現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
日本は世界一物価が高い!…はガセ。
独身時代、よく海外旅行に行ったときに肌では感じていましたけど、ようやく数字でも結果がまともに出るようになってきたか。

主な都市の生活費、ロンドンが最高・東京4位

 世界の都市で生活費が最も高いのはロンドン。東京は4位――。スイスの銀行UBSは主要71都市の生活コストと賃金に関する調査をまとめた。122種類のモノやサービスの価格と14の職種の賃金、労働時間などを集計し、指数化した。

 賃金は額面ではコペンハーゲンやオスロなど北欧の都市が1、2位を占め、ニューヨークやロンドンを上回った。ただ北欧は税・社会保険料負担が重いため、これらを除いた可処分額では米国の都市を下回った。

 アジアの都市は時間当たり賃金が欧米よりも低い一方で、働く時間は欧米より長かった。労働時間が最も長かったのはソウルで年間2317時間。最短のパリ(同1480時間)を大幅に上回った。(ロンドン=吉田ありさ) (17:00)
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060822AT2M1100422082006.html


一位がロンドンというのは妥当なところかと思います。
7年前、まだ円高だったときに行きましたが地下鉄の運賃からコンビニ(但し日本のコンビニほど充実して無くて、キオスクレベル)のおやつまで、日本で同じ物を買うより1.5倍ぐらいだったような。
大英博物館はさすがに無料でしたが、ロンドン塔(王室美術館など)は日本円に換算して大人一人¥2000近い入場料を取られました。

2001年、9/11より前に行ったニューヨークも非常に物価が高かったです。喫茶店のモーニングが一人日本円に換算して¥1500ぐらいだったか…このときは$1=¥120ぐらいで円安になっていましたが。

日本の場合はユニクロ、マクド、¥100ショップの功績が大きいかと思います(^^;)日用品が安くなりました。

ただ、交通費はロンドン、ニューヨークと比較しても高いですよね…。特にタクシー代。以前NHKスペシャルで今時のタクシードライバーのお給料を見たときにはあまりにも悲惨で同情してしまいましたが、でも敢えて言っちゃう。タクシー料金高すぎ。なんでだろ。
スポンサーサイト


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

経済いろいろ | 18:19:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。