現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「危険」な愛国主義の波が日本を席巻?
ネットから消失する可能性が高いので、一括コピペ。

【FT】「危険」な愛国主義の波が日本を席巻 (1)
2006年 8月30日 (水) 09:34
(フィナンシャル・タイムズ 2006年8月28日初出) デビッド・ピリング


加藤紘一は憤慨している。当然だ。

今月半ば、包丁と大量の油で武装した男が山形県にある加藤氏の実家を全焼させ、現場で「切腹」しようとした。この家に住む加藤氏の97歳の母親が散歩に出かけていたのは、本当にたまたまのことだった。

加藤氏宅への攻撃は、過激な右翼関係者によるものとされている。事件に至るまで、自由民主党ベテラン議員の加藤氏は、首相は靖国神社を参拝すべきでないと繰り返し苦言していた。靖国神社は戦死者250万人を奉るだけでなく、東京裁判で戦争犯罪人として有罪になった東條英機元首相など戦時中の指導者数人も合祀されている。小泉純一郎首相の靖国参拝は中国や韓国の怒りを買い、日本は戦時中の歴史に向き合うことを拒否していると批判されるに至った。

火傷のほか、腹部や手首への傷を治療中の容疑者はまだ供述していない。しかし警察は、日本で最も大切な愛国的象徴をボイコットすべきと加藤氏が主張したことに、男が激怒したものと見て捜査している。

加藤氏はかつて小泉氏の右腕だったが、首相は同氏の提言を退けて、8月15日の終戦記念日に靖国神社を参拝した。かつて日本と戦った国々にとっては、参拝が最も腹立たしく感じられる日だ。

加藤氏にとって一連の出来事は、日本が不健康な愛国主義に傾斜している証拠に見えるという。「非常に強い反中かつ反韓、時には反米的でもある愛国主義が日本に広がっていることが、心配だ」と加藤氏は言う。

1930年代から1940年代にかけて日本が戦ったのは、果たして正当な戦争だったのかどうか。米国の策略で開戦に追い込まれたのか。この議論を再燃させてしまったのは、安倍晋三を含む政治家のせいだと加藤氏は批判する。「この手の愛国心は、指導者がいったん火をつけたが最後、鎮めるのがとても難しい。とても危険な愛国心だ。政治家が利用すべきものではない」と加藤氏は言う。

大方の予想している通り、9月の自民党総裁選で安倍氏が小泉首相の後継者となった場合、事態は悪化するかもしれないと加藤氏。「小泉首相は東條たちが戦犯だと認めていた。しかし安倍氏はその考えを受け入れていない」

加藤氏の説では、安倍氏は祖父・岸信介元首相の考え方に強く影響されている。戦後に首相となった岸氏は、戦犯に指定されて拘束されたが訴追はされなかった。 

http://news.goo.ne.jp/news/ft/kokusai/20060830/ft-20060830-01.html
安倍氏の側近たちなら、こう説明するだろう。次期首相候補は単に、60年にわたる日本の「自虐」史観から一線を画そうとしているに過ぎないのだと。戦争中の日本はほかに類を見ないほど悪い国だったと、戦後の日本人に学校で教え続けた「自虐」史観の代わりに、安倍氏は「健全な愛国心」を復活させようとしているのだと。健全な愛国心とは、自分の国の文化や業績に誇りをもつことだと。

安倍氏はさらに、日本の自衛権とは何を意味するのか明確化しようとしている。安倍氏にとってそれは、戦力保持を禁止する今の平和憲法を改正し、日本が半世紀にわたり放棄してきた集団自衛権を明確に主張することを意味する。

現状では、もし日本が攻撃されれば米国には日本を守る義務がある。しかしもし日本周辺で米国が攻撃されても、日本は米国を支援できない。安倍氏のブレーンのひとり、岡崎久彦氏は「愛国心には良い愛国心と悪い愛国心がある。国旗を掲揚して国歌を斉唱することは良い愛国心。よその国の旗を引きずり降ろすのは、悪い愛国心だ」と説明。安倍氏が後押ししているのは、良い愛国心の方なのだという。

しかし加藤氏はこうした動きについて、政治家が不健康な領域に国民を連れ込もうとしている、歴史に対する記憶喪失を積極的に後押ししていると批判する。

加藤氏はさらに、こうした危険な愛国心を本や映画が助長していると非難。たとえば、同氏実家に放火した男は犯行直前まで、右翼的な内容のマンガを読んでいたとされている。

ベストセラー「国家の品格」の著者で、日本の保守層の看板男ともいえる藤原正彦氏は「A級戦犯という概念は無意味だ。勝者には敗者をさばく権利はないからだ。東京裁判だけでなく、ニュルンベルク裁判も同様だ」と主張する。

「東條がA級戦犯だというなら、ルーズベルトもチャーチルもスターリンも毛沢東もそうだ。日本に原爆を落としたトルーマンもそうだ」

しかし加藤氏に言わせると、こうした考えは危険だ。それよりも、日本は自分たちが戦前に抱いていた傲慢や、植民地主義的な野心を正面から見据えるべきだが、そうではない「過去の間違いを全て帳消しにしたい人たちがいる」のだと加藤氏は言うのだ。

http://news.goo.ne.jp/news/ft/kokusai/20060830/ft-20060830-02.html

こういう記事を見ていると、久々に注目を浴びて、加藤氏、憤慨していると言うより、生き生きしているように見えるのですが、私の気のせいなのかなぁ。


さて、加藤氏の家を放火したという「右翼構成員」
所属している「大日本同胞社」というのは暴力団「住吉会」のダミー団体で、いわゆる根っからの右翼かどうか非常にアヤシイ。
平成16年度の大日本同胞社の収支(なんと¥0)

某所よりの情報もコピペ

検索してみたけどネットでは大日本同胞社の住所は分からなかった。
ニュースの報道で新宿区歌舞伎町までは絞り込めてるけど
総連と同じ住所かどうかは不明。

ただ大日本同胞社は忠孝塾の傘下で忠孝塾は住吉会系音羽一家系列らしいのと
大日本同胞社は実質活動が停止してるので
暴力団のダミー団体であることは確かだと思うけど。



加藤氏の靖国参拝反対発言が原因で放火…というのが真の理由なのかどうか、非常にアヤシクなってきたんですけどねぇ(苦笑)

でも
こういう風に一部のマスコミが騒いでいるところを見ると
加藤氏実家放火ようやく見解 首相、報道に責任転嫁(以下略)

http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20060829&j=0023&k=200608287023
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/20060829/20060829_007.shtml
なんか偶然の事件をいいことに、あおっているのが・・・・・・のような。

まあ、真夏に放火されて財産失ったのは大変お気の毒なことだと思いますし、ご愁傷様といいたいです。加藤氏のお母上の方に、ですけど(爆)




こちらのブログでも、今回のこの事件に関して興味深い「加藤氏評」をされているのでご覧下さい。
マイネ・ザッヘ
http://meinesache.seesaa.net/article/23050661.html



(2006/9/1追記)
やっぱりね。

容疑の右翼「閑職、死に場探していた」 加藤氏実家放火
2006年09月01日11時58分

 山形県鶴岡市の加藤紘一・自民党元幹事長の実家と事務所が全焼した事件で、現住建造物等放火などの疑いで逮捕された右翼団体幹部堀米正広容疑者(65)=東京都新宿区歌舞伎町2丁目=が、県警の調べに対し「(所属していた右翼団体で)閑職となり、死にたいと思った」と供述していることが31日、分かった。さらに「借金もあった。当時発言が目立っていた加藤氏の自宅で死ねば、右翼らしいと思った」と話しているという。(以下略)
http://www.asahi.com/national/update/0901/TKY200608310387.html

読売は手短な内容。

「借金あり自殺して楽に」加藤氏実家へ放火の右翼供述
自民総裁選

 山形県鶴岡市の加藤紘一・元自民党幹事長(67)の実家と事務所が放火され、全焼した事件で、現住建造物等放火などの容疑で鶴岡署に逮捕された右翼団体構成員、堀米正広容疑者(65)(東京都新宿区)が、加藤氏の発言に対する不満のほか、「借金があって生活が苦しく、自殺して楽になろうと思った」とも供述していることが1日、わかった。

 同署は動機に個人的な事情も重なっていた可能性があるとみて、さらに調べている。

 堀米容疑者はこれまでの調べに、加藤氏の中国や韓国に関する発言や政治姿勢に対する不満があったことを供述している。

 また、鶴岡署は1日、堀米容疑者を立ち会わせて、加藤氏の実家や事務所で現場検証を行った。
(2006年9月1日12時57分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060901i104.htm


朝日の方の記事で
 調べによると、同容疑者は以前、東京都内の右翼団体「大日本同胞社」の幹部を務めていたが、団体の相談役になった後、上部団体「忠孝塾愛国連盟」の常任参与になった。常任参与という役職に実態はないとされ、県警は堀米容疑者が組織内で孤立感を深めていたとみている。

 政治家の言論封殺を狙った事件では通常、犯行の直後に声明文などが出されるが、今回は見つかっていない。このため、県警内部では「思想的背景が積極的な動機とは思えない」との見方も出ていた。

とあるのも気になります。先述したように「大日本同胞社」事態が実体のない団体ですし。
でも、「加藤氏の靖国参拝反対への反発」は本当の犯行理由ではない、という想像は当たっていたようですね。

一番気になるのは「借金苦」だった割に東京から山形に行っていることなんだが。交通費はどうしたのよ?
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

日本の世界のマスゴミ様江 | 00:23:08 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
大日本同胞社の街宣車は、山形で結構街宣活動やってたよ。20年前だけどね。若い衆結構いたらしい。
2009-06-22 月 22:25:48 | URL | 奈々子さん [編集]
山形県支部は、あったよ。だって結構街宣車見たし、山形で暴れてたんじゃない。
2009-06-22 月 22:36:33 | URL | 奈々子さん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。