現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
国連安保理入りで日本ははみ子?報道比較

中国「日本案は不支持」 国連安保理拡大で大使が意向

2006年01月07日13時04分

 中国の王光亜・国連大使は6日、日本の安保理拡大を目指す動きについて「まだ日本からの説明はないが、新しい決議案について米国と協議をしていると理解している」とした上で「検討中の案では国連加盟国の十分な支持は得られないと信じる」と述べ、日米が模索する新たな安保理拡大決議案に対して支持しない姿勢を示した。

 王大使が国連本部で一部記者団に明らかにした。

 一方、ドイツ、ブラジル、インドが5日、9月に廃案になった決議案を日本抜きで再提出したことを受けて、常任理事国拡大に反対するイタリアやパキスタンなどの「コンセンサス連合」も6日、緊急会合を開催。安保理の非常任理事国のみを10カ国拡大して20カ国とする同連合の決議案を国連総会に再提出するかを協議したが、当面は見送ることを決めた。
http://www.asahi.com/politics/update/0107/004.html

※「コンセンサス連合」の主要メンバーには韓国が入っている。
※太字は私で強調した物。

私は先日のブログ
「これで旧G4案に中国・韓国が賛成にまわったら、話がはっきりして面白いかも」というようなことを書いたのですが、どうもその通りだったようです
それにしても、この朝日新聞の記事のタイトルは恣意的です。記事を読むと日米に対抗する意図があることは明らかなのですが、タイトルだけ読むと日本にだけ反対しているような書き方です。

ところが、同じニュースを報じているはずなのですが、他紙では全くニュアンスが異なるのです。

中国、再提出の安保理拡大決議案にも反対表明

 【ニューヨーク=白川義和】中国の王光亜国連大使は6日、国連安全保障理事会の常任理事国入りを目指す4か国グループ(G4)から日本を除いたドイツ、ブラジル、インドが5日、安保理拡大決議案を再提出したことについて、「昨年、十分な支持を得られなかった案と同じだ」と否定的立場を改めて示した。

 国連本部で記者団に語った。

 イタリア、パキスタンなど反G4グループも6日、会合を開き、G4案への反対を確認。非常任理事国の拡大を柱とする同グループの独自の決議案は当面、再提出せず、事態の推移を注視することを決めた。

 日本は同日、G4案への支持を示している国などを国連代表部に集め、日本が今回、共同提案国に加わらなかった理由を説明した。
(2006年1月7日19時10分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060107it12.htm


安保理改革案を再提出
独など3カ国

 【ニューヨーク=池尾伸一】国連・安全保障理事会の改革問題で、ドイツ、ブラジル、インドの三カ国は五日、常任理事国を現在の五つから十一カ国に増やすことなどを柱とする決議案を国連総会に再提出した。安保理改革に向け三カ国とG4の枠組みで共同歩調を取ってきた日本は共同提案に加わらず、G4は分裂する格好となった。

 ドイツなど三カ国がこの日提出した決議案は、G4が昨年七月、総会に提出したものの米国、中国などの反対に遭い審議未了のまま廃案となったものと全く同じ内容。国連筋によると三カ国は、改革ムードを持続させるために決議案を提出したという。ただ、三カ国は採択に必要な三分の二以上の賛成を取れる見込みがないことから当面、審議は求めない方針。

 日本は米国の理解も得られる新決議案作りを目指し米国との協議を始めており、今回の提案には加わらなかった。だが、「G4から離脱するのではなく、協力姿勢は続ける」(日本の国連代表部筋)としている。
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20060106/eve_____kok_____004.shtml
これらの記事では中国が反対しているのは「ドイツ・インド・ブラジルの案の再提出」という風に読みとれます。全然朝日の言ってることと違うじゃん。
やや朝日新聞に近い論調とも思えるのは日本経済新聞。それでも「中国が日本案に反対」とは書いてない。

安保理常任理入り、G4の決裂で米頼み一段と

 日本、ドイツ、インド、ブラジルの4カ国(G4)のうち日本を除く3カ国が安保理改革決議案を国連に共同で再提出し、G4の決裂が鮮明になった。米国との連携強化とG4の協力取り付けの二兎(にと)を追った日本の思惑は完全に外れた。新決議案作成に向け、日本の米国頼みの構図が一段と際立ちそうで、常任理事国入りへの展望は開けないままだ。(以下略)
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20060107AT1E0600S06012006.html


どれがほんとなのでしょ?
まあ日本が国連の常任理事国になれそうにないのはほんとみたいだが_| ̄|○
…でもドイツもインドもブラジルもなれそうにないみたいだが(^^;)
スポンサーサイト


テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

国際時事・特亜本部 | 00:18:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。