/business/topics/TKY200511230140.html
スポンサーサイト


テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 13:37:48 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【カネカネ】中国円借款 いつの間にか凍結解除してた_| ̄|○
もういつの間にこんな腰砕けなことになってたのでしょうか。アフリカ諸国に援助ばらまいている国に、常識的に考えてももう援助はいらないと思うんですが。しかし 中国外交部の 2006-06-08 Thu 02:58:18 | 小事多論

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。