現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
話がすり替わってます>北朝鮮帰国事業
朝鮮日報に日本特派員記事としてこんなのが載ってたらしいですが…
「日本に責任問う”北送被害者”」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/06/16/20050616000009.html
だいたい出だしが
「北朝鮮による拉致被害関連団体が猛威をふるっている日本で、」と始まっていること自体、この記事がいかに恣意的に書かれているかと言うことを示しているようですが(苦笑)、要は昭和30年代~40年代を中心として行われたいわゆる「朝鮮帰還事業」によって帰国した在日朝鮮・韓国人が苦しんでいる責任は日本政府にあり、責任をとれ(=謝罪と賠償しろ)と言うことを言いたいようです。

呆れてポカーン

まず、この北朝鮮への帰還事業という物は、当時の朝鮮総連や北朝鮮の政府こそが非常に望んでいた物であるのです。
<参考>
「北朝鮮への帰国事業について」
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/renk/renk_archive/renk03yd1.htm
※金英達氏という在日の方による帰国事業の背景に関する講演録。非常に詳細で、これを東京で話したときには
>朝鮮総連の方から、金英達の発言がいちばん悪質であったと言われ
>ました。
と言うことだったそうなので、信憑性は高いかとヾ(^^;)
「海渡った日本人妻1800人 北朝鮮から初の里帰り、歴史を検証」
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2001/00997/contents/00052.htm
朝日新聞1997年10/17の記事
「北朝鮮帰国事業を第二の従軍慰安婦にするな!」
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200505262020.html
帰国事業の流れを時系列で整理。わかりやすい。


ところで、最初に挙げた朝鮮日報の記事、最後あたりに
>当時日本の新聞は在日朝鮮人の北送を熱烈に支持した。最近、北朝
>鮮糾弾に熱を上げている右翼新聞産経(※太字は私の注記
>です)は社説で、「李承晩政権の圧力に屈することなく、在日朝鮮
>人の帰国事業を断固として決定した日本政府の人道的措置を高く評
>価する」と書いた。
と書いてあるけれど、わざわざ産経だけもって来るというのがますます恣意的で
大爆笑です。
実はこの当時の新聞はほぼ全て帰国事業に大賛成だったのだそうで。前掲の朝日新聞1997年10/17の記事によると
> 国交がなくても帰りたい人を帰すのが人道、という見地から、日
>本の新聞は、帰還を支持していた。
> 「北鮮(北朝鮮)への帰国を望む人たちに、切なる希望をかなえる
>のが当然」(朝日新聞、五九年二月二日付社説)
> 「いつまでぐずぐずと日本にとめ、帰りたいところへ帰さないの
>は大きな人道問題」(読売新聞、同月一日「編集手帳」)
そうそう、朝日新聞と言えば帰国事業推進のお先棒を担いだことは忘れて去年辺りこそこそとこんな事をしていたようで。朝日新聞にはご用心。
「在日朝鮮人の北送事業は日本にも責任」
(中央日報2004/9/16)
http://www.geocities.jp/savejapan2000/korea/k054.html
>  朝日新聞は16日、在日朝鮮人の北送事業が開始される4年前
>の1955年から、日本政府が北送を積極的に推進していたことが
>判明したと報道した。
※ちなみにこの記事のコメントをしたらしい、テッサ・モーリス・スズキ氏というのもかなりあやしい先生と思われる。
網野善彦氏が編纂責任者となった講談社「日本の歴史」の25巻「日本はどこへ行くのか」であの姜尚中氏らとつるんでいた人。


…ところで。朝鮮日報の記事の最後は
> 日赤は北送事業推進に先立ち、国際赤十字社に「この事業により
>発生するすべての責任は日本赤十字と日本政府にある」とした。
と書いてあり、どうも朝鮮日報の特派員鄭権鉉(チョン・グォンヒョン)氏はこの文書が日本政府と日本赤十字から金を巻き上げる賠償の根拠となると思ってられるようですが、この文章、どこからも見つからないんですが…日赤のどの資料に書いてあるんだろう…?(゜_。)?(。_゜)?誰かご存じの方がいらっしゃったら教えて下さい。
スポンサーサイト


国際時事・特亜本部 | 13:08:29 | Trackback(2) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

極めて悪質なプロパガンダ
 北朝鮮による拉致被害者家族の座り込み抗議予定日が来週末に迫ったこのタイミングで、明らかな妨害プロパガンダともいうべきコラムが朝鮮日報に掲載された。日本に責任問う北送被害者【引用開始】   北朝鮮による拉致被害関連団体が猛威をふるっている日本で 2005-06-16 Thu 19:59:50 | 日々不穏なり
日本に責任問う北送被害者? & 拉致被害者座り込み
 日本に責任問う北送被害者  北朝鮮による拉致被害関連団体が猛威をふるっている日本で、先日、北送被害の集いが結成された。  脱北帰国者支援機構という名のこの集いは、1950~60年代に北送船に乗ったが、その後、北朝鮮を脱出し日本に帰って来た在日朝鮮人らと、その日 2005-06-16 Thu 23:47:06 | アジアのトンデモ大国

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。