現在の閲覧者数:
 
■義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

■ご協力お願いします


YAHOO!からの署名はこちら

■オススメ
■最新の記事
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■おすすめ2

■プロフィール

管 理人

Author:管 理人
関西在住です。
カテゴリーの説明はこちらです。
このブログに関する注意事項はこちら ※コメントを書かれる方、トラックバックを貼って下さる方は必ずお読み下さいませ。リンク・引用の注意もあります。

■リンク
■RSSフィード
■おすすめ3

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ マカフィー・ストア マイクロソフトライセンスセンター ソースネクスト

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
イラン選挙・穏健派が勝利・大統領派は苦戦

大統領、事実上の敗北宣言/報道控える国営メディア
2006/12/18 09:06

 【テヘラン18日共同】イランの最高指導者の任免権を持つ専門家会議の選挙や地方議会選で、アハマディネジャド大統領に近い保守強硬派候補が各地で苦戦する中、同大統領は17日、国営テレビに出演し「政府にとって誰が選挙で勝ったかは重要ではない」と述べた。結果にはこだわらないとする大統領の言動は「事実上の敗北宣言」(改革派陣営)と受け止められている。

 政権の影響下にある国営イラン通信は投票締め切りから丸2日たった17日夜になっても結果を全く報じていない。国営テレビのニュースは今も15日の投票日の映像が中心だ。

 大統領はこの日、高投票率を盛んに称賛したものの、選挙結果には具体的に触れず「いかなる国民の決定もありがたいものだ」と語るのがやっとだった。

http://www.shikoku-np.co.jp/national/international/article.aspx?id=20061218000039
他のニュースソースはこちら

イランの超強硬派大統領・アハマニネジャド氏と親交があり、先日のアメリカの選挙では「悪魔は敗北した」となぜか勝利宣言のベネズエラ大統領・チャベス氏はどう反応するんでしょうか。
まあ、イランもアメリカもベネズエラよりはよっぽど選挙制度が正常に機能していることは確かなようです。

私の関連ブログはこちら
スポンサーサイト


テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

国際問題(特亜以外) | 12:12:09 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。