現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
台湾の反日「戦没者遺族」靖国神社に到達できず?
本日の夕刊で中くらいの大きさの記事になっていたのですが、
靖国神社に合祀されている台湾先住民の遺族が、分祠を求めて靖国神社に行くも入れず
http://news.tbs.co.jp/top_news/top_news1209467.html
http://www.topics.or.jp/Gnews/news.php?id=FN2005061401000612&gid=F01
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20050614/eve_____sya_____003.shtml
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20050614/eve_____sya_____015.shtml
http://rd.nikkei.co.jp/net/news/shakai/headline/u=http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20050614STXKC024014062005.html
http://www.asahi.com/national/update/0614/OSK200506140040.html
ちなみに上記の記事では、「右翼の妨害により」となっているが、NHKのニュースを見る限りではそういう様子は全くなかった。
TBSのニュースでは靖国神社側の要請により中止したとのことだが
http://news.tbs.co.jp/part_news/part_news1209467.html
日経夕刊の記事によると靖国神社側は訪問自体は拒絶していなかったとのこと。

何がなにやら分からないが、確かなのは
 靖国神社に合祀されている台湾先住民の遺族と称する人たちが
 靖国神社に分祀を求めて観光バスで乗り付けるも
 結局たどり着けず
と言う顛末。

しかもこのニュースを中国政府の宣伝機関である大陸系のネットニュースはかなり熱心に取り上げています。
中国大使館:「高砂義勇隊」遺族の安全確保要求-中国情勢24
http://news.searchina.ne.jp/2005/0614/politics_0614_003.shtml
台湾先住民の靖国抗議「日本政府に騙された」-中国情勢24
http://news.searchina.ne.jp/2005/0614/national_0614_006.shtml
タイトルを見て分かるように、中国大使館がこの台湾先住民の団体を支持し、しかもその団体のアピールが「日本政府に騙された」と締められてることを考えてみると、どうもこの団体の行動自体が、先日の台湾野党の主席を大陸に招待したことに続き、台湾問題を利用した日本への揺さぶりのような気がします。

ちなみにこの「高砂義勇隊」遺族の代表と称する高金祖梅という女性、かなり胡散臭い人らしい。
「今や原住民の代表者のように振舞うこの人物は、もともと中国人
(所謂外省人)として育ち、かつては「金素梅」という名で芸能活
動を行っていたが、その後立法委員(国会議員)を志し、たまたま
母親が原住民だったことから、当選しやすい原住民枠で出馬するこ
とにし、名前に母親の姓である「高」をつけ、突然「高金素梅」と
いう名の原住民に変身した。」
http://www.emaga.com/bn/?2005060034490320005291.3407
スポンサーサイト


国際時事・特亜本部 | 21:25:29 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。